<   2015年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

森山です。
Z1からZ1000MKⅡまで強制開閉キャブレターも進化っ。
Z1000Jからは負圧キャブレターとなりましたが・・・



a0163159_21490047.jpg
Z1Rキャブレターメンテナンスでござる♪~。
Z1初期のキャブレターと比較しますと・・・格段に進化しておりますなぁ~。






a0163159_21502635.jpg
複雑な構造の初期型と違い、シンプルで高強度・高精度・高耐久です。
スロットルシャフトも2点ベアリング支持から3点ベアリング支持となり
・・・各部品の精度が高い。




a0163159_21510835.jpg
フェルトシールの装着方法も素晴らしく、
・・・内部のグリスも残ってますっ。





a0163159_21520161.jpg
こちら、スロットルシャフトです。
ベアリング接触部にはグリス溜り溝がござる。・・・「素晴らしい。」





a0163159_21534656.jpg
スロットルシャフトはキャブボデー内を貫通しておりますが、
エアリークしないようにシールがござる。・・・フェルトシールではなく
高性能ゴムシールでござる。






a0163159_21530415.jpg
スロットルバルブを引き上げるアームは1個でござりシンプル・・・
トラブルも少なく調整も簡単で正確でござる。
「強制キャブレターの熟成型でござりますなっ。」





a0163159_21541790.jpg
トップキャツプでござる。






a0163159_22151953.jpg
T型のジョイントパイプ・・・「コストかかってますなぁ~。」
内部を燃料が流れます。
当時もので、ゴムの部分が固く縮んでしまい・・・隙間ができて、
ガソリン漏れいたしてますので・・・





a0163159_22153771.jpg
今回、交換ですが・・・
純正部品では生産中止でござるので・・・
図の上の社外品を使います。






a0163159_22165233.jpg
メンテナンス完了♪。

めちゃくちゃ重いキャブレターですが、良く出来てます♪。
・・・「これぞフルメタルでござる!」





a0163159_22161845.jpg
今回のメンテナンスで復活しましたが、キャブレターも消耗部品がござり
メンテナンスサイクルがござりますので、定期的なメンテを遂行して
長生きさせてください♪。




by moriyamaeg | 2015-06-30 22:22 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
旋盤、フライス盤、溶接作業も連続作業ですと疲労蓄積でござる。
目の疲れ、肩こり、腰の痛みに・・・アリナミンEXプラスですかっ。



a0163159_23214751.jpg
GPZ900R系エンジン用マニュアルカムチェーンテンショナーキットの量産でござる♪。

純正のテンショナーはラチェット式でチェーンが伸びたら自動で張るのですが・・・
実際はリニアに調整はできてません。
スライダーやテンショナー装着位置やピッチなど設計の問題もござりっ。・・・
テンショナーラチェットのピッチ分チェーンが伸びて初めて張るのです。
その間は、たるんでおり性能的にも耐久性的にも良くないし異音も発生します。
A1~A6まではカムチェーンの伸びを無段階でリニアに調整できるロッキングボール式
でしたが、耐久性の問題と摩耗等によりロック能力が落ちて・・・
テンショナーが一気に押し戻されカムチェーンが大暴れ・・・最悪は、
エンジンブローでござり。
A7からは対策でラチェット式を採用してますが基本設計がロッキングボール式なので
新車のうちは良いのですが、走行距離が伸びていくとカムチェーンも伸びていきます。
伸びた分をうまく調整できないのがラチエット式で・・・固着も多いです。
結果・・・自動調整があだとなっております。
そこで、「マニュアルカムチェーンテンショナーキット」でござる♪。
装着も調整も簡単ですしベストな調整ができ耐久性もアップいたします♪。
サイドカムチェーンなので整備性は良好ですから異音のあるGPZ900R系エンジン
はカムチェーン系のメンテいたしましょうっ。





a0163159_23221604.jpg
調整ナットの溶接作業中っ。
拙者、産業ロボット状態でござり・・・数物は大変です。





a0163159_23224213.jpg
マニュアルカムチェーンテンショナーキットの溶接作業・・・完了♪。
お次は、アルミ製部品の溶接作業でござる。






a0163159_23230356.jpg
GPZ900Rのスイングアームでござります。
これらの作業で・・・ジジィは、肩と首と眼球やられっ。・・・死んで032.gif・・・






a0163159_23252098.jpg
高耐久の健康な若者は楽しそうに003.gif・・・配線作業に夢中でござる♪。


by moriyamaeg | 2015-06-28 23:26 | 作り物 | Trackback | Comments(2)
森山です。
CBX400Fのつづき。029.gif029.gif
カウルステーの強度アップ作業・・・とんでもなく時間がかかりましたぁ~。
さまざまな問題がござり・・・難航いたしておりました。




a0163159_21045421.jpg
丸目一灯仕様もできるし、カウル仕様にもしたい・・・全てボルトオンで十分な強度も確保の事。
どちらの仕様でも、収まり良くいたすのも条件でござる。・・・作業をややこしくいたしておりまする~っ。






a0163159_21082742.jpg
このあたりに、このアッパーカウル装着希望でござり~。







a0163159_21094863.jpg
カウルステーに使う・・・丸パイプでござる♪。









a0163159_21071093.jpg
オーナー殿、加工製作のステーです。・・・強度不足な部分を対策いたしますっ。
まずは、前方をカットいたし・・・








a0163159_21105296.jpg
適正サイズのパイプを加工し・・・・溶接組立っ。







a0163159_21120898.jpg
後方へ伸びているステーですが・・・特に強度が無い状況でござりましたので、
カットいたし・・・・






a0163159_21130344.jpg
適正の丸パイプで2本引きといたし強度アップ♪。
80年代特有のカウルステー形状でござる。(3点支持のレトロなレイアウト)







a0163159_21141290.jpg
メインカウルステー、ほぼ完成っ。







a0163159_21144722.jpg
で、・・・もう一つの丈夫なステー製作が必要でござる。「これが命。」
今回のカウルステーは・・・
前方は1か所固定で、後方は左右2か所で固定のタイプ(80年代に多いレイアウト)でござる。
この後方のステーの強度は重要でござります。
もちろん、ボルトオンも条件です。・・・





a0163159_21174155.jpg
フレームにボルトオン♪。・・・






a0163159_21185847.jpg
社外オイルクーラーもボルトオンで装着できる寸法形状で♪。







a0163159_21195417.jpg
フレーム、ガソリンタンク、ステアリング、フロントフォーク、フロントフェンダー、オイルクーラー、
アッパーカウル、ブレーキライン、各配線やケーブル、などとの相性を点検測定確認いたして
形状を決めますが・・・全ての装着条件&作動条件をクリアし、強度も確保し
完全ボルトオンといたすのは実に大変な作業でござる。

つづく。






by moriyamaeg | 2015-06-27 21:23 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900RにTPS装着のつづきでござる。
前回、電装系のメンテナンス完了でした♪。
今回は、SPⅡフルパワーキット・ZRX1100用の装着でござりっ。




a0163159_20542081.jpg
SPⅡフルパワーキットのハーネス製作でござる。
装着位置と結線の確認をいたし・・・
配線とカプラーとギボシを組んでいきますっ。








a0163159_20560600.jpg
完成でござる♪~。









a0163159_20574604.jpg
組み立てていきます。・・・・・
SPⅡのコントロールユニットはバッテリーケース前方に装着っ。
・・・サイドカバーを外せば調整ノブが回せる位置でござります。







a0163159_21013636.jpg
各配線を繋いでいきます。・・・・・
純正ハーネス側の点火系配線もSPⅡハーネスに会うように加工いたしておきましたので
カプラーオンでござりっ。







a0163159_21031817.jpg
SPⅡ点火コイルにNGKパワーケーブルを組み付けまして・・・・車体に装着完了♪。








a0163159_21043771.jpg
TPSの配線カプラーも・・・純正と同じ防水カプラーで装着です。
「装着作業完成♪~。いやぁ~長旅でござりましたなぁ~。」042.gif
・・・この後、TPSとキャブレターの調整でござる。








a0163159_21052680.jpg
スパークプラグはブリスクを装着♪。







a0163159_21064270.jpg
SPⅡで放電エネルギーが強力になりましたので・・・・より大きな火花と致すにはベストでござるっ。

つづく。

by moriyamaeg | 2015-06-24 21:09 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900RにTPS装着のつづき。
電装系にも寿命がござり・・・遅かれ早かれ死んでしまいます。
不具合が出て部品交換となるのですが・・・
交換いたす部品が入手できなきゃ話にならずっ。
今のところ、GPZ900Rの部品供給は良好でござるが・・・
いつまでも供給される事はないので・・・
必要な部品は交換またはキープしておくべきでござる。





a0163159_23090525.jpg
電装系メンテナンスに使用致す部品達でござる。
当店の「GPZ900R電装・ステージⅠセット」を使います。・・・メンテナンスに必要不可欠な
純正部品がセットになってます♪。(ステージⅠ、ステージⅡ・ステージⅢがござります。)
&、ASウオタニSPⅡフルパワーキットの装着でござる。






a0163159_23110968.jpg
外装外しまして・・・作業開始っ。






a0163159_23155427.jpg
純正のイグナイターにはTPS機能が無いので使いませんが、
ASウオタニSPⅡフルパワーキットのGPZ900R用もTPS機能は無し・・・
そこで、TPS機能のあるZRX1100用をベースと致しまする。









a0163159_23164759.jpg
Z系と違い・・・水冷でござるし・・・電装系部品や関連部品が極端に多くなります。









a0163159_23182517.jpg
車体から摘出いたした電装系部品達っ。・・・・「当時物部品、ヤレまくりでござりますなぁ~。」







a0163159_23192650.jpg
新車から一度も分解していない部分もござり・・・・








a0163159_23201168.jpg
奥の奥は汚れ、塗装も傷み、腐食もござり・・・・「こりゃ、お掃除でござるな♪。」
バッテリケースの土台の腐食が酷いので・・・錆びを落し、花さかGいたし・・・









a0163159_23204134.jpg
厚めにペイントっ!
・・・ケース固定ボルトもステンレスボルトに交換ですなっ。
スイングアームは、只今加工中のスイングアームに交換しますので・・・超ピカピカとなります♪。








a0163159_23221719.jpg
高耐久めざし、あるうちに新品部品に交換致します。・・・電装系メンテナンス完了♪
「これで20年は安心ですなっ。」








a0163159_23243207.jpg
SPⅡ装着でござる。・・・ZRX100用なので、
GPZ900Rのハーネスには合わないので・・・
ハーネス加工&SPⅡ用ハーネスを製作いたします。







a0163159_23254102.jpg
TPSの配線も・・・キッチリ装着できるようにいたしますかっ。

つづく。












by moriyamaeg | 2015-06-24 01:16 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
FCRにTPS装着のつづき。




a0163159_22115566.jpg
分解いたさないと・・・各部の加工ができず・・・最大の問題でござりますが仕方ない。






a0163159_22134418.jpg
加工の完了いたしたスロットルシャフトを装着致し・・・
お次は、NO1のキャブレターボディーを加工いたします。









a0163159_22145072.jpg
フライス盤で目標の位置まで削りますっ。








a0163159_22162997.jpg
・・・この後ネジ切りいたします。
この後、スロットルシャフトの穴も加工いたしますっ♪。







a0163159_22200883.jpg
小さな部品の仕上げは老眼には辛い~。・・・・若い力を借りますっ♪。






a0163159_22213198.jpg
ようやく、完成致しました。・・・・TPS装着完了!







a0163159_22223566.jpg
タンクとのクリアランスは指一本分・・・追い込みまして・・・クリアランスOK♪。








a0163159_22253286.jpg
全ての部品を組み立てまして完成でござる。






a0163159_22270765.jpg
FCRキャブレターにTPSの装着が終わったのみで・・・先は遠い・・・
次回は、電装系のメンテナンス、ASウオタニSPⅡ装着、その他もござり・・・
まだまだ作業はつづきますっ。
・・・つづく。

by moriyamaeg | 2015-06-17 22:29 | キャブ編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
FCRにTPSのつづきでござる。



a0163159_23463013.jpg
前回、i摘出したスロットルシャフト・・・003.gif





a0163159_00042216.jpg
旋盤で加工中でござる♪。
・・・キャブボディー関連の加工、必要な各部品製作もござり。






a0163159_23490951.jpg
4連のFCR・・・キャブ左側、
スロットルシャフトのエンドにTPSを装着いたしますが・・・・







a0163159_00074377.jpg
キャブレターとガソリンタンクとのクリアランスが・・・ギリギリでござるので
・・・・通常の位置での装着は厳しいですなぁ~。
TPSをキャブレター側へ限界まで寄せてクリアランス確保いたす為の
加工製作作業も条件となりました。






a0163159_00110091.jpg
各部測定いたしまして検討いたしました。

FCRキャブレターですが・・・左が初期型(京浜純正)で右が現行型(ビトーR&D)
・・・キャブレターボディーの形状が細かくちがいます。

つづく。



by moriyamaeg | 2015-06-14 23:49 | キャブ編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
弾丸忍者の電装系メンテナンス&点火チューン依頼でござり。
ASウオタニSPⅡフルパワーキット装着のついでに・・・
FCRキャブレターにTPS(スロットルポジションセンサー)を装着致します。
回転数だけでなくアクセル開度も利用いたし3次元での点火時期制御です。
特に、低開度~3分の1開度付近の点火時期をより良く致す為でござりまする。




a0163159_21195645.jpg
GPZ900R用FCRキャブレターでござります。・・・・分解開始っ。







a0163159_21295031.jpg
・・・・分解完了っ♪。










a0163159_21241252.jpg
摘出いたしたスロットルシャフトでござり・・・・
このシャフトの先端を加工いたしまして・・・TPSを駆動いたします。

つづく。

by moriyamaeg | 2015-06-13 21:25 | キャブ編 | Trackback | Comments(2)

車検整備も奥深し・・・

森山です。
車検うけても・・・何もせずでは何も変わらない。
ギリのバイクはギリのまま・・・
新しいバイクならまだしも旧車はそう簡単ではござらぬ・・・
整備致して初めて調子が良くなるのでござる。・・・「整備命」




a0163159_23154082.jpg
綺麗でも、さほど乗ってなくても・・・・
扱い、保管状況、経過年数で必ずやられる部分がござるのです。





a0163159_23170969.jpg
この、CB750FCは・・・フロントブレーキ系やられて
フルメンテナンスいたしました♪。





a0163159_23190051.jpg
リアブレーキ系も次回フルメンテナンスいたしましょう。






a0163159_23371155.jpg
こちらの忍者は・・・・・燃料系、電装系が終わってます。
長期放置と経年劣化のため・・・メンテしないと乗れない状況っ。
・・・前後足廻りや冷却系の程度もかなり悪しっ。






a0163159_23404667.jpg
完全アウトの当時物部品だらけの燃料系。・・・フルメンテいたし復活でござる♪。





a0163159_23474694.jpg
電気系統もヤレまくり。・・・絶不調。
コストは掛かりますが全てが当時物(1990年式)なので、
部品が揃ううちにフルメンテナンス致し快調とロングライフをめざしますっ♪。

旧車は結局古い部品のオンパレードで、経年劣化や摩耗や腐食にやられ
動いたとしても長くないものばかりでござるなぁ~。

by moriyamaeg | 2015-06-09 00:26 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z900の車検でござります。


a0163159_23423849.jpg
前回、転倒修理いたしましたZ900・・・今回、車検で入庫でござります♪。







a0163159_23300036.jpg
前回交換予定の社外タコメーターは、いまだにバックオーダー中(納期未定)
・・・部品が入荷いたすまでタコメーターは不動のまま・・・







a0163159_23323946.jpg
潰れて動かないリプロの機械式タコメーター・・・
タコメーターが無くても走れますが、気持ちが悪いので・・・
車検点検整備と同時に交換致すこととなりました♪。







a0163159_23344946.jpg
リプロのタコメーターで調子の悪いものもござりますので・・・
今回、信頼の永井電子の電気式タコメーターに交換致します♪。








a0163159_23355889.jpg
タコメーターを装着いたすために必要なケースはパワービルダー殿から発売でござる♪。








a0163159_23364860.jpg
ケースにタコメーターをセットいたし・・・・








a0163159_23380459.jpg
メーターブラケットに装着っ。017.gif
スピードメーターと同じデザインではござりませんが・・・計器類は信頼性が一番でござる。









a0163159_23392871.jpg
各配線を繋ぎまして・・・・








a0163159_23410056.jpg
カバー類装着いたしまして完成でござる♪。






by moriyamaeg | 2015-06-07 23:46 | 整備編 | Trackback | Comments(4)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg