<   2017年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

森山です。
部品整理をいたす為・・・
先日、2Fの片付けと掃除でござりました。

・・・ついでに車両の掃除もいたしますかっ♪




a0163159_23195991.jpg
カワサキZ1000S1でござる♪








a0163159_23201562.jpg
各部清掃いたし、ワックスがけ&防錆処理いたし












a0163159_23194111.jpg
綺麗になりましたぁ~♪

全てが当時物&価値あるオリジナルノンレストア車で綺麗でござるので、
ピカピカに塗装いたしフルレストアいたしたらもったいない。
(超ボロボロになったらレストアでしょうが・・・)
保管するのも大変で・・・最大の敵は湿気と埃と経年劣化でござりっ。
只今、経年劣化で死んでしまったゴム部品達を交換したいので
部品を探しております。











a0163159_23203557.jpg
カワサキKX65でござる♪












a0163159_23205174.jpg
綺麗でしたが・・・ついでなので・・・
各部清掃&ワックスがけ&防錆処理でござります♪










a0163159_23210506.jpg
PMO-1忍者でござる♪
・・・15年ほどバラバラでござりっ。
「ピカピカにしてあげますかぁ~♪」









a0163159_23214078.jpg
塗装面もアルミ面も・・・












a0163159_23212444.jpg
・・・顔が映るまで磨き込み♪
ワックスがけいたし・・・












a0163159_23215653.jpg
良い機会なので・・・A16の極上エンジン搭載♪

足りない部品も多いのですが、作業を続けることにしました♪
2Fの片づけと掃除のはずが・・・大仕事となりますなっ。

・・・つづく。











by moriyamaeg | 2017-02-28 23:28 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
Z750GPのリア足廻り変更・・・最終回。






a0163159_21010625.jpg
完成したスイングアーム・・・・










a0163159_21012268.jpg
・・・・装着~♪










a0163159_21020827.jpg
スイングアームが長くなった分・・・ドライブチェーンも長くなりますので
新たなチェーンに交換っ♪











a0163159_21015391.jpg
現状の前後スプロケ丁数でチェーン装着ですと
エキセントリック位置が前よりか後ろよりとなります。
・・・「もちろん、後ろよりでっ♪」













a0163159_21025682.jpg
足廻り装着完了♪・・・ワイドなスイングアームでござるので
干渉いたす部品がござり(ステップ系部品・マフラー系部品)
・・・加工製作いたしての装着でござりました。077.gif











a0163159_21024321.jpg
無事、完成っ♪016.gif
ロングとレイダウンの効果は抜群でした。












a0163159_23402157.jpg

a0163159_21022111.jpg
上が仕様変更前。
下が仕様変更後。

・・・K殿ありがとうございました。

by moriyamaeg | 2017-02-27 22:53 | 作り物 | Trackback | Comments(4)
森山です。
Z750GPのつづき・・・
作業項目が多いので抜粋レポートで・・・
 






a0163159_20542882.jpg
ウエダレーシング製アルミスイングアームを装着いたしておりましたが・・・











a0163159_23413590.jpg
KZ1000S1のように「ほどよいロングスイングアーム化」と
リアショック取付け角度を寝かす「ほどよいレイダウン」としたい。・・・K殿決意っ。
アルミ丸パイプ材の三角形状であるZRX400純正スイングアームの
加工製作装着依頼でござりました。
形状もKZ1000S1タイプでカッコ良く長さも強度もグッド♪
(今回のスイングアームは補強増しです。)

80年代初頭と違い90年代のものですから超進化・・・鉄からアルミへと進化の時代。
スイングアームピボット部分のスラスト荷重もワッシャーでなくボールベアリンで受ける
バブリーなスイングアームでもござりますっ♪
(80年代から90年代までミドルクラスが売れてましたから手を抜いておりませんなぁ。)










a0163159_20544208.jpg
リア足廻り組立てまして各部採寸&測定中でござる♪
ホイールはリアがZ1000R用でフロントがZ1100R用へ変更しております。











a0163159_20553618.jpg
採寸測定完了いたし・・・スイングアーム各部の加工&製作開始でござる。









a0163159_20545428.jpg
不要なものは・・・「カット」でござる。












a0163159_20555301.jpg
カット後・・・溶接ビード等の凸を削り・・・
綺麗にならします♪(この作業が大変でござる~。)











a0163159_20550673.jpg
リアブレーキトルクロッドのマウントブラケットも・・・・「カット」











a0163159_20551903.jpg
リアショックのマウントブラケットも・・・・「カット」












a0163159_20561401.jpg
・・・綺麗にならします。












a0163159_20565181.jpg
リアショックの新たなマウントブラケット製作でござります。
切り出したアルミブロックを・・・












a0163159_20570669.jpg
図面の寸法に製作いたします。












a0163159_20572169.jpg
・・・製作完了でござる♪077.gif












a0163159_20573851.jpg
リアホイールの左右サイドカラーも製作いたし・・・077.gif











a0163159_20581603.jpg
お次は、リアブレーキトルクロッドのマウントブラケット製作でござる♪












a0163159_20583376.jpg
・・・・製作完了♪077.gif











a0163159_20590634.jpg
スイングアームは丸パイプでござるので・・・外径に合うようにいたします。
また、サポートに対してトルクロッドを真っ直ぐ引ける位置&角度となっております。










a0163159_20592288.jpg
再度、リア足廻りを組み立て・・・溶接前の各部最終検査っ。











a0163159_20594353.jpg
合格でござる♪
・・・再度、リア足廻り分解し・・・スイングアームの溶接作業でござる。











a0163159_20595892.jpg
トルクロッドマウント溶接完了っ。










a0163159_21001446.jpg
リアショックマウントも溶接完了っ。













a0163159_21004409.jpg
仕上げの塗装は・・・ブラック塗装♪
スイングアーム完成です。

・・・つづく。










by moriyamaeg | 2017-02-26 21:11 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ピカピカのGPZ900R・S殿号でござる。
ベストコンディションキープの為、2年に一度の車検点検整備&各メンテは
ぬかりなく遂行でござります♪
目指すは、「快調&綺麗&見た目良し」016.gif




a0163159_21583442.jpg
車検点検&基本整備プラス・・・今回は、フロントフォークオーバーホール・
リアショックアブソーバーオーバーホール・前後ホイールオーバーホール・
チェーン&スプロケ交換・寿命近しの各部品交換&メンテでござりっ♪
〆は、見た目の追求で・・・









a0163159_21594030.jpg
「ケツ上げ」・・・見た目のカッコよさ♪・・・で、リアショック&車高調を利用
いたして上げる調整(走安性無視のケツ上げ)ではうまくないので・・・
リアの車高は走安性の良い位置をキープいたし、見た目のケツ上げは
シートレール加工いたしほどよく上げまする♪











a0163159_22002562.jpg
・・・作業開始でござる。
・・・つづく



by moriyamaeg | 2017-02-24 22:52 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
機械もの・・・使い込めば、やがて使い物にならなくなる時が必ず訪れます。
性能維持の為に各部メンテでござりますが・・・やがてメンテの限界も訪れまして、
新品Assy(まるごと)での交換が最善となることもござります。











a0163159_22004091.jpg
リアホイールのみダイマグ製のマグネシュームホイール装着の忍者・・・
先日、エンジンオーバーホール完了いたした忍者でござります♪
慣らし運転もほぼ終盤でござり、当たり出し中でござる。
オーナー殿、選択タイヤサイズに合ったリム幅がお気に入りでしたが・・・
耐用年数と走行距離は進み・・・マグホイールが死んでしまいました。








a0163159_21595377.jpg
最近、フロントスプロケ周辺にアルミの粉が付着しており・・・掃除いたしても
また付着する・・・どこか削れているのでは?でご来店でした。

アルミ製のリアスプロケが削れており・・・
チェーンに運ばれてフロントスプロケ周辺付着でござりました。













a0163159_21582454.jpg
チェーン&スプロケ・ハブダンパー・スパイダー・各ベアリング・
リアホイール・・・点検。










a0163159_21591372.jpg
「ホイール側までもガタガタでござる。」
当時物のノーメンテ・スイングアームもメンテナンスが必要です。










a0163159_21563139.jpg
締結ボルト2ヵ所は折れ、座面も、位置決めも、ネジ穴も、
相手ハブ側も死んで・・・危なかった。

このマグネシュウームホイール、何と17年経過(使用)・・・
安全面から砂型鋳造なら耐用年数4~5年、分厚いやつで10年でしょう。
腐食しておりますと著しく強度低下でござります。・・・形があるとついつい
壊れるまで使う状況・・・もし壊れた瞬間が高速走行時であったら死んでしまう。
「マグは高いものですが長く使うものではなく定期交換部品でござる。」

汎用性と軽量化の為、一体型構造でなく分割型構造でボルト締結ですし・・・
ディスタンスカラー・サイドカラー等も鉄製でなく軽量化のためアルミ製ですし・・・
シビアな整備が必要です。










a0163159_21570284.jpg
「長期耐久テストは終了でござる。」
使用年数も長く今後もござりますのでホイールAssy交換ですな。


社外品・・・レース専用となればライフより性能重視。
ストリート対応であっても、どちらかというと・・・
サーキット寄りの設計で運動性能追及の軽量化仕様でござる。
ジャイロが減り車体がひらひらと舞うように動き運動性は向上しますが
メンテサイクルが早いものや高耐久でないものもござりっ。
ストリート使用の場合、何があるか分からないので安全で高耐久なものを選ぶべし。











a0163159_22015478.jpg
純正のリアホイールを装着いたします♪


純正品・・・どでかいハブダンパーが素晴らしい仕事をいたしております♪
限られたコストの中で、あらゆるステージでの耐久性と安全性確保♪
・・・重いですが車体とのバランスはとれております。
一体型ホイールでござり、ディスタンスカラー・サイドカラー等全て鉄製で
丈夫でござる♪










a0163159_22032522.jpg
リアホイール&ハブのフルメンテナンスいたし・・・
前後スプロケ、ドライブチェーン、前後タイヤ、新品装着でござりました♪

定期交換部品は・・・
小さなものから大きなものまで・・・
安いものから高いものまでござるのです。







by moriyamaeg | 2017-02-24 22:34 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
最近、加工&製作作業の連続でござりますっ。






a0163159_23400451.jpg
長いお付き合いのK殿・・・・Z750GP改でござり♪
カスタムも進み現在88000km走行♪・・・ピカピカです。







a0163159_23411347.jpg
リアの足廻り分解いたし・・・








a0163159_23405465.jpg
リアスイングアームの変更依頼でござります♪
・・・つづく。





by moriyamaeg | 2017-02-23 00:09 | 作り物 | Trackback | Comments(0)
森山です。
CB750K0のつづき・・・最終回でござる。






a0163159_20262000.jpg
車体を準備いたし・・・









a0163159_20263661.jpg
エンジン搭載いたしました♪








a0163159_20273115.jpg
各部調整し、オイル入れ、エンジン始動♪
・・・ポイント調整いたし













a0163159_20271538.jpg
・・・キャブレター調整いたし











a0163159_21020443.jpg
キャブレターセッテイング開始でござります。
その前に・・・









a0163159_21005918.jpg
弱い火花のポイント式点火から・・・
元気な火花のASウオタニSPⅡフルパワーキットにいたします。









a0163159_21022039.jpg
ポイント&ガバナ外し・・・キットのピックアップコイル&ロター装着♪










a0163159_21013839.jpg
シート下のスペースには先客がござり・・・










a0163159_21012116.jpg
サイドカバー右側は大きなオイルタンクで空きスペース無し・・・
サイドカバー左側の空きスペースにユニットを装着いたします。
・・・固定いたす部品がないので、









a0163159_21030202.jpg
各部採寸いたし077.gif・・・・・・アルミ板で製作いたしたブラケット♪









a0163159_21031955.jpg
レギュレター(ポイント式)のマウントボルト位置を利用でござり・・・










a0163159_21033611.jpg
ブラケット装着いたし









a0163159_21035763.jpg
・・・ユニット装着完了でござる♪
最後にSPⅡ点火コイル&各配線装着いたして完成でござりました。










a0163159_20282155.jpg
ダイノマシンと実走でのセッテイング完了いたし077.gif
・・・長旅でござりました。
クラッチ系&ミッション系の不調不具合も改善され快調っ♪
TMRキャブの濃い燃調も改善され快調っ♪


「極上部品が入手できれば良いですね。ありがとうございました。」











by moriyamaeg | 2017-02-17 21:08 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
エンジン分解点検いたした結果・・・生産終了部品は探す事となりました♪
探す部品はカムシャフト、ロッカーアーム、ロッカーシャフト、
カムシャフトホルダーセット、ミッション系部品等でござる。
程度良好な部品探しには時間がかかるでしょうから・・・
オーナ殿の希望で・・・現状、走れる状態ではござりましたので
一旦、エンジンを組み上げる事となりました。次回オーバーホール時までに
は探せるでしょうから♪。
・・・問題のあるクラッチ系は今回直します。












a0163159_20142660.jpg
TMRの燃調が濃くて・・・カーボンがタンマリの燃焼室・・・











a0163159_20144248.jpg
カーボン除去いたし、バルブ摺合せ、ステムシール交換いたして完了。
ヘッド面研もされており、シート面もバルブもガイドも元気でした。

8年前にオーバーホールいたし20000km走行でござりまして
・・・前回交換いたし部品は使える状況でござります。









a0163159_20140425.jpg
シリンダーも綺麗にお掃除いたします。
・・・全く問題なしでした♪








a0163159_20234156.jpg
0.50mmオーバーサイズの純正ピストンでござる♪









a0163159_20240587.jpg
さすが新品投入でござり・・・ピストンもリングもピンも極上でござる♪









a0163159_20242324.jpg
溜まったカーボンを丁寧に除去いたします。








a0163159_20155466.jpg
入荷いたした新品部品でござる♪











a0163159_20161445.jpg
・・・たいへんありがたい事です~。










a0163159_20164995.jpg
特殊なガスケット・パッキン類やオイルシール等のゴム部品は特にありがたいのです。










a0163159_20174087.jpg
下準備完了した部品達を組み付けていきます。









a0163159_20175595.jpg
クランクシャフト系装着し・・・









a0163159_20181110.jpg
しばらく元気に走れるように、ミッション系は手を加えました♪
・・・・装着っ♪










a0163159_20183349.jpg
クランクケース左側の各部品組み付け・・・











a0163159_20185059.jpg
・・・完了です♪。









a0163159_20190678.jpg
クランクケース右側のクラッチ系部品でござる。
図は組み付けられていた部品ですが・・・強化クラッチといたす
改造のようですが失敗ですな。
クラッチの切れが悪化いたし、ミッション操作が重い。
やがてミッション系にダメージが及ぶパターンでもござる。









a0163159_20202658.jpg
フリクションディスクが8枚装着・・・・










a0163159_20204704.jpg
クラッチプレートが7枚装着・・・













a0163159_20210621.jpg
合わせた厚さは・・・38.5mm










a0163159_20200969.jpg
純正のフリクションディスクは7枚装着・・・








a0163159_20194996.jpg
純正のクラッチプレートは6枚装着・・・・













a0163159_20212659.jpg
純正の合わせた厚さは・・・36.5mm

この改造したクラッチ強化では・・・
純正より合わせた厚みが2mm広いのでスプリングプリロードはアップです。
純正より枚数が多くなった分の離れは悪い。
各板間のストロークは減少し切れが悪いので・・・遊びまで減らしての
クラッチ調整・・・限界まで引き気味で・・・レリーズベアリングも早期で傷む。
・・・握り込み最終あたりではクラッシュ。
現状、クラッチセンターとクラッチプレッシャープレートの嵌合もアウト・・・
2mm嵌合が甘くなっております。構造に余裕があれば良いですが無い場合は
壊れます。

幅の薄いディスク&プレートを使用して幅を合わせますと・・・
クラッチアウターやクラッチセンターへの当り幅が狭く攻撃性がござり
早期で段付き摩耗でござる。

良い結果を求めると、クラッチセンター(クラッチハブ)製作&
プレッシャープレート製作でござりますが・・・超ハイコストとなります。


ノーマルエンジンであれば・・・ノーマルクラッチでOK♪
確実なメンテを遂行いたせば滑りはしませんので、今回は純正にもどします♪
パワーアップいたして滑るのであれば強化KITでござる♪
チョいパワーアップで滑る、容量ギリの車種もござりますが・・・










a0163159_20214992.jpg
段付き痕が・・・純正のものと枚数を増やした時のものがござり・・・
・・・滑らず切れも良くをめざし手間の手直しでござる♪











a0163159_20221959.jpg
各部スムーズにスライドするようにいたします♪
「クラッチ板以外は、生産終了ですから手直しでござる~♪」












a0163159_20220573.jpg
鉄製のクラッチアウターは剛健でござるっ。










a0163159_20232358.jpg
無事完成でござりました♪。・・・「滑らず。切れ良し。繋がり良し。」










a0163159_20250239.jpg
腰上でござります。
・・・ピストン装着し・・・







a0163159_20252312.jpg
シリンダー装着し・・・








a0163159_20254184.jpg
シリンダーヘッド装着し・・・









a0163159_20255977.jpg
動弁系部品装着し・・・エンジン完成でござる♪

・・・つづく。



by moriyamaeg | 2017-02-16 00:47 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
CB750K0のつづき・・・エンジン分解でござり。




a0163159_21172927.jpg
シリンダーヘッド&動弁系廻りです。
交換されていた部品は・・・
カムチェーン、社外カムスプロケ、カムチェーンテンショナー、ガイドローラー、
吸琲バルブ、吸琲バルブガイド、各ガスケット&ゴム部品、でした。


45年前のオートバイですが必要最低限の部品ではござりますが
未だにホンダ純正部品で入手できます~♪
大物の部品は生産終了でござりますので・・・
要交換となれば程度良好な部品を探すのが大変でござります。









a0163159_20030746.jpg
カムシャフトホルダーです。
左は正常。
右は摩耗。









a0163159_20084148.jpg
カムシャフトです。・・・摩耗でござる。









a0163159_20054151.jpg
ロッカーアーム&ロッカーシャフトも・・・摩耗でござる。

カムシャフト、カムシャフトホルダー、ロッカーアーム&シャフトは交換したいが
生産終了部品なので・・・「交換部品を気長に探すしかないですなぁ~。」








a0163159_20102131.jpg
シリンダーヘッド外し・・・









a0163159_20094389.jpg
シリンダー外し・・・









a0163159_20103466.jpg
出てきたピストン・・・










a0163159_20104803.jpg
0.50mmオーバーサイズピストンで、綺麗でござります♪









a0163159_20110640.jpg
腰下の分解・・・









a0163159_20113752.jpg
クラッチ系部品・・・
クラッチの作動トラブルがござりました。











a0163159_20112374.jpg
クラッチセンターです。
・・・昭和45年6月24日生まれでござる♪







a0163159_20123016.jpg
ギアシフト・ドラムストッパー系部品・・・











a0163159_20125906.jpg
クランクケース分割いたし・・・出てきた内部部品。
プライマリーチェーン&テンショナー、各ベアリングは
交換されておりました。












a0163159_20131233.jpg
ミツション系・・・そろそろ交換の部品がござります。







a0163159_20134194.jpg
分解&点検測定完了いたし、入手可能な必要部品は注文いたしました♪

生産終了部品が問題ですなぁ~。・・・
動弁系の大物部品とミッション系の大物部品を
探し当てるまでには長期でしょうなぁ~。


・・・つづく。





by moriyamaeg | 2017-02-15 20:37 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
時は去年の秋、エンジン分解整備その他作業いたしたCB750K0で
車両は去年11月に納車済み♪
・・・ずいぶん遅くなりましたがブログアップでござりますっ♪





a0163159_21155761.jpg
「不調を快調にしたい」CB750K0でござる。

オーナー殿の気になるところ・・・
1:キャブレター(TMR)セッテイングが合ってない。・・・燃調が濃い。
2:ギアの入りが悪い・・・シフト操作が固い。
3:エンジンオーバーホールいたし8年経過(走行は20000km走行)らしい
  のですが作業内容の把握ができておらず&気になるところもござり
  ・・・再度のエンジン分解整備いたしたい。
以上でござります。










a0163159_22203179.jpg
オリジナルのガソリンタンクです。
・・・塗装も当時のオリジナルのままで素晴らし~♪










a0163159_22201079.jpg
サイドカバーも当時物で・・・太ももで擦れ、薄くなった塗装も素晴らしい♪










a0163159_21161251.jpg
キャブレターだけTMRキャブレターとなっております。












a0163159_21163257.jpg
エンジンを降ろしまして・・・











a0163159_21171232.jpg
分解いたす前に・・・「風呂でござる。」
埃や汚れを落とし綺麗に致します♪












a0163159_21175057.jpg
・・・分解開始でござるっ。












a0163159_21172927.jpg
減るものが減ってしまい、ヘッド廻りからの異音も大きい状態でした。

使用限度を超えた部品達・・・新品で入手できる部品は良いのですが・・・
販売終了部品となれば・・・
リビルドや製作もありですが目玉が出るほど超高額なので、新品当時物を
気長に探しまくるしかない・・・出てこない可能性もござるっ。
ドナーエンジンから摘出の良好中古部品(探すのは大変)での対処か・・・
短命ですが、傷んでいても不調でもギリなんとか動けばOKとしての再使用か・・・
旧車は大変でござる。

つづく。













by moriyamaeg | 2017-02-12 21:14 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg