GSX1100S「刀」のエンジンオーバーホール・・・その4

森山です。

刀のつづき・・





a0163159_21185414.jpg
トランスミッション・・・アウトプット側(ドライブ側)です。














a0163159_21192593.jpg
ドッグ部分、スプライン部分、シフトフォーク溝・・・程度良好~♪













a0163159_21194865.jpg
70000km走行にしては程度良いですなぁ。













a0163159_21200916.jpg
シャフト、ギアブッシュ&ベアリング等のガタ具合はまずまず・・・











a0163159_21233407.jpg
ドライブシャフトは、Fスプロケ装着部スプライン損傷で交換します。
同時に、各ベアリング、ブッシュ、スラストワッシャー、サークリップ等も
交換♪

残念ですが・・・
現在、ミッションの各ギアには販売終了部品がござる!
もしギアの損傷がござり交換となれば・・・程度の良い中古品か
新品を探すしかないです。













a0163159_21212831.jpg
今回、新品のドライブシャフトがメーカーより入手できて良かったです♪
(販売終了ですと良品を探すのに苦労いたしますから・・・)











a0163159_21215197.jpg

上が旧。
下が新。














a0163159_21223925.jpg

旧ドライブシャフト・・・当時物の1984年式。
オイル穴位置のズレがござります。(性能には問題ないが精度は今一)













a0163159_21220929.jpg

新ドライブシャフト♪・・・
位置の精度抜群でござる。
・・・工作機械の進化かぁ。













a0163159_21231339.jpg

で、旧ドライブシャフトのセカンドギア装着位置にある潤滑用オイル穴は
・・・この位置に開いてますが・・・















a0163159_21225741.jpg

新ドライブシャフトでは・・・この位置へ変更されてます♪













a0163159_21241853.jpg

また、スプライン部でない全周面部分の幅が・・・
旧は4mmのところ・・・














a0163159_21235719.jpg

新は、5mmへと変更されてます♪












a0163159_21261081.jpg

セカンドギアブッシュでござります。・・・ブッシュ内面にあるオイル溝に
先ほどのドライブシャフト側のオイル穴からオイルが流れ込んで
内周を潤滑いたし・・・さらに、オイル溝に開けられた2箇所の
オイル穴から外周へとオイルが流れ出し外周も潤滑いたすのです。














a0163159_21263321.jpg

で、旧型のシャフトは・・・
オイル穴の端がスプライン部分にかかっており・・・
チョいとオイルがリークしてしまう&全周面幅も狭いのでさらにリークですっ。














a0163159_21255021.jpg

・・・より潤滑性アップの為、
ブッシュの内面外面へと必要なオイルを送りまして、
さらなる耐久性のアップでござる♪














a0163159_21245228.jpg

旧シャフトから・・・














a0163159_21253049.jpg

新シャフトへ進化ですなっ。

もちろん、良質なオイルを使用し適正な交換サイクルを守る事と
上手な運転も重要でござります♪















a0163159_21273006.jpg

お次は、インプット側(カウンター側)でござります。

・・・つづく。







トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238015735
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-11-25 21:54 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg