<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

森山です。
極度の寒さ&暑さじゃ乗れない。
冬は暖かく♪
夏は涼しく♪

B110拙者号・・・暖房(ヒーター)のみの標準仕様でござり・・・冬はOKですが、
冷房(クーラー)無しでござり・・・地球温暖化の真夏は超辛い。
車体の断熱性能も乏しくエンジン系やマフラーからの熱がもろ伝わりまして
外気温35度時の渋滞路では間違いなく40度越えでござる~。
三角窓全開、全ての窓全開でも・・・汗だく&熱中症141.png
・・・「マジで夏は乗ってられません!」

で、長年の夢「エアコン装備」でござります♪113.png
旧車でござりますので・・・新品純正クーラーは生産終了でござる。
社外品で現在でも「吊り下げ式クーラー」はござりますが・・・
助手席側に吊るしますので、運転手は暑いが助手席の人は寒いので、
センターコンソールに取り付けてエアコンといたしたいが・・・
そう簡単な作業ではござりませんなぁ~。










a0163159_20400214.jpg
「現行新品純正品での他車流用いたしますかぁ~♪」
で、吟味いたし購入いたした・・・エアコンの室内ユニットでござる。
・・・「この形じゃ、まともに装着できる気が全くしない♪」

室内のダッシュボード&コンソール内に収まるエアコンユニットは
もちろん車種専用設計でござりますので・・・確実に他車装着不可でござる。















a0163159_20404167.jpg
B110サニーに対し超デカい「室内ユニット」でござります♪
・・・「こりゃ無理だ。」
この3分の1サイズならいけそうですが現実3倍デカいですからなぁ・・・
B110の、純正ヒータースペースとコンソールスペースでの装着が限度でござり
ダッシュボード系はオリジナルのまま無傷で装着いたしたい・・・
(こりゃ大仕事になりそうです。しかし大仕事にしたくない・・・)

昭和48年のB110サニーの時代・・・クーラーが標準装備ではなく・・・
助手席吊り下げ式クーラーが主流でビルドイン設計なんて無い時代ですから・・・
スペース確保なんてものはない!(三角窓と外気ベントがあれば暑くない時代ですから。)

・・・つづく。







by moriyamaeg | 2017-10-31 20:52 | その他 | Trackback | Comments(2)

DUCATI 749R

森山です。
749Rの車検でござり♪






a0163159_22532448.jpg
純正標準仕様から、ほぼレーシングエンジンの749Rでござる。












a0163159_22503111.jpg
乾式&スリッパークラッチは標準装備でござります。

今回、クラッチトラブル発生でござり・・・分解点検っ。
・・・749Rのメンテナンスサイクルは早い!












a0163159_22510112.jpg
クラッチハウジング(アウター)・・・ガタガタに摩耗。










a0163159_22524491.jpg
フリクションディスクもガタガタに摩耗っ。















a0163159_22522031.jpg
奥のフリクションディスクは・・・分割っ。












a0163159_22530315.jpg
走行15000km・・・短命のようですがこれが749Rの通常寿命・・・















a0163159_22542583.jpg
ダメージ部品&寿命部品を新品交換いたし完成でござりました♪
・・・部品も高額でござります~っ。







by moriyamaeg | 2017-10-26 22:49 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

スズキ「隼」のメンテ

森山です。
スズキGSX1300R「隼」の前後足廻りメンテナンス♪




a0163159_22322051.jpg
前足廻りの分解点検整備・・・各部分解っ。















a0163159_22324001.jpg
フロントフォーク系、ステアリングステム系、フロントホイール系、
その他、点検&メンテいたします。












a0163159_22454844.jpg
・・・フロント足廻り無事完了♪














a0163159_21354109.jpg
後足廻りの分解点検整備・・・各部分解っ。















a0163159_21352191.jpg
スイングアーム系、リンク系、リアショック系、リアホイール系、その他
点検&メンテいたします。・・・安全&高性能&高耐久維持のためでござる♪

知らず知らずガタガタになるまで走行&放置いたしてからのメンテでは
交換部品に大物が出るし数も大量となりハイコストとなる・・・
交換部品を妥協しますと性能は落ちる・・・
・・・ですから定期でのメンテが一番なのです♪







by moriyamaeg | 2017-10-24 20:50 | 足廻り編 | Trackback | Comments(0)

すすき

森山です。
長雨が続きまして・・・秋の台風もござり・・・秋晴れの日が少ない。







a0163159_22460562.jpg
・・・本日快晴で、ようやく試乗できました♪
エンジンオーバーホール&フレーム系オーバーホールのスズキGSX1100S「刀」
N殿号完成でござります♪
フロントスプロケ&アウトプットシャフト(ドライブシャフト)のスプライン部
損傷での走行不能でしたが、無事復活でござります♪
・・・長めの試乗でござり只今一服中。123.png

「秋ですなぁ~。辺り一面すすきでござる。」
・・・すすきの葉は刀のように切れる。(素手で握って引っ張ると危険です。)









a0163159_22463862.jpg
すすきとカタナ・・・まさに「すすきカタナ」ですかっ。123.png

エンジン&フレームのレポートは次回っ♪



by moriyamaeg | 2017-10-23 22:54 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(2)
森山です。
6ポットの赤忍者でござる♪・・・最終回。





a0163159_23230911.jpg
フロントフォークのオーバーホール完了いたし・・・
Fブレーキ系メンテでござります。













a0163159_23225848.jpg
Fキャリパー装着ボルトの頭が・・・錆びておりますが・・・
このレベルなら磨けば綺麗になります。














a0163159_23233891.jpg
Fキャリパーの大掃除&ブレーキフルード交換&ブレーキパット交換でござる♪














a0163159_23242304.jpg
お掃除いたし各部点検し・・・フルストロークでのもみ出しでござりました。
・・・次回車検ではピストンシール交換でござるっ。
(6ポットはピストンの動きが悪くなりやすいので頻繁(半年ごと)にもんだほうが良い。)











a0163159_23232621.jpg
固定ボルトの錆びも磨きまして・・・「ピカピカでござる♪」
再腐食させないよう・・・頻繁にお掃除いたし極薄く油分塗布いたせば良いです。












a0163159_23235511.jpg
・・・Fキャリパー装着。
ピストンの戻りが良くなり・・・












a0163159_23241037.jpg
・・・パットの引きずりが解消されましてホイールがクルクル回ります♪
引きずり抵抗が無くなりバイクが軽くなる♪













a0163159_23244594.jpg
Rキャリパーも大掃除でござる。












a0163159_23245966.jpg
大掃除し各部点検&もみ出しいたし・・・フルード交換&パット交換でござりました♪
フロントと同じく次回車検でピストンシール交換ですな。













a0163159_23271441.jpg
エアークリーナー系の点検&メンテいたし・・・・














a0163159_23263963.jpg
点火系点検&メンテいたし












a0163159_23382627.jpg
・・・その他の電装系も点検いたします。
車検点検項目+忍者専用の点検項目を遂行いたし
その後も作業は続きました♪

安全&快調に走る為に必要な定期点検整備作業でござりました。
「T殿ありがとうございました。」




by moriyamaeg | 2017-10-21 21:56 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
フロント16インチのGPZ900R(A5)でござります♪

Fフォークはインナーチューブ径38mmで
エアー加圧式&アンチノーズダイブ機構装備♪













a0163159_22320230.jpg
走行17000kmでござり
1988年式とは思えないほど綺麗な車両でござります♪
保管場所が良かったのでしょうな。(購入後のオーナー殿の大掃除も効いてます♪)
しかしながら、1988年式・・・長期保管と当時物部品ですから
腐食や劣化によるトラブル部分もござりメンテナンスでござりました。
重大なトラブルを抱えていないのでベース車両としてラッキな極上車でござる~♪














a0163159_22331695.jpg
Fフォークオイル漏れ発生で・・・
Fフォークのオーバーホールでござりました。














a0163159_22341877.jpg
インナーチューブ、その他、点検測定いたし・・・














a0163159_22343718.jpg
綺麗に大掃除いたし・・・各部品交換&メンテでござりました。












a0163159_22353580.jpg
Fフォークオーバーホール&メンテ完了♪













a0163159_22345806.jpg
アンチノーズダイブ機構のブレーキ油圧作動部品(販売終了部品)が不調!
ひとまず、アンチノーズダイブキャンセラーKIT装備いたして走行可能といたします。
(交換部品確保しましたらメンテナンスし再装着いたす事となりました。)













a0163159_22355388.jpg
キャンセラーKITの調整とエアー圧調整での試乗でござりました♪
・・・ブレーキ・足廻り・エンジン・各部快調でござり良く走りますっ♪




by moriyamaeg | 2017-10-20 23:16 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
「6ポットの赤忍者でござる♪」 のつづき・・・







a0163159_23224527.jpg
GPZ900R A12 T殿号の車検点検整備でござりました♪











a0163159_23321720.jpg

前後足廻りの分解点検整備でござり・・・
フロントフォーク&リアショックのオーバーホールでした♪












a0163159_23334831.jpg
数年前にスペシャルメンテいたしたスイングアーム&リンク系も
点検確認いたし・・・お掃除&メンテ♪













a0163159_23353730.jpg
チェーンケースの裏側も・・・












a0163159_23355249.jpg

綺麗に・・・お掃除っ♪
















a0163159_23381380.jpg

整備の基本は・・・掃除ですっ!












a0163159_23351865.jpg

リアホイールの点検・・・
各ベアリング・ハブ&ダンパー・ホイール本体・ディスク系・スプロケット系・
タイヤ・その他・もれなく点検いたします♪











a0163159_23361020.jpg

での・・・お掃除でござります♪













a0163159_23362706.jpg

普段、手の届かない奥の奥は汚れが溜っております。
「今が掃除チャンス!」
オーナー殿にかわりまして・・・拙者、大掃除しますっ♪














a0163159_23364089.jpg

ピカピカになりました♪








a0163159_23365692.jpg

汚れを除去いたし綺麗にしますと・・・
金属表面が良く見え、摩耗や腐食の状況・亀裂等の発見もできますっ。












a0163159_23375846.jpg

ダスト付着を放置いたしますと・・・
塗装や表面処理がやられ・・・数年後には錆び発生。
確実にダスト除去いたし確実にワックスがけいたせば長寿でござるのです♪










a0163159_23374551.jpg

ほら~。
リアブレーキディスクの裏側・・・
キャリア(ハブ)に付着したブレーキダスト・・・手の届きにくい位置ですからなぁ。










a0163159_23372768.jpg
く~っ!・・・表側もですかぁ。
アルマイト処理されたキャリアですがブレーキダストの長期付着で腐食してます。









a0163159_23371339.jpg

・・・頑張って大掃除でござりました♪












a0163159_23310013.jpg
お次は、冷却系です。
各部スペシャルメンテやオーバーホールや定期メンテ遂行の車両ではござりますが
月日は流れ一巡目から二巡目となる部品達もござるのです。
今回は、経過時間管理で冷却系部品の交換時期で・・・
・・・各部品分解点検し各部品交換いたしました♪










a0163159_23314633.jpg

フレッシュなゴム部品で元気になりました♪














a0163159_23320173.jpg


・・・あぁ、スッキリでござる♪











a0163159_23302959.jpg

シフト時のペダル位置が少し高く感じるので
チェンジペダル位置を少し下げたいとの事でした。














a0163159_23294387.jpg

長年使用のステップラバーでござる。












a0163159_23300054.jpg

毎度のチェンジ操作で
長期のうちにはステップラバーの前方は大きく摩耗・・・









a0163159_23301430.jpg

ペダル側のラバーも摩耗・・・摩耗でもシフトアップ時の操作位置は高く感じます。
さらに・・・
チェンジペダル軸やチェンジロッドエンド等も摩耗いたし・・・
トータルでは大きなガタです。
・・・このガタでもシフトストロークが大きくなり操作位置を高く感じます。









a0163159_23262547.jpg


少ない摩耗なら調整でも良いのですが・・・
傷んだラバーと摩耗した軸とロッドエンドですとシフトフィーリングが良くないので・・・
傷んだ部品と摩耗した部品は交換いたしたほうが結果も良いし今後高耐久でござる♪











a0163159_23282081.jpg


各部品お掃除いたし点検。











a0163159_23261162.jpg

フロントスプロケットに溶着された騒音対策のラバー(緑色のゴム)は・・・
劣化で飛んでますが問題なし。・・・そもそも無いほうがいい。

各部に積もった汚れは・・・












a0163159_23291010.jpg

綺麗にお掃除でござりました。
・・・傷んだ各ステップ系部品は新品に交換いたしました♪

2年に一度のまじめな車検点検整備は安全と快調維持とロングライフのために
非常に重要でござる。もちろん1年サイクルや半年サイクルの整備部分もござります。
有効期間更新が目的の車検を続けますとコストはかかりませんがポンコツへ
まっしぐらでござる。

・・・つづく。





















by moriyamaeg | 2017-10-18 23:41 | 整備編 | Trackback | Comments(5)
森山です。
機械ものを安全に気持ちよく使用いたす為に・・・
稼働時間でのメンテ&部品等の管理(オートバイの場合は走行距離)と
経過時間でのメンテ&部品等の管理がござります。
稼働や経過に関係なく起きるトラブル(人為ミス、転倒等の外力、飛来物、腐食、その他)
も多いので都度の点検管理も重要でござる。
寿命は、取り扱い、メンテサイクル、使用用途や環境、日頃のお手入れ、保管状況、その他、
によっても大きく変化致しますっ。






a0163159_23262026.jpg
ZRX1100(コンさん号)でござります。












a0163159_23263471.jpg
エンジンオーバーホール&チューンいたしてから約4000Km走行♪
稼働管理での各部点検調整でござりました♪












a0163159_23255579.jpg
&・・・経過管理の・・・
Fブレーキのフルード交換&キャリパーもみだし、
Rブレーキのリアマスターシリンダーメンテとフルード交換&キャリパーもみだし
の遂行でバッチリでござる♪













a0163159_23291087.jpg
GPZ900R(まーきゅうりさん号)でござります。
コンさん号と同じく・・・










a0163159_23330159.jpg
エンジンオーバーホール&チューンいたしてから約4000Km走行♪
稼働管理での各部点検調整でござりました♪












a0163159_23331384.jpg
バッチリでござる♪













a0163159_23320615.jpg
ピカピカのGPZ900R「弾丸忍者」でござります。













a0163159_23285633.jpg
確実な管理とメンテナンスサイクルで気持ちよく走る♪
・・・稼働&経過管理でのメンテナンスでござりました。












a0163159_23283950.jpg
フロントフォーク稼働管理の「オーバーホール」です。













a0163159_23294870.jpg
フロントブレーキは経過管理で・・・「フルード交換」と「もみだし」です。













a0163159_23323326.jpg
快調目指すと稼働管理と経過管理は最優先で
早期発見早期治療にも繋がるのです♪







by moriyamaeg | 2017-10-14 00:34 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール・・・最終回。





a0163159_22220595.jpg
エンジン搭載前に各部大掃除!
・・・奥の奥はエンジンの無い今こそチャンス!
(経年劣化でバラバラになっていたドライブチェーンスライダーは新品へ交換でした♪)














a0163159_22222955.jpg
ありゃ、リアショック前方のフレーム部が大きく錆びております。
・・・「正に今がチャンス!」












a0163159_22232239.jpg
錆び除去いたし・・・













a0163159_22234690.jpg
ペイントでござりました♪














a0163159_22224954.jpg
フレーム前方も大掃除いたし・・・「ピカピカ♪」















a0163159_22240654.jpg
・・・エンジン搭載完了♪















a0163159_22244309.jpg
キャブレターも再点検いたし♪












a0163159_22252237.jpg
各補機類装着&調整いたし・・・
冷却水&エンジンオイルを注入いたし・・・












a0163159_22254394.jpg
エンジン一発始動っ!「ブォーーーーーーーーン」
暖機いたし♪
キャブレター調整&各点検いたし♪
試乗いたし♪
GPZ900R A11のエンジンフルオーバーホール無事完成でござりました125.png









by moriyamaeg | 2017-10-12 21:59 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
今回の、GPZ900R A11 マレーシア仕様は・・・数年前に
綺麗な中古車(走行3000km♪)で購入でござり
見た目は程度良好♪・・・しかしながら
走行3000km=超長期保管(放置)は明らかで
シリンダー、ピストンリング、バルブ、その他、腐食いたし
燃料系統も劣化&内部腐食で・・・
復活時にしっかりとメンテいたせばOKだったのですが「3000km=全てが極上」
という計算式が邪魔をいたし・・・44022kmを走破っ。
もちろん3000kmの恩恵で問題なく走れた部分もござりますが、
初期トラブル解決と各部点検整備が今一でしたなぁ。

すでに44022km走破(爆弾を抱えて)&20年経過の当時物部品だらけ
&各部ノーメンテで・・・程度はガタ落ちでござる。
傷んだエンジンだけでなく、燃料系、冷却系、電装系、前後足廻り、
前後油圧ブレーキ系、油圧クラッチ系、その他、このままノーメンテですと
先が無いのでフルメンテナンス決意でござりました。

ちょいと前にスペシャルチェックいたし先に燃料系と冷却系をメンテいたし♪
そして今回のエンジンオーバーホール作業&フロント足廻りメンテ、ドライブチェーン系
交換、その他作業でござりました♪
次回の、リア足廻り系、前後ブレーキ系、油圧クラッチ系、電装系、で完成ですなっ♪

なにはともあれ、走るからOKではなく早期発見早期治療のため
2年に一度のスペシャルチェックで早期発見で重症化予防でござる♪







a0163159_22211721.jpg
「快調ロングライフ仕様」で復活いたしたエンジンAssy♪














a0163159_22214464.jpg
車体に載せます♪













a0163159_21125486.jpg
時はさかのぼり・・・エンジンオーバーホール開始時のカットでござります。

前後スプロケ&ドライブチェーンも新車時のままで驚きの44022km走破っ♪
チェーンガイドは劣化でパキパキと割れ・・・脱落しておりました。

つづく。










by moriyamaeg | 2017-10-07 21:19 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg