kawasaki ZL900 エンジンオーバーホールでござる。その2

森山です。
GPZ900Rが1984年に発売開始、翌年
エリミネーター900(ZL900)発売でござりました。
GPZ900Rは2003年式まで続きましたが・・・
エリミネーター900は、1985年式と1986年式のわずか2年の発売でござりっ。

GPZ900Rのエンジンをベースにシャフトドライブ化ですが
各部コストがかかっております。




a0163159_23480434.jpg
エンジン特性は、高回転型の忍者と全く違うのでござります♪。
吸気系、排気系、カムシャフト、その他、変更いたし
低中回転域のトルクアップ♪・・・スタートダッシュの良いエンジンです。
・・・マフラーの音量&音質も素晴らしい♪








a0163159_23485655.jpg
30年経過とは思えない綺麗なZL900です。
・・・オーナー殿の磨き込みも最高でござる♪









a0163159_23484252.jpg
アルミ部品も・・・










a0163159_23505137.jpg
メッキ部品も・・・・外観はピカピカでござります♪
ガレージ保管&確実な掃除が効いておりますなぁ~♪











a0163159_23503876.jpg
さて、・・・エンジンを車体から降ろしますかっ。










a0163159_23522203.jpg
水冷エンジン&シャフトドライブでござり・・・外す部品が多く大変です。
しかも、新車から30年経過いたしており一度も分解整備されていない部分は・・・
外観のような程度ではない・・・
内部腐食いたし超固着ですなぁ~。・・・ネジが回らない、部品が外れない等も多く
いらぬ作業も増え大幅に時間がかかるのです~。








a0163159_23523583.jpg
各部の内部腐食だけでなく・・・ゴム製部品の劣化も深刻でござり。
30年物のゴム部品は全滅・・・もちろん交換しなきゃ直らない。
・・・生産中止部品も多数ござるがなんとかいたします♪。










a0163159_23525165.jpg
冷却系・・・中は腐りまくりです。










a0163159_23521026.jpg

冷却パイプとゴムホース・・・・冷却水の漏れがござり








a0163159_23583340.jpg
ゴムホースを抜きますと・・・・









a0163159_23590893.jpg

・・・ボロボロに腐っております。
「これじゃ、バンドを締めても漏れますな。」









a0163159_23585183.jpg
ホース内部にも・・・・










a0163159_00003342.jpg
長年の錆が溜っております。・・・というか・・・
こんなに錆がまわっているエンジンを久しぶりに見ましたなぁ。
シリンダーが鋳鉄製でウエットライナータイプでござるので爆発的に錆びるのです。
2年毎のクラーント交換をしていない時期(長期)があったのでしょうなぁ~~。








a0163159_23531067.jpg
ラジエターでござる。
・・・こちらも冷却水漏れです。










a0163159_23532479.jpg
金属製のパイピングもアウトですが、ゴムホース、Oリング、その他、
何もかもがアウト・・・・冷却系フルメンテでござる。










a0163159_23551979.jpg

冷却系部品を外し・・・次は、マフラーを外しますかっ。








a0163159_23554384.jpg
ここも・・・あそこも・・・ネジが回りません。








a0163159_23564305.jpg
折れるか回るか・・・手間が増えるのでなるべく回す努力でござる♪
・・・だめなら折り、手間を増やしての折れ込み修理ですな。










a0163159_23545874.jpg
戦いに勝ちました。・・・・077.gif










a0163159_23575773.jpg

内部も腐っております。
・・・固着ボルトは、ここだけでなく・・・あちらこちらでこのような状況。








a0163159_23594370.jpg
左側メッキカバーの固定ボルト2か所は、ずいぶん前に折れ込んだ状況で放置され
カバー未装着なので・・・2か所の折れ込みの修理をいたします。

新車から外すのは簡単ですが・・・
ボルトやナットの腐食固着だらけですと手間が大幅に増えるのです。









a0163159_00011798.jpg
車体から、燃料系部品を外し・・・









a0163159_00013859.jpg
エアークリーナーボックスAssYでござる。
ダクトホースは交換済みのようですが・・・大きな問題がござりますなぁ~。









a0163159_00031470.jpg
配線やケーブルやステップ系を外しますっ。
腐食との戦いのない車両だと・・・もう降りている時間なのですが・・・まだまだ、
これからリア足廻りを分解し、スイングアーム&シャフトを外しますっ。077.gif
・・・つづく。







トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/23484682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 飯川 達也 at 2016-12-21 06:59 x
外観はちゃんと磨いて室内保管をしていると本当に綺麗ですが、内部は磨けないから。
長く乗るのであれば全部バラして、消耗品は交換していかないと機械は壊れます。それを一つずつこなしていかれる森山社長はバイクの外科医だと思います。
Commented by moriyamaeg at 2016-12-22 23:29
飯川さん
こんばんは。
走行距離だけの管理じゃアウトですね。
分解整備は定期(時間管理)でも行うべきですね。
車検は2年に1度あるので、データーを取りまして
各作業を遂行いたせば良いですね♪
「走るから、とりあえず何もしない」が一番よくないのです。
10年何もせず。20年何もせず。30年何もせず。そりゃ壊れます。

byもりやま
by moriyamaeg | 2016-12-18 23:57 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg