DUCATI M900 エンジンオーバーホール・・・その5

森山です。
約50000km走行のM900・・・
腰上オーバーホールは遂行されておりますが、
腰下のオーバーホールは今回がお初でござる。







a0163159_21195906.jpg
約50000km走行のクランクシャフト♪













a0163159_21211465.jpg
コンロッド外します。













a0163159_21205674.jpg
コンロッドメタルは・・・
使用限度ではないですが摩耗はござる。(右側メタルは異物埋没)













a0163159_21213009.jpg
クランクピンは問題無し。














a0163159_21233321.jpg
クランクシャフトの支持はボールベアリング(アンギュラーベアリング)でござる。
ミッションシャフトはボールベアリングとローラーベアリング支持。
カム駆動シャフトはボールベアリングとローラーベアリング支持。
全てのベアリングの程度は・・・悪し。













a0163159_21301621.jpg
ベアリング抜いたケースでござる。
厳しい目で見ますと・・・ケース側ベアリングホールも馴染んでの寸法から
緩い寸法へと向かっておりますなぁ~。












a0163159_21295725.jpg
左、新品ベアリング。
右、旧ベアリング。













a0163159_21303297.jpg
クランクシャフト右側のアンギュラーベアリングでござる。
左新品。右旧。
保持器は樹脂でござります。
インナーレース&アウターレース・・・各部進化していそうですっ♪













a0163159_21305193.jpg
新車から20年以上経過いたしますと・・・・年月の進化でござりますなぁ~♪
新たなベアリングの方が良い感じです。












a0163159_21293906.jpg
元気そうなクランクシャフトですが・・・

・・・つづく








トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238210344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2018-01-16 20:08 | エンジン編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg