<   2011年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

森山です。
「なんですの・・・この風!」
今日は一日中、強風でござり・・・
電線のピィーピィー音がうるさく・・・全ての物が、なびいておりまする。

本日は、KさんのGPZ900Rでござる。
今回の作業内容はフロントフォークをJB・KYBとしてブレンボレーシング40mmにサンスター
310mmディスクにしまして、ブレーキホースはSPLのT型で製作。・・・その他で
冷却系の修理メンテナンスとFCR37キャブレター装着、セッティングです。
実作業は、細かいものもあり時間はかかりましたぁ~。


分解中のFCR37です。
a0163159_2221136.jpg


FCR37ブラックボディー!・・・・黒アルマイトですが、キャブは鋳造品で・・・鋳物合金でして
真っ黒な染めにはならない。・・・しかし・・この位の色合いがカッコイイ!
「アルマイト処理は、腐りにくいので良いでござる。」
a0163159_22214298.jpg


オーバーホール中ではござらぬ。・・・新品でござり入荷したばかりでござる。
装着前に・・・新品でも必ず分解して総点検して確認します。・・ダメなキャブもあるから
必ず遂行します。
当店で購入のキャブレターは、分解総点検してからの装着です。ポン付け禁止でござる!
高い買い物ですから・・・総点検とセッティングは重要ですなっ。
a0163159_22221718.jpg


Kさん号です。ライムの忍者でござる。・・・この色の場合・・・・「赤影参上!」「青影参上!」
「若草影参上!」ですかぁ・・・
若草影?んー?・・・昔は緑色も青色ですから・・青影にしときましょう。
この青影に装着されている流行のショートのサイレンサーはいまいちです。このマフラーとの
相性が悪く低回転域がだめ・・・抜けすぎでござる。しかも爆音・・・
セッティングにも悪影響があります。・・・残念ですが見た目は捨てて・・次回、交換しましょう。
a0163159_22224783.jpg


ダイナモでの、セッティング中でござる。
a0163159_22232291.jpg


FCRキャブの実走セッティングで完成でござる。扱いやすくが目標ですが・・・
1500~3000rpmのトルク不足。・・・完璧に排圧不足でござる。
走れないことは無いのですが・・・もったいないのでサイレンサー交換しましょう!
a0163159_22234866.jpg

本格的な、前後サスの調整はタイヤ交換してから決めた方が良いです。
リアの車高とフォークの突き出し量をきめたいのですが、やはりタイヤ交換してからですなっ。
てなわけで・・・「タイヤとサイレンサー交換しましょう。」・・・「お待ちしておりまする!」
・・・・これで完璧!もっともっと良くなりますぞ!
by moriyamaeg | 2011-05-30 22:17 | キャブ編 | Trackback | Comments(4)
森山です。
「遂に梅雨入りですかあぁぁ~!」
梅雨入りが早いでござる。・・・しかも台風2号ですかぁ~!これまた早い!
今年の夏はどうなることやら・・・

NさんのGPZ900R A12国内 エンジンオーバーホールその5・・・最終回でござる。
最終部品発注のオイルポンプとウオーターパイプが入荷したので作業再開です。

ピッタリ=狂いが無い
ピッタリに調整するのはむずかしくコツがある。なぜなら・・・量産品は公差ゼロの加工ではない!
公差には大なり小なりの幅がある。・・中古品の場合は磨耗でさらにややこしいことになっている。
ピッタリになっていないからピッタリにしたい気持ち・・・・・・現実は・・・
公差内でも出来る限りのピッタリに近付けるのが結果としては良いのです。
公差の中の最小値と最大値のどこかにある部品達・・・優秀な部品だけで組まれたバイクは
最高でしょう。・・・が・・・ピッタリは正確な加工があってこそなのです。
カムシャフトとカムホルダーのクリアランス標準値が0.078~0.121mmでして
広く幅も大きい。カムの精度からの寸法ですな。(ホンダのクリアランスだとカム回らない!)
さらに限度値は驚きの0・21mmとなっている・・・間違いなく、ガチャガチャ音ですなっ。
・・・カムチェーンやジェネレーターチェーンやバランサーやクラッチ側ドリブンギアやその他・・・
ゆるいクリアランスの忍者のエンジン・・・・だからエンジン音がにぎやかなのでござる。
ホンダエンジンのクリアランスにすると、各部品の加工精度を上げなければならない為、
各部ゆるめでござる。。。しかも当たり外れも多い。。これが忍者でござる。。。
まぁ、音はすれども乗れるし問題はなし!かなっ?・・・・ZRX1100C1は精度良く静かでしたなぁ~。
a0163159_22162753.jpg


オイルポンプとウオーターパイプが入荷しました。
a0163159_22164327.jpg


ZZR1100/ZRX1100,1200用のオイルポンプです。GPZ900Rよりチョイと容量が大きい。
軽くクルクル回ります。中の構成部品も合格でござる。・・・・ガサガサの流れマーク野郎でござる。
a0163159_2217129.jpg


シリンダー前方のパイプとシリンダーヘッド後方のパイプです。・・・鉄製なので、すぐ錆びます。
a0163159_22171537.jpg


古いパイプは錆びてます。・・・錆び落としでの再使用はしません。
長く使いたいので新品が買える今のうちに交換しときます。
a0163159_22173083.jpg


リヤ側はキャブヒーター用配管無しの物を使います。・・・「あぁーすっきり。」
a0163159_22174463.jpg


これから、オイルパン内の組立てでござる。・・・
a0163159_22195032.jpg


各部品を最終お掃除します。
使うケミカルもバカになりません。年間消費量は・・・・驚きの量でござる。
地球環境には決してよろしくないと思われます。
a0163159_2220645.jpg


オイルパン装着して完了です。
a0163159_2220227.jpg


発電機、始動用モートル(古っ!)装着しました。
点火用パルサーコイル装着です。・・・・ダイナ2000で・・・・
a0163159_2221658.jpg


配線のグロメットが・・・出来が悪く、ゆるい。縦に長い。・・・スポスポでござる。
液体ガスケツトを塗ったのですが・・・足らん!再度・・・
盛るしかない!モリモリでござる!なんだか楽しい。・・・うんこモリモリですなっ!
・・・時機には、純正の点火系に戻しましょう。
a0163159_22212481.jpg


長い旅路でしたが・・・エンジン完成でござる。
a0163159_22214065.jpg


DOHC16-VALVE・・・しかも水冷!
a0163159_22215411.jpg


忍者系エンジンのお供マニュアルカムチェーンテンショナーでござる。
マニュアルカムチェーンテンショナーの調整は簡単・・・忍者系エンジンはサイレントチェーン
なので張りが分かりやすい。・・楽勝です。しかもサイドカムチェーンなので作業性良好!・・・
ローラーチェーンでアイドラーを使うZ系エンジン用のマニュアルテンショナーは張り具合が
わかりにくいので調整がむずかしい。・・・しかもセンターカムチェーン!最悪!でござる。
a0163159_2222998.jpg


車体です。倉庫で寝てました。
これからエンジン載せます。
a0163159_22222359.jpg


その前に・・・・冷却系のサーモスタットも交換です。・・・当時物でござり死んでます。
左は新品。右は旧。・・・時は2011年!すでに材質や形状も変わっておりまする。
a0163159_22224227.jpg


サーモスタットのケーシングがこれまたヒドイ状態でした。
腐りまくり・・・・Оリングもボロボロでござる。・・・本来はツルツルした綺麗な丸でござる。
a0163159_2223091.jpg


掃除途中のサーモケースです。・・・月日には敵いませんな。
a0163159_22231439.jpg


エンジン搭載完了!キャブレター装着してエンジン始動!「キュルキュル」「ブォーーーーン!」
暖機します。・・・・マニュアルカムチェーンテンショナーの調整をします。お次は、・・・
・・・バランサーギアのバックラッシュ調整でござる。その後キャブレターの同調を合わせます。
最後に、各部のオイル漏れ、水漏れ点検します。
天気は雨・・・長時間の試乗ができないでござる。
クラツチやミッションの感じも実走で確認したいので・・・残念でござる。・・・
梅雨の時期の晴れ間でテストですなっ。
a0163159_22233243.jpg

これにて、NさんのGPZ900R A12国内 エンジンオーバーホール・・・・おしまいでござる。
by moriyamaeg | 2011-05-28 21:31 | エンジン編 | Trackback | Comments(9)
森山です。
先日の定休日も箱根!
先週と同じ最高の天気!晴天!日頃の行いですかぁーねっ。・・
拙者、相変わらずのお疲れ様モードですが・・・走り出すと楽しい!
店を4台で出発し・・・亀石で忍者さん合流・・・みんなで、そば食い&走りでござる。

海岸線から椿ラインを登り・・・・伊豆スカへ
途中で休息でござる。
a0163159_2324118.jpg


先週は満開だったのに・・・散りゆく花びらでござる。・・・また来週も天気が良ければ箱根ですかぁ?
拙者、本日は途中で撤収でござる。・・・・・会長の誕生日のケーキを買いに行かねばならずでござる。
a0163159_23242866.jpg


DUCATI999で・・・箱根から・・・境木のケーキ屋へ直行!でござる。
・・・ケーキは買ったものの・・・セパハン!ぶら下げては危険。
あーだこーだケーキ屋の前でポジション探し!・・・このままじゃ帰れない!
・・・心配になった店主(ケーキを作った本人)様子を見に外へ出てきて・・・アドバイス!
「ケーキは水平を保つように!」と・・・「分かっておりまするが、このポジションと革ツナギ・・・」
長めのリボンひもを、頂きましてロング手さげ!・・・ブランブランでうまくいかず・・・
最終的に、タンクの上に載せて、両腕でホールドしつつ前傾をとり・・・実に乗りにくい。
帰り着き・・・ケーキは・・・ご覧の状態でござった。
真ん中のイチゴが・・・「ポロリ!!!」
a0163159_23244849.jpg


水平は保て・・・無事でなによりでござる。・・・ズレちゃってますが・・・ガハハハ
腹に入れば同じでござる。それにしてもこのケーキうまかったでござる。
・・・・どこかで見た形のケーキですなぁ~。・・・・どこの何?・・・
a0163159_23251216.jpg


これです。・・・999の乾式クラッチと同じ形でござる!・・・これもうまそう!
この乾式ケーキも富士スピードウェイ最終コーナーで転倒し「ポロリ!!!」を経験しとります。
バネ(イチゴ)も全部すっ飛んで・・・盆栽仕様が・・残念でござる。
カウルのサフェーサーはその時のものでござる。・・・グワッハハハ
綺麗に直したいのでござるが・・・・・また転んだら同じでござるので・・・もう一度転んだら
綺麗にペイントですかぁ~の予定でござる。
a0163159_2325318.jpg


箱根での汚れを洗車です!・・・夜中までかかりましたが綺麗にするためには仕方ないでござる。
そのまま何もせずでは確実に錆びちゃいます。
「今日の汚れは今日のうちに!」・・・・毎回!乗ったら掃除ですぞ!
a0163159_23255051.jpg

来週は雨でござるか?晴れたら箱根でうれしいのだが・・・・雨ならボルダリングですなっ。
by moriyamaeg | 2011-05-27 22:31 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(6)
森山です。
NさんのGPZ900R A12国内 エンジンオーバーホールその4です。
前回は、腰下のケース上下組立てました。・・・つづきでござる。
中古エンジンの復活は長い道のりです。全部新品で組めばいいのだが・・・幾ら
なんでも・・・高額すぎる!
パーツリストの部品を全て購入したら新品エンジン組めます。が・・・合計金額に唖然・・・
ですからオーバーホールでは・・・
使えるものは使い、使えないものは交換したり修正したりでオーバーホールするのです。
・・・それでも安くはありません。
ある意味フルオーバーホールは情熱です。「このバイクで気持ち良く長く乗りたい!」という情熱
ですなっ。

スターター&ジェネレーター駆動チェーン系パーツです。
このサイレントチェーンですが・・・たまに切れます!危ない!クラッチカバーに穴が
開くほどのパワーです。初期型ほど危険!・・・900R後期型は対策されておりますが・・
・・ZRX1200Rの後期型は更なるチェーンサイズアップで対策されてます。・・かなりでかい!
1200もあるともたないのですな・・・途中で対策されておりましたが・・・リコールでは無いようで・・・
このエンジンは基本900cc設計でござる。発展も見越してはいるのでしょうが。。。
設計に無理のある部分も多いのですが・・・そこも含めての忍者なのでござる。・・・「カタジケナイ!」
a0163159_20404097.jpg


クラッチAssy&ジェネレーターチェーン系パーツ装着しました。
クラッチはフリクションとスチールプレートとオペレーティングプレートベアリングの交換で、他は
全て再使用でござる。・・・機能上問題なしの状態でござり。
a0163159_204124.jpg


シリンダーヘッドでござる。
最終お掃除しまして・・・さんざん洗浄し、これから組立て開始!・・・「んっ!」
a0163159_204121100.jpg


「キィーーーーーン!」・・・・・高周波!攻撃!「おりゃーーー!」
目の前はロックンロールの・・・COOLS!・・・「うっわっ!渋びぃーい!」
拙者のガキ時代は・・・CAROL・・・COOLS・・・でござる。
通りすがり中!チャリのオバちゃん!も・・・「君は~♪ファンキー・モンキー・ベイビ~♪」チリンチリン♪
それでも作業は続く・・・「キィーーーーン!」
a0163159_20432756.jpg


段つきが気になり・・・修正中!チョチョイのチョイでござる。・・・・全16箇所ですが・・・COOLS!
a0163159_20435922.jpg


完成です。・・・気になり始めたら我慢ならず・・・
a0163159_20442199.jpg


ヘッドの下準備完了して、いよいよ腰上組立てでござる。
ピストン組付け後に、ピストンリングコンプレッサーを装着しまして・・・
a0163159_20444531.jpg


シリンダーを装着します。
今回は純正0.50mmオーバーサイズピストンでのボーリングでござり・・・白煙よさらばでござる。
a0163159_20451348.jpg


シリンダーの後はヘッド装着。・・・「んー、やっと先が見えてきた!」
a0163159_20452953.jpg


お次は、カムシャフトでござる。
上の2本が旧で、ごくろうさまのカム、異常に黒く汚れてます。
下の2本が新品で、凸研磨したカムです。・・・さすが新品!綺麗でござる。
・・・国内A12のカムシャフトでして、低中速でのトルクアップ狙いでござる。
a0163159_20455386.jpg


旧のごくろうさまカムのカム山でござる。・・・・死んでます。山があるので動きますが・・・
熱処理部分も剥がれ落ち・・・鈍らカムでの超鉄粉ばらまきとなりますので、無条件!早めの
交換が良いでござる。・・・もちろんロッカーアームも同時交換ですなっ。
a0163159_20461266.jpg


カムシャフト組み付けました。寿命の短いカムチェーンやガイド類も全て交換でござる。
今回も、・・・当店SPLパーツ!マニュアルカムチェーンテンショナー!での遊び管理でござる!
・・・「カムチェーン殿!超長生きしてくだされ!」仕様でござる。このマニュアルテンショナーKItは
18900円でござり、今月から汎用機のハンドメイドからマシニングセンター製作にしました。・・・
ハンドメイドでは、生産が追い付かないと言うか・・・あまりにも時間が掛かりすぎて・・・
a0163159_2046347.jpg


話、変わってオイルポンプでござる。
お客様持込の・・・「ZZR1100用かと?」・・・・中古ですが程度のよさそうなオイルポンプです。
「使えたら使って下さい」とのことでお預かりしておりました。・・・外観上はZZR1100っぽいが・・
a0163159_2047935.jpg


装着前の分解メンテナンスで判明・・・
トロコイド幅が狭い・・・残念ながらGPZ900R用でござる。・・・しかも・・・
このポンプ、傷は少ないが大問題が・・クルクルとシャフトが回らない・・・抵抗が大きい・・・・なぜ?
a0163159_20474282.jpg


こちらは、他の中古オイルポンプ・・・・細かい傷だらけ・・・オイルフィルターの交換サイクル不良や
装着ミスや二流品の社外フィルターで異物リークして噛み込みでござる。・・・もちろんクランクや
コンロッドのメタルやピンに深い傷が付く・・・恐るべし!オイルフィルター管理!でござるぞ!
a0163159_2048357.jpg


話し戻って・・・こんなに綺麗なのになぜ大問題なのか?・・・それは・・・
a0163159_20483564.jpg


片側のフタがうまくない・・・通常、簡単に閉まるものなのだが・・・強引に閉めなあかん!
・・・セリが出てシャフトの回転が非常に重い!ダウエルピンを抜くとスムーズに回る。
ポンプボディーのシャフト穴加工不良かシャフト曲がりでしょう。
a0163159_2049694.jpg


シャフトです。
あたりの強いところが傷ついてます。
a0163159_20492473.jpg


総点検です。結論から言えば交換ですが・・・そうなった原因は知りたいので総点検です。
シャフトの曲がりはOKです。原因は、オイルポンプボディーの穴のズレでのセリです。
a0163159_20494353.jpg


本体と左右のフタをボルトで締めてから同時加工ですが・・・ダウエルピンが1箇所なので
ボルトのトルク不足や刃物のトルク、その他の原因で加工時フタがズレる可能性はある。
まさかの・・・同時加工ではない・・・単独での加工か・・・工場見学に行くしかないでござる。
・・・・ズレるといってもコンマ何ミリで・・・それだけの事で回りが重くなる。加工の失敗なのです。
無理すれば使えるのですが。。。今回は希望のZZR1100用でもなかったし。。交換します。
a0163159_2050795.jpg


作業は続くでござる。
a0163159_20502720.jpg


その5につづく。
by moriyamaeg | 2011-05-24 20:34 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
NさんのGPZ900R A12国内 エンジンオーバーホールその3です。
今回は、国内ノーマルのエンジンでござる。ベースエンジンを交換してのオーバーホール!
元のエンジンを分解点検しましたら、ダメな部品が多くコスト高となる為
違うエンジンを購入し、そのエンジンを分解点検・・・ベースとして合格なら
各部必要な部品を注文しオーバーホール・スタートします。・・・もし不合格ですと
当たりが出るまでエンジンを購入し続け、分解点検し続けます。
・・・・お金と時間を費やします。・・・ハズレだと、完全に無駄でござる。
今回のベースは、探すのに時間が掛かりましたがOK!でした。・・・よかった。
年々、良いエンジンが見つかりにくいでござるなっ。・・・忍者も遂に旧車の仲間入りですなっ。

点検後、注文した部品も揃い、シリンダーヘッド&シリンダーの加工も終わり・・・
下準備も終わり、いよいよ組立てでござる。
a0163159_22321827.jpg


クランクケース上側に付いている。スターター・ワンウェイ・クラッチ各部品でござる。
・・・・駄目な部品は交換して、メンテナンスします。
a0163159_22324168.jpg


クランクケース上側・・・メンテナンス完了。
a0163159_2232594.jpg


バランサーのメンテナンスでござる。・・・クランクケース下側に付いてます。
このバランサーウエイト・・・内径加工不良で内径が大きい(磨耗ではない)為、
二ドルベアリングが踊り気味・・・・・もちろん交換でござる。
・・エンジンのバランサー音がやたら大きい時は、まずは調整ですが・・・・
調整しても駄目なら分解メンテナンス決定でござる。
a0163159_22331576.jpg


各部品交換します。・・・・その中の一つ
図の銅製のスラストメタル・・・左の上下が旧、右の上下が新品でござる。
a0163159_2233329.jpg


こちらは、外側のスラストメタルです。
a0163159_22334748.jpg


こちらは、内側のスラストメタルです。左が旧で右が新品です。・・・形状が進化しておる。
メタル側面にオイル溝加工がされてます。潤滑促進でござる。
a0163159_2234122.jpg


バランサーのメンテナンス完了です。
a0163159_22341553.jpg


バランサーを、ロアケースに組み込みます。・・・クランクシャフトの下側に装着してあります。
ミツションのシフト系・・ドラム&フォークもメンテします。
a0163159_22343311.jpg


ミツションのオーバーホールメンテナンスします。・・・図は、アウトプット側です。
a0163159_22345311.jpg


長く乗る為の交換部品でござる。
a0163159_22352662.jpg


インプット側もオーバーホールします。
a0163159_2236755.jpg


クランクシャフトでござる。中古クランクです。
a0163159_22362999.jpg


振れですが・・・ゼロ点から・・・
a0163159_22364937.jpg


クルリと廻して測定。・・・振れは・・・0.009mm!当たりでござる。
4本のコンロッドもOKです。各ピン部は凸ラッピングして新品メタル組みます。
a0163159_2237456.jpg


クランク&コンロッドメンテナンスしてアッパークランクケースに装着・・・ミッションも装着して
この後、ロアクランクケースを装着(被せる)でござる。ケースの合わせ面に液体ガスケットを
塗ります。
a0163159_22393822.jpg


その4へつづく。
by moriyamaeg | 2011-05-21 22:30 | エンジン編 | Trackback | Comments(4)

ちょいと箱根まで。

森山です。
本日は、定休日。・・・箱根までいきますかぁ~!
季節も・・・ずいぶんと暖かくなり・・・絶好のバイク日和でござる。

朝7時!店の前に集合!・・・午前様ばかりなので朝7時は辛い・・・寝不足でござる。
スタッフ4名と子泣き爺の計5台です。
a0163159_19485745.jpg


今日の箱根は、ものすごく良い天気でござった。
一休み中。ビモータYB8にまたがる元気メカ・・・
元気メカ : 「あんたぁ~あれかい?・・・YBだからYの字にバックミラーが吊り上ってんのかぃ?」
Mr!まえひらメカ : 「いんにゃ~、連れがぁ~よっ、へたりおりょってぇ~・・・・
あたりみゃ~の位置じゃぁにゃ~だで!・・・ しみゃ~にゃ~垂れ回って~おるぎゃーな!・・
どぎゃんにもこぎゃんにもできにゃーのです。」
元気メカ : 「・・・・何?・・・・」
a0163159_1949187.jpg


腹も減り・・・峠の茶屋でメシでござる!
あたり一面にヘルメットとツナギを脱ぎ捨てて・・・育ちの悪い大人・・でござる。
しめーにゃー靴下までも脱ぎだして・・・
品のない・・・ステテコ姿で歩き回るオヤジですな。
a0163159_19494023.jpg


たらふく食べ・・・・のんびりくつろぎ・・・・出発です。・・・「でら!うみゃー店だにゃ~」
a0163159_1950238.jpg


周りの目もきにせず「アラヨッ!ソラヨッ!ドッコイ!」・・・ツナギを着始めました。
ステテコオヤジの子泣き爺・・・・「出発じゃ~!」
a0163159_19502124.jpg


これから、良い季節でござる。・・・みんなで、バイクで出かけましょう。
a0163159_19503874.jpg

by moriyamaeg | 2011-05-18 19:50 | ツーリング | Trackback | Comments(7)
森山です。
マフラーの加工が終わりまして、お次はキャブレターのオーバーホールと
ダイノジェトST-1の組み付け&セッティングでござる。

GPZ900R/A8のキャブレターで・・・オーバーホルです。・・・ダメになっている部品も多く
・・・20年も経てば仕方ないですなぁ。
a0163159_23325643.jpg


キャブボディーはパイプだらけ・・・アイシング防止の為にエンジン冷却水(お湯)を
通している。現在のものより複雑に配管してある。
ちなみにこのキャブレターは新品で買うと約20万円でした。その昔一度だけ買った事が有ります。
・・・純正キャブレターAssyは高価でござる。
a0163159_23331032.jpg


フロートチャンバー内に溜まる錆の粉末・・・・ガソリンタンク内は残念ながら錆びてます。
ガソリンタンクは交換ですなぁ~。・・・ガソリンタンクもメンテナンスサイクルを過ぎて
・・・外観の見た目は綺麗なのですが・・・中は錆び錆び・・歳は隠せませんね。
タンクは底の方がひどく錆びます。タンクキャップから覗いて綺麗だから錆びてない
と思う方が殆どですが・・・底の方の錆びを確認すべきですぞ!
a0163159_23333025.jpg


オーバーホールで交換する部品とダイノジェットキットでござる。
a0163159_23334644.jpg


フロートとスライドバルブ・・・いい感じにレトロってますなぁ~。劣化と酸化と磨耗と汚れと・・・
a0163159_23335951.jpg


左が20年経過のフロート!右側が新品!です。・・・浮力低下!バルブもアウト!でござる。
ゴム部品と樹脂部品は長く使えないでござる。・・・修理する時にもし部品が生産中止だと
非常に困るものなのです。
a0163159_23341397.jpg


ダイノジェットキット!でござる。マフラー交換したら・・・キャブセッティング!
同時装着してセッティングを出します。
a0163159_23342618.jpg


左側が、ダイノジェットのスプリングとジェットニードルです。右のノーマルは段数が固定式ですが
ダイノジェットは段数が調整できるので良い。ストレート径やテーパー角などの種類があれば
なお良しでござるが・・・これ1本でなんとかなります?・・・
a0163159_23344073.jpg


オーバーホール完了。・・・お次は!車体に装着しまして、セッティングでござる。
a0163159_23345792.jpg


さあー装着でござる。・・・その後、セッティングも無事完了いたしました。
おゃ?・・・先の方で・・何やら・・・17インチのフロントタイヤが隠れておりまする。・・・黒い
a0163159_23351342.jpg


・・・・ちびFさんでござる。・・・愛機の掃除中!もくもくと作業しております。・・・偉い!
やっぱ乗り回した後は掃除ですよね。常に磨いていると調子も良いし気持ちも良い!
・・・それにしても・・・デカイ!でござる。
そういえば拙者、スクリーンを綺麗に保つ薬を手に入れたので今度試してみてくだされ。
なんと!ジェット戦闘機のキャノピーに使っている薬でござる!まさにトップガン仕様!ですなっ。
a0163159_23353064.jpg

by moriyamaeg | 2011-05-16 23:35 | キャブ編 | Trackback | Comments(6)
森山です。
本日は、GPZ900Rのマフラー改・・・ベースはデビルでござる。
性能向上とアンダーカウル装着したいので・・・既に装着してあるデビル4-2-1管をベースとします。
・・・今回は、チタンで好みのサイレンサーを製作し・・各部加工しまして好みの角度で装着!でござる。
みなさん最初は、つるしのマフラーで乗ってますが・・・・時機に飽きる・・・飽きた時に行います。
今回は、見た目だけでなく・・性能向上と排気音質にもこだわり(4-2-1独特のドコドコ音を4-1の
シャープな音質に変更します。)エキパイ加工しまして、いよいよマフラー後方の最終加工でござる。
吸気系はダイノジェットでセッティングしますが、古い年式なのでキャブレターオーバーホールもします。

デビル管!です。・・・・エキパイ部分の加工は企業秘密でござるので写真は無しでござる。すまぬ。
a0163159_1374870.jpg


4-2-1の2-1の部分です。角度調整の為・・・カットしました。
カットした部分を加工しまして・・・この後、溶接するので、磨きます。
a0163159_1382340.jpg


決めた角度で溶接します。
a0163159_1384379.jpg


次にタンデムステップ部を切り落とします。・・・・なぜ?・・・かち上げる為でござる。
a0163159_138574.jpg


チタンで、中間パイプを製作しました。・・・この部品は角度決めで非常に重要な役割でござる。
インライン4ですと・・・通常、集合が4-1だと長く、4-2-1だと短いです。
a0163159_1403667.jpg


角度決め中!チョイと遊んでみました。・・・これは、「チョイと、アップタイプ!」
a0163159_140531.jpg


これは、「アップタイプ!」
a0163159_141837.jpg


これは、「超アップタイプ!」・・・・・まあー、この角度は好みでござる。・・・人それぞれ。
a0163159_1412139.jpg


サイレンサーステーです。今回は、1本引きです!
1本引きの欠点を補う為に・・・回り止めの加工を施し!強度確保の為
強度のある材料で・・・かつ、太い!です。「まず、折れません。」
a0163159_1414041.jpg


完成です!
a0163159_1415983.jpg


ミドルアップの「かち上げマフラー」!・・・・フルチタンで軽い!
音質は4-2-1のドコドコ音ではない!良い音質です。
音量も自由でござり・・・このあたりは、ワンオフならではでござるなっ。・・・悩まなくてもいい!
a0163159_1421791.jpg


次は・・・キャブです。
by moriyamaeg | 2011-05-14 01:39 | マフラー編 | Trackback | Comments(8)
森山です。
もうすぐ梅雨ですかぁ~。昨日も今日も・・・雨・・・
雨の日のバイクは最悪でござる。・・・
天気の良い日が少なくなるので、晴れたらバイク乗った方が良いですな。

本日は、猫らしい猫!「イクラ」と・・・犬らしい猫?「風輪」・・・でござる。
猿らしい猫はおらぬでござるが・・・猫も様々でござる。

当店の猫達・・・・最近、「野良猫路線の風輪」と「飼い猫路線のイクラ」でござる。
顔つきが対照的でござる・・・
a0163159_262688.jpg


この二匹のどちらが犬らしいのか?・・・・餌を目の前に置き・・・「まてーっ!」・・・待てよっ!
真剣な眼差しの風鈴と、気の無い眼差しのイクラでござる。
a0163159_264392.jpg


「よし!」・・・ガツガツガツ・・・
犬は風輪でござった。・・・忠実でござり人懐っこく喧嘩も強い!もろ犬ですなぁ~。  
イクラは知らんぷりでござる。・・・猫らしい、気分屋で神経質でござる。
a0163159_27517.jpg


かまってもらいたくて仕方ない犬猫!風輪・・・・・こんな顔にしても、尻尾引っ張っても全然怒らず
喜んでいる。・・・遊びたい年頃なのです。
a0163159_271958.jpg


寝ていたイクラ・・・「おっ!イクラ!此処にいたのかぁ~」チョッカイ出しても・・・無視!・・・
a0163159_273677.jpg


「眠いから・・・放っといてよ!」状態。
a0163159_275096.jpg


犬猫は・・・・いたいた「此処で寝ていたかぁー!おーぃ風輪!」・・・返事が無い・・・
a0163159_282465.jpg


「わあーーー!首が無い!」
仰向けで・・・顔は下になり・・・・バンザイして寝ておる。・・・まさに犬!
こんな体勢で熟睡しとります。・・・「この面(ツラ)がUP!」が笑える。
a0163159_284162.jpg


そんな犬猫・・チョッカイ出すと・・・・
a0163159_285757.jpg


即!反応!・・・・・両手で素早く捕まえ!・・・「なんだぁ~!」
a0163159_291011.jpg


素早く・・・噛み付き!・・・「ガブッ!」
a0163159_292425.jpg


引っ張る!・・・・「ングッグッッ・・・!」・・・・ビヨ~ン!ビョ~ン!・・・
引っ張っては放し!放しては噛み付き引っ張る!なかなか楽しい反応でござる。「ガハハ・・・」
・・・ひょっとして拙者が遊んでもらっているのでは?・・・
a0163159_293988.jpg


次回は、得意技?でござる。
by moriyamaeg | 2011-05-13 01:55 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
頭が真空管の伊原です。


CB750Fcのフォークオーバーホールです。
ご覧のように、ダストシールをめくると…
a0163159_21283453.jpg
クリップがサビ!





分解します。左が昔なつかしのTRAC(アンチノーズダイブ機構)のパーツ群。部品点数、多っ!!
a0163159_21301691.jpg





コイツのオーバーホールだけでも一仕事です。細かいスプリングやスチールボールなど、きっちり洗浄・点検、必要であれば研磨や加工します。今回はアウターチューブに一工夫、施しました。
a0163159_2224942.jpg





TRACの減衰を調整するバルブです。汚れが堆積してました。
a0163159_21453948.jpg





完成しました。何点か生産終了がありますが、消耗部品はまだ出ます。ホンダ、エライ。
a0163159_21483422.jpg





アウターチューブの底にもバルブがあります。コイツもかなり汚れが堆積してました。今まで一度も着脱されてないんでしょう・・・
a0163159_21522124.jpg






なんだかんだありまして、片方完成しました。伸びたままの方が、オーバーホール前です。縮んだほうが作業後です。後者は、自重でインナーチューブが縮みます。ヤラセじゃありません。
a0163159_2241039.jpg





左右ともきっちり成敗しときました。この手のフォークは(どんな車両でもそうですが)フォークのエア圧が低下するとハンドリングにかなり影響します。こまめにチェックしましょう。
by moriyamaeg | 2011-05-09 22:17 | 足廻り編 | Trackback | Comments(3)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg