<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年末年始のお知らせ

森山です。
12月29日から1月3日までお休みでござる。
本年もありがとうございました♪





a0163159_01084298.jpg
暮れの大掃除・・・普段掃除できないところの大掃除でござる。
暮れの大掃除からの、バイクの大掃除ですぞっ♪



by moriyamaeg | 2016-12-29 01:48 | その他 | Trackback | Comments(4)
森山です。
ZL900・・・30年の年月・・・・
保管・お掃除・乗り方・オイル管理・通常整備等がベストでも
核心の部分は当時物部品だらけでござりノーメンテナンスですから・・・
今後、長くないし調子も悪いのです。

快調な乗り物(機械)だけなら現行新車への乗り換えが近道でござるが・・・
そんなに簡単な話でもなく・・・旧車には損得だけでない愛着と拘りがござるのです。






a0163159_00131176.jpg
綺麗で形はござり一応走れますが・・・最近、なんだか調子が悪いし異音も出始めた
当時物エンジン・・・30年も経てば各性能維持そのものに限界がきておりますぞ~♪
今後20年を楽しく快調に走りきるには・・・新品部品があるうちに
・・・性能限界部品を全て交換いたすしかない状況(時期)でござります。










a0163159_00162692.jpg
エンジン下側の・・・冷却系パイプ










a0163159_00171018.jpg
漏れてます。
パイプ外しますと・・・











a0163159_00174883.jpg
エンジン上方と同じく・・・腐っております。











a0163159_00182536.jpg
堆積物もてんこ盛り・・・♪
もっと早い時期に直すべき内容でござる。











a0163159_00203099.jpg
エンジンを分解していきます。
ヘッドカバー外し・・・












a0163159_00211564.jpg
原動機部分はGPZ900R(A1~A2)と兄弟です。
初期型特有・・・華奢な部分もござるが加工精度は高い。











a0163159_00213544.jpg
カムの虫食いは無し~♪。
測定しますとカムもロッカーも減っております。
減っていても虫食いが無いのは・・・オイル管理や常用回転域が高く
信号待ちや渋滞路が少ないと虫食いは少ないです。












a0163159_00230687.jpg
ヘッド外し・・・











a0163159_00232797.jpg
IN&EXバルブでござる。
・・・めちゃめちゃ減っておりました。
「カムの虫食いが無いから、程度よく好調なエンジンとは限りませんぞ。」











a0163159_00241519.jpg
シリンダー&ピストンでござる。











a0163159_00243069.jpg
30年経過&50000km走行・・・
スカート側圧方向のあたりぐらいはありますが・・・
腐食も大きなトラブルも無しでした♪。












a0163159_00251876.jpg
カムチエーンは伸びており・・・
全てのカムチエーンガイドは・・・











a0163159_00255973.jpg
RRカムチェーンガイド・・・ポンコツ♪
テンショナーが押す部分は新品は凸ですが、なじんでチョイ凹むレベルですが・・・
こりゃ、強烈に凹でござる~♪。











a0163159_00261510.jpg
経年劣化もくらって超カチカチで割れております。・・・完全にアウトでござる。
・・・「危なかったですなぁ~。」











a0163159_00263486.jpg
FRカムチェーンガイドも・・・ポンコツ♪
ひび割れだらけで、こりゃすごい!
カチカチでの超ひび割れ・・・砕けたらエンジンブローですぞ。









a0163159_00273460.jpg
腰下の分解でござる。











a0163159_00275735.jpg
ドライブギアのユニット部分・・・










a0163159_00295483.jpg
「パッカ~ン」・・・・
GPZ900Rのクランクケースを上手にシャフトドライブに変換しておりますなぁ~。











a0163159_00284327.jpg
通常はスプロケ装着部分・・・そこに3つ爪♀受けがござり












a0163159_00290761.jpg
リジットトラブルを無くすため・・・
加速減速による衝撃から各ギア・ベアリング・ケース・シャフトその他を保護する為・・・
ギアケース側に3爪♂がござり、その奥に巨大なダンパースプリングがござり・・・
この爪(♂♀)とダンパースプリングで衝撃干渉(クッション)となるのです。
奥のベベルギアで(90度変換)後方のシャフトに動力を伝える仕組みでござる♪











a0163159_00301284.jpg
クラッチ系分解でござる。
シャフトドライブ系各部品保護の為、バックトルクリミッターがこの時代でありながら
装着されております♪。
走りを良くすることだけでなく、アホなシフトダウンから部品を守る為でもござる。











a0163159_00303320.jpg
で・・・・
クラッチオペレーティング(プレッシャープレート)の外周に無数の傷っ!
「こりゃ、傷だらけですなぁ~♪」












a0163159_00323249.jpg
スターターチェーン(ジェネレーターチェーン)も切れる寸前でござります♪












a0163159_00332987.jpg
テンショナーのロック機構が甘くなり・・・チェーンがブチ切れる♪
通常走行時はジェネレーター駆動いたしており、駆動方向に問題ない設計なのですが・・・
エンジン始動時が問題で、スターター駆動時に駆動力がテンショナーを押し下げるのです。
テンショナーのロック機構がへタると・・・テンショナー&チェーンは大暴れいたし
テンショナーのスライダー先端がクラッチオペレーティングプレートに激突&攻撃っ!










a0163159_00330884.jpg
部品の程度が良好なうちは、当たらないのですが・・・
へタると必ず当たり最期はチェーンがブチ切れ最悪の結末です!
・・・こりゃ、いつ切れてもおかしくない危ない状態でござりましたなぁ~♪。












a0163159_00340786.jpg
バックトルクリミッター付のクラッチでござる。
クラッチハウジング・・・アウトでござりました。
・・・・つづく。




















by moriyamaeg | 2016-12-23 22:02 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZL900のつづき。





a0163159_00045708.jpg
販売終了の部品もござり補機類&再使用の関連部品は丁寧に外します。
・・・残すはリア足廻り(シャフトドライブ系)でござる。








a0163159_00060060.jpg
シャフトドライブで・・・
スイングアーム内部を駆動シャフト(プロペラシャフト)が通っておりますので
一般的なピポットシャフト(長い貫通ボルト)だと通せないのです。そこで・・・
スイングアームピポット部の左右にあるベアリングをテーバーベアリングとし、
フレーム外側から高精度で丈夫なピンを差し込んで、剛性確保&ガタなく作動
するように装着でござる。
丈夫なピンだけでなく、スイングアーム側もフレーム側も精度と剛性が必要です。







a0163159_00054259.jpg
フレーム側の剛性確保の為・・・丈夫な鋳物の塊ですっ。
ベアリングにプリロードをかける外側の部品を外し・・・ピンを抜きます~♪











a0163159_00061771.jpg
新車から30年、一度も分解されず・・・・
ピンが抜けませぬっ。。。。










a0163159_00065120.jpg
優秀な浸透剤を染み込ませます。
浸透剤吹き付け・・・放置・・・吹き付け・・・放置・・・吹き付け・・・
繰り返し・・・力技で傷めないよう時間をかけますっ。











a0163159_00071083.jpg
・・・すこしずつ抜けてきました♪。
(新車で1秒の仕事が、旧車は2時間でござるか~♪)










a0163159_00120906.jpg
年月に勝てず・・・錆びておりましたemoticon-0176-smoke.gif

定期整備していればこうはならないのですが・・・
「スペシャルメンテナンス」は重要でござるぞ。














a0163159_00123447.jpg
ようやく、リア足廻り分解完了っ。










a0163159_00125569.jpg

シャフトドライブ・・・・構成部品も多く鉄の塊でもござり重たいのでござる。










a0163159_00131176.jpg
この後も苦労致しまして・・・
ようやくエンジン降りましたぁ~♪「バンザイ!」









a0163159_00140370.jpg
車体は組み立てまして・・・しばらく倉庫で保管でござります♪
・・・つづく。

by moriyamaeg | 2016-12-21 16:31 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
GPZ900Rが1984年に発売開始、翌年
エリミネーター900(ZL900)発売でござりました。
GPZ900Rは2003年式まで続きましたが・・・
エリミネーター900は、1985年式と1986年式のわずか2年の発売でござりっ。

GPZ900Rのエンジンをベースにシャフトドライブ化ですが
各部コストがかかっております。




a0163159_23480434.jpg
エンジン特性は、高回転型の忍者と全く違うのでござります♪。
吸気系、排気系、カムシャフト、その他、変更いたし
低中回転域のトルクアップ♪・・・スタートダッシュの良いエンジンです。
・・・マフラーの音量&音質も素晴らしい♪








a0163159_23485655.jpg
30年経過とは思えない綺麗なZL900です。
・・・オーナー殿の磨き込みも最高でござる♪









a0163159_23484252.jpg
アルミ部品も・・・










a0163159_23505137.jpg
メッキ部品も・・・・外観はピカピカでござります♪
ガレージ保管&確実な掃除が効いておりますなぁ~♪











a0163159_23503876.jpg
さて、・・・エンジンを車体から降ろしますかっ。










a0163159_23522203.jpg
水冷エンジン&シャフトドライブでござり・・・外す部品が多く大変です。
しかも、新車から30年経過いたしており一度も分解整備されていない部分は・・・
外観のような程度ではない・・・
内部腐食いたし超固着ですなぁ~。・・・ネジが回らない、部品が外れない等も多く
いらぬ作業も増え大幅に時間がかかるのです~。








a0163159_23523583.jpg
各部の内部腐食だけでなく・・・ゴム製部品の劣化も深刻でござり。
30年物のゴム部品は全滅・・・もちろん交換しなきゃ直らない。
・・・生産中止部品も多数ござるがなんとかいたします♪。










a0163159_23525165.jpg
冷却系・・・中は腐りまくりです。










a0163159_23521026.jpg

冷却パイプとゴムホース・・・・冷却水の漏れがござり








a0163159_23583340.jpg
ゴムホースを抜きますと・・・・









a0163159_23590893.jpg

・・・ボロボロに腐っております。
「これじゃ、バンドを締めても漏れますな。」









a0163159_23585183.jpg
ホース内部にも・・・・










a0163159_00003342.jpg
長年の錆が溜っております。・・・というか・・・
こんなに錆がまわっているエンジンを久しぶりに見ましたなぁ。
シリンダーが鋳鉄製でウエットライナータイプでござるので爆発的に錆びるのです。
2年毎のクラーント交換をしていない時期(長期)があったのでしょうなぁ~~。








a0163159_23531067.jpg
ラジエターでござる。
・・・こちらも冷却水漏れです。










a0163159_23532479.jpg
金属製のパイピングもアウトですが、ゴムホース、Oリング、その他、
何もかもがアウト・・・・冷却系フルメンテでござる。










a0163159_23551979.jpg

冷却系部品を外し・・・次は、マフラーを外しますかっ。








a0163159_23554384.jpg
ここも・・・あそこも・・・ネジが回りません。








a0163159_23564305.jpg
折れるか回るか・・・手間が増えるのでなるべく回す努力でござる♪
・・・だめなら折り、手間を増やしての折れ込み修理ですな。










a0163159_23545874.jpg
戦いに勝ちました。・・・・emoticon-0176-smoke.gif










a0163159_23575773.jpg

内部も腐っております。
・・・固着ボルトは、ここだけでなく・・・あちらこちらでこのような状況。








a0163159_23594370.jpg
左側メッキカバーの固定ボルト2か所は、ずいぶん前に折れ込んだ状況で放置され
カバー未装着なので・・・2か所の折れ込みの修理をいたします。

新車から外すのは簡単ですが・・・
ボルトやナットの腐食固着だらけですと手間が大幅に増えるのです。









a0163159_00011798.jpg
車体から、燃料系部品を外し・・・









a0163159_00013859.jpg
エアークリーナーボックスAssYでござる。
ダクトホースは交換済みのようですが・・・大きな問題がござりますなぁ~。









a0163159_00031470.jpg
配線やケーブルやステップ系を外しますっ。
腐食との戦いのない車両だと・・・もう降りている時間なのですが・・・まだまだ、
これからリア足廻りを分解し、スイングアーム&シャフトを外しますっ。emoticon-0176-smoke.gif
・・・つづく。







by moriyamaeg | 2016-12-18 23:57 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
エリミネーター900のエンジンオーバーホール「ロングライフ仕様」
・・・冷却系&燃料系のメンテも同時進行でござる。
作業は進んで・・・めでたく本日完成♪

作業内容が多いので、抜粋での作業行程レポートいたします。






a0163159_22504624.jpg
「ロングライフ仕様」エンジン完成の図。








a0163159_22530474.jpg
エンジン搭載いたし各補機類装着のZL900・・・キャブレター調整の図っ。
明日は試乗でござります♪
・・・その2へつづく。




by moriyamaeg | 2016-12-16 23:19 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

綺麗にレストアいたしても保管不良や掃除&整備不足ですと短命となります。
日々の完璧な整備&掃除&保管場所があればレストア不要で長寿でもござりっ。



a0163159_21005758.jpg
B110サニーも長寿でござるが・・・
ゴム部品が長生きしない・・・定期交換ですなぁ~。
拙者も、さすがに70過ぎたら乗らない?・・・免許返納予定っ?
あと20年は、気持ちよく走しりたいですなぁ~♪
12月車検でござり・・・各部ゴム部品を交換予定でござる♪









a0163159_20560436.jpg
定期のお掃除で・・・・車内も綺麗にいたします。
フロアーマットの洗濯でござる♪(重ねて使用しております。)
右は当時物のゴムマットで、下に敷き・・・
左はB13サニーのマットで、上に敷いております。







a0163159_20554571.jpg
「ヨンセンマン!」の時代のB13サニーでござり・・・
拙者、新車で買って乗ってました。(その車両の物です。)








a0163159_20551360.jpg
2つのフロアマットの・・・さらに下にあるオリジナルのフロアマットでござる♪








a0163159_20543104.jpg
めくりますと、裏側は天然素材・・・植物でござる。
パッチンの留め具も鉄製でござります♪








a0163159_20545258.jpg
マットの下には、もう一枚ござり(防音&断熱のため)・・・
羊かラクダか?・・・動物の毛なのか植物なのか?・・・
とりあえず天然素材っ。








a0163159_20540916.jpg
後部座席のフロアーも・・・裏手は動植物でござる♪。
昭和の時代・・・金属部品が多く、
天然素材も多い(動物植物繊維、皮、木材でのハンドルやシフトノブ)・・・
大衆車ですら手を抜いておりませんっ。
高級車は本革シートなどなどで・・・
大衆車はビニールシートや樹脂のダッシュボードでもござるが、
今より格段に良い。・・・より良いものを!の時代ですからなぁ。


時代もござるが・・・
平成26年の石油部品だらけの時代・・・コストも重要ですが、落とし過ぎ・・・
利益利益ではいけませんなぁ~。









a0163159_20592732.jpg
助手席のシート下から出てきました。








a0163159_20562021.jpg
昭和62年・・・









a0163159_20585822.jpg
「マル優」・・・そんなものもありましたなぁ~。



by moriyamaeg | 2016-12-12 21:28 | その他 | Trackback | Comments(2)
森山です。
軽トラとサニーの洗車と室内の掃除でござりました♪






a0163159_20524964.jpg
洗車&ワックスがけ完了♪
HIJET・・・フロントマスクだけは今どきのデザインですが、
それ以外は昔ながらの軽トラでござる。








a0163159_20532028.jpg
下廻りも・・・







a0163159_20533891.jpg
大掃除でござります。








a0163159_20535423.jpg
車内もお掃除いたし完了♪。

内装はもちろん石油でござる。・・・100%○○な樹脂でござります。
各固定も最低限のネジで・・・殆どパッチンのはめ込み装着っ。
○○に徹しており、○○技術の進歩ですなぁ~。
こりゃ、電化製品と同じ賢い手法ですっ。

○○時代でガソリンタンクすら樹脂(ポリタン)の時代でござるからなぁ~。
短期性能維持&チープ・・・良いものがない時代でござる。
つづく。










by moriyamaeg | 2016-12-10 23:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
車検点検整備でござる。・・・その4(最終回)

車体系、前後足廻り系、前後ブレーキ系、電装系、エンジン系、燃料系、その他、
総点検いたし不具合部分がござれば・・・その後、打ち合わせいたしまして
不具合部分のメンテナンス開始でござります。




a0163159_22315817.jpg
Z900でござります。
エンジン系、足廻り系、電装系、ブレーキ系、その他・・・一巡のフルメンテは
完了した車両でござるので快調です。
常日頃から、都度メンテいたしておりますので大きなトラブルは無く
早期発見早期治療を心がけている賜物ですなっ♪









a0163159_22324945.jpg
エンジン系、電装系、燃料系・・・OK♪








a0163159_22322475.jpg
フロント足廻り、ブレーキ系・・・OK♪








a0163159_22331153.jpg
リア足廻り、その他・・・・OK♪








a0163159_22333408.jpg
スプロケ&チェーンも・・・OK♪








a0163159_22335918.jpg
オーナー殿からの依頼・・・最近、クラッチ操作が今一となってきたので
クラッチワイヤーの交換依頼♪。
同時にレリーズ系も全て分解いたし洗浄&グリス交換いたします。
(寿命であればレリーズAssyで交換でござる。)








a0163159_22343003.jpg
旧クラッチワイヤーござる。・・・新品に交換します。
・・・・出先で切れてしまいますと難儀です。
スロットルワイヤーやクラッチワイヤーにもスムーズで快調な時期がござり
渋い動きとなったら寿命・・・切れるまで使ってはいけません。








a0163159_22290660.jpg
Z1000Jでござる。
全てのメンテナンスが完了いたした車両で・・・その恩恵で快調でござる。









a0163159_22300757.jpg
数年前に、快調ロングライフめざしてエンジンAssyは全部品を新品で
組み上げており・・・新車の耐久性でござりまったく問題なしですっ♪
電装系は、第一段階メンテで各ハーネス系&スイッチ系メンテ・・・
後に、ジェネレーター・点火電装部品・セルモーターも後追いで壊れ・・・
第二段階のメンテで全て新品といたしており快調でござります。
・・・・「結局、傷んでくると、遅かれ早かれ全部交換なのですな。」
燃料系もずいぶん前に・・・新品タンク&FCRキャブも新品投入でしたが、
かなりの経過年数ですから・・・次に寿命なのはFCRでしょう。








a0163159_22292349.jpg
フロント足廻り系・・・OK♪







a0163159_22294405.jpg
リア足廻り系・・・OK♪
今回の車検点検整備では・・・どこも悪くない状況でした~♪
整備も一巡(快調めざし悪いところを全て新品部品で完全整備)いたすと
・・・新車のように快調でどこも悪くない車両となるのです。




by moriyamaeg | 2016-12-08 22:07 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

16インチ忍者のパワー

森山です。
2013年10月5日にスタートいたした
「フロント16インチ、リア18インチ・・・バイアスタイヤの時代。」
・・・時の流れは速いですなぁ~。
完成から2年経過いたしまして・・・今月、継続車検でござります。




a0163159_22542534.jpg
当店2Fで大切に保管管理致し・・・走行距離も極端に進み過ぎないように
ベストな距離を定期的に走行させておりますっ♪(走行させないと各部傷むので)
また、2年に一度の車検で確実な点検整備&メンテナンスを遂行でござる♪








a0163159_22183722.jpg
良好なエンジンと・・・








a0163159_22181612.jpg
良好な点火と・・・







a0163159_22174226.jpg
良好な燃料があれば・・・
・・・絶好調でしょう♪








a0163159_22162675.jpg
・・・・A5忍者の馬力測定いたしました。









a0163159_22170054.jpg
赤のラインが当店A5忍者、ヨーロッパ仕様のフルパワーでござり
後輪出力99.7PS絶好調です♪。
・・・カタログ値は115PSですがクランク軸です。後軸ですと
クランクからリアタイヤまでの各フリクションロスがござるので
後軸98PS出ていればOKっ♪。
忍者のフルパワー仕様は・・・
A1~A6までは115PSですがA7~A16はチョいとパワーダウンでの
108PSです。
比較のために・・・
青のラインがA6忍者ヨーロッパ仕様(115PS)の快調車両データー
緑のラインはA14忍者マレーシア仕様の快調車両データー
を表示してます。

「1年に一度は、パワーチェックでの快調確認でござるっ。」







by moriyamaeg | 2016-12-04 22:25 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
2年に一度の車検点検整備は重要でござりっ。
得体のしれない車両や旧車の場合は・・・やはり分解点検が一番でござる♪
外部からの点検(外部判断)だけでは、分からない事も多いのです。








a0163159_22233824.jpg
CB750K0の車検点検整備でござりました。
前後足廻り分解点検で・・・








a0163159_22242849.jpg
FRタイヤ&FRチューブ交換とFRホイールベアリング&その他交換でござりっ。
まずはFホイールから・・・SSTでベアリングリテーナーを回して・・・








a0163159_22232426.jpg
外します。








a0163159_22230643.jpg
ベアリングが腐っており危険な状態でござりっ。











a0163159_22261048.jpg
今まで・・・
ゴリゴリでまともに回転せずのベアリングで走行していたのですっ。
高速でベアリング崩壊して転倒してしまったらシャレにならず・・・命拾いしましたなぁ~。
問題なく走るから何もしなくて良しじゃダメ!・・・「確実な点検が大事♪」
定期的に確実な分解点検を遂行すれば良いだけなのです。
それこそが車検点検整備のあるべきすがた・・・とりあえず車検じゃ危険ですな。









a0163159_22250522.jpg
新品のベアリングリテーナー&ダストシールはホンダ純正部品で入手できます。









a0163159_22252781.jpg
Fホイールベアリング交換完了・・・ダストシールを装着して完成でござる♪









a0163159_22280952.jpg
新品タイヤ&新品チューブにいたし・・・スポークの張り調整いたし・・・
Fブレーキ系メンテいたし・・・無事完成でござりました♪。









a0163159_22263632.jpg
Rホイール系もメンテでござる。









a0163159_22270877.jpg
リテーナーの奥にあるRホイールベアリング・・・・









a0163159_22265186.jpg
ファイナルドリブンフランジ(スプロケハブ)にあるベアリング・・・・
全て終わっております。









a0163159_22272822.jpg
スプロケハブにあるベアリングリテーナー(ベアリング抜け止め)・・・デカいです。









a0163159_22275001.jpg
リテーナーの外周にはネジ山がござり・・・
ねじ込んでいきましてベアリングを固定いたすものでござる。
内側にはダストシール(オイルシール)がはめ込まれております。
・・・今どきのオートバイにはない仕組みでござる。








a0163159_22283846.jpg
Rホイール系&リアブレーキ系・・・全てのメンテナンス完了でござる♪











a0163159_22302890.jpg
これで、安心して安全に走れます。
・・・走安性も良くなりました♪
「めでたし、めでたし、」

つづく。








by moriyamaeg | 2016-12-02 22:49 | 整備編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg