<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

男の修行・・・

森山です。

連合艦隊司令長官 山本五十六殿・・・・男の修業でござる。
a0163159_22593825.jpg

by moriyamaeg | 2013-06-30 23:44 | その他 | Trackback | Comments(2)
森山です。
長~い!作業でしたぁ~。
ワンオフのバックステップ他のアルマイト処理も完了し・・・・装着っ。
その他の詰めの作業でござりますっ。・・・ゴールは近いっ!
a0163159_036747.jpg


その中の、ドライブチェーンサイズ変更でござる。
・・・530から520に変更でござる。
a0163159_0371190.jpg


530サイズのドライブスプロケットは・・・・354g。
a0163159_0375284.jpg


520サイズのドライブスプロケットは・・・・295g。・・・・59gの軽量化。
a0163159_0381869.jpg


530サイズのドリブンスプロケットは・・・・372g。
a0163159_0383954.jpg


520サイズのドリブンスプロケットは・・・・・294g。・・・・・・78gの軽量化。
a0163159_039399.jpg


530サイズのドライブチェーンは・・・・・2421g。
a0163159_0392145.jpg


520サイズのドライブチェーンは・・・・・1866g・・・・・・555gの軽量化。
a0163159_0394353.jpg


ZRX1200R ユニットプロリンク系&BOX系&ステップ系&その他・・・完成です。
・・・シート下のBOXも底板(3mm)以外は1mm~2mmで強度を出しつつなるべく
重くならないように製作いたしっ。
ステップ系はベストな位置とし、操作性も考慮し強度確保の超軽量タイプです!
従来のツインショック&スイングアーム&リアブレーキ&関連部品総重量より、
ユニットリンクスイングアーム&オーリンズTTX&リアブレーキ&関連部品総重量は・・・
軽量でござり・・・・ピボットから遠い所の重量は劇的に軽くなり!&リンクタイプの
サスペンション!でもござり・・・路面追従性は抜群ですなっ。
これから煮詰めのサスペンションのセッティングです。
a0163159_040122.jpg

「U殿、長らくお待ちいただき、ありがとうございました。」
by moriyamaeg | 2013-06-29 01:21 | Trackback | Comments(2)
森山です。
先日、降ろしましたGPZ900Rのエンジン・・・レポートでござるっ。


ヘッドカバーからプラグホール覗き込みますと・・・定番の浸水でござり・・・
プラグ&ホールは激しい腐食です。
a0163159_232508.jpg


排気ポート覗き込みますと・・・2次エアー還元装置の無いエンジンなのですが・・・
排気ポートのカーボン焼けてアルミ地でござる。・・・燃焼温度が高いのですなぁ~。
a0163159_23245171.jpg


スパークプラグとプラグホールは・・・すごい腐食でござる。
・・・しばらく浸透剤浸けにいたしますか・・・
a0163159_23255579.jpg


無事、外したスパークプラグでござる。
左から1番~4番・・・正常なのは2番のみです。・・・・
1番、3番は腐食により・・・座金がヘッドに固着し、簡単に取れない事もござるっ。
定期的にプラグキャップは交換し・・・水をかけないこと等・・防水対策が必要ですなっ。
a0163159_23254166.jpg


カムシャフトは・・・定番、虫食い摩耗ですっ。
a0163159_23264394.jpg


シリンダーヘッド外し・・・
a0163159_23263397.jpg


ピストントップっ。・・・・
a0163159_2327338.jpg


ピストンです。・・・
カーボン堆積での傷っ。・・・カーボン噛み込んどりますなぁ~。
ある回転域では濃く・・・ある回転域では薄く・・・固いカーボン生成でござる。
a0163159_23272128.jpg


・・・分解を続け・・・クランクケース分割!
オイルの交換サイクルは良く、一見内部は綺麗ですが・・・距離を走れば&年数が経てば・・・
・・・減るものは減り、傷むものは傷みますっ。
a0163159_23282025.jpg


シフトフォークは油膜切れでの焼き付き少々。
a0163159_2328665.jpg


クランクメタルです。・・・
当たりの強いところはござりますが酷いものではないです。
a0163159_23291280.jpg


クランクの振れ点検。ジャーナル&ピンの点検。コンロッド点検しまして・・・
a0163159_2329017.jpg


コンロッドメタルです。
・・・クランクメタルより過酷で傷みますっ。
a0163159_2330151.jpg


正常な部分。
a0163159_23294890.jpg


今一な部分。・・・減ってます。
a0163159_23304993.jpg


バルブです。
当たり幅も増え・・・ガイドのガタも大きくなりっ・・・
EXバルブは焼け気味。
a0163159_23303311.jpg


INバルブはご覧の堆積量っ。・・・てんこ盛りです。
a0163159_23312951.jpg


スパークプラグの座金が腐食でヘッド側に強力固着。・・・・
a0163159_23311372.jpg


「座金、摘出っ!」・・・ものすごく腐った3ヶ所のプラグホール内の錆び除去は・・・
・・・・こりゃ、時間が掛かります~っ。
a0163159_2332149.jpg


シリンダーでござる。
ウオータージャケット内・・・ライナーの腐食もなく綺麗です!・・・が・・・
a0163159_23342542.jpg


シリンダーライナーの内壁は・・・傷だらけの部分もござるし・・・深い縦傷もござる。
a0163159_23344136.jpg


錆びた部分もござりっ。・・・・長期放置や洗車や雨等で水分進入しての錆びですなっ。
鋳鉄は、水分厳禁でござる。あっという間に錆びますっ。
・・・・「湿気や水分の進入しやすい社外マフラーやファンネルは注意っ!」
a0163159_2335446.jpg

各部点検測定いたし部品注文いたし・・・現在内燃機加工中でござります。
・・・・・つづく。
by moriyamaeg | 2013-06-27 23:32 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ガソリンの匂い・・・・オイルの匂い・・・排気ガスの匂い・・・さんざん吸いまくり・・・
油まみれになり働く日々っ・・・31年もやっとりますが、
以外と丈夫な体と手の皮がありがたいっ。・・・「親に感謝でござる。」

新品のシリンダーヘッドAssyです。
a0163159_1171842.jpg


燃焼室側・・・・
a0163159_1174521.jpg


冷却の為の風穴っ。
a0163159_118146.jpg


鋳造品でござり・・・風穴の鋳バリが気になり・・・・
a0163159_1183751.jpg


風が通るように・・・
a0163159_119216.jpg


リューターでならします。
a0163159_1193068.jpg


カムホルダーの鋳バリも・・・
a0163159_1195371.jpg


・・・除去いたしますっ。
a0163159_1203919.jpg


「あぁ~、すっきり!」
a0163159_1211452.jpg


バルブのすり合わせいたしまして・・・・
a0163159_1214386.jpg


シルバーからブラックへ塗装いたし・・・
a0163159_1221771.jpg


「ぺロリン・・・」
a0163159_123017.jpg


「ぺロリン・・・」
a0163159_1233514.jpg


「ペロペロリン・・・・」
a0163159_1241811.jpg


さて、組み立てますかぁ~。
a0163159_12507.jpg


新たな部品は気持ちいいっ!
a0163159_1253842.jpg


シリンダー&シリンダーヘッド装着いたし・・・
a0163159_1262480.jpg


カムシャフト装着いたし・・・・
a0163159_126514.jpg


完成でござる!
a0163159_1273575.jpg


燃料系もメンテいたしますっ。
a0163159_1281130.jpg


スプロケ&チェーンも交換いたしますっ。
図はリアスプロケでござる。・・・「アルミ製かぁ~。」・・・ホイールはノーマルです。
a0163159_1284683.jpg



フロントのスプロケ?・・・・・「わぁ~っ!」オフセットスプロケじゃござんせんかっ!
さては・・・ワイドホイールのカスタム車だったのでしょうが・・・
こりゃダメでしょう。・・・「危ない!危ない!」・・・・・標準のスプロケにもどしますっ。
a0163159_1331295.jpg


KERKERの集合管にも・・・・コストを掛けましてみごとな復活でござるっ。
a0163159_133529.jpg


車体、電装、燃料系、エンジン、他・・・フルメンテ完了でござる。~♪
a0163159_1341224.jpg


外観の綺麗さに負けない・・・調子の良いZ1000R1に変身でござる!
テストランも気分良く・・・フルメンテで各部がスムーズで滑らかに動きさらに気分良くっ。
この標準のブレーキは良く効きますなぁ~。エンジンは、しばらく慣らしでござりますが、
真っ黒にカブっていたプラグもカブりなく好調っ。・・・何でも、早期発見早期治療が一番ですな。
・・・・・・今後もなるべくオリジナルを貫いてください。「ありがとうございました。」
a0163159_1344433.jpg

おしまい。
by moriyamaeg | 2013-06-26 00:08 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ホンダCBX550Fのエンジンオーバーホールでござる。
車両をお預かりいたしてから・・・数年経過。
CBXの部品供給・・・超最悪でござります。
不具合だらけの年式ですが・・・交換部品が無いというのは・・・実に辛いです!
部品が摩耗しての不調ですから・・・摩耗した部品を交換致せば調子よくなるのですが・・・・
まともなオーバーホールを遂行するのが困難でござり残念ですなぁ~。・・・部品が揃えば
何てことないのですがぁ~ねっ。
新品&中古部品をかき集めて・・・代用品で作れるものは・・・作りまして・・・
ようやくなんとかでござるっ。
a0163159_2272584.jpg

その2へつづく。
by moriyamaeg | 2013-06-25 02:40 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

エンジン分解し、サンドブラスト&エンジンペイント&エンジンオーバーホル・・・済み。
車体側も全て分解いたし、外装ペイント&フレーム他ペイント・・・済み。・・・・
30年も前のオートバイ・・・・
ガタガタのZ1000Rも多い中・・・今回のZ1000Rは程度の良い方ですっ。
ピカピカで綺麗です。・・・が、気になる部分もござり点検&修理の依頼でござる。

腰上からのオイル漏れ修理とキャブレター系の不調とスペシャルチェックです。
車体系&電装系の部品はほとんど生産中止でござるので手直しでの修理や社外部品や
他車流用部品でのメンテでござるなぁ~。・・・エンジンの部品はZ1000Pの部品が
入手できますので安心っ。・・・「長生きした兄弟車があると助かりますなぁ~。」


点検修理、スペシャルチェック進めていきますと・・・
当時物部品の不具合と前作業の不具合・・・・・さすが旧車、ダメな部分は多いでござる。
外観はペイントで綺麗になりますが・・・中身は年寄りのままですなぁ~。
「動けば良しと絶好調は別物でござる。・・・しかし・・・新品部品があってこそ達成ですなっ。」
a0163159_1162734.jpg



車体編と電装編は井原メカが苦労しとりましたっ。
拙者の仕事は・・・・オイル漏れ修理っ!・・・シリンダーベース付近とテンショナー付近がひどい。
腰上分解点検&測定し・・・・必要な部品を注文し・・・部品入荷でござるっ。
オイル漏れ以外の部品も交換致す事になりっ。・・・・
a0163159_1162562.jpg



腰上分解時・・・2番3番間のヘッドナットが・・・緩んでるっ!
ありゃ・・・ヘッドガスケットが逆さまっ・・・・
プラグホールのねじ山が斜め攻撃で死んでる・・・・・
ピストンリングが曲がり・・・・・テンショナー系はへたり・・・・・
だんだん不安になってきますっ。・・・ガスケット交換でのオイル漏れ修理の予定でしたが・・・
こりゃ、やり直しですなぁ~。
a0163159_1172234.jpg



カチカチのシリンダーべースガスケット除去いたしっ。
カムチェーンのリンク数での伸び点検いたし合格です。・・・もしダメなら腰下も分解ですっ。
「クゥ~ッ!オイル漏れ修理だけの予定でござったのにっ・・・」
次回は腰上&腰下のフルオーバーホールいたしましょうっ。
a0163159_1172085.jpg



錆び錆びの・・・・シリンダースタッドボルトは新しくいたします。
a0163159_1181698.jpg



スタッドボルト装着完了。
a0163159_1182135.jpg




シリンダー側のカチカチガスケットも綺麗に除去いたし・・・・クロスハッチも綺麗に
残っており問題なしっ。
お次は、ピストンです。・・・・0.50mmオーバーサイズでボーリングしてありました。
a0163159_1185145.jpg



ピストントップに、ずいぶんとカーボンが堆積しておりますなぁ~。
もちろん、プラグもバルブも真っ黒でしたっ。
a0163159_1192276.jpg



カーボン除去します。
a0163159_1195871.jpg



さほど走行していない様子のピストン&シリンダーは再使用OKです。
・・・・・ピストンリングとクリップは交換ですなっ・・・
a0163159_1202954.jpg



堆積した固いカーボンが剥がれ落ち・・・・図のように・・・
a0163159_12125100.jpg



噛み込み傷が付きます。・・・多量のカーボンは大問題です。
・・・・キャブ、マフラー、点火の性能も重要なのでござる。
a0163159_122041.jpg



このオイルリング・・・
a0163159_1225544.jpg



シリンダー挿入時・・・・噛み込み・・・ひん曲がり・・・装着ですなぁ~。
a0163159_1233648.jpg



やはり、正確な作業は不可欠でござりますぞっ。
a0163159_124019.jpg



リフレッシュいたしたピストン殿・・・頑張って下されっ!
a0163159_1242786.jpg



最低限以下の部品交換でも、しっかりと部品交換しても・・・
名称は・・・「オーバーホール」と呼ばれます。・・・ややこしいですなっ。
カムチエーンのガイド(スライダー)も古く・・・交換いたします。左が新品。右が旧。
a0163159_1251962.jpg



所詮ゴム製品です。・・・硬くなったり、ひび割れたり・・・走行距離でもダメになりますが、
経年劣化でもダメになるものです。
a0163159_1254370.jpg



テンショナーも交換です。
a0163159_1261757.jpg



最後は・・・これです!・・・そのまま使いたかったのですが・・・再メンテ&修理致す
コストと結果とライフを考えて・・・・オーナー殿の決意でもござりっ。
a0163159_1581296.jpg



今回はこれですっ。・・・・「Z1000J系エンジンは幸せでござる。」
Z1~Z1000MkⅡも・・・ヘッドとかクランクとかクランクケースとか・・・
メーカーから純正新品で入手できればいいのですがね~っ。・・・・
a0163159_1582824.jpg

その3へつづく。
by moriyamaeg | 2013-06-22 01:26 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

中古で購入のZ1000R1・・・
スペシャルチェック致しまして、不具合のある部分のフルメンテナンス依頼ですっ。
フレーム、エンジン、外装、はペイントされ綺麗でござる。・・・しかし、機能部品は当時物の部分や
修理した部分や既に不具合のある部分もござりまするっ。
まぁ~、30年前のオートバイですから仕方のない事でもありますなっ。・・・メンテ致すのですが、
・・・・交換部品の入手が一番心配でござります。無ければ手直しか代用品となりますが・・・
オーナー殿は・・・カスタム車両でなく、できるだけオリジナルのZ1000R1で!「乗りたいっ。」
・・・・・新品で交換できるものは交換いたし、生産中止部品はオリジナル守るため・・・
頑張って手直し致しますっ。



サスペンション整備、ブレーキ整備、ホイール系、タイヤ、、スイングアーム、ステム等の
車体全整備~エンジン整備~キャブレター整備~電装品整備~マフラーペイント、ホイールペイント
その他・・・・不良個所全てでござりまして・・・ものすごく時間がかかりましたなぁ~っ。
車体編は井原メカ担当でござりっ。拙者はエンジン編担当でござりっ。・・・・車体編80%完了いたし・・・
・・・「ここから拙者の作業も開始ですかぁ~。」・・・の図。
a0163159_232370.jpg

その2へつづく。
by moriyamaeg | 2013-06-20 22:57 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

CB750Fcに油温計っ。

森山です。


Y殿のCB750FCで車検点検整備でござりました。・・・ついでに油温計装着です。
このCB750FCは、純正部品がまともにそろった時代に・・・
フルメンテナンス&レストア&ペイント&エンジンフルオーバーホールいたした車両でござり、
FCRとマフラーとリアショックもその時装着いたしたのでござる。・・・
・・・今でもピカピカで絶好調ですなぁ~!
a0163159_22293168.jpg


車検整備いたしまして・・・・エンジンの・・・
a0163159_228357.jpg


オイルパン外しまして・・・
a0163159_2285859.jpg


パーツ製作いたし・・・
a0163159_2292283.jpg


溶接いたします。
a0163159_22102811.jpg


油温計のセンサー取り付け部分でござる。
a0163159_22111590.jpg


オイルパン装着し、センサー装着完了の図。・・・しかし、このCB750FC・・・
掃除&取り扱いが良くエンジンの下側、フレームの下側までもいまだピカピカでござるなぁ~。
a0163159_2211436.jpg


メーター側のブラケット製作します。
a0163159_22235686.jpg


ラバーマウントでの振動対策致っ。
a0163159_2213994.jpg


新品のラムコ製油温計です。・・・(現在はメーカーがなく、当店在庫のものです。)
・・・やはり、アナログメーターの視認性は抜群ですなっ。
a0163159_22131053.jpg


すべての部品を装着いたし・・・・エンジンオイル注入いたし・・・エンジン始動!
a0163159_22135927.jpg


市街地走行&高速走行でテストランでござる。・・・・・油温計の作動確認でござります。
a0163159_22141350.jpg

20年前はアナログメーターの油温計を今回のように・・・
オイルパン加工し装着してましたなぁ~。・・・・なつかしい。
by moriyamaeg | 2013-06-19 22:15 | 作り物 | Trackback | Comments(2)
森山です。
CB400Fのクラッチメンテナンス&修理完了いたし・・・
本日は、車体系のメンテでござります。

アクセルONで「ガコッ!」・・・アクセルOFFで「ガコッ!」・・・車体もブレる・・・
スイングアームピボット部分が・・・ガタガタでござるっ。・・・危ないので早急にメンテですっ。
分解点検いたし、必要な部品を注文っ!・・・・なんと・・・在庫ござり、入荷いたしました~♪
a0163159_224447.jpg


ブッシュの摩耗でのガタでござり・・・この部品を交換いたせばOKっ。
ニードルベアリングなど使っていないブッシュの時代でござり・・・
なんと、樹脂製でござる!・・・
a0163159_2242418.jpg


同時に、前後のタイヤとチューブも交換いたし・・・
a0163159_2245251.jpg


・・・古~いドライブチェーンも交換いたします。
・・・・スプロケットは使えますっ。
a0163159_2251878.jpg


スイングアーム分解っ。
a0163159_225569.jpg


図の樹脂ブッシュの摩耗でござりっ・・・
a0163159_2262714.jpg


左が旧。右が新。
・・・・内径が一番摩耗してますが・・・外径も摩耗・・・スラストのツバも摩耗・・・
a0163159_2265734.jpg


新たな樹脂ブッシュをSSTで圧入いたします。
・・・きつめの圧入ですっ。・・・・古いブッシュは「ポロリ」と簡単に落ちましたが・・・
a0163159_2274076.jpg


圧入完了。・・・
a0163159_228533.jpg


・・・・ダストシールも新品に交換です。・・・これも、生産中止でなくて助かりましたぁ~。・・・
部品が無かったら、製作致そうかと思っておりましたからっ・・・
a0163159_2283639.jpg


メンテ完了のスイングアームを車体に装着いたしますっ。・・・
・・・樹脂ブッシュ!こりゃ、最高でござる。・・・・ガタ無くスムーズに作動いたしますなぁ~!
しかし、摩耗は早そう。・・・「I殿、安い部品だし2セットくらい買っときますか!」
a0163159_229092.jpg


タイヤ&チューブ交換いたし・・・ドライブチェーン交換いたし
a0163159_2292928.jpg


CB400F復活でござる!・・・・「I殿これで気持ち良く乗れますよっ。ありがとうございました。」
a0163159_2295678.jpg

・・・・おしまいっ。
by moriyamaeg | 2013-06-18 22:10 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
毎度毎度の・・・・「部品の生産中止は、本当に辛いでござるなぁ~。」
壊れた一つの部品の為に・・・オートバイ調子悪く・・・まともに走れないこともござり・・・
欲しい部品の在庫があれば・・・注文し、交換致すだけで絶好調なのですが・・・・
生産中止の場合・・・代用品を探すのが大変です。・・・入手できない事も・・・
入手できても、今一な部品では意味が無いので・・・使える部品を探し続けるのですが・・・
新品より耐久性の劣る中古品なのに、遥かに高くつく事もしばしば・・・「あぁ~新品欲しいっ!」
やはり・・・長く乗りたいのであれば・・・純正新品部品が一番!
メーカー在庫があるうちに(無くなると困る部品)買いそろえておくべきでござる。

8年前まで元気に動いていたCB400FのエンジンAssyです。
いつかこんな日が来るであろうと・・・・I殿のコンテナで保管しておりました。
a0163159_23293923.jpg


こんなに腐ったエンジンじゃなかったのですが・・・・完全に結露と湿気でやられとりますなぁ~。
機械は、人が触らないと土に帰るのですねぇ~。・・・・「こりゃ、中身は大丈夫か?」
a0163159_23301225.jpg


この部分の中身に用事がござるっ。
a0163159_23303738.jpg


「パカッ!」・・・・・「オォ~!中は表側ほど腐っておりませんなぁ~。」
I殿のCB400Fが、クラッチ各部品寿命で絶不調・・・メンテ依頼でしたが・・・・
メーカー生産中止部品だらけなので、このエンジンから欲しい部品を摘出っ・・・・・
このエンジンがドナーなのです。
a0163159_23305725.jpg


「いただきますっ!」・・・・
a0163159_23322091.jpg


左がドナーから頂きました部品です。右が現在使用の部品です。
これから点検測定いたします。・・・使えれば良いのですが・・・・ダメなら・・・
使える部品を探す長い旅の始まりですなぁ~。
a0163159_2332411.jpg


さすがに8年放置のドナーエンジン・・・・クラッチプレートは錆びておりまする。
新品で現在入手できる純正部品は・・・クラッチフリクションディスクとクラッチプレート
とレリーズベアリングとクラッチカバーガスケットだけ・・・正直辛いですっ。
この錆びたプレートは新品で復活です。
a0163159_23332224.jpg


今まで使用の・・・・クラッチアウターCOMPです。
各部摩耗しガタガタで限界っ。・・・リベットの頭までも吹き飛んでおり・・・・寿命です。
a0163159_23333493.jpg


こちらは頂いたクラッチアウターCOMP・・・・薄汚れていますがまだ使えます!
a0163159_23341446.jpg


クラッチプレッシャープレートです。
左が頂いたもの・・・表面は腐食してますが、さほど摩耗してませんっ。
右が今までのもの。・・・見た目は綺麗ですが・・・フリクションディスクの接触面は
激しい摩耗でござり交換ですなっ。・・・「Nチビと同じ?半クラ当てすぎですっ。」
a0163159_23342426.jpg


クラッチアウターのクラッチフリクションディスク溝も程度良し!
a0163159_23345959.jpg


クラッチセンターのクラッチプレート溝も程度良し!
a0163159_23351330.jpg


下側のパレットは、ドナーから頂いた復活の為に必要な重要部品っ。・・・
上側は新品部品ですっ。・・・(最低限のものしか売ってない。)
a0163159_23355329.jpg


・・・・・各部品を組み立てます。
a0163159_23382631.jpg


無事、完成!
テストランです。・・・・・クラッチ生まれ変わりました!・・・・すこぶる調子よい♪・・・「合格っ!」
超旧車は程度の良いスペアエンジンとドナーエンジンは必要ですなっ。
a0163159_2339745.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2013-06-18 10:28 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg