カテゴリ:エンジン編( 386 )

森山です。

GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール・・・最終回。





a0163159_22220595.jpg
エンジン搭載前に各部大掃除!
・・・奥の奥はエンジンの無い今こそチャンス!
(経年劣化でバラバラになっていたドライブチェーンスライダーは新品へ交換でした♪)














a0163159_22222955.jpg
ありゃ、リアショック前方のフレーム部が大きく錆びております。
・・・「正に今がチャンス!」












a0163159_22232239.jpg
錆び除去いたし・・・













a0163159_22234690.jpg
ペイントでござりました♪














a0163159_22224954.jpg
フレーム前方も大掃除いたし・・・「ピカピカ♪」















a0163159_22240654.jpg
・・・エンジン搭載完了♪















a0163159_22244309.jpg
キャブレターも再点検いたし♪












a0163159_22252237.jpg
各補機類装着&調整いたし・・・
冷却水&エンジンオイルを注入いたし・・・












a0163159_22254394.jpg
エンジン一発始動っ!「ブォーーーーーーーーン」
暖機いたし♪
キャブレター調整&各点検いたし♪
試乗いたし♪
GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール無事完成でござりました125.png









by moriyamaeg | 2017-10-12 21:59 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
今回の、GPZ900R A11 マレーシア仕様は・・・数年前に
綺麗な中古車(走行3000km♪)で購入でござり
見た目は程度良好♪・・・しかしながら
走行3000km=超長期保管(放置)は明らかで
シリンダー、ピストンリング、バルブ、その他、腐食いたし
燃料系統も劣化&内部腐食で・・・
復活時にしっかりとメンテいたせばOKだったのですが「3000km=全てが極上」
という計算式が邪魔をいたし・・・44022kmを走破っ。
もちろん3000kmの恩恵で問題なく走れた部分もござりますが、
初期トラブル解決と各部点検整備が今一でしたなぁ。

すでに44022km走破(爆弾を抱えて)&20年経過の当時物部品だらけ
&各部ノーメンテで・・・程度はガタ落ちでござる。
傷んだエンジンだけでなく、燃料系、冷却系、電装系、前後足廻り、
前後油圧ブレーキ系、油圧クラッチ系、その他、このままノーメンテですと
先が無いのでフルメンテナンス決意でござりました。

ちょいと前にスペシャルチェックいたし先に燃料系と冷却系をメンテいたし♪
そして今回のエンジンオーバーホール作業&フロント足廻りメンテ、ドライブチェーン系
交換、その他作業でござりました♪
次回の、リア足廻り系、前後ブレーキ系、油圧クラッチ系、電装系、で完成ですなっ♪

なにはともあれ、走るからOKではなく早期発見早期治療のため
2年に一度のスペシャルチェックで早期発見で重症化予防でござる♪







a0163159_22211721.jpg
「快調ロングライフ仕様」で復活いたしたエンジンAssy♪














a0163159_22214464.jpg
車体に載せます♪













a0163159_21125486.jpg
時はさかのぼり・・・エンジンオーバーホール開始時のカットでござります。

前後スプロケ&ドライブチェーンも新車時のままで驚きの44022km走破っ♪
チェーンガイドは劣化でパキパキと割れ・・・脱落しておりました。

つづく。










by moriyamaeg | 2017-10-07 21:19 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホールのつづき・・・






a0163159_22184060.jpg
腰下完了いたし・・・これから腰上でござる。













a0163159_22190064.jpg
STD純正ピストン装着いたし♪

純正ピストンはSTDサイズも0.50mmオーバーサイズも
販売終了でござりますので、拙者秘蔵の極上ピストンを使用いたしました。
ピストンリング、ピストンピン、ピンクリップは純正部品で入手できますので
新品装着でござる。











a0163159_22192006.jpg
新品シリンダーAssy装着っ♪












a0163159_22194067.jpg
新品シリンダーヘッドAssy装着っ♪(もちろんIN&EXバルブも新品でござる。)











a0163159_22202281.jpg
さらに・・・
IN&EXカムシャフト、IN&EXロッカーアーム、IN&EXロッカーシャフト、
カムチェーン系部品・・・新品といたします。

装着前の各下準備いたしまして・・・











a0163159_22205042.jpg
・・・動弁系部品の装着&調整でござる。
















a0163159_22211721.jpg
各カバー類、スタットボルト、ウオーターパイプ、キャブホルダー、その他、
装着完了いたし・・・
ものすごく時間を要しましたが、「快調ロングライフ仕様」無事完成でござりました125.png

・・・つづく。






by moriyamaeg | 2017-10-06 22:55 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R A11 マレーシア仕様のエンジンオーバーホールのつづきでござる。
・・・既に完成いたしておりまして現在慣らし中♪
遅れてのレポートでござります。





a0163159_22141286.jpg
下準備完了の上下クランクケースに・・・








a0163159_22142960.jpg
新たなメタルを装着し・・・
下準備完了のクランクAssy&ミッションAssyを装着いたし・・・













a0163159_22145080.jpg
上下クランクケースを・・・「ドッキング♪」














a0163159_22150863.jpg
販売終了のコンロッドも極上コンロッドをゲットいたし無事交換でござりました♪
曲がっていたNo1&No4コンロッドでしたが、これで無事復活でござる。
・・・「ぶっ飛ばしても壊れないエンジンとなりましたぁ~♪」












a0163159_22153956.jpg
バランサーウエイト側ベアリングも販売終了でござりましたが・・・
新品ゲットで完全復活~♪











a0163159_22152258.jpg
ミッション系も「ロングライフ仕様」目指し、高耐久での完全復活でござります。












a0163159_22160545.jpg
オイルポンプはZZR系オイルポンプで容量アップいたすだけでなく・・・
オイルライン&ギャラリーのチューニングも遂行いたしっ♪
それらの相乗効果で・・・












a0163159_22162367.jpg
・・・さらなる快調&ロングライフ仕様となるのです♪










a0163159_22164336.jpg
クラッチ系でござりますが・・・











a0163159_22165863.jpg
クラッチハウジングは、性能維持で重要部品でござります。
適切なオイル管理と上手な乗り方ですと長寿でござりますが、
乱雑な扱いですと短命でござる。・・・基本、消耗部品ですから
乗り方で寿命は大きく左右します。

残念ながら・・・現在、クラッチハウジングは販売終了でござります。
ガタガタで交換せざるおえない場合・・・
程度良好であれば中古品でもいいのですが・・・
高性能&高耐久となれば新品が一番!・・・ということで・・・
拙者、新品を準備いたしておりますのでご安心くだされ♪
数に限りはござりますので、エンジンオーバーホール(ロングライフ仕様)
時のみ使用予定です。












a0163159_22171163.jpg
で・・・今回のハウジングの程度は?・・・
クラッチフリクションディスクの当たる面も極上で・・・凹み無し♪
・・・スムーズで優しい乗り方である証拠です。
















a0163159_22180349.jpg
センターベアリング(銅ブッシュ)の摩耗も少なく、
クッションスプリング系も問題なし!
・・・程度良好のハウジングでござりました♪
















a0163159_22182231.jpg
・・・摩耗や傷んだ部品達は交換いたしてクラッチ系完了でござり♪
ジェネレーターチェーン系もフルメンテ完了。













a0163159_22184060.jpg
発電機系、セルモーター系、ギアチェンジ系、ウォーターポンプ系・・・
装着&メンテ完了いたし・・・腰下完成でござる♪



つづく。



















by moriyamaeg | 2017-10-06 22:07 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GPZ900R A11のつづき・・・







a0163159_23270534.jpg
大きな箱の中身は・・・














a0163159_23272164.jpg
新品のシリンダーヘッドAssyでござります♪














a0163159_23294190.jpg
傷んだ旧ヘッドを直して得られる結果とかかるコストを考えますと・・・
今回のA11は新品ヘッド採用でござりっ。

新品ですから腐食ゼロ&超ピカピカ塗装ももれなく付いてきます~♪












a0163159_23292340.jpg
新品ヘッドAssyに・・・新品バルブを合わせます。















a0163159_23265008.jpg
もう一つの大きな箱は・・・















a0163159_23274289.jpg
新品のシリンダーAssyでござります♪














a0163159_23281326.jpg
超ピカピカでござる。
















a0163159_23275917.jpg
新品ですから、シリンダー内壁だけでなくウォータージャケット側も腐食無く
元気っ♪・・・末長く使えます。

















a0163159_23283767.jpg
各部点検測定いたします。

・・・つづく。








































by moriyamaeg | 2017-09-02 20:12 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R A11のつづきでござる。







a0163159_23233656.jpg
エンジンフルオーバーホールに必要な新品部品入荷~♪
近年、販売終了部品が増えておりまして・・・
残念ながら、必要な新品部品も全ては揃いませんなぁ。


機械ものですから年数と共に各部必ず傷みます。
快調な走行を続けるために交換部品が必要となるのです。
傷む部分も各部ござり、交換部品は年数と共に増えていきます。
しかしながら部品供給は年数と共に減っていくのでござる~っ。









a0163159_23253025.jpg
生産中止のコンロッド・・・
・・・ドナーエンジンより摘出・・・「極上品4本、無事ゲット♪」













a0163159_23251158.jpg
生産中止のピストン・・・
拙者、秘蔵のピストン放出いたし・・・「4個、無事ゲット♪」

(その他の生産中止部品も無事ゲットいたしましたので作業開始でござりました♪)













a0163159_23245193.jpg
程度良いコンロッドが入手できて良かったでござる♪
















a0163159_23285213.jpg
各下準備完了いたし・・・
クランクシャフトにコンロッドを組み付けます♪
















a0163159_23290886.jpg
・・・完了でござる♪










a0163159_23263010.jpg
デカい箱の・・・新たな部品でござります。

つづく。








by moriyamaeg | 2017-08-31 23:39 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

森山です。

事の始まりは長期保管・・・
経年に対し走行距離が少ないということは、動かしていない時間が
長いという事ですから、「保管前&復活時」の儀式(メンテ)を遂行すべき。
せっかくの低走行車であっても低走行という事と抜群の綺麗さと
異音なく快調である!という自信と確約で「経年無視でのノーメンテ」となる
ことが多いのでござる。・・・「調子いいから」というトラップにはまるのです。
極上車であればあるほど復活時に確実な点検&整備をいたすべきです。
また、程度が良い車両ほどメンテナンスは無縁と思い整備が遅れがち・・・
なにもせずのブローでは実にもったいない・・・
「せめて確実な点検だけでも遂行ですぞ♪」


GPZ900R A11 エンジンフルオーバーホールのつづき。
前回は、No1&No4コンロッド変形、ピストン偏摩耗、シリンダー偏摩耗&腐食が
ござりましたが・・・今回は・・




a0163159_18590726.jpg

シリンダーヘッドでござります。












a0163159_18592873.jpg
積もったカーボンを除去♪













a0163159_18594917.jpg
除去途中・・・
積もったカーボンの下から・・・













a0163159_19000901.jpg
わぁ~、No3ヘッドがぁ~!
・・・ピストンとの隙間が狭いスキッシュ部は傷だらけ・・・












a0163159_19002909.jpg
異物混入での損傷ござる。
インテークから入ったか、プラグホールから入ったかです。














a0163159_19004795.jpg
ピストン側にも同じ傷がござります。















a0163159_19023476.jpg
線状の固い金属のようで・・・しばらく揉まれた状況・・・
IN&EXバルブシートにも無数の凹傷がござり!
・・・凹傷が深いのが大問題でござる。

キャブレター側からの異物吸い込みか・・・整備中の異物侵入か・・・
プラグ交換作業での異物侵入か・・・でしょうなぁ。
















a0163159_18582090.jpg
只今、オーバーホール中(GSX1100S刀)のヘッドも・・・
同じく異物が侵入しスキッシュエリアにて噛み砕かれ突き刺さっております。

プラグホール付近にあった小砂利がプラグ脱着時に
侵入し砕かれ突き刺さったパターンですかっ。
刀のプラグ付近には巻き上がった小石や砂利が沢山ござります。
・・・確実に除去いたしてからのプラグ外しが必要でござる。

直っキャブ(エアーファンネル)ですと異物は吸い込みます・・・
プラグ交換時にも異物がござれば入ります・・・
整備中でも異物は入ります・・・

つづく。


by moriyamaeg | 2017-08-30 19:12 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
A11マレーシア仕様、エンジンフルオーバーホールのつづき・・・分解編。

(ずいぶん遅れてのレポートですが・・・
すでにエンジンフルオーバーホール作業は完成いたし♪
只今、車検整備中でござります。)







a0163159_21332957.jpg
腰上分解いたし、腰下分解中・・・











a0163159_21335577.jpg
良質なオイル&オイル交換サイクルもベストでござり、
・・・オイルパン内もスラッジ無く超綺麗でござります~♪













a0163159_21344311.jpg
上下クランクケースを分割いたし・・・











a0163159_21350676.jpg
出てきたミツション系・・・
販売終了部品も多くなりましたので程度の良い事を祈ります。











a0163159_21352588.jpg
クランク系・・・












a0163159_21354435.jpg
クランクメタルでござり・・・良好でござる♪











a0163159_21370447.jpg
摘出いたしたクランクAssy・・・















a0163159_21380705.jpg
コンロッド外し・・・
No1とNo4の小端部トラブルでござりましたので点検いたします。













a0163159_21411372.jpg
No2とNo3は問題なし・・・
大端部、小端部、連結棒、全て合格っ。













a0163159_21395469.jpg
この位置での寸法は84.50mmでござりっ。












a0163159_21404930.jpg
問題のNo1のコンロッド!やはり曲がっておりましたぁ!・・・「残念っ。」
図を良く見ますと、右側に「くの字」に曲がっちゃってます。
また、軸方向への傾きも発生いたしており・・・
ピストンは軸方向へ傾いて動いておりまして・・・
ライナーの当りもピストンの当りもそうなっておりましたなぁ~。
No4のコンロッドも状態悪しでした。












a0163159_21402062.jpg
同じ位置で測定いたしますと83.85mm・・・曲がりの分、縮んでますっ。
過去、強烈なS字に曲がったコンロッドがござりまして、
とんでもなく縮んでおりましたなぁ~。
(曲がったコンロッドで高速走行いたしますと確実に破断いたします。)

燃料系トラブルによりガソリンハンマーをくらって曲がったコンロッド
・・・燃料系トラブルは早期発見早期治療いたすべきですなっ。












a0163159_21393614.jpg
No1&No4コンロッドはご臨終で、交換でござりますが・・・
最悪なことに販売終了部品となっておるっ。














a0163159_21413694.jpg
クランクシャフトも点検・・・
使えることを祈りながらの各部点検測定でござります・・・

つづく。





by moriyamaeg | 2017-08-17 22:07 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホールのつづき。
忍者も販売終了部品が増えており・・・
特にミツション系とクラッチ系が元気であることを祈りながらの分解でござりました。






a0163159_21164760.jpg
外観は意外と綺麗でござりますなぁ~♪












a0163159_21170628.jpg
風呂に入れまして分解開始でござる。
(シリンダー前方の塗装はヤレておりペリペリと剥がれました。)












a0163159_21172961.jpg
ヘッドカバー外し・・・出てきたカムシャフトは見事な虫食発生でござる。













a0163159_21184573.jpg
バルブクリアランスの点検・・・クリアランスが、殆ど無い・・・













a0163159_21191507.jpg
NO1とNO4シリンダーの・・・吸気側バルブクリアランスが超狭く
・・・0.03mm以下でござりました。

バルブクリアランス調整(タペット調整)は定期で行うものです。
走るから何もせずが定番となっておりますが・・・こうなってからでは遅いですな。












a0163159_21215558.jpg
ロッカーアームも傷んでおりますっ。













a0163159_21241218.jpg
ヘッド外し・・・
















a0163159_21222577.jpg
シリンダー外します。・・・
NO1とNO4のピストントップに溜まっているカーボンは焼け始めております。
NO2&NO3より焼けております。











a0163159_21263942.jpg

シリンダー内壁でござる。・・・錆び錆び













a0163159_21270205.jpg
全気筒、錆びておりました。
・・・残念っ。














a0163159_21291929.jpg
出てきたピストンでござる。












a0163159_21294325.jpg
NO4ピストンと・・・














a0163159_21300554.jpg
NO1ピストンは・・・問題発生いたしておりました。
「ちょいとコケて動いておる状態でしたなぁ。」














a0163159_21302758.jpg
NO1のピストンピンが・・・いつものように抜けませんでした。
(かなり固い感じで抜けましたぁ。)







a0163159_21312832.jpg
ピンの動きはピストン側でカバー致しており、焼き付いてはおりませんでしたが・・・
コンロッド小端部が「変形」しておりクリアランス(上下方向)が超狭くなっておりました。
(再度、ピンを押し込んでみますと・・・全く動かない。)














a0163159_21315185.jpg
NO2とNO3のピストンピンは正常でスムーズに入るしスムーズに回ります♪

NO1ほどではござりませんがNO4のピストンピンも怪しい状況でござりました。
このコンロッド小端部(ピン穴)変形の原因は・・・(次回紹介っ♪)










a0163159_21321763.jpg
腰下の分解でござります。
左側各部品外しまして・・・














a0163159_21323831.jpg
エンジン右側のクラッチ系分解いたします。
・・・図はクラッチオペレーティングプレートでござり、クラッチスプリングにより
掘られた凹みにスプリングが咬み込んでおります。
この状況ですとシャープに作動せず・・・長期のうちには
ミッション系も傷めてしまいます。













a0163159_21332957.jpg
クラッチハウジングは生産中止(販売終了)です。
今後のオーバーホールに無いと非常に困る消耗部品でもござり・・・
中古品じゃ話にならず。なにがなんでも極上品でなければなりませんが
・・・そんな極上品も激減中でござり・・・
そこで!「新登場♪」当店ハウジングKITで解決ござり~♪












a0163159_21330821.jpg
クラッチプレートも錆発生ですなぁ。
・・・この車両、長期保管の時期がござりましたなぁ。

つづく。










by moriyamaeg | 2017-07-30 21:17 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZRX1200Rのエンジンオーバーホール(ロングライフ仕様)
・・・最終回でござります。





a0163159_22511395.jpg
FCR39mm(ブラックボディー)装着いたし・・・
エンジンオイル&冷却水を注入いたし・・・















a0163159_22512784.jpg
エンジン始動!・・・「ブォーーーーーン」♪
各点検&調整いたします。















a0163159_22124535.jpg
低開度のセッテイングいたし、エンジンの初期慣らし運転でござる♪














a0163159_22125924.jpg
ダイナモ上でのキャブレターセッテイングいたし♪
(高回転域のセッテイングは慣らし運転終了後に行いますっ。)














a0163159_22121712.jpg
実走でのセッテイングいたし・・・ZRX1200R完成でござりました♪

慣らし運転頑張ってください♪「ありがとうございました。」







by moriyamaeg | 2017-07-12 23:00 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg