GPZ900Rキャブメンテナンス

森山です。

バイクも人間も同じ早期発見早期治療ですね。早い方が安上がりです。
予防策を実行すればただみたいなものです。・・・その予防策をみな知らず実行せず、
そして手遅れとなりバイクが死んでゆくのです。バイクも生きるためのコストが必要です。
あまりに何もせずだと早死にします。たまには風呂に入れ、うまい飯を食べさせてください。
カバー掛けられ数ヶ月放置では・・・あまりにかわいそうですね。


今回はキャブレターメンテナンスです。
先日エンジンメンテナンスいたした国内ニンジャA11殿号のつづきでござる。
拙者、キャブセッティングも依頼されており各部点検しておりまする。・・・・キャブを外し、
キャブドレーン緩めガソリンを抜くと、そこには・・・黒いつぶつぶが、おるではないか。
つぶつぶに磁石を近づけると引っ付く・・・・残念な事にガソリンタンクも病に犯されておる。
臭いものにふたをする!ではなく臭いものは元から絶たねばならぬ!でござる。


この錆は、ガソリンタンクからのものでストレーナの網の目を通過して降りてきた錆の粉末
です。かなり細かいものから、大きいものまであります。・・・この錆なかなかの曲者で、
細かいものは各ポートに詰まり、大きいものはオーバーフローをよび・・・
てな訳で今回タンク錆とり&キャブメンテナンスとなりました。
ひどい錆の場合はタンク交換です。
a0163159_2246582.jpg



エアークリナーボックス左側のエアーフィルターキャップです。
外周のスポンジがボロボロで、本体も反り返ってます。・・・・交換します。
a0163159_2232131.jpg



エアーフィルターはK&Nです。
これもパッキンがのびのびで、まともに装着できずエアーリーク・・・
隙間からホコリばしばし侵入しており・・・最低でござった。
a0163159_22323296.jpg




スロットルヴァルブ・・・スロットルバルブです。
黒いカーボンよごれはありますが、程度良好です。もつと真っ黒なキャブも多いです。
a0163159_22325330.jpg



フロートです。ややガソリン染みありますがまだ使えます。
あと5年位は大丈夫?フロートヴァルブ・・・バルブもOK!
a0163159_22331326.jpg



キャブから外した各ジェット類です。ジェットニードル以外は銅で出来ており
乗ってないと緑色に腐っております。
今回は薄汚れて、スロージェット系はカーボンだらけでした。
a0163159_22333658.jpg



クリーニングしました。この後一つづつ点検し、だめなものは、即交換です。
これらは1000分の1単位で管理されております。・・・・・が、意外とダメなものもあります。
a0163159_22335614.jpg




スライドバルブです。すり傷ありますが、京浜CVKはこんなかんじに磨耗します。
段つき磨耗がひどくなつたら交換です。しかしキャブボディー側も減りますので、
点検してみます。・・・だめならキャブAssy交換です。・・・めちゃ高い!
今回は厚みもまだあり、極度の段つきもなくOKでした。
a0163159_22343524.jpg




ダイヤフラムです。この膜で負圧をキャッチするのです。破れるとバルブが開かずパワー
無しです。・・・・YAMAHAのVmaxがよく破けてました。さらにキャブジョイントもびりびり
切れます。Vmaxは、インシュレーターバンドを強く締めてはならぬでござる。シリコン成分
多いのか!でござる。
a0163159_22345913.jpg




点検、測定、清掃、終了!キャブボディーです。ひどい場合は、全バラでオーバーホールです。
ボディーの程度は良好でした。
a0163159_22352679.jpg




これは、チョークバルブで、きれいに清掃です。これまた程度良好。
a0163159_22362240.jpg



チョークバルブ組み付けです。・・・・・いやー風呂の後は気持ちよいな!
a0163159_2236418.jpg




その他もろもろ点検、確認、測定、組み付け&調整しまして、完成です。
この後やっとセッティングに移れます。キャブに問題を抱えたままではセッティングがうまく
いかないばかりか時間の無駄にもなります。
DYNOJETのジェットニードル測定中の図でござる。
a0163159_2237630.jpg





さすがアメリカンずれずれでござる。磨り減っての寸法ではござらぬ。
ストレート径で擦れないところも計測しておる。・・・・1000分の5の差・・・
made in japan だと1000分の2くらい・・・でも3とか4もある・・ロットによるズレが大きい。
今回、たまたま2ペアでほぼ同じなので1-4と2-3で組めば好都合である。
その理由は長くなるのでまた後日。
a0163159_22375552.jpg




キャブメンテ完成です。同時にタンクのメンテ、部品交換もやりました。
a0163159_22382338.jpg




車体取り付けして、いよいよセッティング!・・・・・実はまだでござる。
カムシャフト、ロッカーアーム、カムチェーン等など新品なので慣らし運転があるのです。
まだ全開できないので,慣らし運転する為の低速域セッティングをしておきます。
a0163159_22384111.jpg



同調&CO調整中の図。
これは4気筒同じ負圧で良しでござった。バイクによってはずらすこともある。・・・ずれた
ほうがベスト。・・・ホンダVFR800など各気筒の負圧指定があり、数値はばらばらでござる。
a0163159_22385836.jpg



本日ここまでです。慣らしは1000Km
がんばってください。くれぐれも2000から3000rpm以下での長時間低速運転だめですよ。
また5000rpm以上は禁止です。
考えながら走ると危険なので2000から4000rpmをまんべんなく使い峠道を走ってください。
それでは、おやすみなさい。
トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/10174980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 国内忍者A11 at 2010-03-13 08:05 x
おはようございます♪

今回はキャブレターもありがとうございますm(--)m
写真も沢山載せて頂いて・・・
大事に乗っているつもりでも、手の届かないところ、自分で
触ると自信のないところはやはり診察も含めてプロの視点で
見て頂く事が安心につながります。

カムも組んだらすぐ全開で走り出してしまいそうですが、
慣らしが終わらないうちは低速のセッティングのみという
しばりの徹底には脱帽です。来週引取りにお邪魔します。
500km走りこんだら持込、1000kmで持込とまたも
厄介掛けますが宜しくお願い致します。5月に入る前には
慣らしを終わらせたいですね。

 忍者オーナーの方はこれから忍者の保護、完調維持も
含めてリフレッシュをしたほうが良いですね。

 次回はオーバーホールですね。楽しみです。
その前に、フォークのオイル交換とブレーキの揉み出しも
お願い致します。
Commented by moriyamaeg at 2010-03-13 19:55
国内忍者A11 さん

こんばんは!

慣らし運転は大変ですが、終わればフルパワー忍者が、

待ってます。国内よりエンジンの伸びがありますので、

伊豆スカは楽しみですね。高回転の伸びがあるといいですよ。

低速は国内より無いですが全く問題ないですよ。ブチ回せば

気持ちいいです。高速でも車速ののりがよいです。

椿ラインはややつまらないかもです。でもリッターバイクなので

椿の低速コーナーは・・・もともと不向きなので、捨てましょう。

だんだん暖かくなり楽しみですね。安全運転で!

それでは、来週お待ちいたしております。

byもりやま

by moriyamaeg | 2010-03-13 03:14 | キャブ編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg