GPZ400Rワンオフマフラーその3

本日担当森山です。

いやー外は寒すぎ・・・朝、雪降ってましたもんね。はやく春こないかなー・・・・
でも、モリヤマエンジニアリングの工場は冷暖房完備!!今日もぬくぬくの中での作業です。冬でも春。
夏は、窓ガラスが白くなり中が見えないぐらい冷やし込んでおります。・・・・熱い寒いが嫌いとかではなく、
実はできる限り20℃を保ち、かつ除湿して湿度も低目をめざしているためです。・・・そためお肌カサカサ
・・・電気代かかるしエコじゃない・・・ではなぜ?
実は部品のためにエネルギーを使っているのです。0℃と35℃では、金属の大きさが違ってくるのです。
測定時、加工時、組み立て時・・・20℃で低湿度がベスト!!時計の製作、組み立てと同じなのです。
その他、工場には精密部品や、精密機械もあり、これらは特に湿度を嫌います。これらを守ためのコスト
なのです。同じくホコリも嫌います。毎日きれいにお掃除しなければいけません。・・・・これも大変です。
雨の日や、低気圧の日は・・・エンジンは組み立てません、場所によっては湿気を封入してしまいトラブル
からです。フロントフォークやリヤサスもそうです。おなじ組むならカラリと天気の晴れた日がよいのです。

それでは、ワンオフマフラーその3です。今回は、マフラーフランジ系パーツ・・・エンジン排気ポート出口に付くパーツの製作。それと集合部パーツの溶接組み立てです。ハンドメイドは、機械と違い体調に左右されます
楽しくて、やる気満々の時がよいです。・・・・・・ちなみに電話の多い日は、だめです。

フランジです。板材から切り出し穴あけです。センターの穴はこの後、旋盤で37パイ仕上げとなります。
a0163159_141954.jpg


フランジ、フランジスリーブ、エキパイコーン完成。この400Rは、水冷式でマフラー完成後、キャブの
セッティングも行います。その為排気温度も適正なので、この超軽量アルミフランジスリーブを使っているのです。ちなみにサネちゃん号もまったく同じ材質形状です。使用は水冷式のみでベストセッティングが必要条件!
排気量の大きい空冷式でノーセッティングまたはセッティングが薄いと焼けただれ壊れます。・・・よくあるのが、
1100カタナやZ系の社外チタンインチキマフラーがこうなります。チタンも酸化がひどく溶接修理できません
絶対にポン付けは・・・・ありえない。・・・・けちらずセッティングのこと。・・・・インチキマフラーの為セッティングが
でない事もしばしば、そうなると悲惨。・・・・ノーセッティングで、うちのはOKです。その言葉一番キケン!また
フランジが曲がるのではなくて、曲げてしまう素人メカニック・・・排気漏れするとか緩むとか・・・純正品も曲げてしまう恐ろしいメカニック・・・対策はロックナットでワイヤリング!穴が無ければあけるべし。これぞメカニック。
少なかれどレーシングパーツ・・・・薄い、軽いあたりまえ・・・取扱注意!キャブと同じ扱いで作業すべし・・・
全てが、メーカー純正品とは違います。素人メカニック対策で作ると純正品と同じで重くなる。残念。
a0163159_144960.jpg


マフラーフランジAssy。軽いです。
a0163159_151454.jpg


これから集合部の溶接組み立てです。
a0163159_153243.jpg


エキパイ差し込み口溶接、そして2つを溶接する。・・・・仮止め中です。
写真回すの忘れてました。・・・・おとといみたいに、ページ変えると、またやり直しになるかも・・・・・
すみませんが、首を右に90度曲げて見て下さい。・・・・でもフランジは、曲げないでください。
a0163159_155181.jpg


2ペア溶接組み立て完了。
a0163159_16852.jpg


ペアを一つに溶接組み立て!これで集合部の溶接組み立て終了!、
ここまでで全作業の15から20パーセントです。まだまだ先は長いです。・・・
a0163159_162674.jpg


ちょっと集合部の中を写真、撮りました。・・・・・
拙者!接写!しすぎて何かこう、肉眼で見るより・・・魚眼?こんなのギョガンって言いましたっけ。
奥の方にエキパイ4本ささります。そして中央に見えるのがクフ王のピラミッドです。
中の溶接が非常に狭くてやりにくいです。・・・拙者、4こまマンガに見える。
a0163159_16425.jpg

トラックバックURL : http://moriyamaen.exblog.jp/tb/9953731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by moriyama-eng at 2010-02-14 13:27
おはようございます!!
またしても朝方まで書いてたんですね・・・(~_~;)

それにしても本気度の高い熱いマフラーですね!
僕のも今回サイレンサーは変えますが、あの
強烈なデザイン・強烈な特性のエキパイはそのまま
継承しますんで♪

マフラーってカスタムバイクの顔だから、イジっていく
上で絶対に他の人と同じ既製品のマフラーはイヤで、
昔っからマフラーだけは絶対にそのまま使わずに
改良したり改造したり作ったりで乗ってました。

色んなトコをイジってても、どことなくどっかで見た
印象になってしまうのは、やっぱり既製品マフラーの
せいだと・・・。

目立ちたがり屋なので、自分だけの個性的な
マフラー・バイクって大好きです!

それにしても、いつも狙ったパワーカーブ&トルク
カーブによくなりますね・・・。大量の経験だけとは
思えない何かがあるんですが・・・(-_-;)

誰もいない時間にエンジンとお話してませんか!?
Commented by moriyamaeg at 2010-02-14 23:05
サネちゃん

眠いです。・・・・

この時間で、自分のバイクや車をいじれる。・・・しかもかなり

でもブログに慣れるまでがんばります。

400Rのマフラー作りもまだ時間がかかりそうです。

サネ忍者のサイレンサーはどう?出口の形状ややこしそう

なので挫折しないように。直線とアールの三次元なら金型で

プレスでしよう。でも金型、高いです・・・

三次元のアールをやめればOK・・・出口がアルミなら楽ちん

だけど、チタンは、いうこときかない・・・

今は誰もいない時間にパソコンとお話してます。

byもりやま
by moriyamaeg | 2010-02-14 05:13 | マフラー編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg