不具合放置で・・・さらなる不具合発生でござる。その2

森山です。
今回は、「燃料系の点検&メンテナンスは確実に遂行いたすべき♪」の巻。

燃料系トラブルは・・・
エンジンに深刻なダメージを与えてしまうのでござる。









a0163159_21505210.jpg
GPZ900Rです。
只今、オイルパン&各部品を外しまして・・・捜索中でござります。












a0163159_21501987.jpg
快調なエンジンでござったのに・・・「あぁ、もったいない。」













a0163159_21524720.jpg
ジェネレーターチェーンのテンショナーAssyでござります。

6~7年前にエンジンオーバーホールいたし、あれから約20000km走行でござる。
エンジンはOK♪・・・でも・・・
エンジン以外の補機類や各部のメンテナンスが早期で必要な状況でしたが
ノーメンテナンス状態は続き・・・メンテサイクルは遥かに過ぎてしまい・・・
近年、各部問題を抱えた状況でござりました。













a0163159_21530491.jpg
テンショナーのロック機構部分、
事件が起きるまでは極上品でござった・・・















a0163159_21534797.jpg
ジェネレーターチェーンも事件が起きるまでは極上品でござった・・・
強化タイプでござりますが、トラブルの衝撃で変形いたしガチガチでござる。
変形いたすも「さすが強化品!切れませんなぁ~。」
・・・・・・・しかし・・・・・・・・















a0163159_21521346.jpg
・・・スプロケの歯が飛んでおりました!















a0163159_21515801.jpg
しかも、大量の折損でござる。
悪い事に・・・オーナー殿、破損後に自走いたしてお店まで・・・














a0163159_21522828.jpg
折れた歯はエンジン内部でござるので・・・分解捜索となりました。















a0163159_21514113.jpg
折れた歯です。
















a0163159_21511661.jpg
捜索完了いたし・・・
















a0163159_21542064.jpg
ジェネレーターチェーン系各部品を新品交換いたし・・・
オイルパン系洗浄&各部品交換&組立いたし・・・
オイル漏れのオイルクーラー&ホースも新品交換いたし・・・
燃料系のフルメンテいたしまして完成でござりました♪

今回のトラブル発生原因はエンジンではなくヤレた燃料系でござるのです!
エンジンセルスタート時にガソリンハンマー(キャブレターのオーバーフロー)を
くらいましてエンジン瞬間停止(ロック)・・・その衝撃でジェネレーターチェーン系
が飛びました。
ピストン・コンロッド・クランク・ジェネレータ系シャフト&ベアリング
にもダメージが及びます。
・・・キャブレター系&ガソリンタンク系の問題が原因でござりまして
ずいぶん前から確認できていた内容でござりましたので・・・残念でござります。
点検でアウトであれば・・・早めのメンテが必要であり重要なのです!

「早期発見できても早期治療しないと必ずこうなりますので、今後は
早期発見早期治療を心がけてください♪」

・・・つづく。




トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/237245324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-07-20 22:24 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg