<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

スズキGSX-S 1000F

森山です。
新車販売でござります♪。
当店、修理やカスタムはカワサキ車が多いのですが・・・
なぜか、新車販売はスズキ車とホンダ車が多いのです。



a0163159_21155893.jpg
これからスペシャルな納車整備をいたします。・・・最初が肝心なのです!
初回の車検まで3年もありますので見越してのメンテも遂行します♪~。
・・・もちろん、1年ごとの点検整備もお忘れなくでござります。




a0163159_21163233.jpg
逆車のGSXーS1000Fでござります。016.gif





a0163159_21193181.jpg
パイプハンドルのアップハンで楽ちん仕様です。
カウルはかなり低めにセットされておりますっ。






a0163159_21180011.jpg
市街地、峠、高速、短距離、長距離・・・どのステージも熟せるオートバイ~♪


by moriyamaeg | 2015-10-31 21:50 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
K殿のGPZ900Rのつづきでごござる。




a0163159_22295340.jpg
GPZ1000RXシリンダーヘッド・・・
内燃機加工終了し、交換新品部品を組み付けまして下準備完了です。






a0163159_22310752.jpg
同じく、GPZ1000RXシリンダーでござり
ピストンサイズは78mmでござる。・・・下準備完了♪。
さて、組み立てますかっ。





a0163159_22322635.jpg
ピストン装着いたし・・・・





a0163159_22325940.jpg
シリンダー装着いたし・・・・






a0163159_22335248.jpg
シリンダーヘッド装着いたし・・・・







a0163159_22364197.jpg
カムシャフトでござる。
上が今まで使用のヨシムラST-1カムです。
下が今回装着の国内仕様の純正カムです。





a0163159_22372972.jpg
左が国内カム。右がST-1カムで作用角、リフト量が大きいです。
プロフィール形状の違いが分かります。・・・

STDエンジンに社外マフラー(性能の良好なマフラー)を装着
した車両でテストいたしますと・・・
国内カムは・・・
低回転から7000RPM~8000RPMあたりまでは元気ですが、
8000RPM以上はちょっと元気なし。
逆車カムは・・・
高回転型カムで6000RPM~7000RPMあたりから元気ですが、
低回転は元気なし。
ST-1カムは・・・
7000RPM以上の高回転での出力アップに有効ですが、
低回転さらに元気なし。(排気量アップと同時での装着が良いですな。)






a0163159_22394972.jpg
高回転を除けば・・・国内忍者カムにも良いところがござる♪~。
最高速よりスタートダッシュ仕様っ。ギアチェンジ回数も少なくて済む。
1108ccですから下からトルクが出てスタートダッシュは抜群でしょうなっ。
殆ど使わない高回転域なら、よく使う低中速域を元気にするのもありかなっ。
今回、国内カムを選択です。・・・乗って合わなきゃ逆車カム装着ですな(笑)





a0163159_22382596.jpg
新たな国内カム・・・点検測定っ。
今回、抜群の精度で大当たりでした~♪。・・・やればできるカワサキ~。




a0163159_22423185.jpg
大当たりの国内カム組み付け♪~。・・・
カムチェーン、カムスプロケット、各ガイドも新品に交換いたし・・・
マニュアルカムチェーンテンショナーで正確なテンションといたします♪。





a0163159_22434459.jpg
ヘッドカバー装着いたし・・・






a0163159_22443527.jpg
本日ここまで・・・
冷却系、燃料系装着で完成ですが・・・
今回、静かで高性能の4-2-1マフラーをワンオフで製作依頼でござり
作業はつづきますっ。





by moriyamaeg | 2015-10-26 22:46 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZG1300のつづき・・・
電装系不調修理開始でござります。


a0163159_22361371.jpg
ハーネス類やスイッチ類の腐食により電圧降下いたし
電装部品が正常に作動いたしません。
今後の事やコストを考えますと、全て新品部品に交換したいのですが、
残念ながら生産中止でござる。





a0163159_22364389.jpg
各ハーネスは製作いたします。各スイッチは、使えるものはリビルドいたし、
どうしようもないものは他車部品を加工流用いたします。
・・・一つ一つ手作業の連続でござりコストがかかりますなぁ~。







a0163159_22390885.jpg
メインスイッチのリビルド。・・・
キーシリンダーの先端の接点で、腐食除去いたし綺麗にします。
・・・作動回数での寿命になってませんので、摩耗も少なく助かりました。





a0163159_22382514.jpg
接点金具も綺麗に致し・・・
配線とギボシを新たに引き直します。







a0163159_21364122.jpg
左右ハンドルスイッチのリビルド。・・・快調なリビルドとなるか分解点検いたします。
オリジナルのかっこよさがござるので生かしたい部品でござる。







a0163159_21371029.jpg
電気の通り道を全てリビルド~♪。








a0163159_22410630.jpg
左ハンドルスイッチ完成。







a0163159_22403747.jpg
右ハンドルスイッチ完成。








a0163159_22371583.jpg
メインハーネス、サブハーネス、その他配線を全て製作していきます。
今回、各ユニットは現状作動OKなので再使用でござりますが、
やがて寿命は尽きるでしょう。・・・
予算は跳ね上がりますが、各ユニットも同時にかたずけるのがベストでござる♪。

この車両で救いなのは・・・インジェクションをFCRキャブレターとしている事で、
燃料噴射に関する部品、配線、ユニット、センサー類が全て必要ないのです♪~。
その部分の製作やリビルドの必要がない分お得でござりっ♪。
・・・しかしながら、新品での純正部品供給のありがたみを痛感いたしますなぁ~。

つづく。


by moriyamaeg | 2015-10-24 23:30 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZG1300のつづき。
燃料系のガソリンタンクもメンテでした。
アルミタンクなのにキャブレターには多量の細かい鉄錆が・・・
タンク内鉄製部品の腐食でござりました。


a0163159_21030065.jpg
アルミタンクでござり・・・タンク本体の腐食は無いのですが、
フューエルゲージ装着穴付近に真っ赤な錆が集中・・・





a0163159_20573075.jpg
取り外した、フューエルゲージセンサーでござる~。





a0163159_20583428.jpg
激しい腐食で使い物になりませんなぁ~。
強烈洗車や豪雨などでも水が浸入いたし腐食します。
もちろん湿気や結露での腐食もござる。





a0163159_20593704.jpg
新品入手でござる♪。





a0163159_21012740.jpg
フロート位置やストッパー形状を加工しアルミタンク専用とします。






a0163159_20555373.jpg
調子の悪い、当時物フューエルコックも交換です!
・・・純正部品は生産中止でした。





a0163159_20544108.jpg
社外のコックにいたします。





a0163159_21020498.jpg
ガソリンタンク、無事復活でござる♪。
年月の経過で・・・錆と劣化は避けて通れませんなぁ~。

保管場所と日頃の取り扱いやメンテが悪いと短命となります。
・・・長生きさせる方法はもちろんござるのですが♪。
つづく。





by moriyamaeg | 2015-10-22 22:08 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
O殿のZG1300・・・車検でござります。
1987年式のZG1300でカスタムいたしたのが1997年・・・
新車からの部品は28年経過で、カスタム時に投入した新品部品も18年経過です。
もちろん18年前は各部絶好調でした♪~。
先日のFCR6連キャブレターメンテはこの車両のFCRキャブ(18年経過)でした。

数年前には、限界のブレーキディスク交換とキャリパー、フロントフォーク
のオーバーホールいたし、電装系は対処修理でしたっ。
あれから、さらに年月を重ねまして前回ぎりOKなところも・・・
ついに限界となり走れません。・・・再び、年貢の納め時となりました。




a0163159_22375295.jpg
修理にも・・・都度壊れた部分だけを最低限対処する方法と
関連個所全て対処し高耐久にする方法がござる。(もちろん高額です。)
最大の問題は、生産中止部品だらけの旧車でござり・・・
時間とコストがうなぎ上りとなることです。





a0163159_22331488.jpg
油圧クラッチです。
レリーズシリンダーは数年前に交換済みで現在問題なし・・・






a0163159_22321805.jpg
驚きの・・・
18年間頑張ったクラッチマスターシリンダー・・・・遂に、
今回、フルード漏れ発生いたし・・・オーバーホールまたはAssy交換です。








a0163159_22340508.jpg
フロントブレーキマスターも、同じく18年物です。
予算もござりますが、命にかかわりますので・・・別予算で頑張りましょう。
遅かれ早かれ重大なトラブル発生しますからっ。






a0163159_22344756.jpg
不調の燃料系はメンテナンスいたしました♪。・・・
残す問題点は、・・・電装系と冷却系でござる。
電装系は、既にトラブル発生してます。





a0163159_22352884.jpg
28年物の電装系部品・・・日本の気候、激しい洗車によく耐え頑張りました。
・・・・もちろん生産中止でござりますので、
全ハーネス製作いたします。スイッチ類はリビルドか交換ですな。
充電系、点火系、セル系、ファン系、その他もござる。
・・・見るとこも多いですし交換も多い。





a0163159_21374202.jpg
メーカー純正部品もあるうちは気にもしないし・・・
バイクの調子も大きく崩れていないから必要性も感じない・・・
ただ「高いなぁ~。」とも思うだけです。・・・が、
トラブル続発の頃には、お決まりの生産中止でござる。

いざ、生産中止になりますと・・・倍の金額を出しても欲しくなるのです。
なぜならば、新品の信頼性と快調間違いなしが約束されるから・・と、
製作修理いたすと遥かに高額となるからです。

てなわけで、ZG1300は製作修理の道となりました♪~。
つづく。






by moriyamaeg | 2015-10-18 22:53 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
K殿の忍者のつづきでござる。
エンジン点検測定いたし、交換部品を注文いたし・・・
その間に、ワンオフマフラーの部品製作でござります。




a0163159_23312098.jpg
チタンパイプを各指定寸法にカットします~♪。
・・・カット作業はミツキでござる。






a0163159_23300851.jpg
久しぶりのバルソンローターでござり
・・・・「ゴーゴーガーガー」かなりの騒音でござります。







a0163159_23303486.jpg
一つ一つ丁寧にカットしていきますっ♪。






a0163159_23282833.jpg
拙者、ここ1週間ほど腰痛でござり・・・中腰が辛いので
若者に頑張ってもらいます♪。






a0163159_23314423.jpg
カットしたパイプを、さらに加工いたします。
ジョイントパイプやフランジも制作いたし・・・
まだまだ作るものは多いですなぁ~。
・・・つづく。


by moriyamaeg | 2015-10-17 00:22 | 作り物 | Trackback | Comments(2)
森山です。
K殿のGPZ900Rでござり・・・エンジンはノーマルではなく、
腰下はZZR1100Dベースで、腰上はGPZ1000RXベース
での1108ccのST-2仕様でござります♪。
今回、各部メンテナンスとエンジンメンテ&仕様変更依頼です♪。


a0163159_21334772.jpg
燃料系のメンテナンスとワンオフマフラー製作も同時進行いたします。





a0163159_21344370.jpg
燃料系外しまして・・・





a0163159_21351464.jpg
冷却系外し、マフラーも外し・・・






a0163159_21365609.jpg
エンジン腰上を分解開始・・・
ヨシムラST-1カムでござる。





a0163159_21372806.jpg
外したシッリンダーヘッドです。
・・・・1番、2番は正常。3番は濃い。4番は薄い。
燃料系のFCRキャブレター不調が原因。(定期的なキャブメンテは重要ですな。)





a0163159_21380286.jpg
このエンジンは、完成して12年経過の走行約18000kmです。
保管場所と乗ってない時期が悪さをいたし・・・シリンダーには
湿気による、初期の錆痕がござりました。(長期保管は要注意です。)




a0163159_21385136.jpg
ピストンは綺麗なもんで・・・






a0163159_21391777.jpg
カーボン落とせばOKですなっ。
・・・つづく。



by moriyamaeg | 2015-10-14 21:40 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

2ストと外車っ。

森山です。

排ガス規制で2ストのオートバイが生産されなくなり約18年(原付除く)
・・・最終型の部品供給もそろそろ・・・
今後長く乗り続けるには早めのメンテナンスしかないですなっ。

イタリアのMVアグスタやDUCATIも・・・モデルが古くなりますと
もちろん部品の生産中止が始まります。
末長く乗るなら・・・
必要な整備遂行や必要な部品は無くなる前にキープでござるっ。




a0163159_23490962.jpg
フロントフォークフルオーバーホールとフロントブレーキメンテと
前後タイヤ交換とハンドル交換の
最終型のKDX125でござりました♪。

フロントフォークは各シール、メタル等だけでなく、
インナーチューブ&アウターチューブも交換でしたが全て入荷いたました♪。
ブレーキスイッチとキルスイッチも寿命で交換となりましたがこれまた
全て入荷っ♪。・・・(新品部品が入手でききなきゃ始まらないのでござる。)
唯一、ハンドルだけが生産中止。・・・KLX用を流用いたし無事完成でした♪~。






a0163159_23441938.jpg
車検のMVアグスタF4でござります♪~。
点検整備中でござります。
前後タイヤ交換いたし、各油脂類交換いたし、点火系、燃料系メンテいたし
只今、燃料系各部品待まちでござる。・・・MVアグスタの純正部品は超高価っ。

by moriyamaeg | 2015-10-13 00:56 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

時が経てば・・・その2

森山です。
古くなった機械もの・・・錆びたり、すり減ったり、曲がったり、折れたり
割れたり、焼きついたり・・・
そんな古い機械にも新品の時はござり絶好調のころもあったはずです。
・・・時の流れには勝てませんなぁ。






a0163159_22082832.jpg
GPZ900R用FCR41・・・年月が経ち、バランス崩れ本来の調子がでてない。
外観は腐食が進行、内部の腐食は無いが燃料系統の詰まりがござり、
摩耗は6割程度進行、ゴム部品は全て交換時期でござる。






a0163159_22043149.jpg
分解点検&お掃除・・・





a0163159_22045572.jpg
さらに、分解してメンテです。





a0163159_22051670.jpg
ダメな部品を交換し・・・組み立てていきます。






a0163159_22053836.jpg
本体完了。





a0163159_22062331.jpg
左新品。右旧。・・・柔軟性なくカチカチになったOリングです。





a0163159_22065984.jpg
スロットルバルブ系メンテいたし、フロート系メンテいたし・・・





a0163159_22072262.jpg
FCR41完成でござる♪~。





a0163159_22134552.jpg
お次は、KZ1300用FCR33で・・・かなり不調です。
分解点検&お掃除・・・古いキャブで、
外観の腐食。内部は多量の錆混入。摩耗は8割進行で余命は少ないかな・・・
ゴムの劣化は激しい状況です。





a0163159_22141912.jpg
さらに、分解しメンテです。





a0163159_22163355.jpg
フロートチャンバーの・・・





a0163159_22170156.jpg
カチカチのゴムパッキン・・・・






a0163159_22172551.jpg
ビリビリでござる。・・・・





a0163159_22180581.jpg
T型ジョイントのOリングも超カチカチで交換でした。





a0163159_22174441.jpg
右新品。右旧。・・・パキパキと割れます。







a0163159_22182537.jpg
6連キャブは長いです~。





a0163159_22184707.jpg
メンテナンスいたして組み上げていきます。
まずは4連・・・





a0163159_22191100.jpg
残りの2連を組みます。




a0163159_22193952.jpg
「長いです。」
・・・本体のメンテナンス完了♪~。





a0163159_22200825.jpg
スロットルバルブ系、フロート系メンテナンスいたし・・・





a0163159_22202733.jpg
完成でござる♪。
機械物、時が経てば・・・メンテナンスも必要でござるし、寿命もござる~。





by moriyamaeg | 2015-10-10 22:10 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

時が経てば・・・その1

森山です。
走れば摩耗いたし・・・
放置いたせば腐食いたし・・・
時が経てば劣化いたし・・・やがて土にかえるのです。



a0163159_23294486.jpg
GPZ900R用、FCR41のメンテでござる。




a0163159_23320709.jpg
KZ1300用、FCR33のメンテでござる。

・・・つづく。


by moriyamaeg | 2015-10-09 23:32 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg