進化の昭和から退化の平成っ!その3

森山です。
爪切りの続きです。

ニッパ型の爪切りでござる。
a0163159_11114698.jpg


右利き、左利き・・・・・・右からカット、左からカット・・・・・慣れないと使いにくく熟練が必要です。
爪切りの時間もかかり忙しい人には向きませんなっ。ステンレス製で切れ味も悪い。
・・・湾曲はないが、クニペックスの電工ニッパ(鉄製)の方が良く切れます。
a0163159_1112119.jpg


横浜の生活用品の卸し問屋でっ!遂に、最高の長期在庫品、発見いたしました!
理想のフルメタル爪切りっ!・・・貝印製で、もちろん当時物です。
MサイズとLサイズとLLサイズでござる。拙者が探し求めたのはLLサイズでござり・・・
1個だけ購入いたし駐車場へ・・・車の中で足の爪を切りまして・・・感動!
再度問屋へ戻り・・・・在庫品全部買いましたっ。
・・・この爪切りが必要な人はいるでしょうから・・・
a0163159_11122118.jpg


スチール製の重量感がたまりませんなっ。
a0163159_1113757.jpg


良いものを作ろうとした時代の最後のモデルでしょうなっ。・・・
これ以降の爪切りはコストダウンのものばかりでござる。
a0163159_11134450.jpg


すばらしい剛性での切れ味!・・・・・高耐久な爪切り!・・・・大切に使いますぞ!
a0163159_11142542.jpg


レバーに直接切られた爪ヤスリ!・・・・切れ味最高です。
a0163159_11152754.jpg



在庫は6ダース(72個)でござった。
a0163159_1123129.jpg


今日現在・・・・
数の少なかったMサイズとLサイズは直ぐになくなり・・・・
3ダースのLLサイズも残り1ダース半っ。・・・・
a0163159_11365021.jpg


MADE IN JAPAN!
a0163159_1137873.jpg


説明書きが当時らしいっ。
a0163159_1137248.jpg



品質表示も大きく書かれております!・・・・当時の人たちには伝わったのでしょうっ!
メーカーの人たちも・・・こんなに良いものを使い作っている事を伝えたかったのでしょう!
刃部・・・特殊浸炭材、ダブルニッケルクロームメッキ仕上げ。
テコ・・・・丸棒(鉄)冷間圧延鍛造、ダブルニッケルクロームメッキ仕上げ。
ストッパー(爪回収のカバー)・・・・ABS樹脂。
「最高の品質ですなぁ~。」
a0163159_11374163.jpg


オヤジの足の親指と・・・・
a0163159_11375654.jpg


でかい手の親指には・・・・LLサイズがいいですなぁ~!
a0163159_11381352.jpg


これこそが!日本製ですぞ!
a0163159_1138333.jpg


ちなみに、このモデルは今でもロングセラーで売ってます!・・・良いものは残る!
デザインも変わってませんが・・・・残念ながら刃部の材質が、ステンレス製となっておる~!
刃部は絶対に高耐久な鉄製が良いのですが・・・・
やはり、加工し熱処理しメッキ処理しの、加工工程の多い鉄製より
加工工程の少ないステンレス製となってますなぁ~。・・・・非常に残念でござる。
てなわけで・・・鉄製の当時物の爪切りは貴重なのです。
a0163159_11393813.jpg

道具は正直です。使ってみればすぐわかる。・・・もちろん高耐久でなければ意味なしです。
・・・おしまい。
トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/18354491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2013-08-14 11:15 | 小ネタ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg