カテゴリ:足廻り編( 49 )

森山です。
Z1改のつづき・・・





a0163159_23184394.jpg
タコメーターのリビルド完成いたし♪
実走での最終キャブレターセッテイングも完了♪

その後、突然のオーバーフロー発生!
タンク内のゴミがオーバーフローの原因でござり、ガソリンタンク内の大掃除遂行でした。
「新たな部品(ガソリンタンク)までも・・・もれなくメンテっ。」











a0163159_23190256.jpg
フロントブレーキ・・・・もう少し効くように















a0163159_23201361.jpg
・・・ブレーキパッドを交換いたします♪
左が新たなカーボンシンタードメタル・・・
右が旧の標準パッド・・・














a0163159_23191987.jpg
モリワキKYB 36mmフォークでござり。
フロントフォークも仕様変更でござる~。













a0163159_23194351.jpg
柔らかいダブルレートのスプリング(乗りごこち重視)で・・・
不足部分はエアー加圧のエアーサスでござり(エア圧は指定1.0キロ)
エアー加圧の依存度が非常に高いフォークなので・・・
エア圧が落ちると沈み込み過大で・・・すぐにフルボトムでござる。
金属バネだけでは役不足、適正エアー圧(空気バネ)との併用でござります。
・・・減衰もチョいと効きすぎでござる。
スプリング系とオイル系をいじりまして空気バネの依存度を減らします♪
・・・フォークをいじっておりますと・・・リアショックの動きも気になりますなぁ。

ノーマル車両で部品(純正)を交換&装着いたし場合、大幅な調整や改造を
いたす事はまず無い。
カスタムや改造で部品(社外部品等)を交換&装着いたしたら、バランスが
崩れポン付けでは済みません。・・・そこからの調整や相性や何かとござるのです。
「絵に描いた餅」じゃ気持ちよく走れません。









by moriyamaeg | 2017-06-20 23:22 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
コンさん号、車検点検整備と足廻りセッテイング変更でござり♪






a0163159_21401399.jpg
オーリンズRT43フォーク・・・仕様変更完了いたし♪















a0163159_21402725.jpg
車体に装着いたします♪















a0163159_21404964.jpg
リアショックも各仕様変更完了でござる♪
・・・2017年のコンさん号は目指すところが違います!














a0163159_21380465.jpg
「まあ、汚い」・・・エンジンから足廻りまで大掃除でござりました。
特に、前後ホイールのリム部は入念にお掃除っ・・・














a0163159_21382545.jpg
・・・リムにラインを貼る為です。
で!赤いライン♪















a0163159_21384731.jpg
皆様(忍者乗り)お勧めのレッドラインでござる~♪
グラデーション入りで・・・「カッコよくなりましたぁ~。」

















a0163159_21390745.jpg
試乗&各調整いたし・・・フォーク&リアショックOKでござる~♪
ホイールもOKでござる~♪

残すはフロントブレーキのメンテ&仕様変更でござり・・・只今部品待ちです。

・・・つづく。

by moriyamaeg | 2017-06-06 21:44 | 足廻り編 | Trackback | Comments(2)
森山です。

GPZ900Rマーキュリー号の仕様変更・・・最終回。






a0163159_21092562.jpg
各作業完了いたしまして♪
残すは、各部実走セッテイングでござります。













a0163159_21223325.jpg
スロットル操作の重さは軽減されました。
FCRのリターンスプリングレートを低くした仕様でござる。
FCRキャブレターは、負圧キャブ(バタフライ型)のような軽さは無い。
ある程度のレートが構造上必要でござるのです。

今後、さらなる軽減であれば・・・
ハイスロの巻取り径、スロットルパイプのフリクション、スロットルワイヤーの
フリクション、スロットルグリップ径、ケーブルの取り廻し等、の改良でござる~♪
・・・そこまでやってダメなら、慣れるか体を鍛えるか~。

















a0163159_21094731.jpg
フロントの足廻りも・・・リフレッシュ♪












a0163159_21101935.jpg
リアの足廻りも・・・リフレッシュ♪














a0163159_21104359.jpg
さんざん乗り回し・・・いつもの一服中でござる♪
拙者、スロットル操作の軽減よりも。。。
マグネシューム鍛造軽量ホイールのジャイロ軽減に感動中でござる♪。
DUOMOからマグタンへの変更は正解でござりましたなぁ~。



キャブレターセッテイングいたし・・・
スロットル操作軽くいたし・・・
オーリンズフォークメンテいたし・・・
ファイナル変更いたし・・・
タイヤ交換いたし・・・
軽量JBマグタンでさらなるヒラヒラ性能アップでござり!
今回の仕様変更により「まぁきゅうりさん、山が楽しくなりますぜ~。」

おしまい。















by moriyamaeg | 2017-05-28 21:20 | 足廻り編 | Trackback | Comments(2)
森山です。

黄忍者のつづきでござる。・・・最終回。





a0163159_21272783.jpg
強烈固着で回らないシリンダーヘッド側のフレームマウントボルト・・・
頭をドリルで飛ばしまして








a0163159_21274873.jpg
・・・無事、外しっ♪
フレームとエンジンが締結されてなかったので・・・当然、ギシギシと動きまわり、
鉄のフレーム側穴とボルトは痩せ・・・エンジン側はアルミでござり
アルミの穴が傷んで痩せておりますなぁ。









a0163159_21263007.jpg
反対側(左側)も緩んだ位置でナットが固着しており、エンジンとフレームは
締結されておらず。・・・なんとか回り外せました♪











a0163159_21254850.jpg
さらなる問題でござる。
サブフレームの後方のボルトは・・・何と!ネジ山2~3山での固定っ!
ボルトの長さが足りない・・・のではなく・・・











a0163159_21250811.jpg
社外バックステップのキャップボルト沈め穴の内径がチョいと小さい。
純正ですとキャップボルト座面にワッシャーが入る分だけ径がやや大きい。










a0163159_21253132.jpg
ですから・・・サブフレームの筒が穴に入らない・・・その分浮きますので・・・
ボルトも届かず、穴に入らずですから締結強度も無しっ。
カラーを入れて装着か穴拡大して装着か・・・
そこまでやる意味もないのでやめます。










a0163159_21281450.jpg
前も後ろも固定されていない状態ですから・・・フレーム剛性ガタ落ちでござる。
サブフレームはフレーム剛性を上げる為の部品?・・・組み合わせや
装着不良ですと無意味どころか純正よりフレーム剛性はガタ落ち。
ただただ重量が増すだけなので・・・捨てましょう♪









a0163159_21260714.jpg
で、この部分のボルトも締まってないというか・・・フレーム側のネジ部が舐めており
トルクゼロ♪

ステップブラケットもフレームの一部でござる忍者です。
ブラケットは、上側2本、下側1本、シートレール側2本のボルト
計5本で固定されます。
今回の忍者は、上側1本アウト。下側1本アウト。シートレール側1本無し。
結果2本でしか留まっておらずしかもトルク不足でござり・・・
・・・恐ろしい。(そりゃグニャグニャですな。)












a0163159_21283618.jpg
サブフレーム無し♪・・・むしろ無いほうが結果が良い。
しっかりと締結され本来の忍者となりました♪










a0163159_21290025.jpg
残すテーマは、ステム系とリアサス系とスイングアーム系のメンテでござります♪







by moriyamaeg | 2017-05-06 23:55 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
今回のカスタムでリフレッシュされた・・・
フロントフォーク、前後ブレーキ系、前後ホイール系、チェーンスプロケ系は
全て新品となり・・・この部分は高性能となりました♪

しかし、その他メンテナンスしていない部分や当時物部品は・・・
寿命を迎えた部品も多く、性能維持が厳しくなりますので早期治療いたしましょう。





a0163159_20195572.jpg
FCRキャブレターのセットアップいたし










a0163159_20201277.jpg
・・・セッテイング開始♪













a0163159_20223723.jpg
実走セッテイングと同時に前後足廻り試走点検でござる。














a0163159_20230683.jpg
交換いたした部品達はOK♪・・・ですが・・・















a0163159_20225118.jpg
足の付け根&車体に問題がござる。・・・車体が柔らかい。
・・・車体点検のため店に戻りますっ。


















a0163159_21294380.jpg
走安性の悪さは・・・
・・・各部ボルトナットが傷んでいたり、締まってなかったり・・・
リアショック系、スイングアーム&リンク系、ステム系、その他、は
メンテナンス時期を超えております。















a0163159_21292064.jpg
Rショック・・・オイル漏れ&バンプラバー砕け















a0163159_21243176.jpg
各マウントボルトが傷んで・・・エンジンとフレームが締まっておらず危険な状態。
もちろん車体剛性不足でござる。(エンジンをフレームとして利用する忍者では致命)
ボルトに対して締まり始める前の位置でナットが固着いたしており・・・
ボルトが刺さっているだけで締結されておらず。
・・・締まらない緩まないの完全固着状態でござり・・・
工具で回すと超オーバートルクで工具がダメになるので・・・










a0163159_21265055.jpg
・・・ドリルでボルトを揉んで外します♪
トラブルはこの部分以外にもござり・・・
「とりあえずカスタム車」は見えない部分のトラップが多くて大変でござります。
拙者、「とりあえずカスタム車」や「整備不良車両」でのトラブル責任は負いません
ので・・・
ダメな部品や怪しい部品は即外すか直すかし、確実な定期点検整備やメンテナンス
を遂行してくだされ~っ♪

つづく。









by moriyamaeg | 2017-05-05 18:20 | 足廻り編 | Trackback | Comments(2)
森山です。

K殿のGPZ900Rのつづきでござる。





a0163159_19512672.jpg
来ました来ました・・・












a0163159_19514299.jpg
首を長~くして待っておりました♪












a0163159_19520115.jpg
マグタンでござります♪













a0163159_19522444.jpg
早速、取り付け作業でござり・・・












a0163159_19540529.jpg
フロントホイール(3.50-17)に・・・
Fタイヤ(120/70ZR17)&Fブレーキディスク(320mm)装着&調整いたし、











a0163159_19552273.jpg
車体へ取り付けます♪
・・・「カッコいいですなぁ~。」














a0163159_19542264.jpg
リアホイール(5.50-17)に・・・
Rタイヤ(180/55ZR17)&Rブレーキディスク装着&調整でござる。













a0163159_19550163.jpg
マグタンのリアホイール(5.50-17)は、チェーンオフセット量が
8mmの設計でござり・・・(社外スイングアーム対応。)
純正スイングアームにはボルトオン装着出来ませんので・・・
装着できるように加工調整いたし♪












a0163159_19554667.jpg
リアホイールの取付け完了~♪















a0163159_19560606.jpg
リアブレーキ系も完了でござる♪















a0163159_20190465.jpg
オフセットスプロケット&17インチ化によるリアの車高調整により・・・
ドライブチェーンがフレーム部ナットにあたり・・・「カチャカチャ」
騒音&摩耗がござりますので、













a0163159_20204992.jpg
・・・チェーンローラーKIT装着っ♪
チェーンがフレーム部ナットにあたる前に図のローラーにあてて受け止めます♪














a0163159_20210972.jpg
ローラーKITの正しい使い方・・・
17インチ化でのリア車高アップは25mm~35mm(MAX40mm)が適正
調整値&リアスプロケットは44T~46Tがベスト・・・この範囲で対応でござる。
リアサスが最大に伸び(リアが上がり)、エンブレでチェーン下側がピーンと張った
その時、チェーンがローラーを強く押さない位置に調整でござる。

リアサスや車高調で過度の車高アップ(車高調等での見た目の超ケッ上げ仕様)の場合、
ローラーKITがテンショナーとして使用されますと、ローラーの早期摩耗や
各トラブルの原因となります。(過度の車高アップはサスの動きも走安も悪くなる。)
正しい車高調整範囲で各調整されていれば2万km以上走行してもローラーは元気です♪
どうしても見た目の超ケツ上げ仕様といたしたいのであれば・・・
シートレール側でのケツ上げですぞ。


・・・つづく。






















by moriyamaeg | 2017-05-01 19:50 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
K殿のGPZ900Rでござり、A13マレーシア仕様っ♪
2000年式で既に17年経過でござります。
今回は、前後足廻り系・前後ブレーキ系のカスタム&キャブレターセッテイング依頼っ♪










a0163159_22084869.jpg
当時物のフロント足廻りはヤレ気味・・・
マービックのマグホイール&社外ブレーキホース装着っ。
同じく、古くヤレ気味っ。













a0163159_22091555.jpg
リア廻りも当時物部品が多く要メンテですな。
オーリンズリアショック&マービックのマグホイール装着でござる。













a0163159_19470561.jpg
FCRキャブレターは新品装着のようです。
キャブレターセッテング前の下準備&点検でござる。











a0163159_19481537.jpg
キャブレターホルダー(インシュレーター)・・・交換ですな。
冷却系、燃料系、その他、ノーメンテの当時物各ゴム部品は交換時期を迎えております













a0163159_19475467.jpg
早速、不良個所でござり・・・
FCRキャブレターのスピゴットが・・・無抵抗でクルクル回りますっ♪

FCRは、Oリングが無いタイプですから、エアーリークしないようにネジ山に
液体ガスケットを塗布し締め付けますので、簡単にクルクル回らないのです。















a0163159_19472030.jpg
外しますと・・・・やはり・・・なにも塗ってないっ。














a0163159_19482840.jpg
ヘッドカバー&プラグホール&プラグ&プラグキャップ&その他・・・点検っ。
・・・腐食が進行しております。















a0163159_19490755.jpg
電装系も点検っ。
外装は綺麗ですが、奥の奥は錆びておりますなぁ~。
・・・機能部品も要メンテ時期です。














a0163159_19564336.jpg
ケツ上げKIT装着(ボルトオンタイプ)で・・・
ステップブラケット側のシートレール固定ボルトは本来2本締めなのですが・・・
構造上の1本締めとなっております。














a0163159_19571625.jpg
シートレールのケツ上げに合わせ・・・
サイドカバー位置アップいたし、タンク位置アップいたし、シート位置アップいたし、
綺麗に整列でござるが・・・ボルトオンの性もござり・・・















a0163159_19565992.jpg
各固定箇所の強度低下はござり・・・危険でござるので対策ですなっ。















a0163159_22082437.jpg
キャブレターの点検&下準備(セットアップ)完了♪















a0163159_19500242.jpg
クラッチカバーとパルサーカバーを新品に交換依頼でござります。














a0163159_19502174.jpg
・・・内部の各部品を点検いたしますっ。















a0163159_22093857.jpg
ビトーR&D殿のKYBフロントフォークでござります。

















a0163159_19523947.jpg
フルアジャスタブルでござりますので・・・セッテイングが楽ちんです。















a0163159_19532758.jpg
フロントブレーキマスターシリンダーは、
ブレンボのラジポン装着っ♪・・・















a0163159_19531038.jpg
フロントキャリパーはブレンボ4P装着でござる♪
ブレーキホースも製作いたし・・・
フロントディスクも新たに・・・
全て新品ですからロングライフ&快調&高性能でござる。















a0163159_19525648.jpg
リアキャリパーもブレンボで♪
リアマスターシリンダーAssyも新品といたし・・・
ブレーキホースも製作いたし・・・
ブレーキパット&リアディスクも新たでござる♪



















a0163159_19534597.jpg
削り出しのブレンボは美しいですなぁ~。

つづく。












by moriyamaeg | 2017-04-25 20:46 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R、足廻り&ブレーキ系他のカスタム依頼♪
・・・新品社外部品を投入いたしカスタム仕様といたします。

新品部品投入ですから、一石二鳥でリフレッシュが付いてきます。
(新品といたした部分は、快調と高耐久と高性能が付いてくる~♪)
スペシャルパーツの豊富なGPZ900Rならではの作業でござります。




a0163159_22080371.jpg
各部カスタムされた黄忍者でござり・・・
当時物部品も多く、要メンテナンス部分も多いですなぁ~。
・・・つづく。









by moriyamaeg | 2017-04-24 23:09 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900Rの前後足変更でござる。・・・最終回




a0163159_00455868.jpg
フロント足廻り完成いたし・・・






a0163159_22595281.jpg
残す作業は・・・ドライブチェーン&FRスプロケット交換♪







a0163159_23002402.jpg
ドライブチェーン・・・530サイズから520サイズへ変更でござる♪。







a0163159_23004283.jpg
Fスプロケットは・・・520、17T、8mmオフセットTYPE。







a0163159_23001145.jpg
Rスプロケットは520サイズの設定が無いので・・・
530サイズを520サイズに加工。








a0163159_23010005.jpg
ドライブチェーン&FRスプロケット装着完了♪~。
17インチワイドホイールに装着可能な当店チェーンケース装着いたし・・・







a0163159_23012670.jpg
オフセットスプロケット装着&17インチによる適正車高補正&
チェーンの遊びを大きくとる等で・・・
チェーンがフレームのナット部に干渉するのでローラーで受けとめる
・・・当店ドライブチェーンローラーKIT装着でござる♪。


過度の車高アップ(過度のスイングアーム垂角等)でチェーンテンショナー
としての使用は禁止ですのでご注意を!
17インチ化のベストな車高補正(車高アップ)で性能を発揮いたします♪。






a0163159_23014575.jpg
サイドスタンドストッパー加工溶接いたし・・・
サイドスタンドスイッチを作動させるため、サイドスタンド側突起部分の加工いたし・・・
無事完成でござります♪。







a0163159_23020723.jpg
テストランでござる。
ヘタった前後足廻りから、新たな前後足廻りへ生まれ変わり~♪。
スムーズな動きのステアリングステム&スイングアーム&サスリンク、
高性能なフロントフォーク&リアショックが気持ち良い♪~。


by moriyamaeg | 2016-09-22 22:57 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
前後足変更のつづき・・・




a0163159_00391259.jpg
GPZ900R A12 国内仕様。
今回は、フロント足廻り変更作業でござる。

オイル漏れ発生中のフロントフォークは、
JB・KYBのフロントフォークへ変更し・・・









a0163159_00393044.jpg
現状、アップハンドル仕様・・・
純正のトップブリッジ&セパレートハンドルに戻しますっ♪。









a0163159_00382490.jpg
アンダーブラケット(ステム)・各ベアリング・各シール等は新品にいたします。










a0163159_00384516.jpg
快調への近道・・・確約のとれる新品部品が一番♪。










a0163159_00394610.jpg
カウルとフォークが干渉・直らないオイル漏れ・作動悪し・などなど・・・
中古部品が怪しく組まれ・・・さらに、年式違いの中古部品もござり・・・
今回の各作業で中古車購入時からの怪しい諸症状も解決でござりますな♪。











a0163159_00402301.jpg
左がA12~A16のステム。
右がA7~A11のステム。
フロントフォーククランプ部分・・・
A7~A11は貫通穴でござりボルト&ナットでのフォーククランプ。









a0163159_00404071.jpg
図のようにA12~A16はネジ山がござりますのでナット不要の
ボルトクランプ。








a0163159_00411129.jpg
A12ステム装着でござる♪。








a0163159_00413292.jpg
新たな部品で気持ち良いスムーズな作動が得られます。









a0163159_00434106.jpg


お次は、純正トップブリッジ&ハンドルの装着ですが・・・
オーナー殿が購入した中古部品でして・・・これまた










a0163159_00432389.jpg
クランプの割部が・・・超ギタギタでござる。
困難なフォーク脱着で幾度もマイナスドライバーやタガネを叩き込んでの
脱着かな・・・普通じゃないですな。









a0163159_00430645.jpg
で、
フォーククランプ穴も、真円から楕円へ大きく変形しクランプボルトも通らない。
・・・こりゃゴミです。







a0163159_00425126.jpg
ハンドルの曲がりもござる。・・・・しかも、









a0163159_00423046.jpg

修正痕がござり(凹んで変形)・・・
大きな曲がりを修正いたし曲がりを小さくしたのでしょうが、これはダメです。
・・・大きな修正ですと強度低下が著しく危険です。
凹み変形がFブレーキマスターのクランプ部分でもござり危ない。
・・・「ゴミを売るのはやめましょう。」









a0163159_00420658.jpg
当たりが出るまで中古品を買うよりも・・・新品で入手できるのであれば新品ですな♪
曲がり?修正?ネジ山?各強度?塗装?腐食?・・・全て問題なしの新品は
安いものです。








a0163159_00435948.jpg
トップブリッジ装着し・・・










a0163159_00441481.jpg
JB KYBフロントフォーク♪~








a0163159_00443440.jpg
装着でござる。








a0163159_00445997.jpg
純正セパレートハンドルも組み付け・・・
各配線やケーブル類も引き直し・・・









a0163159_00451485.jpg
フロント足廻り完成でござる♪









a0163159_00452914.jpg
忍者は、やはりセパハンですな♪






a0163159_00454461.jpg

眺めておりますと・・・やっぱり・・・あったほうがカッコ良い・・・
純正のセンターカウル&アンダーカウル装着いたしたいですなぁ~。077.gif

・・・つづく。








by moriyamaeg | 2016-09-17 08:49 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg