<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

森山です。
5月でござる!・・・かなり暖かくなってきましたなぁ~。
そして、5月の連休のお知らせ!・・・・5月2日から5月5日まででござりまする。

それでは、kawasakiZ1000J ・・・その5でござる。

ミッションカバーは綺麗にし、再使用でござる。
ミツションカバーに新しい各オイルシール&ニュートラルスイッチ装着しまして
チェンジシャフトレバーその他の新品部品スタンバイ。
a0163159_21365432.jpg


チェンジシャフトレバーその他装着いたし、ガスケットセットし・・・
a0163159_21371252.jpg


ミッションカバー装着完了!
a0163159_21373170.jpg


お次は、クラッチ系・・・・全て新品でござる。・・・・袋から部品を出して・・・洗浄し・・・点検し・・・
a0163159_2137498.jpg


「さぁー!組み付けますかぁー!」
a0163159_2138679.jpg


クラッチ組み付け完成でござる。・・・・そして・・・
a0163159_21382330.jpg


クラッチとパルサーカバーでござる。
オーナー殿の手で愛情を注ぎ込み・・・ものすごい時間をかけ・・・ひたすら磨いて腐食を取り、
輝くまで磨き込んだカバー類でござる。・・・・手作業お疲れ様でした。
・・・図には無いがジェネレーターカバーとヘッドカバーも綺麗にいたしでござる!
a0163159_21412879.jpg


今回のエンジンには・・・・
クランクケースの後方にMORIYAMA・ENGの打刻でござる。・・・作業には関係ないですが・・・
a0163159_21414966.jpg


ジェネレーターカバー内に装着される・・・部品です。
スターターワンウェイクラッチやギアや・・・マグネットローター以外は新品となります。
a0163159_21421145.jpg


装着完了!・・・・
a0163159_21423183.jpg


腰下最後の作業は・・・・オイルパン内部の部品。・・・・オイルポンプでござる。
左は流れマークの新品。  右はショッカーマークの旧・・・80000km使用。
a0163159_21425471.jpg


新品のオイルポンプ分解点検中。・・・良くも悪くも、今時の品質でござり・・・
Z系は歴代、トロコイドではなく・・・ギアポンプでござる。
Z1000JもZ1と同じですなっ。
a0163159_21431532.jpg


各部品装着し・・・オイルパン装着いたしました。・・・・オイルパン系は再使用。
腰下完成でござる。
a0163159_2143453.jpg


お次は、腰上でござる。・・・・腰上の各部品の下準備をいたします。図はピストン系でござる。
・・・新品なのに物によっては小傷がござり・・・文句言いながら仕上ます。・・・「カワサキィー。ブツブツ・・・」
腰上もヘッドカバー以外全て新品とします。・・・・その6へつづく。
a0163159_2144665.jpg

by moriyamaeg | 2012-04-30 21:35 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ヤッサンです!・・・・「とうとうワシも、やってもーたがなぁ~・・・キミ!」・・・・ヒヤッ、ヒャ、ヒヤッ
a0163159_19442311.jpg


実は、
ご近所様からの依頼で・・・車椅子にブレンボレーシングキャリパーを装着して欲しい!・・・
・・・ブレンボはうそでござるが・・ブレーキの装着依頼でござる
人を乗せて車椅子を押しますと・・・・ブレーキの無いタイプの車椅子ですと・・
・・・平坦や登り坂はいいのですが・・・下り坂で車椅子を引きながら(ブレーキング)下るのは
・・ものすごく大変ですし超危険です。
もちろん、ブレーキ付きのタイプもござりますが・・・ブレーキの無いタイプを購入してしまい・・・
やはり下り坂は超危険で・・・ハンドブレーキを装着して欲しいとのことでござる。
a0163159_1944582.jpg


チャリンコの部品でござる。・・・
実は、宮田自転車&宮田消火器取り扱い店でござる。・・・ここ近年、殆ど売ってません。
・・自転車業は、お休み中でござる。・・何年か後・・歳とって暇になったら再開いたしますか~ねっ。
a0163159_19453970.jpg


ママチャリのリアブレーキ・・・・これは装着、厳しいですなぁ~。
a0163159_1946065.jpg


ありました。・・・これです。
左右の車輪に装着いたしまする。
a0163159_19461816.jpg


この辺りに装着決定でござる。
・・・ブラケットやステー類はもちろん無いので・・・製作し溶接でござる。
a0163159_19463519.jpg


正確な位置と角度と強度で・・・メインブラケット製作&仮溶接いたします。
a0163159_194651100.jpg


お次は、補強のブラケットでござる。。
・・・邪魔な物や燃える物を外しまして・・・この後・・・本溶接いたします。
a0163159_1947559.jpg

溶接完了しまして・・・・お次は、
ブレーキレバー装着いたし・・・ワイヤーを装着いたしまする。
a0163159_19472195.jpg


ワイヤーの長さを合わせまして・・・各部加工&調整でござる。
a0163159_19473847.jpg


無事完成でござる。・・・・簡単かと思いきや意外と時間がかかりましたなぁ~・・・すっかり夜でござる。
・・・まぁ~福祉特価ということで。
a0163159_19475214.jpg


これから、店の裏の小学校の坂でテストです!
「さぁー出発!でござる。」・・・・バラストはモーちゃんです。・・・ある意味チャレンジャー!
「ちと急坂過ぎたかのぉ~」・・・・・テストするのに坂を頂上まで登るのが実に辛い・・・
「ハァー、ハァー、ヒィー、ヒィー、拙者もう限界でござる。」・・・・ようやく頂上に到着!・・・思えば・・・
モーちゃん、健康体・・・・車椅子にずーっと乗ってなくても!・・・・「わぁー!歩けるじゃん!」
いよいよ、下りのテストでござる。・・・ブレーキ掛けながらゆっくり下りまする。
やっぱり、「ブレーキの威力は偉大です!」安全に下れます!・・・めでたし、めでたし。
こんな下り坂、ノーブレーキでは危険すぎて下れません。・・・・ノーブレーキでしくじり・・・
モーちゃん車椅子で大怪我して・・・車椅子必要となりますなっ。(もちろんブレーキ付きで・・・)
a0163159_1948870.jpg

・・・おしまい。
by moriyamaeg | 2012-04-28 19:47 | 作り物 | Trackback | Comments(6)
森山です。
昨日は定休日で箱根山へ!
忍者5号機の足廻りの塩梅を見に行ってまいりました。
日差しは無いものの快適な外気温と路面の状態もベスト!
・・・・・久しぶりの箱根山、気持ちよかったですなっ。

5号機の前回のシェイクダウンは・・・
高速テストで横浜横須賀道路で観音崎までの往復!・・・高速道路でござり・・
殆ど高いギア(4~6速)での走行でした。・・・一般道はのんびりと走行でござり。・・・何ら問題なし!
ところが・・・後日の・・・スタートダッシュのテスト(1~3速)で・・・問題発生しました。
2速、全開加速途中で・・・ギア抜け初期症状確認。・・・・残念でござる。
この症状以外は絶好調の国内エンジンでしたが・・・オーバーホールのコストは無いので・・・
エンジンを交換いたします。・・・中古は何が起こるか分からないものですなっ。
今回載せ換えるエンジンは、問題なく走っていた逆車のエンジンでござるが・・・
・・さすがに3度目の載せ替えはしたくないでござるが3度目の正直って事も・・・「いやだぁーっ!」
忍者系の中古エンジンはそれなりに古いので・・・今回のような事もありますなぁ~。
やはり、フルオーバーホールしてから載せたいですなっ。・・・予算次第ですかぁ~。


先週の作業でござる。・・・・綺麗にし載せた国内エンジンも・・・・わずか180km走行でサヨウナラ~♪
このまま納車は出来ぬのでエンジン交換の為・・・サヨウナラ~国内エンジンを降ろします。
a0163159_18312255.jpg


左がサヨウナラ~国内エンジンでござる。右がイラッシャイ~逆車エンジンでござる。
各カバー類は入れ替えます。・・・カバー内の点検は出来ますので同時に点検&調整致します。
a0163159_1831492.jpg


逆車エンジン・・・風呂入れ、化粧し、各部品交換し・・・ようやく搭載でござる。
a0163159_18321156.jpg


エンジン載せ替え完成!・・・エンジンオイル&冷却水を入れましてエンジン始動し・・・
水漏れオイル漏れ点検し、キャブレターセッティングを変更し・・・
再度、高速&市街地&スタートダッシュ・・・走行テストでござり。
「よぉーし、合格でござる!」・・・・いよいよ箱根山へGO!ですなっ。
a0163159_18324978.jpg


そして、定休日の朝でござる!
まーきゅうりさんの25度忍者2号機と共に、いざ箱根山へGO!
a0163159_18331031.jpg


東名高速から小田原厚木道路で箱根山到着!・・・「空気がうまい!」
あれこれ確認&調整いたし、楽しい時間を過ごしました。・・・エンジンも快調でござり!
まーきゅうりさん、また行きましょう。・・・・次回は伊原メカも強制参加で「そば」ですなっ。
a0163159_18333027.jpg


無事、お店に帰還。
2号機のエンジンオイル&オイルフィルター交換いたします。・・・次回の箱根山に備えてです。
「まーきゅうりさん!やっぱ。・・・オーリンズフォークとSPLシートは・・・いいですなぁ~。」
a0163159_18335259.jpg


その後・・・拙者、いつもの床屋さんへGO!・・・・5才若く!でござる。
a0163159_18341434.jpg

気付けば半年がかりの製作でござり・・・今回のエンジン交換以外は、実に楽しい作業でござった♪~
25度忍者5号機も、いよいよ明日、納車でござる。・・・パチパチ・・・ウルウル・・・
コンプさん。5号機を末永くよろしくお願い致しまする。
by moriyamaeg | 2012-04-26 04:54 | その他 | Trackback | Comments(4)
森山です。
Z000Jのエンジン組み立てでござる。

クランクケースの点検と清掃です。・・・・ネジ穴には、よく切粉が入っておりまする。
たまにオイルギャラリー等にも引っかかっております。・・・・そんな分けで、確実に清掃でござる。
a0163159_21285467.jpg


クランクケースのアッパー側とロア側とクランクキャップはメ-カーで締結し加工いたしますので・・・
そのもの同士でなければ加工寸法はメチャメチャとなりますので・・・必ずセットでござる。
今回のセットは・・・管理番号9-60となっておりまするなぁ~。
・・・加工が違うもの同士でのクランクケースやクランクキャップでの組立は厳禁ですぞっ。
中古で購入する時は・・・もちろん3点セットでござる。・・・3点揃っていないものはゴミでござる。
a0163159_21291227.jpg


ケースの合わせ面です。・・・毎度のことですが・・・粗い。
a0163159_21292933.jpg


もう少し綺麗な面にして欲しい。・・・この面研はカワサキの標準かなっ。・・・物凄く酷いものもある。
・・砥石でこの凸凹が消える程削るのは禁止!・・・ベアリングホールが狭くなりまする為。
・・砥石は軽くでござるぞ・・・・打痕やバリは除去し、各部の面取り(最小限で)は遂行でござる。
a0163159_2129583.jpg


下準備完了!・・・・ロアケースにシフト系部品を装着いたします。
・・・このシフト系の部品にも軽くではござりますが一手間掛けておりまする。・・・最高に仕上ますと
別途請求となるのですが・・・・「やりたい。」
a0163159_21302490.jpg


アッパーケースにノックピンを圧入いたします。
a0163159_21304341.jpg


ケースの各ボルト類でござる。・・・・新品でござる。
やせてないし、錆びてないし、伸びてないし・・・「やっぱ新品はいいですなっ。」
・・・・しかし・・・新品でも点検しておくべきです。・・・たまに変なネジがござります。
a0163159_2131325.jpg


シリンダースタットボルトの装着。
a0163159_21312125.jpg


お次はミツションです。・・・・綺麗でござる。
コストがあれば・・・各部磨いてから・・・WPCモリブデンショット・・・「やりたい!」
出来る事なら・・・慣らし後に再度分解し・・・・WPCモリブデンショットがベストでござるが・・・
再度エンジン分解し・・・全部の部品を処理いたしますと・・・「高い。」・・・・コスト次第でござるなっ。
「あぁ~やりたい!」
a0163159_21315749.jpg


ミツション完成でござる。
a0163159_21321442.jpg


クランクとミツションをアッパーケースにセットいたします。
クランクもダイナミックバランス取ると・・・良いですよっ!・・・・クランクの分解組立て芯だし作業が
2回分必要ですが・・・・・やればやるだけ・・・何でも高額となりまする。・・・・が、やりたい!
a0163159_21323381.jpg


ロアケース被せて・・・・
a0163159_21325280.jpg


本日、ここまででござる。つづく。
a0163159_2133957.jpg

明日は、定休日。・・・忍者5号機で箱根に行きます!早く寝ようっ!
by moriyamaeg | 2012-04-24 21:33 | エンジン編 | Trackback | Comments(8)
森山です。
kawasakiZ1000J エンジンオーバーホールでござる。その3です。
部品の仕分け終了。・・・・これから入荷した各部品の点検いたしまする・・・
万が一不良品がありましたら返品交換でござります。
加工精度やバリやピンホールや切り粉や打痕や錆びや・・・その他もろもろ点検測定いたします。
もちろんメーカーの基準値以内であり合格部品であれば返品はできません・・・
合格の部品でも・・・ギリ合格の部品は気分が悪い・・・・
・・・最高に出来の良い部品が入手できた時はうれしいですなっ。

新品のクランクケースAssyでござる。
a0163159_23562834.jpg


もちろんピカピカです。・・・・やはり、新品はいいですなっ。
クランクケース交換には職権打刻が必要でござる。・・・管轄の陸運支局で行います。
a0163159_23564575.jpg


新品クランクAssyでござる。
a0163159_2357364.jpg


防錆のグリスでベトベト・・・洗浄が意外と面倒でござる。
a0163159_2357241.jpg


新品シリンダーAssyでござる。・・・・・内径は・・・もちろん、STDのピストンサイズです。
a0163159_23573991.jpg


こちらは、新品シリンダーヘッドAssyでござる。
・・・カーボン落としや内燃機加工やペイントやらが不要でござるのがうれしい。
a0163159_23575695.jpg


腰上の各部品です。・・・・ヘッドカバー以外の全ての部品でござる。
a0163159_23581352.jpg


腰下の各部品です。・・・・エンジンカバー以外の全ての部品でござる。
a0163159_23582971.jpg


ミツションの部品(ミツション本体)です。・・・
図にはないですが・・・クラッチASSYや、シフトドラムやフォーク系の部品も全て揃いました。
a0163159_23585061.jpg


確実に交換したかった・・・インプット&アウトプットシャフトでござる。・・・新品で買える喜びですなっ。
a0163159_2359755.jpg

新品の部品でも・・・そのまま組立てるだけでは・・・ダメでござる。
一手間かけてからきっちりと組立てまする。・・・・せっかくの手組みですから

・・・・続く。
by moriyamaeg | 2012-04-23 23:52 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1000Jエンジンオーバーホールでござる。・・・つづき。
オーナー殿の要望である・・・・「超ロングライフの絶好調エンジン」&「綺麗に塗装」・・・
まずは、分解した全ての部品を点検測定でござりました。
そして・・・点検測定の結果・・・程度の良い部品の・・・少なさに・・・愕然。
まあ、80000km走行の30年もののエンジンでござるし・・・仕方ないですなっ。
中古の寄せ集めですと限界がござるし・・・程度の良いエンジンを探すのに・・・
・・・何機もエンジンを買っていると・・意外とコストも掛かるし・・・高耐久となりにくいし・・・で・・・
超ロングライフ!を考えての結論は・「摺り減った部品は全て新品に!」・・部品代は掛かります。
N殿・・・さすがでござる!・・・日本男児でござるなっ。。
メリットは、・・新品だと塗装代が要らない。&内燃機の加工代も要らない。&高耐久となる。
新品が全て買えるからこそ出来る事で・・・生産中止だらけですと達成困難でござる。
Z1000J/R系エンジンは、同系列のZ1000Pのエンジン部品がまだ揃いますのラッキーでござる。
結果・・・オーバーホールというよりも・・・・こりゃぁ~新品エンジンですなぁ~!


来ました。・・来ました。・・大量のエンジン部品でござる。・・・・デカイ箱・・・9箱分です。
a0163159_2122947.jpg



注文書とパーツリストと入荷した新品部品とを照らし合わせ・・・仕分け中。
・・・・・「神経衰弱」・・「カルタ取り」・・・でござる。
注文から入荷部品の仕分けですが・・・この量ですと、仕分けにとんでもなく時間がかかるのです。
この仕分けの時間工賃は請求なしでござる。・・・トホホ・・
a0163159_21224663.jpg



そんな中・・・ささやかな・・・楽しみ・・・
Oリングなのですが・・・「バルブ 12V 1.7W」・・・?・・・豆電球じゃん。
物は合っていますのでいいのですが・・・メーカーのミスプリントは何だかうれしいですなっ。
a0163159_21363670.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2012-04-20 22:08 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

肉食やめました。

森山です。
春ですなっ。

駐車場で・・・何気に足元を見ますと・・・・そこには、土筆でござる。・・・・・「つくしんぼ」かぁ~。
暖かい春でござる。
a0163159_21322727.jpg


こちらは、水滴が・・・みずみずしい・・・ライムグリーンの草でござる。
a0163159_21325332.jpg


発芽し・・・成長し・・・・
a0163159_2133889.jpg


そして・・・イクラのエサとなる。
a0163159_21332142.jpg


なかなか、うまそうでござる。
a0163159_21333561.jpg


今では・・・
a0163159_21335244.jpg


すっかり好物となり・・・草食べてます。
a0163159_2134739.jpg


肉食系やめて・・・草食系猫となり・・・・今じゃ、「モォー、モォー!」と鳴いておりまする。
a0163159_21342386.jpg

by moriyamaeg | 2012-04-19 21:46 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
kawasaki Z1000JとDUCATI モンスター900のエンジンオーバーホールざる。
Z1000Jは現在約80000km走行でござる。(40000kmでオーバーホールしたとの事です。)
最近オイルの消費が多くプラグもかぶる・・・最悪はフロントスプロケットがグラグラ・・・
アウトプットシャフスプラン部が激しく磨耗し・・・フロントスプロケットが何回も緩み・・・
非常に危険な状態でござる。・・・スプロケットの固定方式が初期型はダメですなっ。・・・
対策の後期型のアウトプットシャフトにします。
モンスター900は現在約60000km走行で・・・オーバーホル決行でござる。このエンジンも
カウンターシャフトのスプラインが激しく磨耗し・・・フロントスプロケットはグラグラ・・・
カブ系のエンジンと同じ,プレートでの固定でござるので仕方ない・・・
大きなセンタロックナットでがっちり固定するタイプではないので・・・いずれこうなりますなっ。

外観はZ1000R仕様のZ1000Jでござります。
走行80000kmのエンジン・・・さすがにやれてますなっ。・・・今回はスーパーリフレッシュでござる!
a0163159_1955696.jpg


シリンダーをのぞきますと・・・そこには1.00mmオーバーサイズのピストンでござり・・・
オイル上がりしており、シリンダー&ピストンクリアランスは大きくなっており・・編磨耗もあり・・・
図のように、オイルが上がると・・・オイルでピストントップは湿り・・・カーボンは洗浄され綺麗になります。
a0163159_19552466.jpg


1.00mmオーバーサイズのピストンです。・・・
今回は・・・STDサイズのピストンに戻しますので・・・シリンダーは交換します。
a0163159_19554317.jpg


アウトプットシャフトのスプライン(フロントスプロケットの付く部分)は磨耗により限界です。
ガタツキがあるので固定のセンターボルト(初期型は細いボルトで固定)が緩みやすく危険・・
後期型は面圧の稼げる大きなセンターロックナット(忍者系と同じ)となりガタつかず安心!
ミツション系は全て・・・ゆるゆるのガタガタでござるので交換します。
a0163159_19555856.jpg


クラッチ系は・・・・・どこまで交換するか今後の事を考えてのメンテナンスでござる。
分解作業後に・・・
クランクやクランクケース、その他全ての部品を点検測定いたし・・・部品注文でござる。
a0163159_19561262.jpg


お次は、DUCATIモンスター900でござる。
a0163159_20354318.jpg


エンジンのフルオーバーホールです。
a0163159_2036982.jpg


エンジンを車体から降ろす。・・・というか・・・分離でござるなっ。
分離した車体はフロントタイヤのみ・・・移動と保管が大変ですなっ。
a0163159_20362477.jpg


こんな感じです。・・・スイングアームがクランクケースに装着されていますので・・・車体は
前半分のみとなります。
a0163159_20363956.jpg


スイングアームを外しまして。。。。エンジン単体となります。
・・・・この後、いよいよエンジン分解開始でござる。
ミツキのGTO125と同じ、縦割のクランクケースでござる。
a0163159_20365836.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2012-04-18 19:28 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
タイ カワサキGTO125・・・エンジンオーバーホールのつづきでござる。
時間があれば・・・クランクのバランス率を変えてみたかったが・・・忙しい中、無理ですなっ。
低速トルクは抜群ですが・・・高回転が超苦手・・7000rpm以上はアウト・・・ダラダラ回るだけ・・・
レッドゾーンまで回すには長い下り坂が必要でござるなっ。
低回転から高回転まで気持ちよく回す為に・・・ボーリングついでで・・・・・・
シリンダーの各ポートタイミング少々変更しました。・・・もちろんミツキには内緒です。
最後にチャンバー装着すれば完璧でござる。・・・・ムフフフフッ。
低回転も乗りやすいままで・・・中回転から高回転までバキューンと仕様でござる。

ミツションのベアリングも交換です。
a0163159_23331298.jpg


右側のクランクベアリングをクランクケースに圧入します。
a0163159_23334886.jpg


プレートで押さえます。・・・再使用するつもりで歪みを板金してましたが・・・わずか数百円で
新品入手できましたので迷わず新品でござる。
a0163159_2334522.jpg


右側ケースに、クランク&ミツション装着します。・・・インプット側のミツション位置調整で
シフトフィーリングは抜群となりました。
a0163159_23342499.jpg


左側ケースもベアリング他部品交換し・・・液体ガスケットを塗布し・・・いよいよ・・・
a0163159_23344323.jpg


ドッキングでござる。
a0163159_233529.jpg


クラッチその他パーツ装着します。・・・・各部のオイルシールやOリングは新品とします。
「この時・・・クラッチスプリングを強化しとけば良かったなぁ~」
a0163159_23351983.jpg


チェンジシャフトやキックシャフトのオイルシールも交換します。
a0163159_23353330.jpg


ニュートラルスイッチ・・・樹脂製でクラック!あり。・・・なにより交換したかった!
これまた入手できました。・・・ラッキーでござる。
a0163159_019716.jpg


フラマグ装着し・・・・腰下の各部品装着完了!
a0163159_2336563.jpg


後はピストンとシリンダーとヘッドの装着でござる。・・・が・・・
ヘッドガスケットが。。。。。社外のガスケットKitしかなく・・・ところが形状違うし材質も怪しい・・・
こんな事だろうと思ってましたので大切に保管してました純正品(銅製)を綺麗に再使用します。
a0163159_23362212.jpg


腰上組み立てまして・・・・エンジン完成です!
a0163159_23364096.jpg


こちら・・・ブローの原因となった・・・エアースクリューのスプリングでござる。・・・これまた
新品入手できました。・・・必要最低限とはいえ欲しものは殆どそろいましたなぁ~。
a0163159_23365734.jpg


今回、交換した必要最低限の部品達です。・・・意外と安くあがりましたなぁ~。
a0163159_23371411.jpg


エンジンを車体に載せました。・・・これから1000km慣らしです。
数日後・・・・無事に慣らしも終わりまして・・・お次は・・・
a0163159_23373382.jpg


これです!
ポルシェタイプ!・・・この出口に反応した方は・・・旧型のマニアでござるなっ。
a0163159_2338459.jpg


スガヤも有りですが・・・やはりポルシェですなっ。
色は耐熱黒が良いのですが・・・まずは・・・クリアーで・・・錆びたら黒ですなっ。
a0163159_234033100.jpg


チャンバーワンオフでござる。・・・低速から高速まで仕様!
排気音は・・・グラスウールの容量がありますので実に静かです。
a0163159_23405374.jpg


全開!テストの結果ですが・・・低速は十分ござります。・・・そして中速(6000rpm)から
9000rpmまでが激しい加速でござる。ワイドオープンでのパワーバンドは・・・なんとクラッチがすべる。
レッドゾーンまで一気!です。・・・最高速到達距離は短く・・・効かないブレーキが超危険でござる。
オーバーホールのおかげで・・・エンジンの振動は激減でござり・・・シフトタッチも抜群となりました。・・・が、
調子こいて飛ばしていると・・・社外ピストンの状態が気になりますなぁ~。
まだ壊れてはいませんが・・・次回は絶対に純正ピストンでござるなっ。
a0163159_23411159.jpg

GTO125のオーバーホール&チューニング・・・・これにておしまい。
by moriyamaeg | 2012-04-17 23:38 | エンジン編 | Trackback | Comments(3)
森山です。
タイ カワサキGTO125・・・エンジンオーバーホールのつづきでござる。
今回のクランクベアリングのガタによる激しい振動・・・
これを直さなければ・・・いずれエンジンロックでござろう。
てなわけで腰下もオーバーホールいたしまする。

フラマグを外し・・・きれいですなぁ~。
a0163159_2353625.jpg


クラッチカバーを外しました。・・・ここまでは特に問題は無いです。
このGTO125は中古で購入時6700kmでした。・・・かなり綺麗な中古車でござった。
しばらくは快調でしたが・・・最近振動が大きくなり・・・走行10500kmでブローでござった。
a0163159_23532323.jpg


クラッチでござる。・・・・径は小さいですなぁ~。・・・フリクションディスクは5枚でござる。
a0163159_23534295.jpg


こちらは、ロータリーディスクのカバーです。
・・・・・MADE IN THAILAND でござる。
a0163159_23535949.jpg


カバーを外しますと・・・ロータリーディスクが出てきます。・・・・この板はクランクに装着されて
おり回転いたします。・・・上方の穴がインテークポートでござる。
a0163159_23541693.jpg


こちらは、クランク側です。
a0163159_235434100.jpg


ロータリーディスクは鉄製(鉄板)でござり・・・ちょっと錆びてますなぁ~。
a0163159_23544990.jpg


クランクケース分割!
a0163159_2355748.jpg


クランク・・・ミッション・・・外します。
a0163159_23552316.jpg


全体にうっすらと錆びたクランクですが・・・・
クランクベアリング・・・・ゴリゴリでござる。・・・特に左側(フラマグ側)のベアリングはガタガタ・・・
コンロッドのビッグエンドも・・・あやしい。
a0163159_23553819.jpg


各部分解点検し・・・交換部品を注文いたしまする。
部品が揃うまで保管でござる。
a0163159_23555667.jpg


そして・・・部品が揃い・・・作業開始でござる。
図はクランクのピンでござる。・・・死んでます。
a0163159_23563647.jpg


トムソンベアリングも・・・死んでます。
a0163159_23565662.jpg


スラストワッシャーは・・・片側が著しく磨耗・・・
a0163159_23571717.jpg


クランクは、ピン、トムソンベアリング、スラストワッシャー、ボールベアリングの交換です。
コンロッドはギリ・・・のクランクリビルドでござる。
・・・・次回はクランクAssyで交換します。・・・ピストンも純正品で・・・
シリンダーも新品で・・・・次回のオーバーホールはコストがかかりますなっ。
a0163159_23573236.jpg


新品のクランクベアリングでござる。
a0163159_23575235.jpg


日本のカワサキから買える・・・最低限の純正部品でござり・・・・
ピストンとクランクが欲しかったが・・・無い。・・・「次回はタイから輸入ですなっ。」
a0163159_23581096.jpg


最低限の純正部品で・・・・・唯一買えなかったクラッチカバーガスケットは・・・社外のガスケットKit
で間に合わせます。・・・出来は今一でござるなっ。
a0163159_23583435.jpg


ピストンは社外品・・・・耐久性が心配でござるなぁ~。
・・・耐久性は、そのうち分かる事ですので・・・レポートいたしまする。
a0163159_23585484.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2012-04-16 23:52 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg