GPZ900R 25度忍者・2号機ポテンシャルアップ!

森山です。

雨は、やんだようです。

GPZ900Rです。当店コンプリート車両25度忍者の2号機です。オーナーはIさんです。
製作したのが、かれこれ5年前・・・でした。・・・時の経つのは早いもので・・・
今思えば、2号機は長い長いお付き合いの忍者なのです。
初めてお会いしたのは15年ほど前でした。当時ピンクのスクリーンにイエローコーンの
4-1集合管・・・・よく憶えています。ダイノジェットST-3や、PVMマグホイールを取り付けたりの、
懐かしの車両です。・・・みんなまだ青年の頃ですよね。・・・今はジジイですが。
・・・本人も途中いろいろなオートバイ乗り継ぎました。・・・その中、忍者はいろいろな部品外され売却され・・・エンジンまでも無く、ほぼフレームだけの状態であとは捨てるだけ状態でした。ところが、
25度コンプリート計画を聞きつけて・・Iさん:やっぱ忍者でしよう!・・・そして復活の作業がはじまりました。
5年前に、25度忍者2号機として、この忍者は生まれ変わったのです。
途中2回ものクラッシュ・・・一度は全損までに大破。・・もうこれでおしまいかと誰もが思いました。
しかしIさんの忍者に懸ける情熱は冷めやまず・・・復活させたのです。・・・・真の忍者乗りです。
その後は何事もなく乗り回しておりました。


よりよいハンドリングを求めて、今回、足回りのグレードアップを決意しました。
前後マグホイール装着、オーリンズフォーク装着作業途中のカットです。
残作業はアルミカウルステー製作、セパハン装着、カウル位置下げ、オーリンズリアサス装着&リンク
変更、ラジエター位置変更、フロントブレーキ変更・・・・作業待ちです。
拙者、なるべく軽量に努めますぞ!
GPZ900R 25度忍者・2号機ポテンシャルアップ!_a0163159_20213383.jpg

Commented by MERCURY at 2010-09-09 17:18 x
おー!今晩にでも様子を見に行こうかと思ってましたが、先にブログ写真で拝見する事になるとは時代ですねぇ。
25度カスタムは2005年の秋で御座ったですよ。
これからも真の忍者乗りとして腕の方もドンドン磨くでゴザル!
Commented by moriyamaeg at 2010-09-09 22:48
MERCURYさん
こんばんは。
25度製作2005年でござるか。
かたじけない、本文訂正でござる。
25度は、PMO-001がスタートでござった。・・・
・・・今から12年前のことで、早いものでござる。

作業はこれから、大詰めです。いましばらくお待ちください。
完成ではないのですが、明日、ロードライダーの取材撮影となりました。・・・忍者特集らしいです。・・
・・・・あまりに急ですが、このまま撮影となりました。

腕を磨きすぎると・・・・ツヤツヤの腕になるか、もしくは血が出る。
真の忍者は、足も磨くでござる。
Commented by moriyamaeg at 2010-09-10 21:02
MERCURYさん
こんばんは。
残念です。
先ほど編集部より電話がありまして・・・
2号機は、忍者特集ではなく・・・グッドルッキングでした。
なるべく早めの登場らしいです。
でも、グッドルッキングのほうがいいと思います。
MERCURY殿、よろしくでござる。

byもりやま
Commented by MERCURY at 2010-09-12 10:04 x
あらー・・・グッドルッキンですかー。
見た目重視のコーナーで、はたしてこのニンジャの素晴らしさや俺とモリヤマさんの情熱が伝わるか・・・心配でゴザル。
せめて文章の中で〝走りに対する真剣さ″が出ればいいですね。
ま、不安がってても仕方ないので、前向きに楽しみにしてます。
Commented by moriyamaeg at 2010-09-12 22:55
MERCURY さん
こんばんは。
情熱が伝わるか・・・確かに心配でござる。
しかしながら・・・写真を見て楽しむロードライダーですから・・・・
見た目がよければ良しみたいな・・文章はどうなのでしょうか?

「カスタム」・・・このカスタムという表現が、
拙者、大嫌いでござる。・・・見た目重視のような表現でダメ。
やはりチューニングとか、改!とか・・・性能重視の表現が、
いいでござる。
もちろんMERCURY号は「改!」があてはまります。

byもりやま
by moriyamaeg | 2010-09-08 20:23 | 足廻り編 | Comments(5)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg