GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール・・・その2

森山です。
GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホールのつづき。
忍者も販売終了部品が増えており・・・
特にミツション系とクラッチ系が元気であることを祈りながらの分解でござりました。






a0163159_21164760.jpg
外観は意外と綺麗でござりますなぁ~♪












a0163159_21170628.jpg
風呂に入れまして分解開始でござる。
(シリンダー前方の塗装はヤレておりペリペリと剥がれました。)












a0163159_21172961.jpg
ヘッドカバー外し・・・出てきたカムシャフトは見事な虫食発生でござる。













a0163159_21184573.jpg
バルブクリアランスの点検・・・クリアランスが、殆ど無い・・・













a0163159_21191507.jpg
NO1とNO4シリンダーの・・・吸気側バルブクリアランスが超狭く
・・・0.03mm以下でござりました。

バルブクリアランス調整(タペット調整)は定期で行うものです。
走るから何もせずが定番となっておりますが・・・こうなってからでは遅いですな。












a0163159_21215558.jpg
ロッカーアームも傷んでおりますっ。













a0163159_21241218.jpg
ヘッド外し・・・
















a0163159_21222577.jpg
シリンダー外します。・・・
NO1とNO4のピストントップに溜まっているカーボンは焼け始めております。
NO2&NO3より焼けております。











a0163159_21263942.jpg

シリンダー内壁でござる。・・・錆び錆び













a0163159_21270205.jpg
全気筒、錆びておりました。
・・・残念っ。














a0163159_21291929.jpg
出てきたピストンでござる。












a0163159_21294325.jpg
NO4ピストンと・・・














a0163159_21300554.jpg
NO1ピストンは・・・問題発生いたしておりました。
「ちょいとコケて動いておる状態でしたなぁ。」














a0163159_21302758.jpg
NO1のピストンピンが・・・いつものように抜けませんでした。
(かなり固い感じで抜けましたぁ。)







a0163159_21312832.jpg
ピンの動きはピストン側でカバー致しており、焼き付いてはおりませんでしたが・・・
コンロッド小端部が「変形」しておりクリアランス(上下方向)が超狭くなっておりました。
(再度、ピンを押し込んでみますと・・・全く動かない。)














a0163159_21315185.jpg
NO2とNO3のピストンピンは正常でスムーズに入るしスムーズに回ります♪

NO1ほどではござりませんがNO4のピストンピンも怪しい状況でござりました。
このコンロッド小端部(ピン穴)変形の原因は・・・(次回紹介っ♪)










a0163159_21321763.jpg
腰下の分解でござります。
左側各部品外しまして・・・














a0163159_21323831.jpg
エンジン右側のクラッチ系分解いたします。
・・・図はクラッチオペレーティングプレートでござり、クラッチスプリングにより
掘られた凹みにスプリングが咬み込んでおります。
この状況ですとシャープに作動せず・・・長期のうちには
ミッション系も傷めてしまいます。













a0163159_21332957.jpg
クラッチハウジングは生産中止(販売終了)です。
今後のオーバーホールに無いと非常に困る消耗部品でもござり・・・
中古品じゃ話にならず。なにがなんでも極上品でなければなりませんが
・・・そんな極上品も激減中でござり・・・
そこで!「新登場♪」当店ハウジングKITで解決ござり~♪












a0163159_21330821.jpg
クラッチプレートも錆発生ですなぁ。
・・・この車両、長期保管の時期がござりましたなぁ。

つづく。










トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/237393407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-07-30 21:17 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg