GSX1100S「刀」のエンジンオーバーホール・・・その7

森山です。

刀のつづき・・・




a0163159_21370052.jpg
クランクケース組み立てまして・・・












a0163159_00143602.jpg
オイルパン、その他、組み立て・・・












a0163159_00145923.jpg
クラッチ系部品でござります。
左が旧。
右が新。












a0163159_00151260.jpg
繋がり良く、滑らず、シャープに切れるクラッチが一番でござる。














a0163159_00154453.jpg
旧クラッチハウジング・・・
センターベアリングレースとリベット間に肉抜きがござりますが・・・













a0163159_00152857.jpg
新クラッチハウジングには・・・肉抜きは無い。










a0163159_00160643.jpg
ドリブンギア部分・・・
左旧。
右新。








a0163159_00162371.jpg
クラッチハブに・・・大きな進化がござる♪
左旧。
右新。







a0163159_00170125.jpg
旧クラッチハブ・・・
アルミ製でござり、ハブセンターのスプライン部もアルミ製・・・









a0163159_00174875.jpg
アルミは変形&摩耗で痩せやすいのでしっかりと固定でござる。
・・・もし痩せますと
センターロックナットの軸力が弱くなりナットが緩んだ(または完全に緩む)
状態となり・・・ガタ発生いたし摩耗は一気に加速いたします。
また、センターロックナット単体が緩んでも同じ症状でござります。













a0163159_00164189.jpg
新品は対策型で・・・痩せにくい鉄製のスプライン部でござる♪
潰れ、変形、摩耗に強い鉄製でござり、センターロックナットも
緩みにくくなる。












a0163159_00172894.jpg
鉄のスプライン部分をアルミ製のハブ部分に鋳込んであるのです。
鋳込み部分は耐久性を上げるために星形となっておる♪









a0163159_00182258.jpg
クラッチプレッシャーディスクです。(これも形状が変化しております。)
左新。
右旧。










a0163159_00184957.jpg
新クラッチAssy装着完了いたし・・・










a0163159_00202604.jpg
腰下完成でござりました♪

・・・つづく。


トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238038855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2017-12-02 00:08 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg