CBX550Fエンジンオーバーホール!その6

森山です。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6でござる。

オイルストレーナーです。
オイルに金属片や異物が混入したままオイルポンプに吸入されてはまずい!・・・で、
その金属片や異物の進入を防ぐのがストレーナー(金網)です。
金網の目より小さい異物は、もちろんオイルポンプ内へ進入!・・・トロコイドの傷の原因となります。
オイルポンプから吐出されたオイルはオイルフィルターを通過し、
細かい異物はろ過され綺麗なオイルになり各部へ送られるのです。
図の、左がCBRで右がCBXでござる。・・・CBRの方がデカイ!
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2025351.jpg


左がCBRで、右がCBXのオイルパンです。
でかいストレーナーのCBRはオイルパン深さも深い形状なのでござる。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2031648.jpg


オイルパン装着。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2033319.jpg


ギアシフト系部品装着いたし・・・・シンプルですなぁ~。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2042311.jpg


カバーの装着です。
・・・・オイルシールは新品にいたします。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_20102114.jpg


お次は、クラッチカバーです。
N殿がどうしても装着したかったクラッチカバー!・・・事の始まりはこのカバーでござる。・・
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2044394.jpg


プルタイプなので純正のクラッチには使えません。・・・HRCのクラッチ&ミツション専用!
・・・おかげで全部の部品を交換致す事になったのです。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_205483.jpg


装着!
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2053188.jpg


ピックアップやスターターチェーン装着し・・・セルモーターも装着いたします。
・・・・各部のOリングやオイルシールは新品と致します。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2055191.jpg


腰下完成いたし・・・いよいよ腰上の組み立てです。
ピカピカの0.25mmオーバーサイズのピストンでござる。
リング装着し・・・・
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2061575.jpg


コンロッドに装着っ。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_206434.jpg


シリンダー装着っ・・・・
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_207246.jpg


完了!
カムチェーンガイド、ヘッドガスケット装着し・・・・
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2072255.jpg


シリンダーヘッド装着!
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2073718.jpg


テンショナーやカムシャフトその他装着し完成です!
・・・・最後に、クリアランス調整いたし、ヘッドカバー装着します。
CBX550Fエンジンオーバーホール!その6_a0163159_2075532.jpg

その7へつづく。
Commented by 松下 at 2016-11-16 22:22 x
初めまして、ブログ拝見させて頂きました。
この記事のCBX550Fのエンジンのタペットクリアランスはどのくらいの数値でとっていますか??チューニング内容などいろいろ参考にしたかったので教えていただけないでしょうか。
Commented by moriyamaeg at 2016-11-25 01:01
松下さん
こんばんは。
レース参戦なしの市街地仕様なので
クリアランスは標準値です。

byもりやま
by moriyamaeg | 2013-07-10 20:12 | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg