GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール・・・その3

森山です。
A11マレーシア仕様、エンジンフルオーバーホールのつづき・・・分解編。

(ずいぶん遅れてのレポートですが・・・
すでにエンジンフルオーバーホール作業は完成いたし♪
只今、車検整備中でござります。)







a0163159_21332957.jpg
腰上分解いたし、腰下分解中・・・











a0163159_21335577.jpg
良質なオイル&オイル交換サイクルもベストでござり、
・・・オイルパン内もスラッジ無く超綺麗でござります~♪













a0163159_21344311.jpg
上下クランクケースを分割いたし・・・











a0163159_21350676.jpg
出てきたミツション系・・・
販売終了部品も多くなりましたので程度の良い事を祈ります。











a0163159_21352588.jpg
クランク系・・・












a0163159_21354435.jpg
クランクメタルでござり・・・良好でござる♪











a0163159_21370447.jpg
摘出いたしたクランクAssy・・・















a0163159_21380705.jpg
コンロッド外し・・・
No1とNo4の小端部トラブルでござりましたので点検いたします。













a0163159_21411372.jpg
No2とNo3は問題なし・・・
大端部、小端部、連結棒、全て合格っ。













a0163159_21395469.jpg
この位置での寸法は84.50mmでござりっ。












a0163159_21404930.jpg
問題のNo1のコンロッド!やはり曲がっておりましたぁ!・・・「残念っ。」
図を良く見ますと、右側に「くの字」に曲がっちゃってます。
また、軸方向への傾きも発生いたしており・・・
ピストンは軸方向へ傾いて動いておりまして・・・
ライナーの当りもピストンの当りもそうなっておりましたなぁ~。
No4のコンロッドも状態悪しでした。












a0163159_21402062.jpg
同じ位置で測定いたしますと83.85mm・・・曲がりの分、縮んでますっ。
過去、強烈なS字に曲がったコンロッドがござりまして、
とんでもなく縮んでおりましたなぁ~。
(曲がったコンロッドで高速走行いたしますと確実に破断いたします。)

燃料系トラブルによりガソリンハンマーをくらって曲がったコンロッド
・・・燃料系トラブルは早期発見早期治療いたすべきですなっ。












a0163159_21393614.jpg
No1&No4コンロッドはご臨終で、交換でござりますが・・・
最悪なことに販売終了部品となっておるっ。














a0163159_21413694.jpg
クランクシャフトも点検・・・
使えることを祈りながらの各部点検測定でござります・・・

つづく。





トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/237550650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-08-17 22:07 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg