DUCATI M900 エンジンオーバーホール・・・その1

森山です。
1993年に発売開始のDUCATIモンスター900のエンジンオーバーホール
中でござる♪
約50000km走行っ。腰上のオーバーホールは遂行しておりますが、
腰下は当時物でござり各部摩耗や劣化は進行中・・・交換時期の部品も多数
ござりますなぁ。










a0163159_19513514.jpg
綺麗なモンスター900でござります♪

延命処置か完全復活か・・・交換部品量とコスト次第でござりますが、
ベースエンジンの程度により交換部品量は変化いたし・・・
交換部品が何でどこまで交換いたすのかでコストは大きく左右いたし
完成後のエンジン性能や寿命にも大きく影響いたしますっ。

エンジンは部品点数が多く、高額な部品も多いですから・・・
部品の高額な外車は頭が痛いですなっ。












a0163159_19533967.jpg
OHCのデスモドロミック2バルブのLツイン♪

最近のDUCATIは湿式クラッチとなりました。
・・・やがて乾式クラッチが懐かしくなるでしょうなぁ~♪













a0163159_19535350.jpg
エンジンの外観は・・・塗装のヤレ&アルミ腐食発生でござります。














a0163159_19542017.jpg
・・・20年以上経過で乗り込めば・・・腐食も仕方ないですっ。
サンドブラストかけて耐熱1000で再塗装いたせばピカピカに復活いたします。
















a0163159_19582795.jpg
エンジン降ろしますかっ♪
・・・各部品を外しまして・・・















a0163159_19584947.jpg
エンジンと車体を切り離し♪・・・















a0163159_19591188.jpg
降りた(切り離した)エンジンAssyでござる。
・・・スイングアームがエンジンに付いております♪














a0163159_19592989.jpg
・・・この後、エンジン分解いたして各部点検測定でござる。















a0163159_20000139.jpg
エンジン側にスイングアームが付きますので・・・
自立できない車体は2Fで保管でござりますっ。

・・・つづく。



トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/238047912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-12-04 20:04 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg