<   2014年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カワサキZ1・・・その3

森山です。
カワサキZ1のつづきでござる。




a0163159_22061753.jpg
走行できる状態となりましたが・・・エンジン内部に一抹の不安がござり・・・
「外観パーフェクトでも・・・走ってナンボ・・・エンジン内部も点検致しますか~。」







a0163159_22050937.jpg
分解点検でござる。
カムシャフトは純正品の当時物っ大きな問題は無し。・・・カムメタルも新品ではない、当時物っ・・・










a0163159_22053504.jpg
シリンダーヘッド外しまして・・・・出てきたアイドラーっ。
後方は純正当時物でござります。・・・が、










a0163159_22063302.jpg
前方は社外品でござり・・・・レーシングアイドラーですかぁ~?。
ヘッドガスケットも各部ガスケットも全て社外品・・・・・
エンジンは全バラいたしておりっ。全バラでのエンジンペイントですなっ。






a0163159_22065776.jpg
シリンダー内覗きますと・・・・・ピストントップがエンジンオイルで濡れ濡れ・・・
こりゃオイル上がりしてますなぁ~。
「んっ?シリンダーライナーが・・・」

つづく。



by moriyamaeg | 2014-08-31 22:07 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

カワサキZ1・・・その2

森山です。
Z1のつづきでござる。




a0163159_21055736.jpg
フルレストアされて超ピカピカのカワサキZ1でござります。










a0163159_21061818.jpg
外観は、新車以上に綺麗でござる!
しかし、・・・エンジンかけますと、調子が悪いのでござるっ。











a0163159_21063057.jpg
良い圧縮と良い燃料と良い点火があれば絶好調でしょうが・・・




a0163159_21064126.jpg
・・・・さて、不調な原因を排除いたしますかっ。








a0163159_21065533.jpg
暖機運転もままならない状況のエンジンでござる。
・・・まずは、点火系の点検&整備&調整をいたしますか。






a0163159_21070748.jpg
ガバナ以外は全て新品っ。・・・







a0163159_21073469.jpg
調整が・・・なっておりませんなぁ~。







a0163159_21074698.jpg
全パーツ点検後、ベストに調整いたします。
エンジン始動しますと先ほどよりは調子良いがまだ調子悪い。。。。
・・・・こりゃ点火系だけではござりませんなぁ~。
エンジンのコンプレッションはベストではないが極端には悪くないっ。






a0163159_21075741.jpg
で、・・・綺麗なキャブレター外しまして・・・・









a0163159_21081107.jpg
レストアいたし綺麗な外観ですが・・・・内部は?






a0163159_21082782.jpg
こりゃ、汚いですなぁ~。・・・・で、






a0163159_21083941.jpg
お掃除いたします。。。
・・・・油面も同調も狂っておりますなぁ。他にも問題はござりまして
リンクもへたっており同調がとりにくい状況っ。・・・苦労致しなんとが紙一重で調整いたしまして







a0163159_21090047.jpg
ようやく、走れるところまでたどりつきました。・・・が、
全気筒やや吸入負圧が低いのと、2番シリンダーの圧縮がやや低め・・・一応走れますが
このままじゃ長寿命ではないでしょうなぁ~。・・・・「エンジン内部はいかなる事に?」

つづく。

by moriyamaeg | 2014-08-30 21:10 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ずぶんと走りましたなぁ~。
6万キロ越えまして7万キロにせまる・・・




a0163159_20514938.jpg
サーキット走行から峠まで・・・老体ムチ打っての高速サーキット使用は命取りっ。








a0163159_20520524.jpg
高速走行直後から・・・遂に、エンジン異音発生!・・・本来のパワーも無くっ。








a0163159_20530411.jpg
年貢の納め時でござるなぁ~。・・・・さようならエンジン殿っ。







by moriyamaeg | 2014-08-29 21:43 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ホンダCBR400Fエンジンオーバーホールのつづきでござる。




a0163159_21274913.jpg
ダメージの大きいエンジンでしたので・・・ベースエンジン変更してのオーバーホールとなりました。
使えるエンジンといっても当時物でござるので・・・各部品、要確認でござる。








a0163159_21280662.jpg
全バラに致しまして・・・点検測定です。・・・・だめなら当たりが出るまで、
ベースエンジン買ってバラして測定しこの作業を繰り返すのでござる。・・・コスト掛かりますっ。






a0163159_21282360.jpg
当たりがでても・・・・そもそも中古でござりっ!
・・・「程度の良い部品じゃなければ良い仕事はしてくれませんなぁ~。」









a0163159_21283704.jpg
高耐久なエンジンに仕上げるのが・・・旧車は大変でござります。
・・・新品の部品供給があれば直ぐに解決なのですがね~。

つづく。





by moriyamaeg | 2014-08-28 21:29 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
ホンダCBR400Fエンジンオーバーホールでござる。
始動性も悪く、当時もののくたびれたエンジンでござりましたので・・・
オーバーホール決意でござりっ!
CBXもCBRも・・・古い車輛なので早めの対処(オーバーホール)が必要でござる。
「動いているうちがやりどきです!」






a0163159_22444283.jpg
ロッカーアームでござる。・・・左右分割いたしており・・・
低回転~中回転までは手前のロッカーのみ作動でござる。(2バルブ作動。)
中回転~高回転になりますと・・・8500RPMで電気式ソレノイドバルブが作動し、
オイル通路が開きまして、手前のロッカーアーム内に一気にオイルが流れ込みます・・・
すると、手前のロッカーアーム内部にあるプランジャーシャフトが油圧で飛び出し・・・
奥のロッカーアームの穴にプランジャーシャフトが入り込み・・・
奥のロッカーアームも作動致す仕組みでござる。(4バルブ作動。)









a0163159_22461719.jpg
カムシャフトでござる。・・・・INもEXもご覧のように・・・・摩耗致しておりました。











a0163159_22464272.jpg
さて、分解いたしますかぁ~。
シリンダーヘッド外し・・・シリンダー外し・・・・ピストン外し・・・











a0163159_22471592.jpg
出てきた・・・コンロッド小端部・・・
見事に焼き付きです。
No1、No2、No4の小端部は図のようにガリガリでござり・・・ピストンピンもガリガリっ。











a0163159_22473467.jpg
そして、No3ですが・・・・ものすごく焼き付いておりますっ。「こりゃダメだ!」












a0163159_22475493.jpg
ガタガタでござる。
・・・・上方のこの位置から下げます・・・と、









a0163159_22481316.jpg
ほら、大きな隙間でござりっ。・・・・かなり削れてますなぁ~。










a0163159_22495812.jpg
この大きな摩耗によりピストンはガタ付きながら動いてましたので・・・・
通常は減らない軸方向が摩耗でござる。
バタつくピストンでござり、オイルリングも性能発揮できずでのオイル上がりっ。










a0163159_22501487.jpg
てな、ブロー寸前のエンジンでござる。・・・・











a0163159_22504759.jpg
エンジン降ろし・・・・・お次は、腰下の分解点検でござる。











a0163159_22511770.jpg
クランクケース分割いたしまして、出てきたクランクメタルでござる。
・・・・「うわぁ~!終わってる!」








a0163159_22513616.jpg
焼き付いて・・・メタル溶けちゃってます!










a0163159_22515457.jpg
クランクもコンロッドもご臨終でござる。
シリンダー、ピストン、カム、バルブ廻りも状態が悪いし・・・
このエンジンは、やめましょうかっ。
1983年当時、初期型エンジンはコンロッド小端部の焼き付きが多発でござりましたが・・・
このエンジンは後期型エンジンで対策型なのですが焼き付いてます。・・・
・・・「こりゃ、歴代オーナー達の・・・オイル管理、悪しでござるなっ。」
・・・つづく。







by moriyamaeg | 2014-08-26 22:09 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
最近、カワサキ車とホンダ車のエンジンが多いですなっ。・・・スズキとヤマハも頑張ろう~♪。
ホンダCBR400Fのエンジンオーバーホール依頼でござる。


毎度のことで生産中止部品も多く・・・交換部品が無いと始まらないので
無いものは・・・中古部品をかき集めて使える中古部品で何とかいたします。
もちろん、調子良くなります。・・・が、中古ならではの当たりハズレもござるし
新品ではござらぬので決してロングライフではござりませんっ。・・・そこで、
気持ち良く直す事もできます!・・が、さらなる時間とコストは覚悟しなければなりません。





a0163159_20523364.jpg
低回転~中回転は2バルブで作動し、中回転~高回転は4バルブで作動となるシステム・・・「REV」








a0163159_20513652.jpg
年月の流れは早く・・・現存する車両も減りまして・・・立派な旧車でござる。
エンジンかき集め程度の良い部品をいただきまぁーすっ。
・・・つづく。

by moriyamaeg | 2014-08-25 20:53 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
モンキーBAJAのフレームは白色なのですが・・・
・・・悩んだ結果、ベースフレームはモンキーなので・・・黒色にしましたっ。





a0163159_21571674.jpg
実は、このモンキーBAJAとモンキーのオーナーは・・・・・拙者でござる!「イヒヒヒ・・・」
盆休みに作業いたしました。・・・今回は、時間切れでペイントまでっ。








a0163159_21581928.jpg
今回、綺麗になったのは、フレームのみでござります。
足廻りやエンジンは汚いままなのですが・・・暇をみて作業いたしますか~ね。
エンジンや足廻りにスペシャルパーツを投入し始めると・・・
とんでもない事になりますので・・・スペシャルパーツ投入は無しでござる~。
・・・・完成が楽しみでござる♪~。

おしまい。

by moriyamaeg | 2014-08-24 22:21 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
モンキーのフレーム・・・つづきでござる。


a0163159_22024981.jpg
邪魔になるステー類はカットしますっ。










a0163159_22033804.jpg
BAJAフレームからタンク後方のステーをカットいたし・・・モンキーのフレームに溶接。







a0163159_22042072.jpg
ここに溶接でござる。












a0163159_22051595.jpg
溶接完了し・・・タンク搭載でござり♪~。










a0163159_22062309.jpg
シート装着確認っ。・・・OK!








a0163159_22083740.jpg
その後・・・・フレームの塗装剥離し錆び落しでござりました。
錆び落しもサンドブラストが早いのですが・・・今回は、ほぼ手作業でゴシゴシいたします。








a0163159_22094406.jpg
狭い部分はケミカルを使います。・・・・・「花咲かG」でござります。










a0163159_22103974.jpg
塗りまして・・・放置し・・・ワイヤーブラシでゴシゴシし・・・
また塗りまして・・・放置し・・・ゴシゴシ・・・
この作業を、繰り返しますと錆びの部分が除去できまする。










a0163159_22122939.jpg
シートレールの裏手の錆びが多く・・・・
錆び除去は大変でござりました。






a0163159_22131854.jpg
綺麗になりましたので・・・・これからペイントいたします♪~。




by moriyamaeg | 2014-08-23 22:15 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ホンダモンキーのフレームでござる。
モンキーBAJAの外装を旧型モンキーのフレームに載せるため
各部加工いたしますっ。


a0163159_20204385.jpg
白いフレームのモンキーBAJA・・・・
ガソリンタンクのマウントステーをカットいたします。





a0163159_20212618.jpg
溶接部分センターでカットいたすのですが・・・
わずかに大きくカットいたしまして・・・・余分な溶接ビートを綺麗にカットいたします。








a0163159_20242063.jpg
旧型モンキーのフレームに装着~♪。・・・・この位置で溶接でござる。










a0163159_20245777.jpg
基本設計は同じフレームでござる。・・・・細かい部分が違うのです。











a0163159_20255159.jpg
エンジンマウントステーでござる。丸い形でくり抜いてあります。・・・強度ありそうですっ。









a0163159_20265426.jpg
こちらは、三角形にくり抜いてあります。










a0163159_20272843.jpg
スイングアームピボット部分・・・・
モンキーBAJAは横に2つ長穴で、プレートはワンピースでコの字となってます。
・・・旧モンキーは縦に2つ長穴でプレートは左右分割(ツーピース)。真ん中で溶接してます。
モンキーBAJAのほうがあきらかに作りが良い!溶接も綺麗でござる。バブルの頃のBAJAですからな~。
色々な部分で進化してますなぁ~。









a0163159_20275335.jpg
リアサスの取り付け部分も違います。・・・・BAJAはムク棒でござり、左右の先端にネジ切りでござる。
旧モンキーはパイプでござり先端が絞られてます。(内部は中空でござり)
このパイプの左右にリアサス装着ですが・・・サスと取り付け穴に超長いボルトを通して固定しますっ。


その2へつづく。






by moriyamaeg | 2014-08-22 20:23 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

進撃のスパナ!

森山です。
暑過ぎでござり・・エアコン無しのB110サニー。
サウナ状態で乗れたものではない・・1か月も放置でござります。
そろそろ乗らなきゃ、バッテリーあがるし燃料も腐るので・・・
昨日、涼しくなった夕方から乗りましたっ♪~。



横浜横須賀道路走り、鎌倉街道走り・・・気分良く走っておりましたら、
日野のあたりで車線変更した瞬間っ!!!
「カキ~ン!ガン・ガン・ガン・・・バシュ、バシュ、バシュ・・・」
「わぁー!なんだ何だ!」
「何か外れたかぁ!?」
路肩に寄せて確認いたすと、リアタイヤがペシャンコでござり・・・
「勢いのいいパンクでござったなぁ~。」
「わぁーーーーー!」
とんでもない物が刺さっておるではないか!!!




a0163159_20455685.jpg
これです。・・・・・10ー12のスパナでござりました。
(軽量サニーですからスペアタイヤは積んでおりません!・・積んどきゃよかった。)
運よくガソリンスタンドは近いっ。
走るとカンカンうるさいスパナ・・・ホイールの内側も傷むので
刺さったスパナ引っこ抜きっ・・・あれ?
引っこ抜きっ・・・「わぁー!抜けね~じゃん。」
拙者フルパワーで引っこ抜きっ!・・・「おりゃーっ!」
・・・抜けたと同時に路面にパンチでござり・・・負傷っ。「痛たたた!」
ガソリンスタンドでパンク修理用のサラミ(パーフェクトシール)を傷口に4本打ちまして・・・
拙者の手ではござらぬタイヤの傷口にです。・・・
エアー圧高めにいたし・・・そそくさとガレージまで・・・「応急処置で無事帰還っ。」

こりゃ、損傷が大きいので新たなタイヤを注文いたしますが・・・
・・・残り5分山でバランスもござるので4本交換ですかっ。「クゥ~・・・」






a0163159_20461842.jpg
このふざけた車載工具のスパナ・・・スナップオンならまだしもでござる。
Vの字に曲がっておりまする。・・・
・・・「そりゃ、あれですか、ビクトリーってやつですかっ?」



by moriyamaeg | 2014-08-21 20:47 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(4)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg