カテゴリ:小ネタ編( 152 )

森山です。
プーリー製作作業・・・
本年はここまで









a0163159_18063749.jpg
加工第二段階・・・・
コンプレッサー駆動プーリーと純正クランクプーリーの固定完了でござる♪
同時に、コンプレッサー駆動プーリーの前後&外周の各寸法も仕上げました。












a0163159_18051503.jpg
で、加工第二段階での重量は・・・508g














a0163159_18073253.jpg
加工第三段階、開始でござりっ。
Vリブドベルト溝掘り&軽量加工でござるが2017年も終わり
残作業は2018年でござります♪

「皆様、今年一年ありがとうございました。」



by moriyamaeg | 2017-12-31 18:37 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(4)
森山です。
大掃除の年末ですなぁ~。

KF250・・・オートバイではござりませぬ。
タカラシステムバスの水栓B-10からの水漏れでござる。
B-10は平成3年から平成12年まで採用で・・・
品番KVK KF250でして・・・KVK製のOEMです。



a0163159_22020131.jpg
拙者のタカラB-10は平成9年式・・・20年経過の当時物♪
カランから水滴がポタポタと垂れるようになりっ。
1年ほど前から、わずかに垂れておりましたが・・・
切り換えバルブの位置で垂れない位置がござり・・・
その位置で止めておりましたが・・・
最近どの位置であっても垂れまくるようになり・・・
「こりゃ、限界だぁ。」

切り換えバルブのOリング&パッキンが劣化いたしてのトラブルですっ。
・・・ゴム部品は短命でござり・・・
ベストは5年で、頑張って10年・・・15年以上はアウト。

当店工場の洗面台の水栓は樹脂ボデーで切り換えバルブも樹脂部品でござり
数年でトラブル発生。・・・既に3回は交換しておりますが・・・
最近またトラブルでござる!
「プラスチック製はクソ♪やはりメタル製が一番ですなっ♪」




















a0163159_22012776.jpg
切り換えバルブAssyを購入っ♪
・・・ステンレス&銅の高耐久フルメタル製でござる!

20年経過の今でも・・・メーカー供給されております。
しかも代替え品の紹介までござり・・・KVK株式会社殿超親切♪172.png
水道器具やガス器具メーカーは規格がしっかりしており偉い!
「電化製品やオートバイもこうあって欲しいところです。」













a0163159_22080859.jpg
「切換ボンネットのメンテナンス手順書」も親切でござる♪
バルブじゃなくボンネットって言うんですなぁ。


・・・つづく。





by moriyamaeg | 2017-12-11 22:20 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

スーパーカブ♪


森山です。
超ロングセーラーのホンダスーパーカブ・・・
・・・寿司屋のウメさんも乗っておりましたなぁ~。






a0163159_22582156.jpg
・・・ミツキのスーパーカブ号でござる。















a0163159_23002516.jpg
スーパーカブは・・・シートの下にガソリンタンクがござりますっ♪













a0163159_23000083.jpg
水冷でござり?・・・
ラジエターが装備され・・・












a0163159_22590146.jpg
エンジンが!・・・
DOHC4バルブの2気筒じゃ!・・・











a0163159_22584291.jpg
40馬力の「エリミカブ」でござります♪



by moriyamaeg | 2017-11-14 23:06 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
エアコン装着計画のつづき・・・






a0163159_20411304.jpg
室内ユニットは・・・図の向き(左が後方で右が前方)での装着でござり・・・
高さがとんでもなく高い・・・
















a0163159_20413883.jpg
・・・・かなりの横幅でもござり。

このままのユニットでは装着不可能ですので・・・















a0163159_20415807.jpg
分解でござる。














a0163159_20421728.jpg
暖房用のヒーターコアでござります。















a0163159_20423237.jpg
冷房用のエバポレーターでござります。
こいつを室内に付ければOK・・・
このエバポレーターをサニーのヒーターユニットとかけ合わせて室内装着ですかっ。
専用ケーシングその他をワンオフ製作いたすしかない・・・うまく作動させられる
形状であり、うまくおさまる形状であり・・・最高に面倒でしょうなぁ。
FRPで作るかアルミで作るか樹脂で作るか・・・
ユニット内のファン風量が少ないサニーですので・・・デカいファンも必要でござる。













a0163159_20435480.jpg
コンプレッサーでござる。
駆動ベルトは昔ながらのVベルトではなく今時のVリブドベルトでござります。

クランク側の駆動プーリーとコンプレッサー装着ブラケット類のワンオフ製作ですな。
既にラジエターホース出口&電動ファン本体が邪魔でござりコンプレッサーが
装着出来ない位置関係でござる。
・・・「こりゃ、現在使用のBIGラジエターも変更かぁ~。」













a0163159_20433811.jpg
コンデンサーでござる。

ラジエターの前に装着でござるが・・・各部スペース確保が大変で・・・
ラジエター位置変更でさらなる作業の困難さも発生でござります。













a0163159_20450255.jpg
配管です。
・・・もちろん他車種でござりますので、位置や曲げや長さなど全く合いませんっ。













a0163159_20424687.jpg
他車オリジナルではこの配置ですが・・・
それを・・・













a0163159_20430303.jpg
この配置に変更ですから・・・
全ての配管は、ワンオフ製作でござる。

これら(面倒で数多くの作業)が・・・盆暮れだけの作業じゃ出来ない。
何年もエアコン装着を遅らせた原因なのでござる。

「やっぱ、エアコンは要らないかなぁ。」
・・・つづく。







by moriyamaeg | 2017-11-01 23:09 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

すすき

森山です。
長雨が続きまして・・・秋の台風もござり・・・秋晴れの日が少ない。







a0163159_22460562.jpg
・・・本日快晴で、ようやく試乗できました♪
エンジンオーバーホール&フレーム系オーバーホールのスズキGSX1100S「刀」
N殿号完成でござります♪
フロントスプロケ&アウトプットシャフト(ドライブシャフト)のスプライン部
損傷での走行不能でしたが、無事復活でござります♪
・・・長めの試乗でござり只今一服中。123.png

「秋ですなぁ~。辺り一面すすきでござる。」
・・・すすきの葉は刀のように切れる。(素手で握って引っ張ると危険です。)









a0163159_22463862.jpg
すすきとカタナ・・・まさに「すすきカタナ」ですかっ。123.png

エンジン&フレームのレポートは次回っ♪



by moriyamaeg | 2017-10-23 22:54 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(2)

1200馬力・・・その2

森山です。

蒸気機関でござり・・・








a0163159_22313689.jpg
機関車&炭水車の装備重量は127.65トンですか・・・
とんでもなく重い貨車も牽いて走るわけですから・・・
ガソリンエンジンの1200馬力とは比にならない蒸気機関の1200馬力!
超強烈な発生トルク♪
「シュ~~~ッ」だけでゼロスタートですから・・・!!!!!!!!!
「こりゃ、油圧シリンダーと同じですなぁ~。」














a0163159_22321814.jpg
D51でござる♪
「D51 408」・・・昭和14年(1939年)No783・・・

















a0163159_22324637.jpg
シリンダでござる♪

















a0163159_22331091.jpg
動輪と主連棒♪
動輪には「つりあいおもり」がごござり・・・
内燃機関ですと動輪はクランク、主連棒はコンロッド、「つりあいおもり」は
クランクウェイトですかっ。・・・クランクが車輪となり線路を走る。
鉄製の動輪と鉄製の線路でござり・・・4個の動輪が左右にござり計8個
・・・その接触面摩擦での駆動でござります。










a0163159_22332726.jpg
真っ黒な蒸気機関車でござります。
拙者がまだ小さいころ・・・駅にいきますと蒸気機関車は走っておりました♪
国鉄がなくなり・・・郵政省がなくなり・・・時代ですな。
(電電公社ってありましたなぁ~。)














a0163159_22401926.jpg
戦艦・・・














a0163159_22403774.jpg
「三笠」でござります。・・・・1900年完成の戦艦でござる。
バルチック艦隊に勝利した戦艦でござり!















a0163159_22405496.jpg
蒸気機関の直列3気筒で15000馬力発生でござります。

戦艦大和も蒸気機関でござるが、
レシプロではなく4基の蒸気タービン(合計で150000馬力以上)でござりました。

蒸気機関を見かけなくなったように、
そろそろ内燃機関も消えていくのでしょうなぁ~。

動力源が電気となりますと・・・もちろん充電が必要です。
需要が増えますと・・・原子力パワーが再燃でござる。
やがて・・・
日々の充電をしなくても・・・
原子力潜水艦の動力源のような・・・
原子炉搭載のバイクや車が町中に・・・

原点回帰で・・・動物本来の筋肉移動が一番でござる。






by moriyamaeg | 2017-09-06 22:36 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

1200馬力・・・

森山です。
1200PS・・・


a0163159_22565681.jpg
ボア55cmXストローク60cm・・・15kg/cm2
・・・1200PSですかぁ!
シリンダーは左右にござるので2気筒でござり
90度位相のクランク(車輪)ですっ。

最大トルクが気になりますなぁ~♪
とてつもない重量をトランスミッション無しで・・・
ゼロ発進から最高速まで・・・恐るべし15Kg/cm2











by moriyamaeg | 2017-09-05 23:10 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
油脂類交換のつづき・・・




a0163159_21085191.jpg
分解いたしたオイルフィルターAY100-NS005でござる。







a0163159_21094088.jpg
エレメント(ろ紙)上側下側の円盤は・・・紙でできておりますっ♪
芯金(パンチング穴の開いた筒)のみスチール製でござる。












a0163159_21091282.jpg
下側からのぞきますと・・・たくさんのパンチング穴が見えます。
この穴から濾過され綺麗になったオイルが流れ込みエンジン各部へと流れていきます。
(カートリッジのフィルター内にリリーフバルブが無いタイプでござる。)

下側円盤の大穴から汚れたオイルがスルーしちゃうんじゃない・・・










a0163159_21110483.jpg
・・・セットスプリングにある蓋で塞がれる設計でござるのでスルーはしません。














a0163159_21101776.jpg
質実剛健な昭和のAY100-NS007エレメントは・・・
上側下側の円盤はスチール製でござる♪











a0163159_21113233.jpg
一体設計でござり穴は開いておりません♪
・・・丸い「くぼみ」がござります。
(005と同じくリリーフバルブの無いタイプです。)










a0163159_21115256.jpg
セットスプリングが「くぼみ」にはまりまして装着されます。














a0163159_21122061.jpg
気になる容量は見たままでござる。・・・格段に007の方が大容量です!















a0163159_21131686.jpg
ろ紙を剥がしまして・・・・















a0163159_21125754.jpg
比較したします。
材質は同じですが・・・・













a0163159_21124085.jpg
上が007で下が005です。・・・・こりゃ全く違いますなぁ~。
005を100%とすると007は240%以上はござりますぞ♪











a0163159_21095777.jpg
拙者号のエンジンは高回転高出力仕様でござり、使用オイルは15W-50
~20W-50でござりますので・・・
濾紙の面積が大きいほど流入抵抗が少なく流量を稼げるので・・・
今までと同じAY100-NS007のほうが良いですなぁ~♪
てなわけで、小さなAY100-NS005は却下でござりました。











a0163159_21591485.jpg

前回のオイル交換は32894kmで2016年3月23日に遂行。













a0163159_21585055.jpg

今回、33794km・・・960km走行ですが、1年5か月経過してます。
(いつもは1500km走行毎か1年毎(半年毎)かの
どちらか早い方での交換です。)
最近、さほど乗っておらずで走行距離も少なくでしたが・・・
月日の経つのは早く・・・ずいぶんと遅れちゃいましたなぁ~。









a0163159_21575837.jpg
エンジン、キャブレター、バッテリー、クラッチ、ミツション、駆動系、
ブレーキ系、サス系、その他、のため走行したほうが調子を
キープできて良いのでござる♪
長期放置は論外でござります。
忙しくて乗れない時でも・・・
2~3週間に1回はエンジンをかけ最低限の1~2時間走行ですな♪








a0163159_21582637.jpg

といえども、1か月以上乗れずでのドライスタートや、
チョイがけや、チョイ乗りも正直ござります。
・・・エンジンが少しずつ終わってしまうので・・・GRP添加でござる。

高回転&高負荷時だけでなく・・・低回転走行、連続信号待ち、長時間渋滞などの
・・・長時間の低回転&アイドリングも大きな問題となりますので・・・
GRPを添加でござる♪





by moriyamaeg | 2017-08-25 22:52 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
B110サニーのつづき。
オイルフィルターでござる。







a0163159_21570795.jpg

右が、「より良いものを追い続けた」昭和職人設計のAY100-NS007
左が、「目標性能達成できれは過剰は無駄」平成解析設計のAY100-NS005













a0163159_21573210.jpg

様々なデーターは蓄積されコンピューター解析でき、あらゆる物が進化いたし
塩梅が分かるようになり・・・性能キープできるなら無駄は削除っ♪
やりすぎのギリギリじゃ困りますが・・・














a0163159_21145408.jpg
AY100-NS007(使用済み)を分解いたしました。















a0163159_21152362.jpg
外観のとおり・・・でかいフィルターが出てきましたなぁ。
フィルターの真ん中辺りに帯締めがござる。・・・変形防止の帯締めっ♪


















a0163159_21153646.jpg
蛇腹の「油こし紙」を破りまして・・・













a0163159_21155471.jpg
汚れ具合を点検。
さほど走行しておりませんので綺麗なものです。












a0163159_21075337.jpg
AY100-NS005(新品)も・・・















a0163159_21085191.jpg
分解っ♪














a0163159_21082710.jpg
手前がAY100-NS005、
奥がAY100-NS007、
構成部品は同じでござりますが・・・

つづく。










by moriyamaeg | 2017-08-24 21:26 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900Rカスタムのつづき・・・最終回。








a0163159_23263335.jpg
アッパーカウル装着いたし・・・ホーンをカウル内へ移動いたし・・・
BIGラジエターの各フィッテイング製作、ホースライン取り廻し変更、その他、
完成でござる♪
「あーでもないこーでもないの連続でござりましたっ。」















a0163159_23274984.jpg
綺麗にペイントされたアンダーカウルでござり・・・これから採寸&装着です。















a0163159_23280780.jpg
現状の車高でアンダーカウルを装着いたしますと・・・
ロードクリアランス不足でござる。
アンダーカウル擦りまくりでござるので・・・















a0163159_23292432.jpg
前後の車高を上げました。
大きな忍者となり走安性も変化いたしますが・・・
アンダーカウルを装着したいのです♪
















a0163159_23294152.jpg
集合管はノジマ製でござり各部のサイズが大きいマフラーでござり・・・
これまた、アンダーカウルとのクリアランスが少ないっ。
















a0163159_23305435.jpg
この部分(No4エキパイ部分)はカットでOKござりました♪















a0163159_23295814.jpg
デカい集合部とのクリアランスは過少でござり・・・
断熱シートを張りましたがやがて焼けるでしょうなぁ~。
(焼けましたらその部分をカットでござります。)















a0163159_23303310.jpg
ロードクリアランス確保でござる。
















a0163159_23311278.jpg
前後車高アップに伴い・・・各部調整でござりました。
アンダーカウル基準での車高アップでござりますが、ベストな車高より
チョいと上げ過ぎでなのでござる~。(カスタム優先仕様♪)
その中のドライブチェーンローラーKITも指定位置越えとなりましたので・・・














a0163159_23313511.jpg
・・・限度値越え仕様に各部加工いたします。













a0163159_23315214.jpg
棒ヤスリで長穴延長でござる。














a0163159_23321158.jpg
・・・完成です。















a0163159_23330180.jpg
この加工でチェーンローラーが標準位置よりさらに下方向へ移動できます。・・・が、















a0163159_23335909.jpg
フレーム側ナットがローラーよりチョい高くなりチェーンがチョい当たるように
なりますので、ナット部を加工いたします。














a0163159_23343794.jpg
リアサス伸び切りの状態で・・・
チェーン上側を引っ張りまして下側のチェーンをピーンと張り・・・
チェーンがローラーを強く押していないか確認いたします♪














a0163159_23342006.jpg
・・・合格でござります♪
その他作業はつづき・・・














a0163159_23371381.jpg
長旅でござりましたが・・・エンジン周辺がスッキリ&綺麗になりまして・・・
エンジン造形美とカスタムペイントが生きてきました♪















a0163159_23354603.jpg
「神社と忍者」













a0163159_23381329.jpg
試乗の結果・・・大柄な感じとなりましたが普通に走れます。
オーリンズフォークの動きをもう少し動くようにすればなお良しですな。







by moriyamaeg | 2017-08-12 00:19 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg