森山です。

アップハンドル仕様から・・・純正セパハン仕様へ♪
アッパーカウルのみから・・・純正センター&ロアカウル装着のフルカウル仕様へ♪
フェンダーレスから・・・純正リアフェンダー装着へ♪
ダブルバブル形状スクリーンも純正形状スクリーンへと♪

・・・最終的にメーカーデザイン形状が一番落ち着くのでござる。
なにせオリジナルですからなぁ。



a0163159_22193378.jpg
GPZ900R A12の車検点検整備でござり♪
同時作業で、センター&ロアカウルの装着と冷却系、ラジエター系、
オイルクーラー系、リアブレーキ系、バックステップ系、
の整備&改善依頼でござります。













a0163159_22194779.jpg
現状は、センター&ロアカウルは無し・・・
BIGラジエター装着でオイルクーラーはキャンセル化・・・
社外の4-2-1マフラー装着でござり。













a0163159_22195913.jpg
センターカウル内に収まらないBIGラジエターと
加工されたセンターカウルステーは外しまして・・・













a0163159_22201051.jpg
純正のラジエター&センターカウルステーに戻します。














a0163159_22202668.jpg
同時に純正オイルクーラーを復活させます。
(装着した社外マフラーのエキパイ取り廻しに対して純正オイルホース形状が合わず
でオイルクーラーをキャンセルしていたそうです。}















a0163159_22203727.jpg
オイルクーラーキャンセル用ホースライン・・・きつい角度装着で
オイル漏れ発生いたしております。


カスタム車両の多い忍者ですから・・・十人十色でござり・・・
車両ごとにベストな向きと角度と逃げと長さがござります♪
その車両に合わせて都度採寸製作装着するべき部品でござる。













a0163159_22205371.jpg
ダストまみれ&オイル汚れのエンジン前方&下側は・・・綺麗に大掃除♪
純正センターカウルステーも中古でござりまして・・・
錆落とし&化粧いたしての装着でした♪
・・・「装着より大掃除でござる。」


・・・つづく。






# by moriyamaeg | 2018-01-30 22:31 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
排ガス規制で消えた2ストロークエンジン・・・
2スト250のNSR・TZR・RGVΓが生産終了いたす中・・・
2003年まで頑張ったアプリリアRS250!
90度V型エンジン・・・
スズキVJ22Aエンジンがベースでござり♪
・・・最後の2サイクル・レーサーレプリカでござる。





a0163159_22323012.jpg
後期型のアプリリアRS250エンジンAssy♪
程度良好&外観も綺麗なエンジン~。
・・・ちょいメンテでOKでしょう。(ベースとしては最高でござる。)
今回、日本の道路事情に合ったVJ22AのミッションAssy組み込みと
各部点検メンテ作業でござり・・・作業担当はミツキ.。













a0163159_22324896.jpg
同時作業で別のRS250エンジンも分解っ。













a0163159_22330101.jpg
スペアエンジンでござります♪















a0163159_22331658.jpg
RGV250Γ(VJ22A)のミッション系部品とRS250のミッション系部品
のかけ合わせで良好な状態といたしてからの組み込みでござりました♪













a0163159_22321709.jpg
全て新品部品で組み込むのが快調&長寿となる近道でござる。
・・・コスト高とはなりますが得られるものは大きい♪
・・・しかしながら・・・
生産中止となってしまい新品入手できなければ、
程度良好な中古部品を準備いたすかリビルドか流用か製作いたすか・・・
このパターンは逆にコストがかかる場合もありますし
本来の性能まで達しない場合もござりますし・・・
やはり、「設計通りの純正新品部品」が一番です。
「メーカーから新品部品が入手できなくなったら立派な旧車でござりますなっ。」




# by moriyamaeg | 2018-01-28 22:36 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

衝撃っ。

森山です。
「注意一秒怪我一生」
・・・一寸先は闇でござります。
25年お付き合いのI殿号が・・・






a0163159_21172391.jpg
・・・大破でござる。
フロントフォークのインナチューブ・トップブリッジ・アンダーブラケットが
タンク前方を直撃いたして凹!・・・後方の凹は?











a0163159_21170455.jpg
ロックハートのオイルクーラーまで到達いたすほどの・・・衝撃でござり














a0163159_21174556.jpg

ステアリングステムでござる。
・・・こんなに曲がるのですなぁ~。












a0163159_21180137.jpg

全てが・・・終わりでござる。

・・・つづく。

# by moriyamaeg | 2018-01-23 22:13 | その他 | Trackback | Comments(0)
森山です。
4号機のつづき・・・




a0163159_23121361.jpg
エンジン後方の各作業完了いたし・・・













a0163159_22382044.jpg
お次の作業は、エンジン前方でござりました。
マフラー系、ラジエター系部品、各冷却ホース装着~♪










a0163159_22380613.jpg
ロングライフクーラント注入し、
エンジンオイル&オイルフィルター交換し、
いよいよエンジン始動っ♪









a0163159_22375325.jpg
「バォ~~~~~ン」
セル一発&快調でござります。
最終点検&調整いたし無事完成でござりました♪

次の作業は・・・
前後足廻り系、前後ブレーキ系、その他、分解点検&メンテナンスでござる。

・・・つづく。






# by moriyamaeg | 2018-01-22 17:29 | 整備編 | Trackback | Comments(0)
森山です。
4号機リフレッシュ作業その2でござる。





a0163159_23125182.jpg
冷却系のメンテナンスとエンジン周辺の大掃除でござり。
エンジン前方・・・鉄管&ゴム系部品交換完了~♪
「大掃除で綺麗になりましたなぁ~♪」












a0163159_23114735.jpg
エンジン上方・・・ラジエターキャップ装着部分の管だけは銅製でござります。
銅製のこの部品は優秀でござる。
他の部分の鉄管よりも腐食しにくく高耐久っ。
高確率で再使用可能部品でござる♪・・・綺麗に磨き塗装いたし再使用っ。













a0163159_23120293.jpg
リザーバータンク内に沈殿していた錆も・・・大掃除いたし綺麗になりました♪












a0163159_23113173.jpg
冷却系メンテナンス時に外すキャブレターAssyも分解点検メンテでござりました。
燃料の劣化による内部腐食等もなく綺麗な極上キャブレターです♪
・・・チョイゴム部品は交換しておきます。











a0163159_23122626.jpg
エンジン後方の冷却系完了&キャブレター完了~♪










a0163159_23123745.jpg
このキャブレターはZRX1100用で(GPZ900Rより口径が大きい)
ダイノジェットST-3ベースでキャブセッテイングしております♪
そして、スロットルポジションセンサー(TPS)も活かして点火制御を
3次元マップで制御しております♪(チョいハイテクな4号機)


・・・つづく。




# by moriyamaeg | 2018-01-20 23:18 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg