カテゴリ:未分類( 14 )

森山です。
最終型のA16から・・・13年経過でござる。
最終型でも各部スペシャルチェックいたしますと・・・要メンテの部分は多いのです。
程度良いといっても新車から13年も経過しておりますからなぁ~。立派な旧車です。








a0163159_21410190.jpg
ひそひそ話中の・・・
幸せな忍者達でござる。
青忍者、赤忍者、緑忍者・・・オーナー殿に感謝ですなっ。








a0163159_22101916.jpg
GPZ900R国内仕様・・・赤忍者。








a0163159_22095898.jpg
驚きの・・・実走2831km!
旧車の場合・・・走行距離が少ないイコール極上車とはいえません。
逆に、放置期間が長過ぎて・・・絶不調なのです。
走っていないから傷んでないのでは?・・・それは高年式の場合でござる。
残念ながら旧車・・・超長期放置での劣化&腐食は深刻で・・・交換部品が多いのでござる。
コンスタントに走っていた車両のほうが調子良いです。










a0163159_22104206.jpg
オーナー殿、中古で購入いたしましたが・・・調子が悪い。
燃費・・・ロングツーリングでもリッター10kmでござります。
ぶちまわすと黒煙でござりました。
今回、燃料系全てのフルメンテナンスで復活いたしました♪。







a0163159_22110429.jpg
そんな燃料系ですが・・・・ガソリンタンク内の腐食は旧車にとって大問題です。
外観の綺麗さはどうでもいいのです。べこべこに凹んでいようが傷だらけで
あろうがOKなのです。・・・要はタンク内が腐食しておらずクリーンである事が
一番なのです!「外観の見た目より内側の程度でござる!」
錆び取り処理も応急処置でしかない。・・・・新品タンクが一番でござる!
・・・しかし、
交換いたす新品タンクがあってこそなのですが生産中止で販売終了となると辛い!

燃料系トラブルは、ちゃんと走らないだけでなく
エンジンに深刻なダメージを与えてしまうのです。








a0163159_22112526.jpg
赤忍者ですが・・・新品の黒タンク購入いたし交換いたしました♪~。
ペイントいたせばOKでござる~♪。


そんなGPZ900Rの新品タンクですが・・・・先日まで黒とライムが買えて
いたのですが・・・・本日!「遂に販売終了となってしまいました!」
川崎重工の部品棚から姿を消しました。
「歴史的車両の純正タンクが終わったぁ~。」
錆びたタンクの錆び処理作業では・・・・パーフェクトではないので・・・
今後のメンテナンスに支障がござる。「カワサキ殿!再販いたしてくだされ~!」






by moriyamaeg | 2016-06-05 22:52 | Trackback | Comments(0)
森山です。
6月6日、土曜日・・・臨時休業いたします。
ご迷惑お掛け致し申し訳ござりません。



a0163159_21525207.jpg

by moriyamaeg | 2015-06-05 21:59 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z750RSエンジンオーバーホル・・・エンジン搭載完了いたしまして、
只今キャブレター修理&メンテ中でござる。
・・・車体はRSではなくFOURベースでした。(タイトルはそのままにしときますっ。笑)





a0163159_17003824.jpg
これから、車体にエンジンを載せます。






a0163159_17011082.jpg
BMW・ワタナベメカがこれからエンジン搭載致しますの図。
カスタム部分もあれこれござり・・・車体各部をよく見ますと・・・
Z750RSではなく後期のZ750FOURベースでしたなぁ~。
・・・好調をめざすうえでは、年式はさほど大きな問題ではござりませんが・・・









a0163159_17013330.jpg
搭載完了し補機類装着でござりました。




a0163159_17020467.jpg
入庫時CRキャブレターでしたが・・・純正キャブレターにいたすということで・・・
後日オーナー殿から届いたキャブレター・・・点検いたしますっ。
実際走行していたキャブレターとのことです。・・・が放置時間もござり・・
ゴム部品と各ガスケットがカチカチとなり・・・ガソリン漏れ発生っ。・・・
修理&メンテナンスいたしますかぁ~。






a0163159_17024254.jpg
各部品点検いたします。







a0163159_17034993.jpg
最低限の部品は入手できますので大きな問題さえなければ・・・直せます。







a0163159_17041484.jpg
部品も入荷致しまして・・・キャブレター修理&メンテナンス中でござります。

ガソリンコックもダメで・・・見れば見るほど、触れば触るほで・・・各部ボロでござり・・
電装系も怪しい気配でござる。
最後に車検ですが・・・エンジン、キャブレター以外で、直すべき部分があれこれござりますなぁ~。
もうすこし時間がかかりそうでござる。




by moriyamaeg | 2015-04-22 17:07 | Trackback | Comments(0)
森山です。
夏本番でござる!
バイクといえば冬より夏!・・・この時期は、車検の点検整備も多くなりますっ。

車両の使い方も、チョイ乗りからロングまで様々でござり・・・各部の傷み具合も様々で
傷んだままでは気持ちよく乗れませんし危険でもござりますので整備でござります。


a0163159_22214470.jpg
図は、GPZ900R A7 ヨーロッパ仕様でござり・・・・フロント廻りの整備中!
新車から今までの車検整備の内容をデーターとして残しておくと良いです。
メンテナンスサイクルを知ることになり・・・常に調子良く乗れますっ。




a0163159_22220970.jpg
図は、GPZ900R A12 国内仕様でござり・・・・同じくフロント廻り整備中!
乗っていて不調を感じなくても・・・分解点検致すと・・・
ギリギリでしたなぁ~!てなこともござります。

つづく。

by moriyamaeg | 2014-07-23 22:53 | Trackback | Comments(2)
森山です。
1987年式GSXR750でござる。
油令エンジン搭載の軽量なバイクでござった!
拙者、この初期のGSXR750シリーズは好みでござる。


a0163159_23295853.jpg
数年間放置でござりました車両・・・車検の前に、各部のメンテナンスが必要ですなぁ~。
つづく。

by moriyamaeg | 2014-04-21 23:39 | Trackback | Comments(4)
森山です。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6でござる。

オイルストレーナーです。
オイルに金属片や異物が混入したままオイルポンプに吸入されてはまずい!・・・で、
その金属片や異物の進入を防ぐのがストレーナー(金網)です。
金網の目より小さい異物は、もちろんオイルポンプ内へ進入!・・・トロコイドの傷の原因となります。
オイルポンプから吐出されたオイルはオイルフィルターを通過し、
細かい異物はろ過され綺麗なオイルになり各部へ送られるのです。
図の、左がCBRで右がCBXでござる。・・・CBRの方がデカイ!
a0163159_2025351.jpg


左がCBRで、右がCBXのオイルパンです。
でかいストレーナーのCBRはオイルパン深さも深い形状なのでござる。
a0163159_2031648.jpg


オイルパン装着。
a0163159_2033319.jpg


ギアシフト系部品装着いたし・・・・シンプルですなぁ~。
a0163159_2042311.jpg


カバーの装着です。
・・・・オイルシールは新品にいたします。
a0163159_20102114.jpg


お次は、クラッチカバーです。
N殿がどうしても装着したかったクラッチカバー!・・・事の始まりはこのカバーでござる。・・
a0163159_2044394.jpg


プルタイプなので純正のクラッチには使えません。・・・HRCのクラッチ&ミツション専用!
・・・おかげで全部の部品を交換致す事になったのです。
a0163159_205483.jpg


装着!
a0163159_2053188.jpg


ピックアップやスターターチェーン装着し・・・セルモーターも装着いたします。
・・・・各部のOリングやオイルシールは新品と致します。
a0163159_2055191.jpg


腰下完成いたし・・・いよいよ腰上の組み立てです。
ピカピカの0.25mmオーバーサイズのピストンでござる。
リング装着し・・・・
a0163159_2061575.jpg


コンロッドに装着っ。
a0163159_206434.jpg


シリンダー装着っ・・・・
a0163159_207246.jpg


完了!
カムチェーンガイド、ヘッドガスケット装着し・・・・
a0163159_2072255.jpg


シリンダーヘッド装着!
a0163159_2073718.jpg


テンショナーやカムシャフトその他装着し完成です!
・・・・最後に、クリアランス調整いたし、ヘッドカバー装着します。
a0163159_2075532.jpg

その7へつづく。
by moriyamaeg | 2013-07-10 20:12 | Trackback | Comments(2)
森山です。
長~い!作業でしたぁ~。
ワンオフのバックステップ他のアルマイト処理も完了し・・・・装着っ。
その他の詰めの作業でござりますっ。・・・ゴールは近いっ!
a0163159_036747.jpg


その中の、ドライブチェーンサイズ変更でござる。
・・・530から520に変更でござる。
a0163159_0371190.jpg


530サイズのドライブスプロケットは・・・・354g。
a0163159_0375284.jpg


520サイズのドライブスプロケットは・・・・295g。・・・・59gの軽量化。
a0163159_0381869.jpg


530サイズのドリブンスプロケットは・・・・372g。
a0163159_0383954.jpg


520サイズのドリブンスプロケットは・・・・・294g。・・・・・・78gの軽量化。
a0163159_039399.jpg


530サイズのドライブチェーンは・・・・・2421g。
a0163159_0392145.jpg


520サイズのドライブチェーンは・・・・・1866g・・・・・・555gの軽量化。
a0163159_0394353.jpg


ZRX1200R ユニットプロリンク系&BOX系&ステップ系&その他・・・完成です。
・・・シート下のBOXも底板(3mm)以外は1mm~2mmで強度を出しつつなるべく
重くならないように製作いたしっ。
ステップ系はベストな位置とし、操作性も考慮し強度確保の超軽量タイプです!
従来のツインショック&スイングアーム&リアブレーキ&関連部品総重量より、
ユニットリンクスイングアーム&オーリンズTTX&リアブレーキ&関連部品総重量は・・・
軽量でござり・・・・ピボットから遠い所の重量は劇的に軽くなり!&リンクタイプの
サスペンション!でもござり・・・路面追従性は抜群ですなっ。
これから煮詰めのサスペンションのセッティングです。
a0163159_040122.jpg

「U殿、長らくお待ちいただき、ありがとうございました。」
by moriyamaeg | 2013-06-29 01:21 | Trackback | Comments(2)
森山です。
毎度毎度の・・・・「部品の生産中止は、本当に辛いでござるなぁ~。」
壊れた一つの部品の為に・・・オートバイ調子悪く・・・まともに走れないこともござり・・・
欲しい部品の在庫があれば・・・注文し、交換致すだけで絶好調なのですが・・・・
生産中止の場合・・・代用品を探すのが大変です。・・・入手できない事も・・・
入手できても、今一な部品では意味が無いので・・・使える部品を探し続けるのですが・・・
新品より耐久性の劣る中古品なのに、遥かに高くつく事もしばしば・・・「あぁ~新品欲しいっ!」
やはり・・・長く乗りたいのであれば・・・純正新品部品が一番!
メーカー在庫があるうちに(無くなると困る部品)買いそろえておくべきでござる。

8年前まで元気に動いていたCB400FのエンジンAssyです。
いつかこんな日が来るであろうと・・・・I殿のコンテナで保管しておりました。
a0163159_23293923.jpg


こんなに腐ったエンジンじゃなかったのですが・・・・完全に結露と湿気でやられとりますなぁ~。
機械は、人が触らないと土に帰るのですねぇ~。・・・・「こりゃ、中身は大丈夫か?」
a0163159_23301225.jpg


この部分の中身に用事がござるっ。
a0163159_23303738.jpg


「パカッ!」・・・・・「オォ~!中は表側ほど腐っておりませんなぁ~。」
I殿のCB400Fが、クラッチ各部品寿命で絶不調・・・メンテ依頼でしたが・・・・
メーカー生産中止部品だらけなので、このエンジンから欲しい部品を摘出っ・・・・・
このエンジンがドナーなのです。
a0163159_23305725.jpg


「いただきますっ!」・・・・
a0163159_23322091.jpg


左がドナーから頂きました部品です。右が現在使用の部品です。
これから点検測定いたします。・・・使えれば良いのですが・・・・ダメなら・・・
使える部品を探す長い旅の始まりですなぁ~。
a0163159_2332411.jpg


さすがに8年放置のドナーエンジン・・・・クラッチプレートは錆びておりまする。
新品で現在入手できる純正部品は・・・クラッチフリクションディスクとクラッチプレート
とレリーズベアリングとクラッチカバーガスケットだけ・・・正直辛いですっ。
この錆びたプレートは新品で復活です。
a0163159_23332224.jpg


今まで使用の・・・・クラッチアウターCOMPです。
各部摩耗しガタガタで限界っ。・・・リベットの頭までも吹き飛んでおり・・・・寿命です。
a0163159_23333493.jpg


こちらは頂いたクラッチアウターCOMP・・・・薄汚れていますがまだ使えます!
a0163159_23341446.jpg


クラッチプレッシャープレートです。
左が頂いたもの・・・表面は腐食してますが、さほど摩耗してませんっ。
右が今までのもの。・・・見た目は綺麗ですが・・・フリクションディスクの接触面は
激しい摩耗でござり交換ですなっ。・・・「Nチビと同じ?半クラ当てすぎですっ。」
a0163159_23342426.jpg


クラッチアウターのクラッチフリクションディスク溝も程度良し!
a0163159_23345959.jpg


クラッチセンターのクラッチプレート溝も程度良し!
a0163159_23351330.jpg


下側のパレットは、ドナーから頂いた復活の為に必要な重要部品っ。・・・
上側は新品部品ですっ。・・・(最低限のものしか売ってない。)
a0163159_23355329.jpg


・・・・・各部品を組み立てます。
a0163159_23382631.jpg


無事、完成!
テストランです。・・・・・クラッチ生まれ変わりました!・・・・すこぶる調子よい♪・・・「合格っ!」
超旧車は程度の良いスペアエンジンとドナーエンジンは必要ですなっ。
a0163159_2339745.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2013-06-18 10:28 | Trackback | Comments(0)

BMW R5でござる。

森山です。
先日、町内乗り回しておりました・・・BMW R5でござります。


1936年製のR5・・・目指せ快走でござる。
エンジンはオーバーホール済みでのキャブレターセッティング依頼でござります。
a0163159_22304057.jpg


綺麗なプラグ装着いたし・・・・町内一周で・・・プラグは真っ黒。・・・・「かなり濃いですなぁ~。」
a0163159_22315110.jpg


「良い圧縮っ!」・・・・
プラグホールから覗き込むと・・・・ピストンもバルブもカーボンてんこ盛り盛りっ・・・
こりゃ、キャブの前にカーボン落しが先ですなぁ~。・・・多量のカーボンを掃除いたしっ!
a0163159_22323559.jpg


「良い燃料っ!」・・・・
キャブレターも分解、点検、清掃、調整いたしっ!
・・・・オリジナルのキャブレターは、ミクニVMに変更されております。・・・・
市販ガソリンも77年前と現在では・・・別物?でしょうなぁ~。・・・・松ヤニの燃料か?
a0163159_22332682.jpg


「良い火っ!」・・・・
点火系も現代版で武装でござりっ。
a0163159_22591972.jpg



キャブレター調整と同時に点火系も調整致します。
ケース脇の小さな穴に・・・・
a0163159_230295.jpg


タイミングライト照射っ!
試乗を繰り返し・・・・ベストな位置を探すと同時にキャブレターのベストも探します。
a0163159_2305992.jpg


市街地、田舎道、高速道路・・・すべてのルートでテスト&セッティングでござる。・・・
やはり市街地での渋滞や信号待ちが・・・・空冷のレーサーには辛いですなぁ~。
都会の道路状況ですと信号や渋滞でのアイドリングの時間が長いっ。・・・
低回転ですと充電能力も低いのでバッテリーの補充電しながら・・・拙者も充電中っ。
a0163159_231201.jpg


アイドリングから低、中、高・・・「良い燃料めざしっ!」・・・良い感じになってきましたっ。
・・・・セッテイングであちこち走行!・・・R5の操作にも慣れてきますっ!
リアはリジットでサス無し・・大きなギャップは辛いでしょうが、日本の道路事情は良く、
綺麗なアスファルト道路でござりサドルのスプリングだけで全く問題なし!・・・
ハンドリングも良くフレーム剛性も良し・・・快適です。
a0163159_2314547.jpg


実走セッティング後、シャーシダイナモで最終セッティングいたします。・・・
・・・後輪最高出力は22ps!・・・
a0163159_9594568.jpg


プレートに記された494cc、エンジン出力24ps・・・
・・・今回、後輪22ps+パワーロスですから・・・24psよりだいぶ出とりますなぁ~。
キャブレター口径と・・・2013年!未来の燃料のおかげですかねっ。
a0163159_2322176.jpg


レバーっ!
a0163159_2323946.jpg


こんな感じです。・・・人体構造から考えれば・・・逆のような・・・・しかし・・・
転倒時や接触時は助かるかもっ・・・
a0163159_233111.jpg


ステアリングダンパー!摩擦式のアジャストねじでござる。・・・・
a0163159_2331984.jpg


プリロード調整っ?・・・・こんな時代から採用されているっ。・・・しかも
a0163159_2333712.jpg


ロッドエンドで連結っ!・・・いろんな発想ござりますなっ。
a0163159_2335258.jpg


フォークトップブラケット・・・・板です。
a0163159_2341919.jpg



フォークアンダーブラケットも・・・・板です。
a0163159_234461.jpg



旧車で右足チェンジのオートバイは慣れないと乗りにくいですが・・・・R5は左足!
現代のオートバイと同じでござる!・・しかも
a0163159_235557.jpg


ハンドチェンジも付いておりますっ!
a0163159_235258.jpg


どでかいホーンは・・・・ボッシュ製!
a0163159_2354641.jpg


縦置きのボクサーエンジンはやはり!・・・シャフトドライブでござる。
スイングアームが無いので・・・ユニバーサルジョイントは無し。
a0163159_236114.jpg


シンプルで美しいエンジンです。
a0163159_236346.jpg


1936生まれのR5殿・・・・いつまでも元気で、現役をつらぬいてくだされ!
a0163159_2374598.jpg

by moriyamaeg | 2013-06-14 09:03 | Trackback | Comments(0)
森山です。
DUCATIモンスターの次は、999Rの燃調です。
今回は、ダイノジェット社のパワーコマンダー3にてインジェクションセッティングします。
取り付けは簡単!配線を繋ぐだけでござる。・・・しかし、ベースマップ製作が大変・・・暑い!
冬は良いのですが、夏は辛いです。水温が高くなると冷やさなければならず・・・時間がかかる。
巨大な送風機をOさんにいただいたのですが・・・巨大な為、設置が大作業でござる。暇になったら
設置作業開始ですなっ!(いつの事やらですが作業時間短縮のためにも急がなければなりません・・・)
200km/hの風!・・・風速55m/s位あれば良いのですが・・・建物が壊れますかぁーね。
ラジエター直前にブロワーの風をロス無く噴出!がベストです。水冷は良いのですが
空冷のLツインはリヤバンクが遠く風当たりも良くないのでダクトを伸ばしてリアバンクを冷やす・・
いずれにしても真夏は空気が暑いので冷えにくいでござる。真冬はいいでござる。


今回の999Rです。テスタストレッタエンジンの最高峰でござる。
999は、スーパーバイクで大活躍でした!ベイリス最高!の時代ですな。
916系から1098系・・・やはり999はデザインが時代先取り過ぎて・・・発売が早すぎた。
1098系の後継で良かったのでは・・・好き嫌いがありますが見なれると実にカッコイイでござる。
a0163159_23343810.jpg



今回装着のパワーコマンダー3です。・・・新しいパワーコマンダー5は999の設定が無いです。・・・
999も旧車の仲間入りですか・・・
a0163159_23345581.jpg



装着完了しましてダイノマシーン上で調整します。
a0163159_23351665.jpg



燃料と酸素の重量比率を測定するA/Fセンサーでござる。・・・・O2センサーではござらぬ。
空燃比計です。・・・真空ポンプ引きのタイプでござる。長い管を使いサイレンサーエンドから
管を集合部付近まで差込みましてガスを採取します。・・・ポンプやフィルターのメンテナンス
が頻繁でござる。・・・さぼると不正確な測定値となる。・・・センサーはフィルターを還すので
長生きでござる。
a0163159_23353074.jpg



こちらは、圧縮空気を利用したベンチュリー引きタイプでござる。こちらも長い管を使いガスを
採取します。・・・トラブルはシンプル構造なので少ないが水分や汚れが直接かかるので、
センサー寿命が短い。
a0163159_2335465.jpg



こちらは、エキパイ直付けタイプでござる。・・・これは正確です。また気筒ごとに測定できる。
・・・でもエキパイに取り付け穴が必要。なければ加工製作でござる。・・・スペースの問題はある。
a0163159_2336085.jpg



1つのセンサーだけではだめです。・・・測定値のトラブル発生に気付くのが遅くなるし
不正確でござる。・・・実際にトラブル発生してまして・・・その対策で、今は
2つ以上のA/Fセンサーを同時に使ってます。・・・ずれがあればアウトでござる。
同じ数値であるか確認しながら測定します。校正テスト用のA/Fセンサーも準備しておりまする。
目に見えないガスや、電気はやっかいですなぁ~。
a0163159_23361691.jpg


無事完了でござる。・・・この後は実走でござる。・・・長い時間を要しますが・・・時間を
掛ければ掛けるほど良くなります。
a0163159_23363261.jpg

by moriyamaeg | 2011-06-26 23:32 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg