DUCATI900SS 超不調。その1

森山です。
今日は、ドカ900SSです。
他店にて、エンジン修理、中古のTMR装着、スリップオンサイレンサー取り付けその他・・・
完成後300km走行の全く得体の知れない900SSでござる。
3000~4000rpmでのぼこつき・・・6000~7000rpm以上回らず・・・
キャブは中古ですが、清掃オーバーホル済みとの事で・・・セッティングの依頼。
ニードル系、メイン系調整しましたが・・・全然回らずダメ!
点火系点検し、エンジン点検し・・再度セッティング開始・・・やはりセッティングでない!
後はキャブしかないので・・清掃オーバーホールしたという、キャブの分解確認する事に・・・・
・・・・いいかげんなものです。・・・


ハイカム、ハイコンプピストン、TMRキャブ、スリップオンマフラーで・・・・セッティングスタート!
初めは気分良く・・・・しかし絶不調・・・具合悪く・・・
この後・・なかなか調子でないので・・・あちこち分解点検確認でセッティングどころではない・・
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23291334.jpg


低開度は、まずまずでしたが、中開度から高開度がダメで・・・
メインジェット、ニードル・・交換・・・でも高回転回らず・・・燃圧や点火はOKです。
オーバーホルしたというキャブ分解点検します。
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23293336.jpg


全体的にきたないです。・・・・あやしい。
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23295323.jpg


スロットル入り口もススよごれ・・・
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23301661.jpg


フロートチャンバーもうすら汚れ・・・ガス腐り跡・・
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23303532.jpg


フロート内も汚い。・・・掃除してないじゃん。
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23305352.jpg


フロート高さ測定・・・・・ありえない脅威の高さ!基準より5mmも高い!・・・油面は超低くなる。
最悪でござる!セッティングに苦しむとフロート高さを変えるメカニック・・・最低です。
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_2331148.jpg


ジェットブロック分解!・・・わぁー汚ねぇー!・・・掃除してねーじゃん。
っていうかオーバーホールしてねーじゃん!
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23313250.jpg


スロージェットはTM用で・・・エアージェットもひどい事になっており・・・ばらばら・・・
各通路も詰まり・・・残念。こんなんじゃ、エンジンも心配になってきたでござる。
もちろんセッティングは、中止でござる。いかれた各部修理してからでござる!
DUCATI900SS 超不調。その1_a0163159_23315085.jpg


「キャブは、平気です。」が作業の順番狂わせ無駄な時間を費やすはめに・・・
・・・当然その分工賃いただきますが、・・・・やはり他人の仕事は理解できませんね。
改造車、調子が悪いと・・・・セッティングとってないからね、後はセッティングした事ないないから・・
・・・セッティングとれるお店で・・・・よろしく!
セッティングだけならいいのですが他にも問題あるケースが多く・・・尻拭い的な作業ばかりで
やはり部品や作業は、相談、購入、装着、セティングまで一人のメカニックに依頼すべきです。もちろん
全ての事が、できるメカニックに頼むべきです。・・・・医者と同じでござる!
いじくりまわし・・あとはセッティングだね。で逃げる・・・調子が良くなるどころではない。へたすりゃ
ブローです。・・・・たしかに、銭金の問題もありますが・・・2度手間、3度手間で・・・結局高くつく・・
中古品!これで安く済むぞー!とか得したぁー!で良い結果は殆ど無い。・・・片手落ちでござる。
正しい部品のチョイスと正確な作業とがあって初めてセッティングです。
こんな作業・・・尻拭いがつづくといやになる。・・・本当のセッティング作業以前の作業が多い
のです。・・・・そろそろ他店で作業した車両のセッテイングは断ろうと思いはじめてます。
・・・・ウォーリーを探せ!状態は疲れます。・・・仕掛けられたトラップを探す時間もアホらしい。
Commented by 飯川 達也 at 2010-10-11 21:01 x
お気持ち、よ~くわかります。
世の中インチキがはびこっているから、ホンモノに出会えた時がうれしいんです。
Commented by moriyamaeg at 2010-10-11 22:39
飯川 達也 さん
こんばんは。
最近、このパターンが多くて・・・
困ってます。・・・・お客様には罪はないのですが・・・
残念です。

byもりやま
Commented by Dragonfly at 2010-10-12 00:14 x
メンテナンスに関しての基本的な
考え方を教わったのは
もりやまさんのお店です。
9Rの時は持込で調子がわるく
(悪いと本人気付いておらず)
「え?知らなかった」
といった事が多々あり(汗)
自分のバイク状態を知った上で
メンテナンスのやり方(優先順位)は
人それぞれ違いますが
少なくとも、自分は気付けて
よかったなぁ-と思ってます。
Commented by moriyamaeg at 2010-10-13 07:43
Dragonfly さん
おはようございます。
メンテナンスの重要性を一人でも
多く理解してもらいたいです。
オートバイは4輪と違いデリケート過ぎる乗り物です。
直ぐに駄目になる部品が多いです。
10万km走行するのに必要な部品とコストは
4輪の比ではない・・・
これが現実です。
軽くて速い乗り物ほど・・・高い割りに長く使えない・・
ですから転ばぬ先の杖でのメンテナンスなのです!

手間と暇をかければ・・・お金がいらない?
・・・オートバイの掃除をすれば必ずメンテナンスの
コストが安く済みます。乗りっぱなしや、乗らずに放置が
最もハイコストでござる。

また、遊びに来てください。
byもりやま
by moriyamaeg | 2010-10-10 23:27 | キャブ編 | Comments(4)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg