GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14

森山です。
ハンドルのつづきでござる。

ブロックから・・・ここまで削り・・・・「大半を削り落し・・・だいぶ軽くなりましたなぁ~っ。」
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_2220445.jpg


・・・・その後も・・・・・各部の加工が続き・・・そして・・
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_2221183.jpg


左右のクランプ製作完了。・・・・アルマイトの前に・・・磨きまする。(手で・・)
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22211680.jpg


お次は・・・ハンドルバー製作でござる。・・・外径は22.20mmとします。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22213195.jpg



当店の旋盤は豊和産業製のストロング860でござる。・・・
良いものを作ろう!・・・昭和の代物で一流の旋盤です。
今でも、現役でござる!・・・死ぬまで使えそうですなっ。さすがストロング!
だいぶ前に、豊和は無くなり・・・大熊豊和となり・・・しばらく大熊での部品供給でしたが・・・
部品供給・・・現在はどうなっておるのか・・・?・・・たぶん終了でしょうなっ。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22214723.jpg


左右ハンドルバー完成。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_2222483.jpg


バーエンドはジュラコン製でござる。・・・旋盤で削りだします。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22223199.jpg


完成。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22224864.jpg


出来上がりました!・・・実は、まだです。・・・最終の加工と・・・・
・・・車体に装着し各スイッチの回り止め穴を開けます。・・・また、
マスターシリンダーのリザーバータンクの取り付けステーも製作します。
全ての部品が出来まして・・・アルマイト処理へGO!
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22231760.jpg


そして・・・・黒アルマイト完了!
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22233394.jpg


組立てますと・・・・こんな感じでござる。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22234963.jpg


ワンオフのセパレートハンドル遂に装着いたしました。強度は抜群です。
高さと垂れ角とオフセット・・・・全て5号機専用でござる。・・・めでたし。めでたし。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22241415.jpg


左側でござる。
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22243147.jpg


右側でござる。・・・・このあと・・・ステップバー製作とシート加工し・・・・シートレール加工し・・・
GPZ900R・コンプリート5号機でござる。その14_a0163159_22244621.jpg

ようやく5号機、完成いたしました。
現在、実走での・・・・各部の確認と調整中でござる。・・・・・完成まで、もう少しでござる。
by moriyamaeg | 2012-03-31 22:24 | 作り物

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg