カテゴリ:キャブ編( 71 )

吸気系・・・

森山です。
FCRキャブレターでござる。
アクセルオフ時のスロットルバルブ張付き防止機構・・・
浮動バルブと4個の車輪がミソでござります。
車輪とキャブボディー間には作動性確保の為の僅かな隙間(ガタ)がござる。
アイドリング~低回転では吸気脈動の間隔が広いので
スロットルバルブが前後に動き特有のカタカタ音がします。
接触面の少ない車輪ですから・・・
やがて摩耗が進行いたしキャブボディー側も凹んでいきます。
凹んだ位置で浮動バルブ&スロットルバルブがキャブボディーに接触(スタック)
いたすようになり、アクセル戻してもバルブが引っ掛かり回転が落ちない症状。
キャブボデーの摩耗が進行いたしたらキャブAssy交換がベストでござる♪







a0163159_20203823.jpg
1108cc・ヨシムラST-1カム・ポート加工・4-1マフラー・その他
での高回転高出力仕様から・・・
1108cc・国内仕様カム・4-2-1マフラーとし低中速スタートダッシュ仕様
へ変更したK殿号です♪








a0163159_20205724.jpg
キャブレターは古いFCR41mmで・・・アクセル戻しても回転が落ちない状況。
応急処置的作業内容で乗ってましたが、我慢ならず・・・










a0163159_20195214.jpg
遂に新品Assy交換決定!・・・「正しい選択です♪」









a0163159_20201856.jpg
国内カムのスタートダッシュ仕様ですから・・・41mmやめて37mm採用っ。










a0163159_20212349.jpg
FCR37mm装着いたし、ダイナモセッテイング完了。












a0163159_20214466.jpg
試乗&実走セッテイング・・・
「いやぁ~♪新品キャブレターは素晴らしい~♪」
「1108ccのスタートダッシュ仕様も楽しです~♪」











a0163159_20251064.jpg
ZRX1200Rでござり、FCR39mm装着されておりましたが
同じくアクセル戻しても回転が落ちない状況。
キャブレター分解点検の結果・・・
キャブボディーの摩耗進行でござり・・・
とりあえずのワイドローラーで延命処置作業されてましたが・・・
アバウトなものでもござり動きが渋く・・・
アクセルワークも重いし、戻りもさらに悪化・・・
接触面がそもそもダメでござりますので・・・










a0163159_20253042.jpg
迷わず新品Assyに交換っ♪
・・・セッテイングもいたして、全て解決でござります。




by moriyamaeg | 2017-02-04 22:37 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z2のキャブセッテイングでござりました。
町内一周で・・・プラグ真っ黒となり絶不調でござる。





a0163159_21361730.jpg
Z2でござりっ。










a0163159_21365483.jpg
FCRキャブレターのセッテイング依頼です。










a0163159_21380089.jpg
セッテイングと同時に・・・
点火系をASウオタニSP2フルパワーキットにいたしっ。










a0163159_21374397.jpg
キャブレターとエンジンの状態を確認♪
キャブはメンテ&調整いたし・・・
現状エンジンの状態はベストではない。
走れる範囲ですが、コンプレッションダウンと気筒間のバラつきあり
・・・ダメな場合コストはかかりますがエンジンメンテでござる。










a0163159_21381772.jpg
その後・・・
ようやくセッテイング開始でござる。










a0163159_21402617.jpg
点火時期の調整・・・









a0163159_21403912.jpg
極端な点火時期は・・・NGでござる。









a0163159_21391909.jpg
排ガス吸って、ガソリン吸って・・・タバコ吸って
1日中やってますと気持ち悪くなりますなぁ~。









a0163159_21410233.jpg
ダイナモでの調整完了いたし・・・








a0163159_21414507.jpg
・・・実走での調整でござる♪。







by moriyamaeg | 2016-11-30 21:48 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
「最近、見かけなくなりました。」
空冷ツアラー最速のヤマハFJ1200でござり・・・
フルメンテナンスいたさねば姿を消す事となる年代でござる。
FJ1200も末永く走り続けて欲しい車両ですな。




a0163159_21432567.jpg
ピカピカの・・・S殿の1988年式FJ1200でござります♪







a0163159_21433703.jpg
18年前に、エンジンオーバーホールと同時に装着のFCRキャブレター
・・・18年経過のキャブレターも年月には勝てず不調でござる。

限界部品も多くキャブボディーの摩耗も進行いたしており・・・
オーバーホールはやめまして、新品キャブレターAssyにいたす事にっ。







a0163159_21445195.jpg
「JB-POWER」・・・ビトーさんちのFCR37でござる♪









a0163159_21435503.jpg
新旧入れ替えます。









a0163159_21442976.jpg
新品FCRキャブレターをセットアップいたし・・・エンジンオイル交換いたし
・・・キャブセッテイングでござる。
「エンジンは、まだまだ快調でござりますな~♪」








a0163159_21443931.jpg
純正エアーBOX仕様でござります。
この後・・・古い前後タイヤも交換いたし・・・
実走調整いたし無事完成でござりました♪

各部品のメンテナンスサイクルには違いがござり・・・
長寿な部品もあれば短命な部品もござる。
定期的な点検と初期のメンテナンスを遂行いたすのが一番お得なのです。





by moriyamaeg | 2016-06-15 21:49 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

気化器、連続。

森山です。
排ガス規制でインジェクション化が進み・・・
キャブレターの時代も懐かしく・・・
そのうち内燃機自体も懐かしいものとなるのでしょうなぁ~。




a0163159_22424761.jpg
GPZ900RにFCRでござる。
・・・いまだ健在のFCRキャブレターでござります♪。

新品のキャブレターでも分解点検測定いたしてからセットアップいたしますっ。





a0163159_22390832.jpg
ノーマルキャブレター外し・・・エアークリナーBOX外しますっ。







a0163159_22392478.jpg
ずいぶんとホコリが溜っておりますなぁ~。
・・・・こりゃ、大掃除でござる!






a0163159_22395016.jpg
ピカピカになりました。
・・・♪






a0163159_22400308.jpg
FCRキャブ装着の前に・・・当店、オイルキャッチタンク(横型)装着でござる。







a0163159_22401782.jpg
ブリザーカバーの上に装着されます。・・・






a0163159_22404156.jpg
なんだかんだ、この容量と位置が一番です!
キャッチタンクのドレンボルトも外しやすく、
キャブレターに対しても・・・K&Nフィルターやラムエアーフィルターとの
干渉もなく・・・吸入量を邪魔しない位置で設計ござる♪。








a0163159_22414309.jpg
FCRキャブレター装着完了いたし・・・







a0163159_22420430.jpg
ダイノマシーンでのセッテイング開始~♪。
馬力と空燃比測定いたしながらのセッテイングでござる。
・・・完了いたしまして・・・






a0163159_22481713.jpg
・・・実走でのセッテイングでござります♪。・・・
市街地での低速走行&渋滞&信号待ち・・・低開度セッテイング。
高速道路で中速域~高速域・・・中高開度セッテイング。







a0163159_22474413.jpg
あちこち走り回りまして・・・
店の裏手の休憩ポイント(のどかな田園風景)へ到着っ♪。「一服。一服。」077.gif
実走セッテイングのほうが時間はかかりますが正直良いですなぁ~♪。

GPZ900RのFCR装着&セッテイング完了でござりました。079.gif






a0163159_22451168.jpg
お次は、CB900Fでござります♪。
・・・(サイドカバーには750と記されておりますが900です。)






a0163159_22453204.jpg
現在、TMR(MJN)キャブレターです。







a0163159_22442768.jpg
今回、FCRキャブレターに変更いたしセッテイングでござります。







a0163159_22445734.jpg
新品キャブレターです。
・・・各部点検測定いたしてからセットアップいたします♪。






a0163159_22455328.jpg
FCRキャブレター装着完了♪。・・・







a0163159_22461120.jpg
ダイノマシンでのセッテイングでござる。
・・・・無事完了いたし・・・







a0163159_22465813.jpg
・・・実走セッテイングでござる♪。









a0163159_22471965.jpg
・・・「一服、一服。」077.gif
春は最高でござるなぁ~♪








a0163159_22384441.jpg
お次は・・・GPZ750でござります。
エンジンが吹けない(6000RPM~)とのことで・・・









a0163159_22383154.jpg
キャブレター点検・・・
分解O/Hいたします。








a0163159_22381529.jpg
錆がござる。・・・・








a0163159_22433317.jpg
錆びは・・・
もちろん、ガソリンタンクから・・・







a0163159_22431719.jpg
腐り果て・・・








a0163159_22434768.jpg
覗きますと・・・・錆がござる。








a0163159_22440159.jpg
オールペイントいたしておられますが・・・・錆びたタンクに高価な塗装は
もったいないっ。・・・また、ペイント下地作業の水とぎは要注意で・・・
錆びの原因でござる。







a0163159_22441573.jpg
燃料系メンテいたし・・・ダイノマシン測定開始っ。
・・・無事、吹け上がるようになりました♪。

ガソリンタンクは錆び取り処理中&車検もござるので、
実走セッテイングは後日でござりますなぁ~。
・・・つづく。








a0163159_23123702.jpg
お次は・・・GPZ900Rです♪。
電装系、冷却系、前後足廻り、燃料系の・・・メンテナンス依頼。








a0163159_23125069.jpg
まずは、電装系&冷却系をメンテいたします。・・・その後・・・







a0163159_23170558.jpg
直キャブ!・・・TMR(MJN)キャブレターのメンテ&セッテイングでござる。
薄汚れております・・・砂埃をたらふく吸い込んで走りまくりですっ♪。
・・・つづく。



気化器、連発・・・おしまい。


by moriyamaeg | 2016-03-31 22:52 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
DUCATI M900でござる。
FCRキャブレター&関連パーツが揃いました。




a0163159_23170480.jpg
前回、タイミングベルト交換作業でござり、つづきのFCR装着でござる。
入荷部品を点検いたしまして、作業再開でござる♪。






a0163159_23172199.jpg
ノーマルキャブレターを外し、FCRキャブレター装着でござる♪。
各取り廻し変更、部品交換、各加工もござり・・・
セットアップに小技が必要で時間を要します。






a0163159_23173361.jpg
セットアップ完了いたし・・・
これからセッティング開始でござる♪。







a0163159_23180697.jpg
今回、ノーマルエアークリーナーBOX装着でのFCRセッテイングです。
エアークリナーBOXとバッテリーケース、その他が一体型でござり・・・
キャブレターのジェット変更のたび、全ての部品を脱着いたすのが・・・
かなり面倒でござるので・・・
バッテリーその他関連部品をエアークリナーBOXから遠ざけて・・・
エアークリーナーBOXの脱着スピードを上げますっ。






a0163159_23131559.jpg
古いフューエルラインも新しくいたしますかっ。







a0163159_23133849.jpg
ガソリンタンクからキャブレターまで・・・







a0163159_23123940.jpg
新品に交換いたします♪。・・・これでしばらく安心でござる。







a0163159_23135600.jpg
実走セッテイングも無事完了いたしました~♪。077.gif

キャブレター周辺に集まる部品達・・・ドンピシャのスペースでござる。
ガソリンタンクの裏側がえぐれており・・・その限られたスペースに
エアークリーナ、バッテリー、点火コイル、その他が入り込む構造です。







a0163159_23141550.jpg
EVR乾式クラッチ分解点検&掃除でピッカピカ♪。

ここからは・・・12か月点検と大掃除でござる。
乾式クラッチから出るダスト・・・走行風で後方へ飛んで、車体に付着いたします。
それが腐食の原因となるので、こまめにお掃除しなければなりません。







a0163159_23145066.jpg
クラッチカバーもお掃除♪。

純正のクラッチカバーは密封されてダストは飛び散らないのですが・・・
風通しの良い社外品ですと・・・飛びまくりです。







a0163159_23150702.jpg
ステップやリアマスターシリンダーに付着した長年のクラッチダスト・・・
腐食&固着でござり・・・地味な作業で除去いたしまして綺麗になりました♪。







a0163159_23152365.jpg
エンジンの前側と上側と底側・・・手の届かない部分に埃は積もりっぱなし・・・
・・・地道にお掃除いたします。
特に前方は汚い・・・フロントブレーキダストとフロントタイヤが巻き上げた砂や泥、
走行中に体当たりし潰れた虫の体液・・・放置しますと錆の原因となります。







a0163159_23153940.jpg
フロント廻り・・・ブレーキダストがたんまりでござりました。






a0163159_23161102.jpg
ステアリングステム調整いたしっ。
もう少し走ったら、フロントフォークとリアショックのメンテですな。

お掃除でようやく綺麗になりましたが・・・
「こりゃ、全然掃除してませんなぁ~。」
特にフロント廻り正面の汚れ・・・わずかな付着でも腐食させるので
・・・・走るたびに綺麗に掃除しておくべきですぞ。








a0163159_23155509.jpg
リア廻りもお掃除いたし・・・完成♪。







a0163159_23164830.jpg
「花粉の季節となりましたなぁ~。M900納車でござる♪。」
・・・花粉&ブレーキ粉&クラッチ粉飛びまくりっ。

12か月点検遂行で良い事がござる。・・・それは、早期発見早期治療ができる事です。














by moriyamaeg | 2016-03-03 23:25 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
モンスター900の純正キャブレターは、三国製の負圧キャブレターです。
基本、ヤマハのTRX850と同じでござる。・・・
そのCVキャブレターを強制開閉の京浜FCRに変更いたしますっ♪。






a0163159_22493301.jpg
足廻り&ブレーキ系、エンジン系、電装系、その他、フルメンテ&フルオーバーホル&
各部レストアいたし、快調に走り続けるモンスター900です!
今回、FCRキャブレター装着依頼でござり♪
その前に・・・
タイミングベルトの交換時期なので交換いたしますかっ。






a0163159_22502166.jpg
カバー外しまして・・・






a0163159_22522872.jpg
新品のタイミングベルトでござります♪。






a0163159_22530418.jpg
無事、交換いたしました。
(交換サイクルは、10000km~20000kmでござります。)





a0163159_22541207.jpg
現在、新品FCRキャブレターの入荷待中でござるので、
入荷致しましたら・・・またレポートいたします♪。
つづく。

by moriyamaeg | 2016-01-22 22:57 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

ZRX1200・・・FCRキャブ

森山です。
来ました♪来ました♪






a0163159_23102702.jpg
BITO R&D・・・ZRX1200R用FCRキャブレター入荷でござる♪。






a0163159_23172077.jpg
「やっぱ、新品はいいですなぁ~。」
発売から、ずいぶんと長く価格改定無く頑張っておりましたFCR
・・・・遂に価格変更でござりっ。





a0163159_23564885.jpg
入荷いたしたら・・・真っ先に各部検査いたします。
(新品Assyでも必ず分解点検いたしております。)







a0163159_23441826.jpg
各部検査合格!・・・「優等生でござる。」
・・・組み立てます♪。








a0163159_23462364.jpg
車体装着&調整いたしまして・・・・








a0163159_23480681.jpg
キャブレターセッテイング開始でござる♪~。








a0163159_21591599.jpg
ビトーさんちから・・・新製品案内でござる♪
JB KYB リアツインショック!!
「Z系にお似合い♪リザーブタンク無し♪高性能♪ブラック♪75000円♪」
・・・・注文お待ちしております♪。


by moriyamaeg | 2016-01-19 23:52 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZRX1100コンさん号。
FCRキャブレターメンテナンス&TPS装着でござり・・・



a0163159_22490306.jpg
TPS装着の加工&製作完成いたし♪・・・
キャブレターの組立&メンテナンスでござる。






a0163159_22500459.jpg
全ての構成部品を綺麗にいたし・・・
快調目指し、傷んでいる部品は交換していきますっ♪。







a0163159_22504152.jpg
全作業、無事完成でござりました♪。







a0163159_22511619.jpg
FCRは、キャブボディが命でござりますが・・・
ボディの程度が良くてなによりでしたなぁ~♪。






a0163159_22521243.jpg
その後、車体に装着いたしまして・・・点火系調整とキャブレターセッテイングです。
(ASウオタニSPⅡフルパワーキット(TPS対応)装着されてます。)

エンジンは、ステージⅡチューン(2次仕様)でござります。
低回転から高回転までピックアップよく元気に回りますっ。
バランス取り、WPC処理、その他加工のおかげで振動も激減し実になめらかです♪。
点火系もTPS装着で進化いたし、より完全燃焼いたし燃費もアップですな。
「コンさん、上手な慣らし運転ご苦労様でした。」






by moriyamaeg | 2016-01-15 22:53 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
今年、最初の作業はZRX1100コンさん号でござる♪。
「良いエンジン・・・良い燃料系と良い点火系を与えるべきですっ。」





a0163159_22424808.jpg
エンジンチューン&オーバーホール後の慣らし完了いたし♪。
いよいよ高回転域のキャブレターセッテイングでござる♪
その前に・・・年数の経過した燃料系のメンテナンスを遂行いたします。
そういえば・・・コンさん号の点火系はASウオタニSPⅡフルパワーキットでござり、
TPS対応でござるので・・・





a0163159_23034523.jpg
キャブレターメンテナンスと同時にTPS装着依頼です。





a0163159_22384652.jpg
TPSはスロットルシャフトで駆動され
・・・NO1キャブレターに装着でござる。






a0163159_22394679.jpg
まずは、キャブレター分解いたし・・・各部点検します。
重要部品の摩耗が少なく一安心、経過年数でのゴム部品は交換時期でござる。
燃料系統交換部品を注文いたし、TPS装着のため部品加工&部品製作いたしますか♪。






a0163159_23104073.jpg
キャブレターボディー加工中の図でござります。
・・・つづく。






by moriyamaeg | 2016-01-04 23:08 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

FCRとTMR

森山です。
FCRとTMR・・・最後のレーシングキャブレターとなるのか・・・?
たぶん、新たなレーシングキャブレターの登場はないでしょうなぁ~。
時代は電子制御の燃料噴射でござりますし・・・

吸入負圧でガソリンを吸い上げて霧にいたすキャブ・・・(霧吹きと同じ)
スロットルバルブのみのキャブレターが長い間使われ・・・1980年代から
負圧キャブレター(乗りやすくちょうど良い反応)の時代となりました。
スムーズで乗りやすいが・・・ドカンと前に出ずワンテンポ遅れるレスポンス。
各メーカー、レスポンスを求めて負圧キャブを進化させておりました。
(ダイノジェットKITはレスポンスをアップさせる部品でブレイクした。)
レーシングキャブレターもレスポンスを追及しFCRとTMRが登場♪。
いずれも霧吹きの原理の中で・・・最高のパフォーマンスを求めていたのです。
リッターバイクが現在のようにハイパワーでない時代の話でござる。

燃料噴射式は、燃料を加圧しインジェクターから噴き出す仕組み。
キャブレターと違いベンチュリー圧はいらないので
スロットルボアサイズを大きく出来るし燃料の遅れも少なくパワフルにしやすいが、
制御が大変でキャブレターに近づけるのがテーマでの進化でしたが・・・
電子制御燃料噴射は日進月歩・・・あっという間に高性能でござる。
排ガス規制の賜物でござる。

霧吹きキャブレターはレスポンスを求め・・・
電子頭脳のインジェクションはキャブらしさを求め・・・
どちらが良いか?・・・今となっては電子制御燃料噴射でしょう。
最大の問題は電子制御だらけ・・・部品供給が終了したら大変でしょうなぁ~。





a0163159_21561724.jpg
気化器122年の歴史っ。・・・(ゼロ戦もキャブですからなぁ~。)
京浜キャブレターの最終型レーシングキャブレターとなるか・・・
万能なFCRキャブレターでござる。






a0163159_21571225.jpg
板状(フラット)のスロットルバルブ&傾斜移動&加速ポンプが特徴
・・・全てレスポンスの為ででござる。







a0163159_21574270.jpg
アクセルオフ時、板状のスロットルバルブは貼りつく・・・
強力なリターンスプリング採用ですとアクセルワークが重くて辛い・・・
そこで車輪(ローラー)でスムーズに動く構造といたしております。
車輪はスロットルバルブに装着され、要の浮動バルブが採用されてます。





a0163159_21575928.jpg
末永く販売して欲しいですなっ。





a0163159_22013052.jpg

もう一つの高性能キャブレターは・・・三国TMRキャブレターでござり
美しく精度の高い高性能キャブレターです。






a0163159_22001265.jpg
FCRと同じくハイレスポンスを達成する為に開発されました。
TMRもフラットバルブでござり・・・
ハイパーノズルとの組み合わせでハイレスポンス♪。
加速ポンプ&チョーク機構も装備です。

このバルブ部分にはFCRのように車輪もなく浮動バルブもないですが・・・






a0163159_22010271.jpg

全てキャブボディー側にござります♪~。レール上にベアリングが並んでおります。
このベアリングのおかげで、スロットルバルブが張付かずスムーズに移動します。
Vシールもキャブボディにござる。





a0163159_22020882.jpg

TMRも末永く販売して欲しいですなぁ~♪。




by moriyamaeg | 2015-12-07 22:04 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg