GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7

森山です。
S殿のエンジンオーバーホールのつづき・・・





GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18433990.jpg
冷却系のサーモスタットでござる。
サーモケースは腐り、Oリングは劣化・・・補機類は当時物だらけなのです。

エンジンだけ快調ロングライフとなっても・・・
冷却系、電装系、燃料系、その他、
補機類がまともじゃなきゃ意味なし・・・
快調ロングライフめざすとなれば補機類も要メンテでござる。








GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18435970.jpg
腐食の除去いたします。
・・・激しい腐食の場合は新品に交換ですなっ。










GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18441846.jpg
各配管の腐食でござり・・・今後20年を考えますと・・・
新品入手できるのであれば迷わず新品といたすべきです。









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18430690.jpg
配管、ゴムホース、Oリング、サーモスタット、ラジエターキャップ等・・・
新品にいたします♪









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18445531.jpg
エンジン前方の冷却系配管装着完了♪









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_18451532.jpg
エンジン後方の冷却系配管装着完了♪









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19364159.jpg
ウオーターポンプも新品といたし・・・
エンジン&冷却系「快調ロングライフ仕様」完成♪
長い道のりでしたが、結果重視でござります。










GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19365804.jpg
2Fで保管していた車体&関連部品を準備いたしまして・・・









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19372757.jpg
・・・エンジン搭載♪








GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19374445.jpg
燃料系の・・・エアークリーナーBOX









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19380232.jpg
各部点検の結果・・・








GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19383362.jpg
・・・ダクトホース交換っ♪
上が旧のダクトホース・・・カチカチに硬化っ。
下が新品のダクトホース・・・販売終了になったらものすごく困るゴム成形部品で
純正部品クオリティーはそうそう作れない・・・超大量生産&高精度&低価格なのです。









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19381825.jpg
左旧。右新。











GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19384504.jpg
限界の部品は・・・「限界」なのですから・・・交換です。
得られるものは大きく、販売終了となる事を考えれば安いコストです。










GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19394565.jpg
キャブレターでござる。・・・









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19400232.jpg
内部は綺麗ですが・・・・









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19403431.jpg
フロートチャンバーのゴムパッキンです。
各ゴム部品の劣化は進行でござる。
左新。右旧。・・・旧は厚みなくなり硬化進行途中でござる。
常に新鮮なガソリンに触れていると長生きですな。

長期保管ではガソリン腐食(劣化)するので
ガソリンを抜いておくとキャブレターの腐食を防げて良いのですが・・・
ガソリンに浸されていたゴム部品にとっては、ガソリン無しの長期保管となると
・・・ゴム部品がカチカチになってしまう。
(ゴムはガソリンに浸っているとブヨブヨで性能発揮なのです。)
硬くなってもガソリンに浸せば復活いたし性能確保できるのなら良しですが、
復活しない時はゴム部品は交換でござる。












GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19410689.jpg
・・・キャブレター装着っ。










GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19390247.jpg
エンジンオイル、冷却水、注入いたし・・・









GPZ900R・S殿号のエンジンオーバーホール その7_a0163159_19411976.jpg
・・・エンジン始動っ♪。
キャブレター調整&各部点検調整いたし完成~♪

S殿ありがとうございました。







Commented by Sです at 2016-11-08 02:20 x
本当にありがとうございました。あらためて、凄い大変なことをやっていただいたんだなと感謝です。間違いなく、バイクより当方のバイクに乗れる寿命の方が早く来そうです。大事に致します。これからもメンテナンスよろしくお願い致します。
Commented by moriyamaeg at 2016-11-08 21:28
Sさん
こんばんは。
カワサキ初のDOHC16バルブ水冷4気筒で
価値あるエンジンであり車両でござります♪
無事、快調ロングライフ仕様となりましたので
末永く楽しんでください♪。
ありがとうございました。

byもりやま

by moriyamaeg | 2016-11-04 20:03 | エンジン編 | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg