GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール・・・その7

森山です。
GPZ900R A11 マレーシア仕様のエンジンオーバーホールのつづきでござる。
・・・既に完成いたしておりまして現在慣らし中♪
遅れてのレポートでござります。





a0163159_22141286.jpg
下準備完了の上下クランクケースに・・・








a0163159_22142960.jpg
新たなメタルを装着し・・・
下準備完了のクランクAssy&ミッションAssyを装着いたし・・・













a0163159_22145080.jpg
上下クランクケースを・・・「ドッキング♪」














a0163159_22150863.jpg
販売終了のコンロッドも極上コンロッドをゲットいたし無事交換でござりました♪
曲がっていたNo1&No4コンロッドでしたが、これで無事復活でござる。
・・・「ぶっ飛ばしても壊れないエンジンとなりましたぁ~♪」












a0163159_22153956.jpg
バランサーウエイト側ベアリングも販売終了でござりましたが・・・
新品ゲットで完全復活~♪











a0163159_22152258.jpg
ミッション系も「ロングライフ仕様」目指し、高耐久での完全復活でござります。












a0163159_22160545.jpg
オイルポンプはZZR系オイルポンプで容量アップいたすだけでなく・・・
オイルライン&ギャラリーのチューニングも遂行いたしっ♪
それらの相乗効果で・・・












a0163159_22162367.jpg
・・・さらなる快調&ロングライフ仕様となるのです♪










a0163159_22164336.jpg
クラッチ系でござりますが・・・











a0163159_22165863.jpg
クラッチハウジングは、性能維持で重要部品でござります。
適切なオイル管理と上手な乗り方ですと長寿でござりますが、
乱雑な扱いですと短命でござる。・・・基本、消耗部品ですから
乗り方で寿命は大きく左右します。

残念ながら・・・現在、クラッチハウジングは販売終了でござります。
ガタガタで交換せざるおえない場合・・・
程度良好であれば中古品でもいいのですが・・・
高性能&高耐久となれば新品が一番!・・・ということで・・・
拙者、新品を準備いたしておりますのでご安心くだされ♪
数に限りはござりますので、エンジンオーバーホール(ロングライフ仕様)
時のみ使用予定です。












a0163159_22171163.jpg
で・・・今回のハウジングの程度は?・・・
クラッチフリクションディスクの当たる面も極上で・・・凹み無し♪
・・・スムーズで優しい乗り方である証拠です。
















a0163159_22180349.jpg
センターベアリング(銅ブッシュ)の摩耗も少なく、
クッションスプリング系も問題なし!
・・・程度良好のハウジングでござりました♪
















a0163159_22182231.jpg
・・・摩耗や傷んだ部品達は交換いたしてクラッチ系完了でござり♪
ジェネレーターチェーン系もフルメンテ完了。













a0163159_22184060.jpg
発電機系、セルモーター系、ギアチェンジ系、ウォーターポンプ系・・・
装着&メンテ完了いたし・・・腰下完成でござる♪



つづく。



















トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/237793416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-10-06 22:07 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg