<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


森山です。

1978年・・・スーパーカーブームの頃。
その時、新車でござりましたGS750E(2型)
あれから39年も経つのですから・・・







a0163159_21583507.jpg
金属と樹脂とゴム・・・
金属は腐食いたします。
樹脂とゴムは劣化いたします。














a0163159_22001792.jpg
ゴムの劣化は早い。













a0163159_21575185.jpg
キャブレターオーバーホール&各リビルドでござりました♪















a0163159_21585991.jpg
正確な流量となるよう・・・
純正部品の供給は命でござりますなぁ。















a0163159_21581478.jpg
生産中止部品は・・・代用品、流用品、製作品にてカバーでござる。













a0163159_21595303.jpg
メーカー基準値の性能が出るように・・・














a0163159_22003650.jpg
全ての部品を吟味いたしての・・・リビルドです♪













a0163159_22015412.jpg
純正新品部品で入荷いたす部品もござります♪

再販の要望で再生産される部品もござりますが・・・
最低限中のさらに最低限の部品達ですから・・・
全ての部品が揃うわけではない・・・
ですから良好なベースであることが最も重要なのです。














a0163159_22021959.jpg
キャブレター無事完成でござりました♪














a0163159_22033729.jpg
車両に装着いたし・・・













a0163159_22030813.jpg
各調整♪














a0163159_22024630.jpg
エンジンが快調でなによりです♪















a0163159_22080551.jpg
各ステージで試乗いたしっ。・・・一服中123.png
「良いバイクでござります♪」

つづく。








by moriyamaeg | 2017-09-22 22:02 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GS750E・・・燃料系のつづきでござる。









a0163159_23095610.jpg
キャブレターは4連・・・
ガソリンタンクの燃料コックから出る燃料パイプは1本でござり・・・
パイプは、キャブレターNo2とNo3の間のT型ジョイントパイプへ繋がり・・・
流れ込んだガソリンは各フロート室へ流れます。
(No2とNo1の間、No3とNo4の間にもジョイントパイプがござり全フロート室へ
ガソリンが流れ込む構造。)



















a0163159_23134634.jpg
当時物のTジョイントパイプを外しますと・・・
ゴム部分はヤレまくり、柔軟性無くカチカチ&縮み&割れ発生でガソリン漏れ!

ガソリン漏れを止めるために耐ガソリン性の液状ガスケット使用で・・・
「応急とりあえずのボンド塗りまくり」でしたが、これはアウトでござる。


















a0163159_23101694.jpg
左右のジョイントパイプも当時物で劣化っ。・・・カチカチで死んでます。
















a0163159_23140865.jpg
キャブ側内径に対してジョイント側ゴムの適正寸法やゴムの弾力は命ですから・・・
劣化のジョイントパイプは必ず新品へ交換しなければなりません。
(Oリングタイプならよかったのですが一体成型タイプなのです。)

・・・しかしながら・・・















a0163159_23144524.jpg
・・・新品部品は生産中止でござり。
代用新品部品で復活させます♪
















a0163159_23142846.jpg
他にも必要部品はござるが生産中止ですので・・・
リビルド・製作・代用等で頑張ります。













a0163159_23103266.jpg
ガソリンフィルターに溜まる粉末錆び・・・さらに細かい粉末錆びはエレメント
通過いたし・・・キャブレター内へ侵入でござります。














a0163159_00150289.jpg
ガソリンタンク内腐食から落ちてきた錆でござり・・・
・・・錆び取り処理されてましたが、まだ錆が残ってますので再処理いたします。
(極度に腐食したガソリンタンクは交換でござります。)

つづく。




by moriyamaeg | 2017-09-22 00:10 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GS750Eのつづきでござる。







a0163159_23043187.jpg
スペシャルチェックの結果・・・ノーメンテの当時物部品が多く不具合もござり、
広範囲でのメンテナンスが必要でござります。
・・・予算もござりますので順番に直していくことになりました♪
第一段は、最も不調な燃料系のメンテナンス&修理の遂行でござる。













a0163159_23044908.jpg
エアークリナーボックスのメンテナンスリッドを外しますと・・・
クリーナーボックス内部は上下2分割されております。
外気は下段へ導入されまして、下段にあるエアーエレメントにて埃を濾過いたし・・・
濾過されたクリーンなエアーは上段へ流れ込み・・・
上段のエアーファンネル(ダクトホース)からキャブレターへと流れますっ。










a0163159_23041218.jpg
ダスト除去いたすエアーフィルターでござる。
(スポンジタイプでござりオイルを染み込ませる湿式タイプ♪)
汚れなく超綺麗ですが「古い!」・・・油分はゼロでスポンジは劣化っ。












a0163159_23055147.jpg
エアークリナーボックス本体は樹脂製でメンテナンスリッドはスチール製でござり・・・
ボックスとリッドの隙間からエアーリークしないよう・・・
図のゴム製パッキンがござります。・・・(ひび割れもなくまだ使えそう♪)












a0163159_23075528.jpg
キャブレターフロートチャンバーを外しますと・・・
内部には粉末錆がたんまりと侵入いたし、各部品も腐食&劣化でござりました。
・・・これじゃ不調も仕方ないっ。

しかしながら・・・
39年ものの旧車・・・この程度はあたりまえでもござります。
経過年数と幾度もの放置で腐食&清掃を繰り返して来たのですから・・・
毎度の最低限清掃と最低限部品交換だけでは・・・足りませぬ。









a0163159_23081367.jpg
図は、土に還る途中のジェットブロック・Oリング・メインジェットでござり~♪

放置すると「すぐ土に還ろう♪」とする部品達。。。
自然界に放置いたせば・・・鉄が100年、アルミが500年で土となる。
・・・性能維持できる形状を保てる年数はわずかでござります。
確実な、掃除と点検とメンテと正しい取り扱いが重要で必要なのです。










a0163159_23093891.jpg
ダメな部品を交換するだけの事ですが・・・
旧車の場合、交換部品が揃わないのが痛いのです。
純正部品、社外部品、中古部品、修理部品、修正部品、製作部品、流用部品、等々
ありとあらゆる手段を使い・・・快調を目指します♪
もちろん・・・
極度のポンコツキャブの場合はベースキャブ変更いたすほうが近道でござる。












a0163159_23083256.jpg
ジェットブロックを外しますと・・・
キャブボディーからわずかに飛び出すジェットニードルが見えます。

「ありゃ~?」ニードル先端が・・・
ずいぶん黄昏ておりますなぁ~。











a0163159_23112641.jpg
黄昏ていたジェットニードルを外しますと・・・
「わぁ~!ひん曲がっちゃってんじゃん!」














a0163159_23090771.jpg
No1キャブ吸気側・・・「あ~、凹んでんじゃん!」

(ものすごく重いキャブレターでござり落としたら簡単に変形します。)














a0163159_23085186.jpg
No2とNo3とNo4のカッタウェイ(スロットルバルブ)
・・・めっちゃ傷つけられており・・・
長期放置で固着したカッタウエイをドライバー等でこじって外した時の傷ですなっ。













a0163159_23111025.jpg
傷のバリ取りが・・・不完全・・・










a0163159_23125799.jpg
・・・フリクションがござる。















a0163159_23131241.jpg
キャブボディーのスロットルホール側もバリにより攻撃され傷がござるが・・・
・・・ホール変形していたら・・・このキャブは捨てます。










a0163159_23092271.jpg
点検時にスロットルの戻りが悪い状況でした。
リターンスプリングが純正品ではなく、細く短く伸びきった貧弱バネが
装着してあり、スロットルの戻りが悪いだけかと思いきや・・・
カッタウェイ&キャブボディー損傷も原因でしたかぁ~。
・・・「残念っ。」

腐食や劣化だけでなく・・・
人為的な問題で壊されたキャブレターも多いのですっ。
・・・つづく。











by moriyamaeg | 2017-09-16 21:09 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GS750E(2型)でござります♪
1978年式の国内仕様。




a0163159_23021969.jpg
ホイールはゴールドに再塗装されてますが・・・
それ以外はノーマル(当時物)でござります♪

「当時物極上品」聞こえは良いのですが♪
当時物にしては極上品という言い回しが実にややこしい・・・
当時ものでござるので部品によっては終わっております。
終わっていなくても終わる寸前の部品も多いです。・・・結果、摩耗が無くても
経過年数での劣化や腐食にやられ本来の調子が出ない部分も多いので不調なのです。













a0163159_23072554.jpg
走行距離は7604km・・・各部の状態からみて実走のようです。
もちろん各部の風化はござりますが・・・国内保管での39年経過にしては程度良し♪
ベース車両としては最高で申し分ござりません♪











a0163159_23025007.jpg
エンジンは良好♪
燃料系はアウト!
電気系は・・・














a0163159_23062133.jpg
現状作動いたしますが・・・
劣化が進んでおります。・・・不調となるのは時間の問題でしょうなっ。















a0163159_23063730.jpg
屋内保管(放置)らしき程度・・・
現役の頃には整備され可愛がられていたのでしょうなぁ。

日本の風土で屋外保管(放置)であれば既に土に還っておりますなっ。
















a0163159_23070041.jpg
電気ビリビリのプラグキャップっ!
「拙者、感電しまくりでござるっ。」
















a0163159_23031721.jpg
中古車で購入いたしたGS750E・・・
現状不調な部分もござるし、今後不調となるであろう部分もござるし・・・
各部メンテナンスいたして・・・「快調に走りたい♪」

まずは、当店「スペシャルチェック」遂行でござりました。・・・
車両のスペシャル総点検でござり費用は税込み19440円♪
・・・エンジン系、燃料系、電装系、車体系、前後足廻り系、駆動系、
前後ブレーキ系、その他全て・・・総点検いたし評価いたします。
現状どうなっているのか知り、どこが安全でどこが危険なのか判断いたして
今後のメンテナンス計画の方向を決めていくスペシャルチェック♪








a0163159_23043187.jpg
総点検後のメンテナンス第一弾は・・・燃料系でござり♪
いかなる事に・・・

つづく。
























by moriyamaeg | 2017-09-12 00:15 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZZR1100Cの点検&整備でござり。






a0163159_21185827.jpg
エンジンフルオーバーホールいたし、燃料系、足廻り、ブレーキ系、メンテ
いたし・・・その後、電装系もフルメンテいたしましたZZR1100Cでござります。
CB750FC同様、フルメンテに必要な純正新品部品が揃った時代での作業でしたので
ロングライフ仕様での完成でござりました♪











a0163159_21231554.jpg

今回は、前後足廻り系と前後ブレーキ系の点検&フルメンテナンスでござる。
前回のメンテから・・・走行距離も進み&年数も経過いたし・・・
前回の時点では再使用できた部品達も・・・限界を迎えまして・・・
今回は交換いたしますので、前回のメンテナンスより交換部品の量は増えますなっ。
しかしながら・・・交換部品が販売終了となってしまっていたら・・・水の泡でござります。









a0163159_21234624.jpg

フロントフォーク・スライドメタルのテフロンも少しづつ薄くなりますので・・・
走行距離が進みメンテ不足だったり、フォークの整列が悪かったりですと・・・
テフロンがすり減って完全に無くなり地金が出ているフォークもござります。
・・・地金がボトムケース内壁を攻撃しますので最悪はAssy交換となるっ。














a0163159_21184398.jpg

ステアリング系メンテ・・・ステムベアリング交換&調整でござる♪















a0163159_21193896.jpg

これでまた、快調なハンドリングで走れます~♪














a0163159_20540006.jpg

ステアリング系、フロントフォーク系、フロントホイール系、その他・・・
フロント足廻りのフルメンテナンス完了でござり♪















a0163159_21165048.jpg

お次は、リアの足廻りのフルメンテナンスでござる。















a0163159_21174255.jpg

リアホイール系・・・大掃除いたし各部品交換です。














a0163159_21170690.jpg
リアスイングアーム系&サスリンク系・・・大掃除いたし各部品交換です。














a0163159_21175772.jpg

リアショックアブソバー(当時物)・・・
「こりゃもう限界ですなぁ~。」















a0163159_21181073.jpg

新たなリアショックに交換いたします♪
純正新品は販売終了ですので・・・
左の「ナイトロン♪」といたします。













a0163159_21090803.jpg

スイングアーム系&サスリンク系のフルメンテ遂行いたし・・・
「ナイトロン」リアショック装着~♪













a0163159_21191325.jpg
その後、各作業は続きまして・・・
リア足廻り完成でござりました♪














a0163159_20542895.jpg
お次は、前後ブレーキ系でござり・・・
フロントブレーキキャリパーのフルオーバーホール完了~♪
快調&高耐久&ピカピカとなりました♪













a0163159_21051169.jpg

Fキャリパー装着!
・・・ブレーキディスクは前回メンテ時に交換済みでござりまだまだ元気です。
















a0163159_21092578.jpg
Fマスターシリンダー・・・
旧マスターはオーバーホール対応が厳しい状況でしたので新品Assyに交換っ♪














a0163159_20545392.jpg
リアブレーキキャリパーのフルオーバーホール完了~♪














a0163159_20544117.jpg

フロントキャリパー同様・・・快調&高耐久&ピカピカでござる♪













a0163159_21054634.jpg
Rキャリパー装着!

純正リアブレーキホースは販売終了なので・・・
「グッドリッジ」にて製作対応っ♪













a0163159_21083707.jpg

リアマスターAssyもフルオーバーホール完了♪













a0163159_21080679.jpg
リザーバータンク&ホース&クランプも新品といたします。

今回の足廻り系&ブレーキ系メンテにより・・・
今後も気持ちよく長く乗れますなぁ♪

いつまでも元気で♪快調で♪走りましょう♪
「T殿、ありがとうございました。」







by moriyamaeg | 2017-09-11 21:31 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
いつまでも元気で♪いつまでも快調に走りたい♪
CB750FCとZZR1100Cの点検&整備です。









a0163159_23161923.jpg
エンジンフルオーバーホールと同時にレストア&カスタムいたし、
燃料系、電装系、車体系、足廻り、ブレーキ系、その他、フルメンテした
ホンダCB750Fcでござります。
その当時は、フルオーバーホールやフルメンテに必要な純正新品部品が
揃った時代でござりロングライフ仕様での完成でござりました♪
その甲斐あって現在も超快調です!

といえども年月は経過いたしますので・・・
乗りっぱなし、放置、整備無しではござりません。
・・・定期点検&定期整備は確実に遂行いたしております♪















a0163159_23164722.jpg
外観の綺麗さだけでなく・・・
全項目をロングライフ仕様といたした車両には・・・
中身の高耐久&快調で得られる安全性と
長期にわたり快調に走れる気持ち良さがござるのです。
















a0163159_23160101.jpg
早期発見し早期治療をめざし点検っ・・・今回は大きな問題は無し♪
前後タイヤ交換と各油脂類交換と各部清掃給油と小整備でOKっ。

















a0163159_23152643.jpg
2年に一度の車検点検整備は重要でござる。
















a0163159_23154690.jpg
次回車検あたりで前後ブレーキ系&前後足廻り系のメンテでしょうなぁ。
という予測も今回の点検で分かりますっ。














a0163159_23163216.jpg
各部整備ついでに大掃除も遂行でござる。
奥の奥は分解しないと手がとどきませんから・・・
まさに今がチャンスでござり・・・ピカピカに大掃除でござる。

















a0163159_23150252.jpg
いつまでも元気で♪快調で♪走りましょう♪
「Y殿、ありがとうございました。」














a0163159_21185827.jpg
次回は、ZZR1100Cでござります♪

・・・つづく。













































by moriyamaeg | 2017-09-10 20:52 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

1200馬力・・・その2

森山です。

蒸気機関でござり・・・








a0163159_22313689.jpg
機関車&炭水車の装備重量は127.65トンですか・・・
とんでもなく重い貨車も牽いて走るわけですから・・・
ガソリンエンジンの1200馬力とは比にならない蒸気機関の1200馬力!
超強烈な発生トルク♪
「シュ~~~ッ」だけでゼロスタートですから・・・!!!!!!!!!
「こりゃ、油圧シリンダーと同じですなぁ~。」














a0163159_22321814.jpg
D51でござる♪
「D51 408」・・・昭和14年(1939年)No783・・・

















a0163159_22324637.jpg
シリンダでござる♪

















a0163159_22331091.jpg
動輪と主連棒♪
動輪には「つりあいおもり」がごござり・・・
内燃機関ですと動輪はクランク、主連棒はコンロッド、「つりあいおもり」は
クランクウェイトですかっ。・・・クランクが車輪となり線路を走る。
鉄製の動輪と鉄製の線路でござり・・・4個の動輪が左右にござり計8個
・・・その接触面摩擦での駆動でござります。










a0163159_22332726.jpg
真っ黒な蒸気機関車でござります。
拙者がまだ小さいころ・・・駅にいきますと蒸気機関車は走っておりました♪
国鉄がなくなり・・・郵政省がなくなり・・・時代ですな。
(電電公社ってありましたなぁ~。)














a0163159_22401926.jpg
戦艦・・・














a0163159_22403774.jpg
「三笠」でござります。・・・・1900年完成の戦艦でござる。
バルチック艦隊に勝利した戦艦でござり!















a0163159_22405496.jpg
蒸気機関の直列3気筒で15000馬力発生でござります。

戦艦大和も蒸気機関でござるが、
レシプロではなく4基の蒸気タービン(合計で150000馬力以上)でござりました。

蒸気機関を見かけなくなったように、
そろそろ内燃機関も消えていくのでしょうなぁ~。

動力源が電気となりますと・・・もちろん充電が必要です。
需要が増えますと・・・原子力パワーが再燃でござる。
やがて・・・
日々の充電をしなくても・・・
原子力潜水艦の動力源のような・・・
原子炉搭載のバイクや車が町中に・・・

原点回帰で・・・動物本来の筋肉移動が一番でござる。






by moriyamaeg | 2017-09-06 22:36 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

1200馬力・・・

森山です。
1200PS・・・


a0163159_22565681.jpg
ボア55cmXストローク60cm・・・15kg/cm2
・・・1200PSですかぁ!
シリンダーは左右にござるので2気筒でござり
90度位相のクランク(車輪)ですっ。

最大トルクが気になりますなぁ~♪
とてつもない重量をトランスミッション無しで・・・
ゼロ発進から最高速まで・・・恐るべし15Kg/cm2











by moriyamaeg | 2017-09-05 23:10 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
中高年ライダーのみなさま・・・
「元気ですかぁ~!!!」
「元気があれば何でもできる~♪」
健康に気を付けて体力を維持いたしバイクで遠くへ出かけましょう~♪





a0163159_23150252.jpg
「快調ですかぁー!」
・・・CB750FCの車検点検整備でござる。















a0163159_23223476.jpg
「快調であればどこでも行ける~♪」
・・・ZZR1100Cの前後ブレーキ系&前後足廻り系フルメンテでござる。














a0163159_23021969.jpg
「不調なら・・・快調目指して整備いたせば良いのです♪」
・・・GS750Eのスペシャルチェック&燃料系メンテナンス&修理でござる。


人間もバイクも衰えるものです。
何もせずでは激しく衰えますので・・・
しっかりと管理&努力いたして飛躍的な元気&快調を手に入れてください。
・・・つづく。



by moriyamaeg | 2017-09-03 23:26 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GPZ900R A11のつづき・・・







a0163159_23270534.jpg
大きな箱の中身は・・・














a0163159_23272164.jpg
新品のシリンダーヘッドAssyでござります♪














a0163159_23294190.jpg
傷んだ旧ヘッドを直して得られる結果とかかるコストを考えますと・・・
今回のA11は新品ヘッド採用でござりっ。

新品ですから腐食ゼロ&超ピカピカ塗装ももれなく付いてきます~♪












a0163159_23292340.jpg
新品ヘッドAssyに・・・新品バルブを合わせます。















a0163159_23265008.jpg
もう一つの大きな箱は・・・















a0163159_23274289.jpg
新品のシリンダーAssyでござります♪














a0163159_23281326.jpg
超ピカピカでござる。
















a0163159_23275917.jpg
新品ですから、シリンダー内壁だけでなくウォータージャケット側も腐食無く
元気っ♪・・・末長く使えます。

















a0163159_23283767.jpg
各部点検測定いたします。

・・・つづく。








































by moriyamaeg | 2017-09-02 20:12 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg