<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

森山です。
本日から連休(正月休み)です。・・・2011年も残すところ1日でござる。

2011年最後の仕事は1984年式GPZ750TURBOでござった。
このオートバイの正式名称は、750TURBO!・・・GPZは付かない・・・でも
750TURBOだとピンとこないし、どこからみてもGPZ・・・
・・・GPZ750TURBOと呼んでおる。

「ジャーン!」
KAWASAKI 750TURBO の新車販売用カタログ!
・・・・・当時物でござる。
このカタログは、かなりデカイ。
a0163159_2243269.jpg


カッコイイ!乗っているライダーも当時者!
a0163159_22434287.jpg


ターボエンジンですなぁ~。・・・・・750で打倒1100!でござる!
a0163159_22435893.jpg


久々の登場・・・・メタルソーの「バルソンローター!」
a0163159_22443153.jpg


切り出したステンレスパイプでござる。・・・角度は20度でござる。
・・・・ストレートの物も切り出します。
今回の部品点数は9個でござり・・・溶接して組立てます。
a0163159_22444857.jpg


20度の輪切りをあわせますと・・・・4つで80度・・・3つで60度・・てな感じでござる。
a0163159_22451655.jpg


溶接組み立て完了&バフ掛け完了いたしました。
a0163159_22453926.jpg


今回は、ノーマルより太いパイプで製作でござる。
アンダーカウル(樹脂)とのクリアランスを確保しなければなりません。・・・エンジン側のクリアランスも
確保でござる。・・・・選択肢はない!通るところを通る!形状となるのでござる。
a0163159_22455679.jpg


フロントパイプ完成!です。・・・・この後方はチタンで製作しますが・・・来年でござる。
a0163159_22461192.jpg

それでは皆様!本年もありがとうございました。
・・・また来年ですなっ!
by moriyamaeg | 2011-12-30 22:18 | 作り物 | Trackback | Comments(2)
伊原です。ゼファー750の車検整備のつづきです。

お客様と相談した結果、燃料系・足回りをメインに作業する事に決定!!



a0163159_1615762.jpg
まずは燃料系の入り口・タンクの錆びとりです。分かりにくいですが、タンク内の画像です。大きな錆びの塊が見えますね…。
残念ながら、錆びとりは完全ではありません。数年後には再発の可能性が大です。タンクには溶接の合わせ目があり、錆がひどい時は取りきれないのが実情です。やらないよりはいいですけどね!やっぱり、新品がイチバンですな!
今回は錆びとり剤を処方しました。もちろん、タンクキャップやコックも交換しました。

a0163159_1850247.jpg
ついでに、タンクの外側も錆びてましたのでタッチペンしときました。錆びの対処は早い方がよい!




a0163159_16232549.jpg
キャブを外しました。そこそこな汚れ具合です。



a0163159_16271896.jpg
バタフライのシャフト部です。多気筒のキャブはレールで数個のキャブが連結されてます。そろそろ全バラしてOリングも交換した方がいいですね。



a0163159_16352211.jpg
フロートチャンバーです。錆が溜まってますね。フューエルフィルター付いてましたが、細かい錆びには効果ありません。錆びさせないのがイチバンです。



a0163159_16375839.jpg
フロートも交換ですね。古くなると浮きが弱くなり、油面が変わってしまいます。ケチらずに新品に換えましょう。



a0163159_16412922.jpg
点検中に発見しました。バタフライ後ろ、エンジン側に無数の打痕が…。ポートを覗いてみたらなんと!ナットが入ってました。キャブを外したときに、どこかから脱落したナットが入ってしまったんですね。ハイカムだったらバルブに噛んでエンジンブロー!!奇跡的にポートの中で踊ってただけですみましたが…恐ろしい。一体いつから入ってたんでしょう、六角のナットが丸くなってました。オーナーさんも思い当たる節が無いそうです。



a0163159_16591923.jpg
後日、パーツ揃いまして作業再開です。各パートバラします。



a0163159_1713427.jpg
バラします!




a0163159_1723143.jpg
バラします!!




a0163159_18152057.jpg
そして、徹底的に掃除します。



a0163159_1761671.jpg
せっかくだから、レールも綺麗にします。
キャブは精密機械です。掃除にもノウハウがあります。安易に手を出してはいけません。「自分でオーバーホールしたら余計調子が悪くなった」というのはよくある話。



a0163159_1725398.jpg
新品同様!とまではいきませんが、綺麗になりました。気持ちいいですね!もちろん油面や同調など、各部確認と調整をしたのは言うまでもありません。マフラーに合わせてひと工夫加えて、更に調子よくしました。

画像はありませんが、エアクリーナーボックスのオーバーホール、インシュレーター交換、スロットルワイヤー交換もしました。これでセッティングを除いて燃料系は完璧ですね!一つひとつ積み重ねていくのは気持ちいいもんですね。


a0163159_18522850.jpg
レバーやサイドスタンド等、外せる可動部は外して清掃&給油します。これは当店の車検整備の内容に含まれます。可動部は滑らかに動くのが当たり前ですからね!



a0163159_1855344.jpg
サイドスタンドスイッチもメンテナンスします。



a0163159_17304353.jpg
キャリパーです。シールがはみ出してますね。定期的に洗浄&もみだししましょう。少しは長持ちします。



a0163159_1732299.jpg
分解しました。アルミが腐食してますね。今回は前後ともオーバーホールしました。命にかかわりますから、きっちりやりましょう!!



a0163159_1736225.jpg
ステアリングステム外しました。ずいぶんグリースが劣化してますね。



a0163159_17374792.jpg
フレーム側、ベアリングレースです。打痕がありますね。もちろん交換です。



a0163159_17391391.jpg
ベアリングを特殊工具で外して見てみると…ダストシールがない。調べてみると純正の設定がありませんでした。シールがないと、タイヤで巻き上げた砂利や水が浸入しやすくなります。もちろんベアリングの寿命は短くなります。
そこで…



a0163159_1743093.jpg
シール追加しときました。多少、シールのフリクションでハンドリングが犠牲になりますが、使用状況を考えれば高耐久の方がいいはず!!
ついでにペイントしときました。鉄のアンダーブラケットは錆びやすいですからね。



a0163159_1746036.jpg
ワンオフの専用治具で垂直にベアリングを圧入し、グリースをすり込みました。グリースでもハンドリングは変わります。数種類のグリースを使い分けます。適材適所ですね!



a0163159_17511399.jpg
フロントフォークもオーバーホールしました。



a0163159_1752332.jpg
細かい錆が出てましたが、研磨で何とかなりました。この後メンテナンスを怠ると、また錆が再発してオイル漏れとなります。乗った後は掃除しましょうね!


今回はここまでです。やりきれなかった場所もありますが、少しずつやっていけば、いつかは完調になります。完調目指してがんばりましょう!!



a0163159_18174293.jpg
話は変わりますが、何年も前からウチの2階に飾ってあるニンジャです。
「動いてるとこ見たことねぇよ!」と思ってませんでしたか?僕も思ってました、ええ。

来年はコイツを始動させますよ!



ついに!



満を持して!!



待望の!!!



くどいですね、もういいですね。




a0163159_18255150.jpg
ニンジャの弱点を克服する為に、色々とアイディアが盛り込んである車両です。楽しみです!


ほんとに来年できるかなぁ…。がんばります。


年末年始は、12月30日~1月4日まで休業とさせていただきます。
by moriyamaeg | 2011-12-29 16:55 | 整備編 | Trackback | Comments(9)
森山です。
25°忍者コンプリート製作・・・外装のペイント中でしばらく作業お休みでござる。
ここのところGPZ750TURBOを作業してます。・・・・これまたなかなか終わらない。
・・・・ブローオフバルブの装着作業&マフラー製作です。
もちろん製作前に・・・全て採寸いたし・・・検討・・・・図面を製作・・・その後、部品製作でござる。


まずは、ブローオフバルブを取り付けるためのフランジとジョイントパイプ製作でござる。
フランジは5mm厚の板材からコンターで切り出し成形後、穴開け加工いたします。
ジョイントパイプは外径35mm、肉厚1mmの管材からで、テーパー加工とブーストパイプに
合わせる為のカット成形です。
a0163159_20414974.jpg


出来上がったフランジとジョイントパイプを溶接します。
a0163159_204287.jpg


さらに、ブーストパイプに対して90度方向に装着し溶接するために・・・図のように仕上ます。
加工は、コンターでカットした後、ベルトンで仕上ます。・・・・
a0163159_20422542.jpg


ピッタリと隙間のないように仕上げなければなりません。
・・・この作業は、手仕上げのため・・・慣れが必要でござる。
a0163159_20424054.jpg


ブーストパイプ側に穴開けいたしまして・・・・
a0163159_2043071.jpg


ぐるっと一周・・・・・圧力が抜けないように丁寧に溶接でござる。
a0163159_20431914.jpg


ペイントしたブーストパイプにブローオフバルブ装着いたしまして完成でござる。
・・・・・・この後、車体に装着!
a0163159_20434542.jpg


お次は、マフラーです。・・・
先日、製作しました10mm厚(SUS)のフランジを排気タービンに装着!
・・・・外周も綺麗に成形いたしております。・・・・そして・・・・
a0163159_20445923.jpg


「ズボッ!」・・・真横にパイプ装着して完成です!・・・・「バンクできない。」・・・・・ので
輪切りパイプで90度下方向へ向き・・そして・・60度の角度の輪切りパイプで後方へ向かせます。
これから・・・このパイプを輪切り(角度付き)に加工します。・・・・つづく。
a0163159_20451535.jpg

by moriyamaeg | 2011-12-26 20:45 | 作り物 | Trackback | Comments(4)
森山です。
久しぶりのGS750です。
・・・エンジン各部の加工も完了し・・・・後は、化粧が終われば・・・組立てでござる。
このエンジン・・・外観が、ものすごく腐食しとりました・・
・・当時から今まで何もせずなので・・・当然の腐食でござる。
今回、サンドブラストで錆を取り除いて、最強の耐熱ペイント(レーシング1000)でペイントします。
高価でござるが1日で終わる作業でもないし手間隙のかかる作業工程も多々ありますし・・・
良い仕事であれば・・・そこは仕方ないところです。・・・求めるものは・・・高耐久です。


これから化粧でござる。・・・・全ての部品のお掃除は完了してますが・・・綺麗に見えないのは
長年の腐食と塗装の傷みでござり・・・どうしようもない。・・・そこでサンドブラスト&ペイントでござる。
図は、クランクケース上下、シリンダー、シリンダーヘッド、オイルパンです。
a0163159_18362790.jpg


その他の・・・
ヘッドカバー、ブリーザーカバー、オイルフィルターカバー、セルモーターカバー、クラッチカバー、
ジェネレーターカバー・・・カバー類は全てでござる。(ポイントカバーのみ社外品で今回はそのまま)
a0163159_18364444.jpg


ただし・・・クラッチカバーとジェネレーターカバーは
バフ掛け後に・・・スペシャル!強力クリアペイントでござる。
a0163159_1837119.jpg


年始位に完成予定です。
その後の組み立て作業がこれまた時間かかりそうですなっ。
a0163159_18371713.jpg


高額なら綺麗であり超高耐久のペイントがいいです。・・・何年経っても綺麗が理想!
安価だと・・出来たての見た目は綺麗ですが・・・やはり、耐久性がいまいち・・・
究極は・・激安・・・缶スプレーですが・・・超ショートライフでござる。

調子がよければ汚くても良い・・・見た目はどうでもいいと言うが・・・実際・・・汚くて調子の良いバイク
はほとんどいない。・・・外観だけが綺麗な調子の悪い中古車は良く見ます。・・旧車に多いですなっ。
・・旧車は・・・絶好調にフルメンテナンスされて、見た目も綺麗なバイクがいいですなぁ~。・・でも・・
・・・超高価です。
汚いバイクも、メンテナンスして各部の調子が良くなれば、人間、見た目も綺麗にしたくなるもの・・・
・・・そのための化粧でござります。
by moriyamaeg | 2011-12-25 18:33 | エンジン編 | Trackback | Comments(4)

こんな寒い日は・・・・

森山です。
今日は、・・・・・むちゃくちゃ寒いでござるなぁ~。
こんな寒い日の・・・


2階の住人(猫)イクラでござる。
暖かいと・・遊びたがり、すり寄ってきますが・・・・
・・・・・・寒い日は、お気に入りの暖かキューブに入っておりまする。
a0163159_20194125.jpg


「イクラ」・・・呼ぶと・・・耳だけ反応・・・
「イクラー!っ」・・・顔は出てくるが・・・外は寒し
a0163159_20195970.jpg


・・・ごはんじゃないのでシカトでござり・・・
a0163159_20201416.jpg


・・・・結局、寝ちゃいます。
キューブから出てこない・・・そんな猫は・・・
a0163159_20473419.jpg


・・・・猫なべでござる。
a0163159_20205112.jpg

by moriyamaeg | 2011-12-23 20:20 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R・コンプリート5号機製作・・・つづきでござる。
点火系の部品装着完了しまして、次に・・・エンジンオイルを注入中!・・・あれっ?
レリーズ固定するボルト穴から・・・オイルが垂れてくるではないかっ!
レリーズを装着していたら気付かないでしょうが・・・まだレリーズ装着してないので・・・
・・・・ボルト穴からポタポタと・・・オイルが出てくるではないかぁ~。

オイル漏れは・・・指をさしているボルトのところからでした。・・・(オイル注ぎ込み中)
本来、貫通穴ではない止まり穴部分ですので漏れてこないはずです。
大問題だと困りますので・・・ミッションカバー&内部の分解点検開始でござる。
・・・「中古は本当に何があるか分からない!・・・・また仕事がふえたぁ~、トホホ・・・」
a0163159_21102355.jpg


分解点検中!・・・内部は問題なし、カバーの止まり穴の部分がクラック発生!原因は
社外のレリーズプレート装着してあったのですが・・・その装着用ボルトがチョイト長い!・・・
・・ドンツキ!なのに・・・締め込んでしまい・・・止まり穴の奥にクラック!・・・オイル出ますがなぁ~。
社外品、何でもかんでも付ければいいわけではないです。・・・付ける前に全て確認するべし!
今回、ロックタイトを塗り組みつければ問題は無いのでしょうが・・・気分も悪いし・・・
・・・今後の事を考え、カバーは交換いたしまする。
a0163159_21104385.jpg


左側は新たに準備いたしましたカバーです。右側は、オイル漏れのカバーです。
全てのオイルシールは新品に交換して装着ござる。・・・最後の最後まで
気が抜けないでござる。・・・・・「何かとトラップがしかけられとりますなぁ~。」
a0163159_2111243.jpg


ミツションカバー交換し、無事問題解決でござる。
a0163159_21111893.jpg


国内仕様は・・・・180Kmメーターですが・・・今回は逆車のフルスケールメーターにします。
但し・・・逆車のメーターだけを入れ替えると・・中回転からエンジンが回らない症状がでますので
国内仕様メーター内の速度リミッターの基盤は使います。・・・・ところが・・・・
a0163159_21113894.jpg


このA8国内仕様・・・・・メーターが無い!・・・というか・・・あるにはあるのだが・・・・
付いていたのは・・・なんとGPZ750R用でござった。・・・使えない。
結果・・・今回、必要なA8国内の基盤が無い!・・・・しかたなく新たに準備したのですが・・・
最終的に点火のイグナイターも壊れておるではないかぁ~!・・・最悪でござる!
・・・「アァー!やめ、やめっ!」・・・・「国内やめ、やめっ!」・・点火系部品全てゴミ箱へ・・・「ポイ!」
拙者、秘蔵のA7逆輸入車(ヨーロッパ仕様)の点火系とします。
・・・配線引きなおしての装着でござる。・・・・「また仕事がふえたぁ~!」
a0163159_21115494.jpg


ピックアップもローターもA7逆車とします。・・・・・結局全てのカバー類開けた事になりましたなぁ~。
「まぁ~内部点検と思えば・・・良いのです。」
a0163159_2112937.jpg


オイル漏れも直り。火花もOKとなり。冷却水注入し。・・・・ガソリン送り。・・・エンジン始動!
・・「キュル、キュル」・・・・・「ブオオオオオン!」
白煙も無く、エンジン快調でござった!・・・・めでたしめでたし!
a0163159_21123034.jpg



エンジンも無事終了!
最後に・・・当店オリジナル商品のチエーンケース取り付けでござった。
アルミ製でシルバーアルマイトとブラックアルマイトがござる。・・・
五号機は黒が主体なので・・・ブラックアルマイト仕様ですなっ。
a0163159_2113526.jpg


・・・・・・・つづく。
by moriyamaeg | 2011-12-21 21:09 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
五号機の作業初めて・・・早や40日経過・・
集中作業の日々でござる。
付いておる部品の全てを確認し、駄目な部品は全て交換&メンテナンス致し・・化粧もござり・・
・・・加工製作も山ほどござる・・・・・膨大な作業時間を要してのコンプリートです。
作業内容からすると超破格でござり・・・正直、商売的にはアウトです。・・・が、
解体されバラ売りされるか・・捨てられるかの・・・バイク達が再び綺麗になり、絶好調となる!
・・・見捨てられた忍者が生まれ変わり大切にされる事が何よりうれしいでござるなっ。

「綺麗でしょう~!」
ZRXラジエターも装着下準備完了!・・・コンパクトでありながら高性能でござる。
各ラジエターホースやパイピング、Oリング、ラジエターキャップその他も新品に交換します。
a0163159_2194881.jpg


ラジエターは、きれいにボルトオンできるように製作してありますので簡単装着。・・・ですが
ボルトオンにするための加工&製作に沢山の時間とコストをかけております。
ラジエターの次に、センターカウルを装着します。「ピッタリ!」すべて下準備のおかげですなっ。
・・・・今回、センターカウルステーは超軽量タイプにしてます。
a0163159_2110487.jpg


お次は・・・アンダーカウル装着でござる。
4-1マフラーなので下側はカットしての装着です。・・・4-2-1マフラーだとカットせずに
装着できるものもありまする。
a0163159_21102191.jpg


外装の装着確認後は、
キャブレターフルメンテナンス&ダイノジェットST-3でキャブセッティングいたします。
このキャブレターはZRX1100用でござるのでセッテイングは要でござる。
a0163159_21103735.jpg


ダイノジェットKitの・・・・ワッシャーでござる。
いい歳こいて・・・磁石遊びです。・・・・「オリャッ!・・天までとどけ!」・・・楽しい♪~
a0163159_21105247.jpg


エンジン始動まで、もうすぐでござる。
点火系部品の装着中・・・そして問題発生・・・・つづく。
a0163159_21443764.jpg

by moriyamaeg | 2011-12-20 19:21 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
いよいよ年末でござる。・・・
あれこれと作業が控えておりまして・・・時間が無いような有るような・・・
久々のブログ更新でござる。

GPZ900R・コンプリート5号機でござる。・・・
各作業もだいぶ進み、昨日エンジンテスト完了いたしました!「ヤッホーー!」
残りの作業は・・・外装とハンドル廻りでござるが・・・5号機の完成は年明けになりそうですなぁ~。

今回の五号機レポートです。
調子の良いエンジンではござるが・・・・やはり中古・・・汚い部分もありますので綺麗にします。
天井から吊るされたエンジンAssy・・・これから風呂に入れ汚いものを全て綺麗にます。・・・
風呂から上がりましたら・・・念入りに磨き込み・・・再度風呂に・・・・その後、化粧を致すのでござる。
やはり、汚いエンジンよりも綺麗なエンジンですなっ。・・・こんな作業でもかなりの時間を要しますぞ。
予算が確保できれば・・・迷わずフルオーバーホール&耐熱1000でペイントですが・・・・
a0163159_23342287.jpg


エンジンの化粧を・・・3日程乾燥させまして・・・その後、各カバー類を交換致します。
ついでに内部の点検&メンテナンスいたします。
図はクラッチカバー内部でござる。・・・・程度はかなり良い。「ムフフ・・♪」
A8国内でござるのでジェネレーターチェーンやワンウェイクラッチなど各部強化品となっております。
・・・クラッチ構成パーツの状態は抜群!超極上!・・・優しく乗っていたようでござるなっ。
a0163159_2334411.jpg


お次は、ヘッドカバーでござる。・・・気になるカム山のカジリは・・・
a0163159_23345899.jpg


IN側です。・・・・オイルを巻き込まない構造のIN側は2箇所に初期のカジリ・・・オイル管理が良くての
走行2万Km台の国内仕様てなとこですかね・・・走行1万Km未満でガタガタの国内忍者もござります。
・・・やはり高級オイルで回転を上げて走行した方が良いですなっ。
a0163159_23351738.jpg


EX側です。・・・オイルを巻き込むのでIN側より程度良い。
今から、2万キロ走行したらオーバーホール致しますので予定しておいてください。
a0163159_23353580.jpg


バルブクリアランスの点検&調整いたします。
a0163159_23355236.jpg


ヘッドカバーをハードアルマイト仕様に交換!・・・一気にスパルタンでござる。
ウォーターラインやキャブインシュレーター等のゴム製品は全て新品にします。
a0163159_23361047.jpg


今回のエンジン下準備完了でござる。・・・美人になりました。
a0163159_23362936.jpg


これから、車体にエンジンを搭載いたします。・・・あれこれと準備いたしまして・・・
a0163159_23372429.jpg


載りました。
・・・・ダイヤモンドフレームの900忍者の場合は・・・・エンジンを吊るしました・・かなぁ~。
a0163159_23374369.jpg


ようやくバイクらしくなってきました。・・・・同時に重くなり・・・やはりエンジンは重い!
a0163159_23375818.jpg


お次は、ZRX1100/1200用のラジエターを加工し装着でござる。
このラジエターは高性能!・・・・ノーマルのエンジンには丁度良いサイズですなっ。
これで、オイルクーラーもキャンセルでござる。
a0163159_2338167.jpg


ラジエターファンもお掃除いたし・・・
a0163159_23383643.jpg


ブラケットやスクリーンも化粧いたします。・・・・徹底的に!です。
a0163159_23385577.jpg


ラジエターも無事完成!
・・・・新車のコンプリートは楽ですが・・・旧車のコンプリートは何かと大変でござる。・・・そして、
大変な下準備はつづく。・・・・・・・・・・・・・「全部新品で組みたいでござるなぁ~。」
a0163159_23391120.jpg

by moriyamaeg | 2011-12-19 23:39 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
伊原です。

a0163159_20373714.jpg
ゼファー750です。車検です。先日ヘッドからのオイル漏れで修理しました。

バイクは部品の集合体です。例外を除いて、各部品が調子よく働けばバイクは調子良いはずです。
車検は、楽しく安全にバイクに乗るために必要な制度です。「車検通すだけ」はやめましょう。

ってなところで、各部見ていきましょう!


a0163159_2041910.jpg
まずはタンクです。パッと見きれいですね…。



a0163159_21152291.jpg
しかし、タンクキャップは不可でした。キーシリンダーからガスリークしてました。やっぱりゴム類は定期的に交換ですね。



a0163159_21191584.jpg
コックです。やっぱりガスリークしてますね。これも交換です。



a0163159_2122270.jpg
フロートのガスを抜いて、内部の点検です。



a0163159_2123136.jpg
細かい錆を確認!タンク錆びてます。タンクキャップは定期的に交換ですね。



a0163159_21245817.jpg
フロートからもガス漏れしてますね。



a0163159_21254950.jpg
インシュレーターもひび割れしてます。



a0163159_21264196.jpg
エアフィルターも交換ですね。キャブセッティングしないのであれば純正にしましょう。



a0163159_21313369.jpg
プラグも定期的に交換しましょう。さんざん不調の原因を探った結果プラグの不良だった、ということもよくあります。



a0163159_21342328.jpg
もちろん、プラグギャップも測定します。新品も信用してはいけません。一つずつ確実に積み上げていけば原因究明も楽ですし、調子も良いはずです。



a0163159_21373942.jpg
次は足回りです。ホイール外します。ベアリング、圧入具合、オイルシール、アクスルシャフト、ディスクローター、タイヤ等見るべきところはたくさんあります。ホイール1つでも部品がいろいろついてます。スピードメーターギアも清掃&グリスアップします。



a0163159_128219.jpg
ステアリングステムも点検します。ステムベアリングも交換時期が来てますね。ハンドリングの要ですから、定期的に点検&整備しましょう!




a0163159_1441315.jpg
フロントフォークも点検します。ダストシールがひび割れてますね。




a0163159_1471283.jpg
インナーチューブに点サビがっ!!研磨すればなんとかなりそうですね。
バイクに乗った後は必ずインナーチューブを掃除しましょう。虫の死骸や埃が付着したままだと、すぐに錆びてしまいます。




a0163159_20634.jpg
リアホイールも同様に点検します。ベアリングやチェーン周りの点検が主ですね。ホイールの整列も同時に見ます。




a0163159_26295.jpg
エキセントリックカラー部分が腐食してますね。掃除&対策しときました。




a0163159_2163842.jpg
スプロケットカバーも外して点検&清掃します。砂利がチェーンオイルと共に積もってます。積もりすぎると砂利が噛みこんでトラブルの原因となります。チェーン交換はもちろん、車検時などに掃除します。




a0163159_2254227.jpg
ハイっ!!きれいになりました。




a0163159_2511538.jpg
古いチェーンオイルはなかなか落ちません。結構大変な作業です。




a0163159_231292.jpg
ジェネレーターの配線です。カチカチです。これは…




a0163159_2344197.jpg
やっぱり!カプラーまで焦げてます。充電電圧は大丈夫でしたが、早めの修理が必要ですね。






ここまで点検したら次は見積もりして、やっとお客様に連絡&相談です。先は長いですなー。次回は修理編です。
by moriyamaeg | 2011-12-19 21:38 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

売りたし!! ZⅠ

伊原です。

極上のZⅠが中古車で入庫しました!
a0163159_2020068.jpg




a0163159_2021978.jpg
エンジンは当店でオーバーホールしました。4~5年前ですかね。しかしオーナーさん、乗る時間が無く走行はオーバーホール後3,000㌔未満です。最近は程度の良いZが少ないですし、外見が綺麗でも実際は…という車両もよくあります。素性が分かっている車両は安心ですね。



a0163159_2023714.jpg
実は、一見何の変哲も無いショート管ですが、社長のワンオフチタンショート管!!


a0163159_20253962.jpg
ちゃんとオイルフィルターも交換できます。いいでしょ~



a0163159_2026488.jpg
FCRも同時に交換&セッティングしました。



a0163159_20281081.jpg
キャリパーは定番のAPレーシング&ワンオフサポート&ワンオフブレーキホース!! プラスミューのディスクもイカしてます。



a0163159_20302251.jpg
ちゃんとオイルクーラーもついてますよ~。



a0163159_20312965.jpg
外装もピカピカです。もちろんガレージ保管!



a0163159_21121019.jpg
「誰かオイラをかまってくれよー」
彼に興味のある方、実車確認大歓迎ですのでご連絡ください!!
これからZを購入検討されている方は必見です。
早い物勝ちですよー。
by moriyamaeg | 2011-12-12 20:33 | その他 | Trackback | Comments(3)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg