<   2017年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

森山です。
刀のつづき・・・







a0163159_21273006.jpg
カウンターミッションAssyです。

スズキではインプット側をカウンターと呼び・・・ホンダですと
アウトプット側をカウンターと呼びます。・・・ややこしい。














a0163159_21265194.jpg
ドッグ摩耗、ガタ具合、シャフト摩耗等の問題は無く良好でござるが
峠がメインでござり2速、3速、4速を多用・・・
特に3速での加速負荷が多いようで歯面摩耗でチッピング(虫食い)発生です。
・・・しばらくは使えますがベストではござりませんなぁ。

カウンター側ミッションの分解整備は2速ギアから分解していきますっ。
殆どのミッションでは、2速カウンターギアとカウンターシャフトは
スプライン結合され駆動力を伝えておりますが・・・
刀の2速カウンターギアはスプラインなど無く、ただの丸穴でござり・・・
カウンターシャフト(丸棒部分)に接着剤付けて圧入嵌合する構造なのです。
その嵌合力で駆動力を伝えるのです。・・・設計上問題は無いのですが・・・
トルクと馬力のある刀ですと分解整備は2回まで・・・
分解いたすたびに嵌合力が弱くなるので限度がござるのです。2回を超えたら
新品の2速ギアと新品のカウンターシャフトで圧入組み立てとしなければならないのです。
パワーとトルクをかけてガンガン走るのであれば2速ギアとカウンターシャフトは新品部品といたして整備いたしたいですが・・・肝心の新品部品が販売終了でござる~♪
であれば・・・一度も分解整備されていない極上なミッションAssyを入手するのが一番ですな。
















a0163159_21342152.jpg
で、・・・
程度の良いカウンター側ミッションを探し・・・
ドナーミッションを入手しましたが・・・
















a0163159_21353172.jpg
「こりゃ、使い込んでおりますなぁ~。」

そんなに都合よく極上品があるはずもなく・・・












a0163159_21345763.jpg
・・・「N殿の刀より程度悪し」
激しいチッピング発生でござり使えませんでしたぁ~。

・・・つづく。


by moriyamaeg | 2017-11-27 01:41 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

刀のつづき・・





a0163159_21185414.jpg
トランスミッション・・・アウトプット側(ドライブ側)です。














a0163159_21192593.jpg
ドッグ部分、スプライン部分、シフトフォーク溝・・・程度良好~♪













a0163159_21194865.jpg
70000km走行にしては程度良いですなぁ。













a0163159_21200916.jpg
シャフト、ギアブッシュ&ベアリング等のガタ具合はまずまず・・・











a0163159_21233407.jpg
ドライブシャフトは、Fスプロケ装着部スプライン損傷で交換します。
同時に、各ベアリング、ブッシュ、スラストワッシャー、サークリップ等も
交換♪

残念ですが・・・
現在、ミッションの各ギアには販売終了部品がござる!
もしギアの損傷がござり交換となれば・・・程度の良い中古品か
新品を探すしかないです。













a0163159_21212831.jpg
今回、新品のドライブシャフトがメーカーより入手できて良かったです♪
(販売終了ですと良品を探すのに苦労いたしますから・・・)











a0163159_21215197.jpg

上が旧。
下が新。














a0163159_21223925.jpg

旧ドライブシャフト・・・当時物の1984年式。
オイル穴位置のズレがござります。(性能には問題ないが精度は今一)













a0163159_21220929.jpg

新ドライブシャフト♪・・・
位置の精度抜群でござる。
・・・工作機械の進化かぁ。













a0163159_21231339.jpg

で、旧ドライブシャフトのセカンドギア装着位置にある潤滑用オイル穴は
・・・この位置に開いてますが・・・















a0163159_21225741.jpg

新ドライブシャフトでは・・・この位置へ変更されてます♪













a0163159_21241853.jpg

また、スプライン部でない全周面部分の幅が・・・
旧は4mmのところ・・・














a0163159_21235719.jpg

新は、5mmへと変更されてます♪












a0163159_21261081.jpg

セカンドギアブッシュでござります。・・・ブッシュ内面にあるオイル溝に
先ほどのドライブシャフト側のオイル穴からオイルが流れ込んで
内周を潤滑いたし・・・さらに、オイル溝に開けられた2箇所の
オイル穴から外周へとオイルが流れ出し外周も潤滑いたすのです。














a0163159_21263321.jpg

で、旧型のシャフトは・・・
オイル穴の端がスプライン部分にかかっており・・・
チョいとオイルがリークしてしまう&全周面幅も狭いのでさらにリークですっ。














a0163159_21255021.jpg

・・・より潤滑性アップの為、
ブッシュの内面外面へと必要なオイルを送りまして、
さらなる耐久性のアップでござる♪














a0163159_21245228.jpg

旧シャフトから・・・














a0163159_21253049.jpg

新シャフトへ進化ですなっ。

もちろん、良質なオイルを使用し適正な交換サイクルを守る事と
上手な運転も重要でござります♪















a0163159_21273006.jpg

お次は、インプット側(カウンター側)でござります。

・・・つづく。







by moriyamaeg | 2017-11-25 21:54 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
「刀」のエンジンオーバーホール・・・つづき。






a0163159_21123301.jpg
クランクケース点検いたし下準備開始でござりました♪














a0163159_21141239.jpg
1984年製のクランクケース上下です。

エンジンも33年経過いたせば・・・
カーボン落とし、ガスケット剥がし、腐食除去、清掃がメイン作業となり
一番時間がかかりっ。(基本工数には無いぐらい大きな工数でござる。)














a0163159_21142734.jpg
旧車部品は摩耗だけでなく・・・
腐食や劣化が深刻な問題となることもござります。
















a0163159_21144384.jpg
オイルポンプAssyでござり・・・













a0163159_21153589.jpg
・・・分解点検でござる。

エンジン内部の金属粉や異物はエンジンオイルによりオイルパン内へ流れ込み
そこから・・・オイルストレーナー(金網)を透過するサイズの金属粉や異物は
オイルポンプに吸われ・・・
















a0163159_21155097.jpg
・・・回転摺動部分に咬み込み損傷を与えてしまう。

















a0163159_21160726.jpg
・・・傷も多いので今後を考え(部品供給のある今のうちに)交換します。
で、メーカー在庫ござり~の簡単入手でした♪
「左旧。右新。」




メーカー在庫があれば簡単に入手できますし適正価格でもござる♪・・・が・・・
販売終了となると・・・
使える部品を探し入手いたすのですが・・・これが本当に大変でござる!
入手が困難だったり、膨大にコストがかかったり、ものによっては無かったり、
それなりの部品しか揃わなかったり、・・・確実なオーバーホールには
確実な部品が必要でござる。













a0163159_21170955.jpg
アウトプット側シフトフォークは使用可能♪
















a0163159_21165195.jpg
インプット側のシフトフォークは交換します。
手前が新品、奥が旧で・・・メーカー在庫有りで、これまた楽に入手できました♪

















a0163159_21174890.jpg
傷んだオイルポンプAssyと傷んだインプット側シフトフォークの交換ですが・・・
メーカー在庫有りでしたので適正価格で納期もかからずスムーズに出来ましたぁ♪
又、新品交換できた事が旧車にとっては大きいですなぁ~♪



・・・つづく。





by moriyamaeg | 2017-11-23 20:49 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

森山です。

刀のエンジンオーバーホール・・・つづき。








a0163159_23282280.jpg
IN&EXバルブ外し・・・
燃焼室&IN&EXポートのカーボンを除去いたし・・・各部点検測定。















a0163159_22302853.jpg
カーボン除去いたすと・・・ヘッドのスキッシュエリアに現れた・・・
異物混入いたしてのクラッシュ痕でござる。

プラグ周辺にある砂利や砂がプラグを外した時に燃焼室へ入る事がござります。
・・・プラグを外す前にしっかりと清掃いたしましょう。
また、エアークリーナー無しの・・・エアーファンネル(直キャブ)でも砂&砂利&埃は
勢いよく燃焼室へ入りますので危険でござる。














a0163159_22310467.jpg
バルブシートの当たり幅と異物咬み込み・・・
ガイドとステムのガタ具合・・・
ヘッド面の歪み等々・・・点検でござる♪

純正の燃焼室(TTSCでしたっけ?・・・TSCCでした。)は・・・
通常の鋳肌では無く・・・
すべて機械加工(グラインド)仕上げされており、超均一なのでござる!
「より良きものを!の時代ですな。」











a0163159_22313893.jpg
シリンダー系点検。













a0163159_22325849.jpg
ピストン系点検。













a0163159_22334595.jpg
0.50mmオーバーサイズ純正ピストンでござります♪
元気に使える状況でござり良かったですが・・・
もし、交換&ボーリングであれば・・・
STDサイズ、0.50mm&1.00mmオーバーサイズ、全ての
ピストン&ピストンリングが販売終了でござりますので・・・
(ピストンピンとクリップは入手可能)
・・・社外ピストンでのボーリングとなります。

この純正ピストンは良く出来ております♪
ピストントップ~コンプレッションリング溝までハードアルマイト処理いたし
耐摩耗性向上♪・・・ピストントップも鋳物の凸凹鋳肌ではなく
切削加工仕上げで高精度でござります。・・・コストかけておりますなぁ~。
・・・まさにバブルピストンでござるっ♪









a0163159_22344457.jpg
ART製の純正ピストン!・・・「旧車となればなるほどオリジナルが恋しいのですなぁ~。」
(純正での鍛造ピストン!・・・CB1100Rも高級純正鍛造ピストンでしたなぁ~。)














a0163159_22370055.jpg
腰上はバルブ系メンテ、ヘッド面研です。
腰下はミッション系、クラッチ系、ワンウェイ系、オイルポンプ系、その他、
メンテでござる。・・・必要部品が入荷致しました♪。
残念ながらミッション系部品に生産終了部品がござりっ。
(GPZ900Rと似た状況ですなぁ。)













a0163159_22372080.jpg

ガタガタのクラッチ系部品はパーフェクト入荷でござりましたぁ~♪
・・・「ラッキー♪」













a0163159_22374030.jpg

今回、最も交換いたしたかったアウトプットシャフト・・・入荷いたしました!
・・・「これまたラッキー♪」でござる。
そもそも、この部品を交換いたすためにエンジン降ろして分解いたしたのですからなぁ~。


・・・つづく。




by moriyamaeg | 2017-11-20 23:00 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
2017年7月21日レポートの
「不具合放置で・・・さらなる不具合発生でござる。その3 」のつづき・・・♪







a0163159_20121368.jpg
N殿のGSX1100Sは1984年式で、使用用途は峠(箱根山)メインです。

走行40000km台で腰上オーバーホールを遂行しておりますが、
現在、走行70000km越えとなりまして・・・クラッチ系トラブルか
ミッション系トラブルかで・・・前に進まなくなりました。














a0163159_20143252.jpg
分解点検の結果・・・
フロントスプロケのスプラインが総ナメでござり、進まなくなっておりました。














a0163159_20141602.jpg
損傷のあるアウトプットシャフトは交換いたしますので・・・交換ついでで
腰下各部のオーバーホールをいたす事になりました。















a0163159_20150702.jpg
車体からエンジンを降ろし・・・
エンジン分解点検でござります。
















a0163159_23245310.jpg
カムシャフトでございます。
走行40000km台時の腰上オーバーホールで新品に交換しており・・・
程度良好っ♪














a0163159_23250984.jpg
カムシャフトは再使用可でござる♪














a0163159_23252104.jpg
ヘッドAssy外しまして・・・















a0163159_23253959.jpg

シリンダーAssy外します。・・・












a0163159_23261117.jpg
出てきたピストン♪・・・綺麗でござり♪
前回腰上オーバーホール時に投入いたした
純正0.50mmオーバーサイズピストン&ピストンリングです。

現在、GSX1100SのSTDピストン&ピストンリングも
0.50mmOSピストン&ピストンリングも・・・販売終了でござる。












a0163159_23262624.jpg
腰下分割でござる♪
傷んだアウトプットシャフトの交換が一番の目的ですが・・・
カムチェーン系、スターターワンウェイ系、クラッチ系、ミッション系、
各ベアリング、各ゴム部品・・・等々
古い部品が多く・・・傷んだ部品は交換ですなっ♪


販売終了部品もござりますが、まだ間に合います♪
刀も忍者も今がラストチャンスですな。

・・・つづく。





by moriyamaeg | 2017-11-18 00:16 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

スーパーカブ♪


森山です。
超ロングセーラーのホンダスーパーカブ・・・
・・・寿司屋のウメさんも乗っておりましたなぁ~。






a0163159_22582156.jpg
・・・ミツキのスーパーカブ号でござる。















a0163159_23002516.jpg
スーパーカブは・・・シートの下にガソリンタンクがござりますっ♪













a0163159_23000083.jpg
水冷でござり?・・・
ラジエターが装備され・・・












a0163159_22590146.jpg
エンジンが!・・・
DOHC4バルブの2気筒じゃ!・・・











a0163159_22584291.jpg
40馬力の「エリミカブ」でござります♪



by moriyamaeg | 2017-11-14 23:06 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
油圧系のメンテ&部品交換でござりました。






a0163159_22454148.jpg
クラッチ側・・・
マスターシリンダーAssyとリザーバータンクAssyのメンテサイクルでござり
新品Assyへと交換いたしました♪













a0163159_22465499.jpg
#3ホースラインも製作でござる♪
バンジョーもアルミ製からステンレス製へ変更いたし
新たな取り廻しで製作っ。













a0163159_22460438.jpg
フロントブレーキ側もメンテサイクルでござり・・・
マスターシリンダーAssy&リザーバータンクAssyを新品Assyへと交換いたしました。
・・・鋳造ラジポンから削り出しラジポンへとランクアップ♪














a0163159_22463816.jpg
Fブレーキホースラインも新しく製作いたし♪
・・・アルミ製(2本引き)からステンレス製(分岐型)へ変更です。













a0163159_22462273.jpg
抜群のタッチ&コントロールです♪
これでまた・・・安全で気持ちよく長く使えますなぁ。


・・・つづく。


by moriyamaeg | 2017-11-13 22:38 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
機械物の構成部品には寿命の短い部品もござれば長い部品もござる。
・・・使用状況で大きく変化しますので各部品の寿命を把握いたす事も重要です。
各部品のメンテサイクルを厳守し安全確保と性能確保でござります♪





a0163159_22470966.jpg
GPZ900R改「25°忍者2号機」・・・超軽量なマーキュリー号でござります♪
油圧系部品のメンテナンスサイクルでござりました。

・・・つづく。



















by moriyamaeg | 2017-11-12 23:59 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
コンスタントに乗る&掃除する&点検する&整備する事は
安全&快調&長寿への近道でござります♪





a0163159_21531527.jpg
U殿号ZRX1200R改の車検点検整備でござりました♪
エンジン系&車体系の全てをチューン&カスタムいたしてから
早いもので4年経過です。
・・・「U殿の掃除は完璧でござり超ピカピカ♪」














a0163159_21541404.jpg
フロント足廻り系、フロントブレーキ系・・・













a0163159_21535810.jpg
リア足廻り系、リアブレーキ系、駆動系・・・・











a0163159_21533751.jpg
エンジン系、燃料系、冷却系、電気系、車体系、その他
・・・もれなく点検&整備でござりました♪














a0163159_21543558.jpg
もちろん、安全&快調&長寿への近道でござります。













a0163159_21545839.jpg
「U殿、ありがとうございました♪」




by moriyamaeg | 2017-11-09 22:25 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
エアコンのつづき・・・





a0163159_22070146.jpg
エバポレーターと送風機の装着スペースの確認でござる。













a0163159_22035841.jpg
コンソールボックスの前方にあるヒーターユニットでござる。














a0163159_22051631.jpg
奥行きは約27cm・・・













a0163159_22054965.jpg
高さは約30cm・・・












a0163159_20415807.jpg
分解したエアコンユニット・・・
各部品を納める為のスペースやレイアウトはどうなるのか・・・


作業は始まったばかりですが「完成」を目指しますっ♪
・・・膨大な時間を費やしそうですなぁ。











by moriyamaeg | 2017-11-08 18:11 | その他 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg