インジェクションセッティング・・・・DUCATIモンスターの巻き。

森山です。
本日は、DUCATIモンスターのインジェクション燃調でござる。
エンジンチューニングとマフラー交換で完全に燃料が足りないのでござる。
最大40増量の回転域もありましてノーセッティングでの走行は危険・・・
デトネーションが起きるとやばいでござる。
減量の開度や回転域もあり・・・やはり燃調は避けて通れないですな。


今回は、ラピットバイクです。
・・・正規品の取り扱い店でござるのです。・・・皆様よろしくです。
a0163159_2124058.jpg


ラピツトバイク社サブコンでござる。・・・これは拙者の999S用!
現在、拙者号はダイノジェット社のパワーコマンダー3ですが、前後シリンダーで
別々のセッティングが999用はできないのです。・・・999も一世代前のバイクの為
新製品開発ラインナップからは残念ながら外されております。・・・残念です。・・・しかし、
ラピットバイクですと出来ますので、交換しちゃいます。・・・燃費もパワーも上がるはずです。
a0163159_2131143.jpg


DUCATIモンスターにラピットバイク社サブコン装着完了しまして、これからセッティングです。
・・・塩梅の良い様に升目を埋める作業でござります。
a0163159_2133280.jpg


まずは、チューニングバイクという物を使いまして自動書き換え装置です。
前後のシリンダーを同時に調整できる優れものです。(同時に4マップの書き換えまでも可能!)
しかし機械なのでこつがある。ベースマップ作りには最高です。・・・その後さらに煮詰めるのです。
a0163159_21415.jpg


パソコンで操作します。
a0163159_2142646.jpg


燃調が進むほどに、元気良くなって行きます。
a0163159_2145069.jpg


DUCATIのLツインは前後のシリンダーで別々に調整です。・・・各気筒で調整したほうが
調子良いのです。・・・・でも2倍の時間が掛かるので・・・きつい。
a0163159_2153168.jpg


パソコンの画面でござる。調整はダイノジェットのパワーコマンダーと似ておりますが、
画面右の3次元表示図があるのはありがたい。
a0163159_2155589.jpg

燃調は無事に完了しました。・・・・マフラーやエンジンやエアーフィールターなどを
いじると・・・「燃料の量を必ず調整しなければなりません。」
ノーセッティングのままならば・・・・ノーマルで乗った方が絶対にいいです。

次回は、999Rにダイノジェットのパワーコマンダー3でござる。
トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/12951841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2011-06-24 02:11 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg