カテゴリ:作り物( 152 )

森山です。
Z1改のエンジンO/H&公道仕様への変更・・・
クランクAssy、シリンダーAssy、シリンダーヘッドAssy、
シフト系部品、電装系部品、不足している車体系部品等々・・・
程度良好な中古部品探しやリビルドが一番大変でござり、膨大な時間を費やしましたなぁ~。

メーカーからの部品供給がなくなると・・・
程度の良い中古部品探しや代用品探しやリビルドとなりまして・・・
すぐに壊れては意味が無いので、より良いものを探し求めるのでござる。
・・・結果、膨大な時間とコストがかかってしまいますっ。
ものによっては純正新品部品より遥かに高く・・・
部品探しをいたしておりますと・・・純正部品供給のありがたみが身に沁みますっ。
「ああ、タイムフロシキが欲しい。」






a0163159_23454239.jpg
燃料系各調整&セッテイングでござり・・・
使用キャブレターは京浜CR♪













a0163159_23462560.jpg
キャブレター調整いたして、エンジンの初期慣らし遂行っ♪











a0163159_23461298.jpg
キャブレターセッテイング開始でござり・・・
慣らし運転用のセッテイングでござります。
・・・慣らし運転終了後に全域セッテイング遂行っ♪













a0163159_23464967.jpg
セッテイング完了いたしまして・・・
シート下の電装部品の配置変更でござりました♪













a0163159_23471431.jpg
外装装着っ・・・










a0163159_23474693.jpg
全作業完了でござりましたぁ~♪














a0163159_23480348.jpg
前照灯、前方方向指示器、後写鏡、・・・













a0163159_23482405.jpg
尾灯、後方方向指示器、その他・・・OK♪










a0163159_23484366.jpg
・・・車検でござります♪

つづく。



by moriyamaeg | 2017-04-10 20:25 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1改のつづきでござる。








a0163159_22302155.jpg
・・・メインスイッチの装着でござります。
メインスイッチといえばこの位置♪

Z1の電装系はシンプルなのですが・・・もの作りからの
一つ一つの装着作業をいたしておりますと・・・やることが山ほどござる~っ。












a0163159_22300030.jpg
メインスイッチはリプロのZ1用でござる。










a0163159_22303521.jpg
各部採寸&検討いたし・・・
各部品製作いたし・・・













a0163159_22305829.jpg
トップブリッジに装着いたしまして、













a0163159_22311557.jpg
完成でござる♪














a0163159_22430788.jpg
フロント廻りの電装系各部品装着と配線処理作業完成でござります♪












a0163159_22440232.jpg
お次は・・・
エンジンオーバーホール&チューニング完了のエンジンAssyを搭載っ!












a0163159_22445587.jpg
スピードメーター上方のインジケーターと・・・














a0163159_22450942.jpg
フロントブレーキホースラインも完成でござりました♪














a0163159_23442719.jpg
マフラー、キャブレター、オイルクラー、その他・・・装着でござり。

紹介してませんが、この時点で・・・
ステム系、Fフォーク系、Fホイール系、Fブレーキ系、スイングアーム系、
リアショック系、Rホイール系、Rブレーキ系、その他、全て分解点検いたし
各作業遂行を完了いたしております♪
















a0163159_23444115.jpg
電装系部品・・・
まだまだござり・・・
ASウオタニSPⅡフルパワーキット装着と・・・
ホーンをどこに装着いたすか・・・検討&装着でござる。















a0163159_23451422.jpg
SPⅡ装着完了♪















a0163159_23452878.jpg
ユニットはバッテリケース後方へ装着・・・
調整ツマミが回しやすい位置といたします。

電装系の残作業はスカチューンの変更でござり、キャブレターセッテイング後に
再作業っ。・・・「ひたすらの電装系でござりましたなぁ~」















a0163159_23445937.jpg

エンジンオイル注入いたし、
各部最終点検いたしまして・・・











a0163159_23455547.jpg
「バォーーーーーン」
生まれ変わった快調&パワフルなエンジンAssy♪
一発始動&快調でござり~♪

つづく。















by moriyamaeg | 2017-04-08 23:34 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1改のつづきでござる。







a0163159_21100547.jpg
点火系とバッテリーのみ装着のサーキット仕様ですので・・・
充電系、セルモーター系、各灯火類、ハーネス類、各スイッチ類、その他、
装着でござりました♪













a0163159_21094119.jpg
メインハーネスを基準に電装部品装着でござるが・・・
電装部品装着のブラケットやステー類もないので・・・
製作&取付けが必要です。













a0163159_21434947.jpg
車体後方・・・
テールランプ&リアウインカーを装着するために
各部品を製作いたし溶接いたしているところです。
ベストな位置になるように各部採寸、製作、加工、溶接でござりますが、
想像以上に時間が掛りますなぁ~。















a0163159_22211811.jpg
テールランプ装着♪
FRP製のテールカウルが基準となりますが、やや左右非対称なので
基準が取りにくく採寸&位置出しに苦労でござります。
















a0163159_22215220.jpg
リアウインカー装着♪















a0163159_21440785.jpg
テールランプ&ナンバー台はZ1用といたし、
純正と同じくラバーマウント装着でござる♪
















a0163159_21451927.jpg
テールカウル装着位置も調整いたし・・・
















a0163159_21453508.jpg
・・・無事完成♪















a0163159_21365971.jpg
車体前方・・・
ハンドルが一文字ハンドルでござり。
ハイスロットルホルダーと純正ブレーキマスター装着でトップブリッジ&フォーク
に対して干渉ギリギリでござりっ。
そこへ、薄型ハンドルスイッチ(OW01系)の入るスペースなどありゃしない。
ハンドルをコンチハンドルにいたせばOKなのですが・・・
一文字ハンドルは外せないので・・・















a0163159_21374563.jpg
あーだこーだで、わずかなスペースを確保いたし・・・超薄型スイッチ装着!
しかし、キルスイッチのみでスタータースイッチがない。















a0163159_21380188.jpg
セルスイッチ・・・「この辺りに付けますかっ。」














a0163159_21382121.jpg
親指の届く範囲で・・・















a0163159_21383524.jpg
トラブルが起こらないように・・・
















a0163159_21385135.jpg
装着でござる♪














a0163159_21391205.jpg
スタータースイッチ完成でござる。

















a0163159_21393995.jpg
左側ハンドルスイッチ(Z1用)はボルトオン♪
ただ、この一文字ハンドル・・・厚めにペイントされており
ハンドルスイッチボディへのアース不良でホーン鳴らず。
・・・ハンドルスイッチボディーから車体側へアース線引きました。















a0163159_21401935.jpg
車体中心・・・
シート下の各電装部品は各部品製作&加工いたし・・・
電装部品をシート下へ集合させた「スカチューン」でござる~♪















a0163159_21403817.jpg
せっかくシート下へ集合させたのですが・・・
ガソリンタンク&シングルシート脱着などの整備性が悪いので・・・
解散でござりましたぁ~。「残念っ」
再度、検討しての装備でした♪
















a0163159_21410180.jpg
車体前方・・・
フロントウインカー装着し・・・
フロント廻りの配線処理でござりました♪
各取回しを考慮し、長い配線、短い配線、不要なもの、必要なもの・・・まとめていきます。
















a0163159_21470535.jpg

ヘッドライトの装着・・・
ライト位置を決めますが、アッパーカウルが基準でござり
アッパーカウルに丸穴を開けます♪










a0163159_21480913.jpg

各部品を装着いたします。
カウルステーと・・・












a0163159_21483430.jpg

ヘッドライトが大きく当たる~。
・・・ライトステー類も無いので、加工&製作でござり♪

ヘッドライトは、今時のマーシャルですが・・・
レンズもケースも樹脂でござり超軽量で都合良し♪
(ガラスレンズ&スチールケースですと重くてステーに負担がかかるので・・・)













a0163159_21475022.jpg

「位置出しと採寸が大変でござる~。」
なぜならば・・・
FRP製のカウルが左右非対称でござり・・・
カウルステーもカウルに合わせて左右非対称での斜め装着・・・
・・・その状況でライトを真っ直ぐ付けるのが大変でござります。
左右の部品形状を何度も変更して徐々にセンターへと・・・















a0163159_21501467.jpg
形状変更いたし、補強いたし、ライトステー製作し・・・












a0163159_22224251.jpg

カウル基準での・・・ヘッドライト装着っ♪
光軸調整もござるのでツーピース構造でござる。
















a0163159_22203458.jpg

・・・カウル装着っ♪
正面から、良く見ますとカウルの非対称がわかります。













a0163159_22232369.jpg

カウル下側から・・・













a0163159_22234478.jpg

お次は、タコメーター・・・タコメーターとメーターステーにボルトが通り、
その間にゴムパイプ装着での防振ですが・・・











a0163159_22244103.jpg
・・・図の部品を・・・













a0163159_22251722.jpg
・・・装着っ♪
4箇所固定よりも2箇所固定のほうが防振効果がござる。・・・が・・・
平たいステーが心配なので、2箇所はボルト通しのゴムパイプサンドで。












a0163159_22254269.jpg
防振ゴムをかえしたタコメーター横にスピードメーター(小型&液晶)を付けます。
ホイール側にメーターギアが無いので・・・













a0163159_22262189.jpg
パルスセンサーを装着いたします。
















a0163159_22263595.jpg
あーだのこーだの検討いたし・・・
















a0163159_22290152.jpg
決めた位置に装着する為の
ステーを製作いたし・・・














a0163159_22291971.jpg
・・・装着&調整っ♪














a0163159_22283987.jpg
その後の作業は・・・
スピードメーター上方にインジケーター装着いたし、
再度、分解いたしてカウルステー塗装でござりました。


・・・つづく。















by moriyamaeg | 2017-04-07 23:44 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZRX1100 コンさん号♪・・・
ホイール・マフラー・ステップ系は純正品より遥かに軽量です。
忍者アッパーカウル・シート下の燃料増槽・リアキャリア・エンジンガード等の
装備で重量増ですっ。
・・・しかしながら便利グッズは外せない♪・・・
今後、各部吟味いたして軽量化を遂行いたしますかっ♪








a0163159_20430064.jpg
20歳のZRX1100・・・
長年愛用のマフラーも古くなりそろそろ交換したい・・・
ワンオフチタンマフラーの製作依頼でござりっ。
(現在、ステンレス製ですからチタン製となれば軽量化となりますなぁ~♪)







a0163159_20445589.jpg
当時物ラジエターファンやられ・・・・
(外しましたらステーも溶接ポロリ。)







a0163159_20451539.jpg
新品ラジエターファンAssyに交換でござりっ♪










a0163159_20444151.jpg
マフラー製作開始でござります。
・・・つづく。

by moriyamaeg | 2017-03-30 21:23 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1改のつづき。
エンジンO/H&チューニング完了いたしまして・・・
お次は、公道仕様への変更(車体編)作業でござりました♪
作業項目が多く抜粋でのレポートでござりっ。




a0163159_21030119.jpg
ドナーフレームから摘出したサイドスタンドブラケット♪
ブラケット本体の形状を維持しなければなりませんので・・・
溶接ビードのみの切除でござり綺麗に摘出いたすのは意外と大変なのです。











a0163159_21021930.jpg
溶接いたすので、フレームの塗装を剥がし・・・












a0163159_21024115.jpg
Rの確認いたし・・・










a0163159_21001029.jpg
純正と同じ位置といたします。
前後位置&角度を測定&調整&固定いたし・・・仮溶接でござる。











a0163159_21003190.jpg
ブラケットの本溶接♪
フレーム下側の本溶接は、逆さまに吊るしての
(重力に逆らわない)溶接でござる。








a0163159_21013813.jpg
塗装いたし・・・サイドスタンド装着いたし・・・








a0163159_21012385.jpg
無事完成でござりました♪077.gif077.gif077.gif










a0163159_21032096.jpg
フロントブレーキでござります。
キャリパー位置が外側過ぎ(限度越えでの装着)
・・・内側のパッドが引きずっておる。
(内側のピストンは全くのゼロポイントでござり
内側のパッドをキャリパーボディーが押し付けておる始末・・・)











a0163159_21034341.jpg
マスターシリンダーからのフルード漏れ(ダイヤフラム付近とバンジョウ付近から)で
酷い状態でござる。・・・命にかかわるので分解総点検でござる。

・・・つづく。



by moriyamaeg | 2017-03-27 23:38 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
整備で各種工具が必要でござるように・・・
ものづくりでも、計測・穴開け・切断・切削・研磨・曲げ・溶接・塗装・等々ござり
各種道具が必要でござる♪
高額な機械や設備や刃物や維持費や消耗品や各種ガスや動力電源や固定経費も含めて
工具や道具の為に働いている?と思える時もござります。
そんな道具達ですから乱雑に扱わず大切に扱い長生きをめざすべし♪
「道具も愛車も同じ扱いでござる。」





a0163159_21583058.jpg
道具達で、切り出し・切削・穴開け・その他加工いたし・・・
ZRX1100/1200用カウルフレームマウントKIT製作中










a0163159_21585388.jpg
溶接組立完了いたし・・・アルマイト処理へGOっ。










a0163159_22095895.jpg
銅製のガスバーナー・・・
10円玉と同じで酸化被膜ができます。










a0163159_22101592.jpg
金属磨き「ピカール」と









a0163159_22103245.jpg
マザーズ金属磨きを使いまして・・・










a0163159_22114452.jpg
・・・たまに磨いております♪










a0163159_22111030.jpg
磨いておりますと・・・日頃、見えないものが見えてきますっ。
・・・「酸素」










a0163159_22112919.jpg
・・・「ガス」










a0163159_22104924.jpg
ものすごく光らせたい気持ちもござりますが・・・これくらいで良し♪













a0163159_22115945.jpg
気分一新での・・・手曲げでござりました。















by moriyamaeg | 2017-03-24 23:27 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1改・・・公道仕様への車体作業開始でござり♪




a0163159_21042062.jpg
2Fで寝ておりました車体・・・工場へ移動いたして









a0163159_21003190.jpg
・・・天井から吊るされます♪

レース車両でサイドスタンド無し、
フレーム側にあるはずのブラケットすらも無し、
公道仕様への第一歩で・・・サイドスタンド装着から~♪

・・・つづく。


by moriyamaeg | 2017-03-16 00:14 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
「GPZ900Rの車検とメンテとケツ上げと」・・・のつづきです。








a0163159_23232460.jpg
・・・分解いたし各部加工中っ♪

シートレール(アルミ製)の固定は・・・
レール上側はフレーム部分にボルト固定され、
レール下側はステップブラケット部分にボルト固定でござる。
レール下側の角パイプを延長(カットし延長角パイプを溶接)いたせば
・・・ケッが上がります♪
また、レール上側の固定穴2箇所のうち上側の固定穴が基準で移動しますので
下側の固定穴は移動分の長穴加工が必要です。
(カチ上げ過ぎで・・・長穴を大きくとりすぎますと強度的に危険です。)












a0163159_23223449.jpg
第一段階の加工が終了し・・・
再度、全ての外装装着しまして数値を探ります。













a0163159_23225070.jpg
目標の数値もござります。
・・・・サイドカバーのちりがとんでもない事にならないようにっ♪










a0163159_23234044.jpg

各寸法&位置も決まりましたので・・・
全ての部品分解いたしまして・・・
シートレール第二段階の加工製作開始でござりました。











a0163159_23235858.jpg

・・・無事、加工製作&ペイント完成いたしまして077.gif
組み立てます~♪










a0163159_23241550.jpg
お次は、小さな部品の削り出し・・・












a0163159_23243157.jpg
これも延長KIT♪












a0163159_23244914.jpg
サイドカバー固定ボルト位置も・・・上方&後方へ移動してしまうので・・・
元の位置ではボルト固定できないので・・・延長KITで対処でござりますっ。












a0163159_23251187.jpg
サイドカバー固定穴位置、ジャストでござる♪













a0163159_23253313.jpg
見た目も自然での・・・ケツ上げ完成です♪














a0163159_23221898.jpg
最後に、もう一つござります。
マフラーサイレンサーの固定位置も上方&後方へ移動いたしますので・・・
サイレンサーバンド位置ずらしての対応ですと固定の古傷が見えますので・・・
バンド位置は元の位置といたし・・・サイレンサーステー側で対処いたします♪












by moriyamaeg | 2017-03-03 23:32 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z750GPのリア足廻り変更・・・最終回。






a0163159_21010625.jpg
完成したスイングアーム・・・・










a0163159_21012268.jpg
・・・・装着~♪










a0163159_21020827.jpg
スイングアームが長くなった分・・・ドライブチェーンも長くなりますので
新たなチェーンに交換っ♪











a0163159_21015391.jpg
現状の前後スプロケ丁数でチェーン装着ですと
エキセントリック位置が前よりか後ろよりとなります。
・・・「もちろん、後ろよりでっ♪」













a0163159_21025682.jpg
足廻り装着完了♪・・・ワイドなスイングアームでござるので
干渉いたす部品がござり(ステップ系部品・マフラー系部品)
・・・加工製作いたしての装着でござりました。077.gif











a0163159_21024321.jpg
無事、完成っ♪016.gif
ロングとレイダウンの効果は抜群でした。












a0163159_23402157.jpg

a0163159_21022111.jpg
上が仕様変更前。
下が仕様変更後。

・・・K殿ありがとうございました。

by moriyamaeg | 2017-02-27 22:53 | 作り物 | Trackback | Comments(4)
森山です。
Z750GPのつづき・・・
作業項目が多いので抜粋レポートで・・・
 






a0163159_20542882.jpg
ウエダレーシング製アルミスイングアームを装着いたしておりましたが・・・











a0163159_23413590.jpg
KZ1000S1のように「ほどよいロングスイングアーム化」と
リアショック取付け角度を寝かす「ほどよいレイダウン」としたい。・・・K殿決意っ。
アルミ丸パイプ材の三角形状であるZRX400純正スイングアームの
加工製作装着依頼でござりました。
形状もKZ1000S1タイプでカッコ良く長さも強度もグッド♪
(今回のスイングアームは補強増しです。)

80年代初頭と違い90年代のものですから超進化・・・鉄からアルミへと進化の時代。
スイングアームピボット部分のスラスト荷重もワッシャーでなくボールベアリンで受ける
バブリーなスイングアームでもござりますっ♪
(80年代から90年代までミドルクラスが売れてましたから手を抜いておりませんなぁ。)










a0163159_20544208.jpg
リア足廻り組立てまして各部採寸&測定中でござる♪
ホイールはリアがZ1000R用でフロントがZ1100R用へ変更しております。











a0163159_20553618.jpg
採寸測定完了いたし・・・スイングアーム各部の加工&製作開始でござる。









a0163159_20545428.jpg
不要なものは・・・「カット」でござる。












a0163159_20555301.jpg
カット後・・・溶接ビード等の凸を削り・・・
綺麗にならします♪(この作業が大変でござる~。)











a0163159_20550673.jpg
リアブレーキトルクロッドのマウントブラケットも・・・・「カット」











a0163159_20551903.jpg
リアショックのマウントブラケットも・・・・「カット」












a0163159_20561401.jpg
・・・綺麗にならします。












a0163159_20565181.jpg
リアショックの新たなマウントブラケット製作でござります。
切り出したアルミブロックを・・・












a0163159_20570669.jpg
図面の寸法に製作いたします。












a0163159_20572169.jpg
・・・製作完了でござる♪077.gif












a0163159_20573851.jpg
リアホイールの左右サイドカラーも製作いたし・・・077.gif











a0163159_20581603.jpg
お次は、リアブレーキトルクロッドのマウントブラケット製作でござる♪












a0163159_20583376.jpg
・・・・製作完了♪077.gif











a0163159_20590634.jpg
スイングアームは丸パイプでござるので・・・外径に合うようにいたします。
また、サポートに対してトルクロッドを真っ直ぐ引ける位置&角度となっております。










a0163159_20592288.jpg
再度、リア足廻りを組み立て・・・溶接前の各部最終検査っ。











a0163159_20594353.jpg
合格でござる♪
・・・再度、リア足廻り分解し・・・スイングアームの溶接作業でござる。











a0163159_20595892.jpg
トルクロッドマウント溶接完了っ。










a0163159_21001446.jpg
リアショックマウントも溶接完了っ。













a0163159_21004409.jpg
仕上げの塗装は・・・ブラック塗装♪
スイングアーム完成です。

・・・つづく。










by moriyamaeg | 2017-02-26 21:11 | 作り物 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg