CBR600F4i・・・リフレッシュ作業でござる♪ その3


森山です。
F4iのつづきでござる。





a0163159_21251267.jpg
サーモスタット系でござる。
冷却水は・・・シリンダーヘッドからサーモケース正面の楕円口へと流れます。
水温上昇し規定値となるとサーモが開き・・・
サーモケース上方からラジエターへと流れます。











a0163159_21252972.jpg
で・・・
サーモケース下側にも吐出口がござりまして・・・
水温が規定値以下の時に、この吐出口からウオーターポンプへリターン循環させて
早期水温上昇させます。
排ガス規制・・・コールドスタートからの排ガス測定ですので早期暖機は有効なのです。











a0163159_21233678.jpg

水温が低い時には・・・
上方のメインバルブは閉じており下方のリターンバルブは開いております。
水温が規定値まで上昇してメインバルブが開きますとリターンバルブは閉じる構造です。












a0163159_21245671.jpg
そんなサーモスタットでござり
4輪車で良く見かけます。














a0163159_21231805.jpg

リターン口の横に装着されるホースは・・・












a0163159_21184555.jpg
スロットルボディーにある・・・ファーストアイドル機構に繋がっており
水温で作動するサーモワックスでプランジャーを作動させおります。
(冷えている時は全開でござり、温まってくると閉じていきます。)















a0163159_21172610.jpg
水温感知型自動開閉の機械式プランジャー・・・













a0163159_21201923.jpg
水冷式オイルクーラー・・・インレット&アウトレットのパイプ














a0163159_21215983.jpg

そんなこんなの構造で、ゴム部品がたくさんあります。













a0163159_21221830.jpg
17年経過の当時物ゴム製品・・・













a0163159_21223186.jpg
漏れているところもござり・・・















a0163159_21212657.jpg

腐食もござり・・・














a0163159_22155232.jpg
各部Oリングも交換ですな。













a0163159_21214432.jpg
冷却系ゴムホースでござります。















a0163159_22162320.jpg
今回の冷却系メンテで
必要な新品部品は全て揃いました♪













a0163159_22173284.jpg

各部品を装着いたし・・・














a0163159_22180697.jpg
冷却系メンテ無事完成でござりました♪


・・・・つづく。



トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238464887
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2018-04-21 20:39 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg