森山です。
ZZR1100D冷却系のつづき・・・






a0163159_00230280.jpg
今回の修理で必要な部品入荷でござります。












a0163159_00175187.jpg
毎度、再使用可能な部品が多い事を祈りながらの分解点検ですっ。・・・
なかなか・・・「現実は旧車」・・・都合よく事は進まないですな。



















a0163159_00180604.jpg
「前方のサーモケースは樹脂製でござり」
・・・樹脂で腐食はしませんが20年も経てば激しく劣化発生ですっ。

ケース分割部(合わせ目)にあるゴム製Oリングも・・・














a0163159_00182315.jpg
20年経過のポンコツでござり・・・













a0163159_00184038.jpg
完全劣化のボロボロ・・・死んでおります。
(白く張付いておるのはアルミの錆)
「漏れないほうが奇跡でござり・・・」













a0163159_00185562.jpg
「サーモケース後方はアルミ製でござり」
アルミ腐食での酸化物(白い粉)が膨れ上がり凸凹、漏れる原因発生ですな。

部品は摩耗寿命だけでなく劣化と酸化での寿命もござる。
旧車の場合、走行距離が少なくても劣化と酸化でヤラております。
「劣化や酸化は摩耗と同じく大きな問題を引き起こすのです。」

空冷エンジンに無い悩みが水冷エンジンにはござり・・・
新車から15年以上経過の水冷エンジンは、ひとまず各部点検整備ですなっ♪

・・・つづく。




# by moriyamaeg | 2018-02-11 20:24 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZZR1100Dのつづき・・・







a0163159_23185622.jpg
腐食や損傷でラジェターコアに穴が空けば冷却水が漏れます。
・・・ラジェターの穴あき点検でござる。

水に沈めたラジェターに1.1Kg/cm2の空気圧をかけまして・・・
気泡がブクブクと出ればその部分が穴あきでござる。













a0163159_23184083.jpg
ラジェター左下側の「緑色の塊」がござった部分からの気泡ゼロ♪
・・・穴あきは無い♪













a0163159_23182556.jpg
パイピングから噴出した冷却水(LLC)が・・・
付着し乾燥した「緑色の塊」でしたなっ。














a0163159_23191448.jpg
穴あきが無かったので♪・・・マウント部分を溶接修理いたしますが、
割れた部分周辺は図のように内部腐食いたしており膨れ上がっておりますっ。

腐食は除去いたさないと溶接できません!ので
腐食部分を除去いたしますが、腐食層が深く削る量も多く
強度不足となりますので・・・
強度確保の為、肉盛溶接で対処ござるっ♪














a0163159_00172827.jpg
大掃除いたし・・・
溶接いたし・・・・
防錆塗装いたし・・・
ラジェター修理完成でござりました♪











a0163159_00164509.jpg
ダストだらけのエンジン前方はゴシゴシ大掃除でござる。

つづく。























# by moriyamaeg | 2018-02-10 23:21 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
ZZR1100D 冷却水漏れ。
・・・つづき








a0163159_23100023.jpg
限られた横寸法の中で・・・
平らなラジェターよりも湾曲したラジェターのほうが・・・
表面積を大きくできるので冷却性能はアップっ♪
・・・そんな湾曲型(ラウンドタイプ)ラジェター採用のZZR1100です。











a0163159_23154687.jpg
そんな湾曲ラジェター・・・外部の腐食が進行いたしており
ロア側のマウントは「ポロリン」でござる。















a0163159_23101850.jpg
横渡しの構成部品・・・
湾曲成形しやすいように刻んであるのでもともと丈夫でなく
泥汚れやダスト等の堆積で腐食進行し強度低下での「ポロリン」発生です。

溶接修理いたす事としますが・・・











a0163159_23094057.jpg
ラジェター左下側に「緑色の塊」がござりまして・・・
コア腐食での冷却水漏れならば・・・ラジェター交換でしょうなぁ~。


つづく。



# by moriyamaeg | 2018-02-08 00:25 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
ZZR1100Dの冷却水漏れ発生いたし・・・
水廻りの修理&メンテでござる。




a0163159_23083178.jpg
ゴム部品寿命と金属部品腐食・・・
10年はOKでしょうが・・・20年は辛い・・・









a0163159_23085887.jpg
シリンダー前方のホースから冷却水が漏れております。











a0163159_23091018.jpg
サーモスタットケースの合わせ目からも洩れております。









a0163159_23084500.jpg
シリンダーヘッド後方のパイピングメンテは、
外装・吸気系・燃料系・各部品を外しての作業でござります。











a0163159_23160723.jpg
シリンダー前方のパイピングメンテは、
外装・ラジエター系・エキゾーストパイプ系・その他関連部品の
全てを外しての作業でござります。











a0163159_23173421.jpg
前後にあるパイピングメンテ作業は外すものが多くて大変ですが・・・
そればかりではないのです。
旧車特有の割れ&カチカチ劣化部品・腐食損傷部品・ネジ等の固着等々・・・
各トラブルが発生いたしており厄介です。
さらに厄介なのは・・・分解だけでなく再度組立てなきゃなりませんから、
各錆び取り&清掃&修理までも必要でござり・・・
まさにトリプルパンチでござる。













a0163159_23092408.jpg

錆びたホーンが・・・
すべてを物語っておりますなぁ。

・・・つづく。





# by moriyamaeg | 2018-02-06 22:26 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。

ZZR1100Dも古くなりましたなぁ~。
当時物部品だらけですとトラブルだらけでござります。

タイヤ・パット・チェーン・プラグ・エアーエレメント・エンジンオイル・
フルード交換等々の基本整備だけでは追いつかない・・・
今後の事を考えますと・・・
直さずに処分いたすか、
そこそこの対処修理でプチ延命か、
確実なメンテナンスで快調&長寿を目指すか、
さまざまでござります。









a0163159_23081953.jpg
新車から20年経過のZZR1100D5・・・
冷却水漏れの修理依頼でござりました♪

1993年発売で最終型が2003年のZZR1100Dも立派な旧車でござるっ。


・・・つづく。









# by moriyamaeg | 2018-02-05 23:54 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg