RGVΓ250SPのエンジン始動っ♪・・・放置は猛毒ですな。 その3

森山です。

ガンマのつづき・・・







a0163159_22011692.jpg
排気バルブ(排気タイミング可変バルブ)が作動しておらず・・・
点検でござりました。
排気バルブ、プーリー&ケーブル、アクチュエータ(サーボモーター)は問題なし。
ハーネス&各カプラー、CDIユニット&コントロールユニットが怪しい状況でござる。












a0163159_22014623.jpg
「CDIユニット&コントロールユニット」でござります。

点火系のCDIは・・・
マルチスパーク(低回転域3回スパーク)の優れもので
スロットルポジションセンサーも装備され3次元での点火制御でもござる♪
コントロールユニットは・・・
排気バルブ制御(アクチュエータ制御)と
燃料制御(デューティソレノイド制御)と
2ストオイル供給量制御(オイルソレノイド制御)でござります♪

低回転~高回転(低開度~高開度)・・・
全域ベストなパフォーマンスとなるように採用された電子制御でござり♪
・・・家電と同じ電気仕掛けでござる。












a0163159_22021923.jpg
元気なうちは高性能ですが・・・
年月を重ね、寿命を迎えるころにはメーカー部品供給は完全終了・・・
膨大な需要があれば生産できるのですが無理でしょうなぁ~。
再販するほどメーカーにも余裕はないので・・・
社外部品でもあればラッキーですが、なければ・・・
手直しいたすか、使えそうな当時物争奪戦か、
・・・これが旧車の現実ですな。













a0163159_20542614.jpg
やはり・・・
単純構造のキャブ&ポイント点火が一番♪(100年経ってもOKっ♪)











a0163159_22024827.jpg
このコントロールユニット・・・
良いか悪いかですと悪いのです。が・・・まだ死んではおりません。
メーカー新品があれば即交換しておきたいですが販売終了でござる。

まぁ、歳をとればあちこちダメになる老化現象・・・人間と同じでござる。
今、手術いたすか・・・
もう少し寿命の残っていそうな当時物ユニットに交換するか・・・

















a0163159_22034800.jpg
・・・とりあえずリハビリでござる。

つづく。








トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238492538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2018-05-03 20:50 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg