タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1

森山です。
タイ カワサキGTO125・・・(KH125)・・・ミツキの下駄バイクでござる。
RGVガンマ250SPの後に、中古で買ったのですが・・・先日、
ガンマと同じ運命となりました。・・・・GTO125もエンジンブローしちゃいました!・・・ガハハッ。
ガンマはクランクの錆が原因でのブローでしたが・・・今回は何?・・・一見、程度が良くても
中古は中古ですなっ。

GTO125は、
ロータリーディスクバルブの2サイクル125cc単気筒、空冷エンジンでござり・・・
基本設計は古いでござるが・・・2004年位まで生産されていたような・・・
低速トルク型エンジンで懐かしいエンジン特性でござるなっ。
メーター読みで130kmぐらいは出ます。・・・・が・・・
・・ドラムブレーキでして・・・特にフロントは、やばい位、効かない!
車間距離は十分確保すべし。・・・危険回避はブレーキではなく・・・ハンドルで回避♪~♪~
コーナー進入は、かなり手前からブレーキングしないと確実にオーバーランでござる。
昔は、こんなブレーキばかりでしたが・・・最近のバイクに慣れすぎちゃいましたなっ。

GTO125のエンジンでござる。音は大きく、振動の多いエンジンでござる。
クランクの軸にロータリーディスクバルブがあり・・・そこにキャブレターが付いておる構造。
最近、エンジンの振動がやたらすごい。もともと振動の多いエンジンですが・・・
先日も・・・この振動にやられ、クラッチレリーズが緩みクラッチ切れず・・・
ステップバーやマフラーの緩み・・・最近はシフトタッチまでも悪くなりでござった。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20571018.jpg


環状2号線で突然、スローダウン・・・その後エンジンかかりません。
エンジンのコンプレッションが無い(少ない。)感じ・・・オイル切れやデトネーションでの焼き付き
ではないようですがピストン死んでます。・・・キャブを確認すると・・
ここ最近の激しい振動で・・・キャブレターのスローエアースクリューが・・落っこっちてました。
・・・もちろんスプリングでテンションかけてあり1回転オープンであったのは憶えてます。・・・
スクリューはキャブの真下に落ちてましたが・・・スプリングが見当たらない!
このキャブレターはロータリーディスクバルブ専用で、
調整しやすいようにメインボア正面にスクリューがあるのでやばい・・・・
「スプリングはどこ?・・・わぁー吸われちった!」・・・おそるべし振動でござったもよう・・・・
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20572823.jpg


キャブの先はロータリーディスクバルブでござる。・・・只今閉じてます。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_2058038.jpg


クランク回すと・・・バルブが開き・・・吸入します。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20581723.jpg


只今全開です。・・・先にあるのはクランクとコンロッドでござる。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20583521.jpg


キャブのスプリングは・・・
・・・クランク室を横ぎり・・・真正面の掃気ポートへGO!・・・ピストンと掃気ポートに挟まり・・・
ご覧の有様。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20585344.jpg


なんとなくスプリングの形になっておりまする・・・「悲しい。」
ピストンリングがスティックしてますので・・・低圧縮となり・・・エンジン不動でござる。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_20591698.jpg


タイカワサキの部品は現在、通常ルートでは買えず。
・・・社外ピストンでボーリングでござる。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_2115336.jpg


シリンダーボーリングいたしました。・・・・ベースエンジンは90cc、100ccで・・125ccまで拡大され・・
ペラペラのスリーブでござる。・・・今回、さらに0.50mm拡大。
デカピストンのため・・・バランス率も悪くなり振動も多くなりでござるかぁ。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_2121651.jpg


今回はスクリュー脱落しエンジンブローでしたが・・・そもそもの原因は・・・振動でござり・・・
今回の振動の増えた直接の原因は・・・・クランクシャフトのベアリング不良でござり・・・またしても
錆びが原因・・・チョイ乗りや長期保管の2ストはやばいですなっ。
ゴリンゴリンでして・・・ガタもある。バイブレーションクランクでござった。
しかたなく・・・腰下もオーバーホールとなりました。
タイ カワサキGTO125の悲劇・・・エンジンブローでござる。その1_a0163159_213859.jpg

つづく。
by moriyamaeg | 2012-04-02 23:12 | エンジン編 | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg