<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

森山です。
ちょいと前の4気筒(多気筒)・・・・
純正コンロッド・・・重量合わせと軽量化に目がくらみ・・・削りすぎますと・・・
耐久性は落ちます。・・・そこそこのパワーと乗り方ならOKでしょうが・・・
大きくパワーアップしたエンジンで、激しくぶち回すと・・・あっという間なので・・
・・・やりすぎは厳禁・・・そこそこにすべしですなっ。・・・・
耐久性アップと重量合わせが目的で軽量化は削った結果での褒美ってな感じ・・・
まぁ~、純正コンロッドでは・・・開発諸事情がさまざまでござりますのでしかたない。
ストックエンジンであれば、メーカーの基準値内で問題はないが・・・
バランスはとりたいし・・磨きたい・・・ならば・・・
重量のバラツキが、わずかなセットを加工すべし、バラツキが大きいセットはよろしくない・・・
数を買いこんでベストなもの同士でのセットにするしかない。・・・もちろん、コストはかかる。

加工して面倒な事になったり、大量に買ったり・・・元々、強度不足気味であったり・・
・・・ものによっては加工厳禁のものもあるし・・・・ならば・・・
軽量&強化タイプのSPLコンロッドの採用が近道。・・・でも超高価なので・・・
結果・・・痛手の無い様に磨きますかぁ~。が定番でござる。

図のコンロッド君。・・・・綺麗になってますが・・・・相手との重量差がありすぎて(ようはデブ。)
さらなる軽量化を要求されましたが・・・・無理なので・・・・サヨウナラ~。
逆に、痩せすぎたコンロッドも同じ運命・・・他のコンロッド達に・・・にらまれサヨウナラ~。
仲良し4人組になる為には・・・・同じ体型であることです!・・・「痩せは痩せ。デブはデブ。」
でも、厳しい世界での話でござり、市販車の世界なら伸び伸びと暮らせたはずなのに・・・
可哀想なので・・・いつか必ず仲間を探してあげまするっ。・・・それまで地獄のオイル漬けです。
a0163159_3121697.jpg

by moriyamaeg | 2012-06-13 02:52 | その他 | Trackback | Comments(10)
森山です。
もうすぐ・・・・・・夏ですか。
うるせぇ~・・セミの時期でもござるなぁ~。

こちら店先の街路樹・・・みごとな緑でござる!
店の前にある木(一番手前の木)には名前がござりまする。・・・どうでもいいことですが・・
拙者、「キー君」とよんでます。
このキー君・・・実は、台風で幹が裂けており・・・・次の台風には耐えられないので・・・後日、
拙者、補強いたします。・・・横浜市の街路樹ですか?・・・いやっ、拙者の木でござる!
a0163159_22551482.jpg


「んっ?」
a0163159_22554695.jpg


工場の中に迷い込んだ・・・・・・・川トンボ。
・・・「あぁ~川にもどりてぇ~っ。」
a0163159_225688.jpg


トンボを見ると・・・・・・・・・・・手にとまらせたくなるのは・・・・田舎者?
「よぉーし、よぉーし、とまったぁ~。」・・・ひと時の喜びでござるなっ。
夏になると・・・クワガタもよく飛んできます。・・・横浜も自然がいっぱいですなっ。
a0163159_22562681.jpg


夏は、バイクの季節でもござり・・・・最近、川トンボ色のZ1号・・・・
a0163159_22564841.jpg


今じゃ、すっかり自分のバイク・・・「いいでしょ~っ。Z1!」・・・でも、
このバイクは・・・売り物です。・・・乗らなきゃダメになるので・・・たまに、風を浴びて流しておりまする。
インライン4の2バルブの排気音!・・・「たまらんですぞっ!」
a0163159_2257856.jpg


ガンマにない・・・・子供には分からない・・・良さがある。「フッフッ・・・」
最近、この男・・・ガンマから忍者900へ・・(北米仕様のA8モデル、色は黒・グレー。)
忍者乗りのお客様へ・・・いらなくなった部品を要求されるかもしれませんので気をつけてください。
もちろん、お金はないので・・・叱り飛ばしてくだされ!
a0163159_22573651.jpg

by moriyamaeg | 2012-06-12 22:57 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
忙しく・・・ブログアップが・・・やや遅めでござり・・・・かたじけない。
今回は、
GPZ900R エンジンオーバーホルですなっ。。。その3
・・・・腰下分解でござる。


ケース左側・・・分解!
各部品・・・見た目は・・・55000kmにしては。。。意外と綺麗ですなぁ~。
a0163159_21554341.jpg


ケース右側・・・分解!
こちらも・・・各部品・・・見た目は綺麗ですなぁ~。
a0163159_2156431.jpg


クラッチ分解。
スプリングが・・・引っかかり・・・出てこない。
やはり見た目は綺麗でも・・・約55000km走行・・・・減ってますなっ。
a0163159_21562119.jpg


アルミなので激しく磨耗して・・・スプリング引っかかる程の段つき。
最悪はクラッチ作動が悪くなり・・・じきにミッションにも悪さする。
a0163159_21563898.jpg


オイルパン内部は・・・超綺麗!
「この綺麗さは、過去最高でござる。」・・・きっちりとオイル管理されておりまするなっ。
a0163159_21565546.jpg


その後クランクケース分割いたし・・・
図は、アウトプットシャフトのベアリングホールですが、いつもの当たりと違うところがござり・・
なんだっ?腐食。。。。かっ。
a0163159_21571155.jpg


アウトプットシャフトのベアリングには・・・・・・・無数のアルミ粉(粒)が、へばりついておりまする。
電解腐食かぁ~?・・・あぁ~!ここまで順調でござったのに・・・残念ですっ。
a0163159_2157278.jpg


ミツションは55000km走行・・・
峠メインの972仕様・・・・乗り方にもよりますが、峠での使用はクラッチやミッションには過酷かなっ。
まぁ、ちゃんとオーバーホル&メンテすれば問題はないでござるなっ。・・・コストは、かかりますが・・・
・・・・・駆動系は・・・・基本、消耗部品の塊ですから仕方ない。
a0163159_21574638.jpg


摘出した、綺麗なクランク&コンロッドでござる。
各部の磨耗や曲がり振れも問題なし!再使用決定でござる。
質の良いちゃんとしたオイルで・・・・適度にブチ回すのが一番の薬ですなっ。
乗り方も重要です!
信号待ち&渋滞、低回転多用の下道ツーリングがメインですと・・・良好な程度の維持は厳しいです。
a0163159_2158728.jpg

今回のエンジン・・・
発動機部分は定番部品の傷みでござり・・・走行距離の割には程度良くベースとしては合格です。
972ピストン&シリンダー、ST-1カム&ロッカーアームは組み付け後、26000km走行でござり、
程度良く、今回は再使用いたします。
補器類の程度は走行距離相応で、各部品オーバーホールいたします。
峠メインの為か・・・動力伝達部分は、やや程度悪しでござったが部品交換で復活でござる。
なにはともあれ新品部品が揃うのはありがたいことです。

つづく。

その4へ、つづく。
by moriyamaeg | 2012-06-10 21:59 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
拙者とヤッサンは・・・あいも変わらずでござり!
雑務もあれこれござり・・・雑務が足かせとなり・・・多忙。
雑務をこなせる人材が欲しい。・・・条件はただ一つ・・・真面目であればすべて良し。
あと・・・素晴らしいセンスと強烈な根性をもつ星飛雄馬のような整備士も欲しい。
もちろん、星一徹は・・・・ヤッサンで決まりでござるが・・・・
・・・どこかにおらぬかの~。

前回のつづき・・・S殿の、
GPZ900R エンジンオーバーホル、その2でござる。


ヘッドカバーを外し・・・・・走行約26000kmのヨシムラST-1カム!
この調子ですとカム寿命は40000km楽勝でござるかなっ。
a0163159_23391774.jpg


程度抜群!みごとな当たり具合でござる。峠がメインで使うため使用回転域がいいですなぁ~。
スラッジも無く実に綺麗・・・やっぱ、高級オイルでの3000km交換!&うまい乗り方での威力ですなっ。
a0163159_23393731.jpg


ロツカーアームもカムと同じ約26000km走行でござり・・・均一な当たりで鏡のような面です。
カム&ロッカーアームは問題なしで再使用可能でござる。
a0163159_23395493.jpg


シリンダーヘッド外しました。
・・・・約55000km走行!・・・今回は、きっちりとオーバーホールいたします。
a0163159_23401127.jpg


ピストントップでござる。
JEピストンで972仕様・・・走行は約26000km。
a0163159_23402876.jpg


シリンダー内のクロスハッチも綺麗に残っております!・・・見事でござる!
決め手は・・・ボーリング技術&オイル管理&上手い乗り方!ですなぁ~。
a0163159_23404453.jpg


ピストントップのカーボンはござりますが、JEピストンの状態は抜群に良いでござる。
リングの当たりもみごとでござり・・・・カーボンだけ落せば・・このままで問題ない状態です。が、
今後の事を考え・・・ピストンリングとピストンピン&クリップだけは交換いたします。
a0163159_2341258.jpg


外したバルブです。・・・約55000kmご苦労様。
バルブガイドもご苦労様でござる。
a0163159_23415331.jpg


シリンダーヘッドの燃焼室と各ポートのカーボンを落し・・・時間かかる作業です。
図のプラグ位置・・・正常です。
a0163159_234293.jpg


このプラグ位置は?・・・・ずいぶんと引っこんどりますなぁ~!緩んでいるわけではないのですが・・・
ここまで引っこむと問題ありですな・・・燃焼速度・・・圧縮比・・・
このヘッド・・・・1番と4番が引っこんどりますぅ・・・加工が悪いのか・・・?
a0163159_23423368.jpg


深さ測定いたします。
a0163159_23425064.jpg


正常なところは・・・・74.1mm。
a0163159_2343622.jpg


異常なところは・・・・70.4mm。・・・・・・・・・・怪しい。・・・・
a0163159_23432010.jpg


ピックアップのマグネットを・・・近づけると・・・
a0163159_2343352.jpg


「カチン!」・・・・アルミヘッドなのに、くっ付くぞっ。
プラグホールは、幾度と無く水没した形跡あり・・・腐食もひどい、1番と4番ホール。・・・
a0163159_23435148.jpg


あの奥にあるのは・・・・座面ではなく・・・プラグの座金かぁ~。
a0163159_2344784.jpg


腐食し固着した・・・・スパークプラグの座金でござるっ!
ここは1番ホールでござり、・・・座金摘出!の図。・・・ところが・・・なんと・・・
取れた座金の下に・・・・さらにもう一枚ござるではないかぁ~!!!!!!!!!
この奥の一枚が・・・超固着!・・・・・取るのに難儀いたしました。恐るべし水没・・・
数年前に1番ホールの水没がひどいので・・・水没対策のヘッドカバー装着し、現在は水没は無し・・
・・・この2枚の座金は対策前に固着したものですなっ。・・・・ところが・・・・
a0163159_23442630.jpg


4番ホールは・・・・最近、水没バシバシしていた様子。基本2~4番ホールは水没しませんが
プラグキャップやヘッドカバーの座面腐食などで・・・洗車や雨により水没し。腐りまくりでござる。
特に4番ホールは外側にござるため水没いたしやすい。・・・現在、1番~4番まで全ての気筒を
水没対策したヘッドカバーを販売いたしております。・・・・ただし、装着技術が必要なので、通販禁止。
店頭装着販売のみでござる。・・・・性能は完璧でござる。
図の4番・・・圧縮漏れする勢いで腐食ですなっ。・・・・・・・もちろん座金の除去作業は・・・悪戦苦闘。。。。。
SST製作し・・・座金を破断して・・・
a0163159_23444153.jpg


「とれたぁ~!」・・・ようやく摘出でござる。
エンジン搭載時ですと・・・・さらに困難な作業ですぞ。
a0163159_23445738.jpg


ニンジャ系のエンジンには・・・何故・・・プラグホールの水抜き通路が無いのか・・・・
実に馬鹿馬鹿しい話でござる。
a0163159_23451453.jpg


最後にプラグ装着のネジ山清掃いたします。
もちろん、装着座面も綺麗にいたします。・・・あまりにも座面が腐食していると爆発圧力が
抜けますので座面は機械加工でござる。・・・ヘッド単体の時にしか出来ない作業でござるなっ。
a0163159_23453394.jpg


まぁ~、色んな事がありますなっ。
とりあえず・・・プラグホールは水没させない事です。・・・が・・・忍者のエンジンは、
・・・悲しい事に確実に水は浸入いたしまする。
a0163159_23455136.jpg

その3へつづく。
by moriyamaeg | 2012-06-04 23:21 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg