<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

森山です。
台風上陸!・・・お店は・・・本日、早じまい。
そして・・・久々のブログアップでござります。
忍者屋敷をやってますと様々な忍者がご来店されますが・・・・・・わぁ~~~~~~!
遂に来ました!オリジナルA1!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当時物・・・見事な程度です。
レストア無しでこの状態・・・・・・・どんな保管をすれば・・・こうなるのか?驚きでござる!
初期型オリジナルA1(ヨーロッパ仕様)です。

じゃーん!GPZ900R A1 襲来でござる!
a0163159_19303633.jpg


有る所には有るものですなっ!・・・・・・・・・・初期型A1オリジナルっ。
レストア車かと思いきや・・・・当時物・・・・・・ビックリでござる。
A16?よりも美しいA1!
a0163159_1930574.jpg


マフラー廻り。
a0163159_1931166.jpg


フロント廻り。
a0163159_19313668.jpg


メーター廻り。
a0163159_19315475.jpg


ハンドル廻り。
a0163159_19321462.jpg


ガソリンタンクに貼られたコーションラベルがものすごい!・・・・冗談?これもオリジナルらしい・・・・
a0163159_1932321.jpg


長いリアフェンダーがヨーロッパの証!
・・・・・・こんな綺麗A1見たのは久々でござる。・・・・しかも当時物のノンレストア車・・・・
こういうのを極上車というのでござるなっ。
「みなさん。。。バイクは磨きたおし、きっちりと保管すれば・・・こうなるのです!」・・・脱帽。
a0163159_19325332.jpg

by moriyamaeg | 2012-09-30 19:23 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(4)
森山です。
ZRX1200Rのエンジンチューン&オーバーホールでござる。その8
今回は、完成したエンジンを搭載いたしまして・・・完成!ではござりません。
・・・エンジン以外の残作業もござりまして・・・・
・・・・・吸気系。点火系。冷却系。排気系。その他でござる。・・・まだまだ作業はつづきます。


生まれ変わったエンジンAssy。・・・・これから搭載でござる。
・・・・「早くエンジンの音色を聞きたいですな~ぁ!」
a0163159_21185612.jpg


倉庫から到着の車体でござりまする。
・・・・・今回、前後ホイールはOZからマグタンに変更しました。
今後、ブレーキ廻り、足廻り、車体系パーツもエンジンパワーにあわせて進化させまするっ。
a0163159_21191642.jpg


搭載完了!
a0163159_2119356.jpg


1%ブランド・・・・64チタン製のスプロケナットとヘッドカバーボルトでござり!
超軽~い!しかも、高強度!の優れものでござる。・・・・・・常時在庫あります!
「ご来店いただければ即交換いたしますよっと。」
a0163159_21195320.jpg


フロントスプロケ装着し、チタン製ナットで強力固定!・・・ロックワッシャーも2箇所曲げて
安全確保!・・・しかも、ワイヤリングもできる優れもの。
a0163159_21513889.jpg


ヘッドカバーボルトもチタン製ボルトに交換いたしました!の図。
a0163159_21515797.jpg


お次は、クラッチレリーズでござる。・・・・・・新車から一度もメンテなしの部分のようで
動きがスムーズでないので分解メンテ・・・意外と忘れられた地味な部品で
メンテされてない車両も多い・・・程度が悪い時は交換したほうが安上がりでござる。
a0163159_2152162.jpg


お次は・・・・ラジエターホースやサーモスタットやラジエターキャップやら・・・・メンテナンス
でござる。これらの部品も新車から何もせず、すでに10年経過・・・
今後の過酷な使用に耐えるように、交換いたしまする。
a0163159_2152328.jpg


お次は・・・オイルキャッチタンク装着でござる。
当店のオイルキャッチタンクのタイプA(横型)です。19740円でござる。
・・・邪魔にならない位置に装着設計、実に便利なオイルキャッチタンクでござります。
a0163159_21525039.jpg


GPZ系エンジン・・・GPZ900RからZRX1100までは・・・・図のようにブリーザーボディー右横に
ブランクのM6ネジ穴がありました。・・・なぜブランクなのか?なにも装着してない遊んでいるネジ穴。
多分・・・バッテリーからのアース側リード線を装着する為のネジ穴のようですが・・・?
カワサキとしては、いらない加工なので・・・・遂にZRX1200からネジ穴加工が廃止されました。
モリヤマとしては、このネジ穴を使いますので・・・・M6のネジ穴加工いたします。
鋳型は同じですから下穴開けてタップでねじ山作るだけです。
・・・・(下穴の深さ18mmでネジはM6でピッチ1.00でござる。)
a0163159_2153587.jpg


オイルキャッチタンク装着します。
右側はブリーザーカバーに固定。・・・・先ほどのネジ穴にM6ボルトで固定します。
a0163159_21532036.jpg


左側は、パイプを差込んで・・・・の図。
この時、パイプはドライヤーで加熱し柔らかく。またブリーザーボディーの差込口は
確実に脱脂するのが重要でござる。
a0163159_21533576.jpg


パイプを奥まで差し込んで・・・・しばらくホールド・・・・暖めたパイプが冷えたら・・・
・・・・クランプバンドで固定します。
a0163159_21535259.jpg


オイルキャッチタンク左側にある耳部と
ホースクランプバンド付け根部分を
インシュロックで輪っか固定します。
a0163159_2154874.jpg


オイルキャッチタンク・タイプAの装着完了でござる。
a0163159_21542429.jpg


お次は、・・・・・・・FCRキャブレターの41パイ装着!
・・・・ハイスロ、薄型スィツチも同時装着いたします。
a0163159_21544296.jpg


FCRの取り付け完了いたしました。
a0163159_2155062.jpg


本日ここまで。・・・・・・・その9へつづく。
a0163159_21551689.jpg

by moriyamaeg | 2012-09-08 21:20 | エンジン編 | Trackback | Comments(13)
森山です。
本日は、
ZRX1200Rのエンジンチューン&オーバーホールでござる。その7
・・・・腰上の組立てです。

さて、組みますか!
a0163159_23144077.jpg


まずは、ピストンの組み付けです。
このピストンは、JEピストンにWPCモリブデンショット仕様です。・・・・「黒いピストンですなっ。」
鍛造製のハイコンプピストンでござり・・・圧縮比は12.5でござる。
a0163159_23151554.jpg


お次は、シリンダー装着です。・・・・シリンダーもWPC仕様でござる。
今回は、ピストンリングコンプレッサーは使用しません。
リング専用のドライバー一本でスルリ!
・・・・WPCモリブデンショットで滑りがよくシリンダーが簡単に入ります。
・・・・・摺動抵抗が恐ろしく少なくなってますなぁ~!
a0163159_23153198.jpg


シリンダー装着後・・・・シリンダーヘッド装着!
a0163159_23154845.jpg


カムシャフトでござる。
左がこれから装着のZZR1200用、右が今まで使ってましたZRX1200用。
a0163159_23161099.jpg


左はZRXで右がZZRのカム。
・・・・ZZRのほうがハイカムで高回転用です。ZRXは低回転用です。
比較すると・・・・ZZRが作用角広く、リフト量も大きい。・・・・高回転は抜群ですが、
ZRXの持ち味である低回転から中回転までの低速トルクは、残念ながら落ちます。・・・
しかし・・・中回転から高回転での高速トルクは抜群となります。
a0163159_23162482.jpg


ZZRカムシャフト装着!
a0163159_23163966.jpg


カムチェーンのテンショナーは・・・・
もちろん、いつもの当店マニュアルカムチェーンテンショナーでござる。
正確なテンション調整でベストなカムチェーンの張りに調整致します!
・・・・・正確なバルタイとチェーンの長寿命が得られます。
a0163159_23165459.jpg


マニュアルカムチェーンテンショナー装着!
バルブクリアランス、バルタイ、テンショナーテンション・・・・全てベストに調整いたし・・・・
a0163159_23171096.jpg


その後、ヘッドカバー他の部品を装着いたし、めでたく完成でござる!
「祝杯ですなっ。」
a0163159_23172621.jpg

エンジン完成いたし・・・・次回は搭載でござる。
その8へつづく。
by moriyamaeg | 2012-09-06 23:17 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
バイクでクラッシュしますと・・・時には全損もござり・・・
愛車との、つらい別れもござります。

FJ1200でござる。
大切なFJ1200が・・・・正面から・・・大破!・・・・再起不能?
a0163159_208517.jpg


今回、修理はやめます。
・・・生産中止部品も多いし・・・それもさることながら壊れすぎてますので・・
違う車両を購入しまして・・・生きているカスタムパーツの移植でござる。
・・・潰れたFJ1200から必要な部品を外します。
チューニングエンジン&FCR・・・オイルクーラーやマフラー等・・・ほぼすべて外し・・
PVMのフロントホイール&サンスターディスクは・・・ぐんにゃり曲がり鉄ゴミでござる。
フォーク廻り&フレームまで完全に曲がり・・・カウルやメーター周りは粉々でござる。
フロントのブレンボキャリパーは・・・何とか使えそう。・・・・
FJ1200が大好きなオーナーは、めげません!
足りないカスタム部品は新たに準備いたし、新たなFJ1200製作でござる!
a0163159_209195.jpg


可愛そうですが・・・
長い間ご苦労様。
a0163159_20102798.jpg

みなさん、転倒や事故には注意して運転してください。
by moriyamaeg | 2012-09-05 20:10 | その他 | Trackback | Comments(2)
森山です。
最近、雨が多く・・・・しかも豪雨ですなっ。
・・・豪雨となりますと、当店目の前の環状2号線はプールでござる。
三車線道路で中央分離帯側が大きく凹んでおり、水深も良い感じでござり
・・・車が勢いよくダイブしとります。「ザバァーーーーーーン!」
バイクだと・・・・危なそうでござるが・・・・楽しそう。

では、ZRX1200Rのエンジンチューン&オーバーホールでござる。その6です。
今回は、腰下の組み立てです。
各部の加工や下準備がようやく終わり・・・・息つく間もなく組み立て開始でござる。
各部チューニングがござるとオーバーホールより、はるかに・・・多くの時間を費やしますなっ。

バランス取りした新品コンロッドに、これからWPCモリブデンショット処理したメタルを装着します。
a0163159_3245177.jpg


クランクシャフトはダイナミックバランス仕様でござる。
コンロッド装着完了の図。
a0163159_325923.jpg


下準備完了の極上クランクケースでござる。図はアッパーケース。
a0163159_3252744.jpg


これからクランクケースに装着いたしまする・・・・WPCモリブデンショット処理いたしたメタルでござる。
メタルが黒っぽい色なのは、WPC後にモリブデンをショットし埋没させてあるからです。
これでクランクがスルスルと回りますぞっ!・・・・潤滑性アップ&低フリクションでござる。
a0163159_3254352.jpg


アッパークランクケースにクランクAssy&ミツションAssy装着!
a0163159_326146.jpg


WPC処理いたした6速ミツションでござる。
「ううう~ん~♪ スベスベで美しいですなっ~♪」・・・・・・・シフト!スコスコです!
a0163159_3261652.jpg


ロアクランクケース装着!
「雨天未使用で15000km走行の車庫保管!・・・綺麗なケースですなぁ~。」
a0163159_3263786.jpg


潤滑系統部品装着いたし・・・・・この後オイルパンを被せます。
a0163159_3265449.jpg


ケース左側に、
セルモーター(スタータモータ)、ゼネレータ、チェンジ系パーツ、ミツションカバー、
ウォーターポンプ等装着!
a0163159_32791.jpg



ケース右側には、
クラッチ系パーツ&ゼネレータ・チェーン系パーツ装着です。
パワーバンドでクラッチが滑らないように・・・・
今回、FCC製強化クラッチKITを採用いたします。・・・・クラッチ大手メーカーでござる。
a0163159_3272667.jpg


カワサキ純正のクラッチオペレーティングプレート(プレッシャープレート)でござる。・・・これも・・
a0163159_327428.jpg


FCC製でござりっ!一安心。
a0163159_328072.jpg


クラッチ系組立て完了し
a0163159_328217.jpg


クラッチカバー装着いたし・・・・・・腰下完成。
a0163159_328384.jpg

次回は、腰上の組み立てでござりまする。・・・・・・・その7へつづく。
by moriyamaeg | 2012-09-05 03:13 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

飴です。

森山です。
拙者、
ガムは・・・「クロレッツ」噛んで・・・・
飴は・・・・「味覚糖のど飴」なめてますが・・・
久しぶりに買いました。懐かしの・・・
今も変わらず・・・・

昭和な・・・・「チェルシー!」でござる。
a0163159_0352843.jpg


「バター!」
a0163159_0355810.jpg


「ヨーグルト!」
a0163159_03624100.jpg


今だ、現役です。
拙者、この飴の何処が良いかと・・・・・
a0163159_0365480.jpg


発売されて・・・初めて見たとき驚いたのは・・・・
中身よりも・・・・優れたパッケージでござった。・・・・実に美しい。
商品の中身とパッケージ、どちらも大切です。(もちろん、中身の方が大切なのですが・・・)
ものすごく美味けりゃパッケージは新聞紙でもOK!のような気もしますが・・・やはり、
見た目・・・綺麗な方がいいですなっ。
a0163159_0372581.jpg

花柄といえば・・・・ステンレスの風呂で・・・お湯がかかるとアジサイの模様が浮き出る?
だか・・・色が変わる?だか・・・・って
風呂あったなぁ~・・・何だっけ?
by moriyamaeg | 2012-09-02 00:37 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg