<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

雨と湿気・・・

森山です。
最近、雨ばかりで蒸し暑いですなぁ~。
湿気が多く金属表面が・・・・
防錆処理されてない道具や機械部品が錆びてしまいますっ。
・・・錆びると困るので、お掃除いたし油塗りいたし防錆作業♪~。

雨でビショ濡れ・・・そりゃ錆びますっ。
・・・雨に直接濡れない室内ても・・・
夏の雨で暖かく湿った外気が侵入すれば錆びますっ。
・・・なるべく湿った外気を室内に入れないようにいたすべきでござる。
室内に強力な除湿器を置いてフル稼働させれば理想でござる♪。
屋外と屋内の温度差も問題でござる。・・・夏場の冷房により冷たくなった金属に・・・
暖かく湿った空気が触れると結露発生いたすのです。
・・・冷えた金属が大きな塊であればあるほど熱交換に時間がかかるので
結露もハンパなくビシヨビショでござる~っ♪。
・・・極端な温度差がないよう金属は冷やさないことですなっ。


a0163159_21543100.jpg
そんな雨の日・・・吸湿性の高いブレーキフルード(水は大敵)
・・・交換はNGでござる。

by moriyamaeg | 2016-08-30 00:20 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900Rの最終型でも13年経過でござり、
なんだかんだ劣化は日々進行しております。
15年~20年経過ともなれば確実な点検とメンテナンス遂行は
長く乗るために必要でござる。



a0163159_21440281.jpg
綺麗な忍者でござります♪。
「スペシャルチェック」いたして・・・傷んでいる部分をメンテでござりっ。







a0163159_21441731.jpg
11185kmのマレーシア仕様でござる♪
オートバイには、長い寿命の部品と短い寿命の部品がござりっ。・・・・
その短い寿命の部品や、経年劣化や腐食でやられた部品のメンテでござる♪。










a0163159_21444689.jpg
こんなに綺麗な車両でも・・・年数には勝てない部分がござりトラブル発生でござる。
部品供給のあるうちにしっかりとメンテいたし・・・
末永く快調であるようにいたします♪






by moriyamaeg | 2016-08-26 23:03 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900R車検点検整備でござる。




a0163159_21403782.jpg
快調目指し各部メンテいたしてきました♪・・・綺麗な忍者でござります。
月日の流れるのは早いですなぁ~。
車検から車検まで2年ですが、あっという間の2年・・・
新しく投入した新品部品も・・・2年、4年、6年経過もあっという間ですなっ。








a0163159_21382046.jpg
走行18180km・・・・年式から考えますと走行距離はかなり少ない。
乗らずして傷むパターンでござります♪






a0163159_21374155.jpg
ブレンボラジポン・・・各部掃除いたし摺動部グリス交換っ♪。
・・・次回車検あたりでオーバーホールいたしましょうかっ。








a0163159_21375611.jpg
ブレンボキャリパーも綺麗に洗浄いたしブレーキグリス塗布しピストンもみだし・・・
・・・次回車検あたりでシール交換でしょうな。
フロント足廻り各部分解点検・・・
フロントフォークはオイル漏れ発生でござりオーバーホールでござりました。










a0163159_21432231.jpg
フロントブレーキフルード・・・・
2年も経てば限界でござる。









a0163159_21433630.jpg
フルード交換っ♪。








a0163159_21402245.jpg
数年前に新品といたしたリアブレーキ系。
マスターシリンダーAssy・・・








a0163159_21380772.jpg
リアキャリパーAssy、リアディスク、ブレーキホース、全て新品投入でした。
・・・新しいからと、何もせずではもったいない。











a0163159_21405341.jpg
走ればブレーキダストで汚れます。・・・綺麗に
掃除いたし、モミモミいったし、各部ブレーキグリス入れ替えます。
2年に一度の点検整備作業ですが・・・程度により作業内容は変わります。
保管場所や使用状況によっては、1年~半年でのメンテサイクルとなる車両もござる。








a0163159_21423348.jpg
リアブレーキフルード・・・








a0163159_21430565.jpg
フルード交換っ♪








a0163159_21410822.jpg
リア足廻り・・・分解点検です。









a0163159_21414127.jpg
点検の前に掃除でござり・・・・各部汚れを落としていきます。
スイングアーム、フロントスプロケ系、リンク系、その他、掃除いたし・・・
チェーンケースの裏側のギトギト汚れもてんこ盛りでござりましたので除去っ♪









a0163159_21412303.jpg
リアホイール系も綺麗に掃除いたし・・・点検いたします。









a0163159_21392615.jpg
タンク下のフレームその他・・・
一生懸命掃除いたしてからの点検整備でござり。








a0163159_21393823.jpg
電装系フルメンテナンスいたしておりますので極上でござり~♪









a0163159_21391128.jpg
程度良く末永く綺麗であるためには、確実な掃除は必要でござる。








a0163159_21384374.jpg
クラッチ系油圧システム・・・前回の車検まではOKでしたが・・・
劣化でそろそろな状況でござりました。








a0163159_21400667.jpg
今回、フルメンテでござる。
・・・マスターシリンダー交換いたし・・・








a0163159_21385764.jpg
当時物のレリーズと古いホース・・・









a0163159_21395226.jpg
新品に交換っ♪・・・これにてロングライフでござる。
掃除いたし点検いたせば・・・小さな傷みも発見できるのです。










by moriyamaeg | 2016-08-25 22:03 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

乗れば乗るほど部品は摩耗いたし傷むもの・・・しかし、
たまにしか乗らずの車両では・・・
放置時間が長くなり部品劣化や腐食等が発生&進行いたし・・・
コンスタントに乗っている車両よりも早期で傷んでしまう部分がござるのです。



a0163159_21361200.jpg
ちなみに、長期放置は1か月がリミットで・・・
(メーカーの指定する長期保管とは・・・まさに1か月なのです。)
たまにしか乗らない、繰り返しの長期放置は最悪でござる。








a0163159_21382046.jpg
同じ傷むのであれば・・・コンスタントに乗ったほうがお得♪
また、車両の掃除や手入れや整備や保管場所等は想像以上に重要でござり・・・
完璧と思いつつもトラブルが発生したら何かが足りない証拠でもござる。






a0163159_21363192.jpg

旧車となり・・・点検を遂行いたせば・・・ず~っと使っている部品ほど
傷んでおり・・・問題発生でござります。
各部品には寿命がござりますので、やがてトラブルは発生いたします。
当時物部品だらけの車両ともなれば、「いたちごっこ」でもござる。
順番に直していくしかないのが旧車でござります。
一巡いたせば快調間違いなしでござる♪。・・・決め手は、新品部品の入手でござりますっ♪


・・・つづく。

















by moriyamaeg | 2016-08-19 21:47 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZⅠのつづき




a0163159_22161372.jpg
クラッチを・・・






a0163159_22163104.jpg
組み立てまして・・・各カバー類を装着いたし・・・腰下完成でござる♪。







a0163159_22175095.jpg
腰上の組立でござりますが・・・
シリンダーがアウトでござりまして・・・
「まんべんなくアウトなエンジンでござるなぁ~。」








a0163159_22173535.jpg
72mmピストンですと・・・
オーバーサイズのシリンダースリーブに入れ替えてありますが・・・
その入れ替えられたスリーブ・・・沈んでおります。(加工不良ですな)






a0163159_22164582.jpg
現状0.08mm沈んでおり・・・さらに沈み込む可能性もござりますっ。
このままでは、ヘッドガスケット吹き抜けの原因となるので対処でござる。






a0163159_22182842.jpg
オーバーサイズスリーブ入れ替え加工でシリンダー上面は面研されます。
同時に、カムトンネルのガスケット(変形Oリング)装着溝の深さは浅くなる。
・・・深さ点検でござる。
未加工の標準シリンダーで溝深さ2.41mm前後・・・
(鋳造でござり溝深さは測定個所や個体差でバラつきがござります。)








a0163159_22180838.jpg
この72mmシリンダーの溝深さは2.16mm前後(最も浅いところは2.02mm)
シリンダー高さ、垂直度、その他も測定っ。
さらに面研いたすはめとなれば・・・
圧縮がさらに高くなる&ガスケット溝深さが限度値となる・・・
ピストン加工調整、ヘッドガスケット厚調整、ガスケット溝掘り直しでござるが・・・
なんだかんだ怪しすぎる場合は、新たなスリーブと標準シリンダーを準備いたし
新たにシリンダー加工いたすのが近道&ベストでござる。

・・・つづく。






by moriyamaeg | 2016-08-18 20:59 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZⅠのつづきでござる。





a0163159_22042768.jpg
左は旧オイルポンプ。
右は新品オイルポンプ。






a0163159_22044200.jpg
新品のオイルポンプは純正部品で入手♪。







a0163159_22102685.jpg
オイルポンプ装着いたし・・・







a0163159_22103986.jpg
オイルパン装着。







a0163159_22104908.jpg
いよいよ、発電機系とセルスターター系の組立でござる。
全ての部品が無い状態のエンジンでしたので・・・全ての部品を揃えました。







a0163159_22112244.jpg
純正新品で揃う部品・・・
スターティングモーターAssy、スターティングクラッチギア、
スターティングクラッチは新品部品で入手。






a0163159_22113534.jpg
生産中止部品は・・・・中古で準備いたしますっ。







a0163159_22114861.jpg
中古クランクについている部品を使用いたします。







a0163159_22122141.jpg
スターティングギア&ピンも準備完了・・・








a0163159_22120492.jpg
無事、全ての部品が揃いました♪







a0163159_22131046.jpg
スターティングクラッチ(ワンウェイクラッチ)・・・・
左、旧。
右、新。








a0163159_22143264.jpg
旧(オリジナル)の部品は・・・ノックピン穴がござり・・・








a0163159_22141811.jpg
マグネットローターにもノックピン穴がござりっ。







a0163159_22132852.jpg
新たな純正部品にはノックピン穴がござりません。・・・(部品統合)
取付けボルト穴位置も・・・図の左手へ移動してます。







a0163159_22144691.jpg
組み立て完了っ♪。







a0163159_22150340.jpg
LHエンジンカバーも純正新品部品で入手♪。






a0163159_22153731.jpg
後は、クラッチの組立で腰下完成ござります。emoticon-0176-smoke.gif
・・・つづく。




by moriyamaeg | 2016-08-17 21:04 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

夏休みでござります。

森山です。
只今、夏休み中でござりっ。(8月13日から8月17日まで)




a0163159_23234085.jpg
8月18日から通常営業でござります♪

by moriyamaeg | 2016-08-15 23:57 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1エンジンのつづきでござる。



a0163159_22014870.jpg
アウトプットシャフトのボールベアリングで・・・
左が装着されていた社外品。
右が今回装着する新品の純正部品。





a0163159_22011529.jpg
装着されていた社外品のベアリング(MADE IN TAIWAN)
内径・外径・幅等は規格品でござり・・・
外輪にベアリングセットリング溝もござるので装着はできます。
気になるのが玉の数でござり7個・・・普通のベアリングですな・・・





a0163159_22012619.jpg
カワサキ純正のZ1用ベアリング(MADE IN JAPAN)は、
専用設計で、玉の数は11個♪。
純正価格6260円(税抜)と高価ではござりますが、丈夫でござる。






a0163159_22013780.jpg
ボールベアリング・・・製造組立時、内輪と外輪に玉を挿入いたします。
通常の玉数なら輪を片側に寄せることにより玉は入りますが・・・
設計上の玉数が多いと挿入途中から輪を寄せられず組立てられません、
そこで図のような玉挿入の切り欠きがござります。
内輪と外輪の切り欠き位置を、合わせることで玉を挿入可でござる♪
・・・玉は保持器で等間隔に配置されます♪









a0163159_22024708.jpg
必要最低限の部品ですが・・・純正部品で入手。







a0163159_22001182.jpg
各部品を洗浄いたし・・・








a0163159_21590168.jpg
使用限度値越えの部品は元に戻りませんので・・・交換です。

生産中止により入手できないものは、程度の良い中古部品に交換いたします。








a0163159_21584922.jpg
秘蔵の部品で・・・







a0163159_22000097.jpg
対処っ。






a0163159_22022060.jpg
アッパーケースにミッション載せて・・・・







a0163159_22023327.jpg
ロアケースにシフト系部品装着いたし・・・・








a0163159_22020929.jpg
作動確認っ。








a0163159_22040015.jpg
錆びたクラッチAssyは、J系の新品クラッチAssyといたすことに・・・








a0163159_22034095.jpg
・・・クランクケースが使えるものて良かったですなっ。






a0163159_22032419.jpg
使用可能なノーマルクランク載せまして・・・・







a0163159_22041340.jpg
上下クランクケース組み立て完了♪

・・・これで、発電系とセルスターター系が蘇りますっ。
つづく。



by moriyamaeg | 2016-08-10 23:50 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1エンジンのつづきです。




a0163159_21503416.jpg
まずは、ヘッド廻りから分解でござり・・・





a0163159_21515751.jpg
バルブ、バルブスプリング、リテーナー、ガイド、リフター、カムシャフト、カムスプロケ、
カムチェーン系・・・社外品の新品でござりました。







a0163159_21524442.jpg
ピストンは、JEピストンの72mm。






a0163159_21525921.jpg
組んで間もないエンジンの様ですが、
残念なのは・・・慣らしなしでブチ回した痕跡がござります~。









a0163159_21531842.jpg
で、問題の腰下分解ですっ。
・・・クランクのオイルシール♪・・・「ペロリン」








a0163159_21534108.jpg
これはダメですな。








a0163159_21535777.jpg
クラッチ系~ミツション系はさらにアウト♪
綺麗な外観からは想像できない状況でござり・・・








a0163159_21541426.jpg
購入して当店直行のZ1・・・点検の結果エンジンはかけておりません。
キック&セルレスで始動は押しがけのみですが、クラッチが切れない&各部の
感触が非常に悪い状況でござりっ。・・・組んだばかりにしては怪しい・・・
怪しいエンジンなのでエンジンかける前に分解いたす事となったのですが・・・







a0163159_21543812.jpg
これは!!!!!!!!!!!







a0163159_21554801.jpg
パカ~ン♪
クラッチ板が全て張付いておりますがなぁ~♪









a0163159_21560367.jpg
組んだばかりのエンジンにしては・・・
何十年も放置じゃなきゃ、こうはなりませぬ。










a0163159_21561856.jpg
・・・・ココアパウダーだらけですっ。
あぁ~エンジンかけなくて良かった♪








a0163159_21553229.jpg
で、クラッチプッシュロッド&鋼球&クラッチスプリングプレートプッシャーでござる♪

クラッチプッシュロッドはエンジン左側(クラッチレリーズ側)にも抜けるのですが
何かが引っ掛かり全く抜けずでした・・・これで
怪しいエンジンと判断いたして分解でござり。








a0163159_21545553.jpg
クラッチプッシュロッドと鋼球が焼き付いて溶着でござり・・・この為
クラッチプッシュロッドがレリーズ側へ抜けてこなかったのですなぁ~。
クラッチ切ってエンジンブチ回してばかりいると焼き付きますので注意ですぞっ。

クラッチスプリングプレートプッシャーは程度良好、クラッチ内は錆びだらけ
原動機部分は確実に回してますし・・・?
エンジン内外も綺麗にブラスト&塗装されて・・・
各ガスケットやボルト類も新品に交換して組んでおりっ・・・?

こりゃ、多分・・・
なんらかのクラッチ系~ミッション系ブロートラブル発生で、
再度分解交換作業であったが・・・とりあえずの部品で組み付けた
・・・そんな感じでござるなぁ~。








a0163159_21563766.jpg
オイルパン・・・外します。









a0163159_21565295.jpg
汚いですな。








a0163159_21574824.jpg
クランクケース分割いたし・・・
出てきたクランクとミッション








a0163159_21580264.jpg
社外品のミッションでござりっ。








a0163159_22003712.jpg
シャフトと各ギアは新品ですが・・・
ベアリング、各ワッシャー、サークリップは古い部品を再使用での組立で・・・
今にもサークリップは外れそうなテンションでござり危ない状況。








a0163159_22002426.jpg
アウトプット側も同じ状況でござりました。









a0163159_22014870.jpg
アウトプット側のボールベアリングでござります。
・・・次回につづく。





by moriyamaeg | 2016-08-04 21:06 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z1エンジン・・・
外観は綺麗でござるが内部は残念な事になっておりました。

旧車は部品調達が大変・・・
今回、新品部品で入手できない生産中止部品は、社外部品&中古部品で対処で
・・・中古部品探しも苦労いたします~。
苦労して手に入れても中古は中古でござり・・・ハズレも多く辛い。
当たりが出るまで探すのですから・・・正直、手間とコストはバカに出来ませんなぁ~。

旧車をもてば、純正新品部品がメーカーから購入できる事の素晴らしさがわかります。




a0163159_21494748.jpg
高額な部品&製作で部品を用意すればサクサクと仕上げられ、結果も良いので
拙者的にはそちらの方がありがたいのですが・・・


つづく。

by moriyamaeg | 2016-08-02 23:04 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg