ZL900、SPチェック後の各部修理っ♪・・・その6

森山です。
「毎日、暑いですなぁ~。」141.png
・・・ZL900のつづきでござる。









a0163159_23233222.jpg
ヘッドカバー&パルサーカバーからのオイル漏れ修理完了いたし♪
バルタイ&バルブクリアランス調整&テンショナー交換も追加作業いたし。














a0163159_23182187.jpg
ベベルギアカバーからのオイル漏れもござり・・・
この部分はOリングでのパッキングです。

分解点検いたしますと・・・
わぁ~!」












a0163159_23183577.jpg
Oリングが無い!145.png
しょうもない原因でござる。
・・・「そりゃ、漏れますわ。」















a0163159_23185183.jpg
古いOリングに液体ガスケット盛り盛りかと思っておりましたが・・・
まさかのOリング未装着でござり~♪

新たなOリングを装着いたします。

















a0163159_23190732.jpg
Oリング装着いたし・・・













a0163159_22273100.jpg
カバー装着いたして完成♪

ここまでの作業・・・
オイル漏れ&その他トラブルは、全て人為的作業ミスでござります。
絶好調3000Km走行との事でしたが・・・
左足はオイルまみれだったでしょうなぁ~。















a0163159_20585926.jpg
お次は、冷却系の修理でござります。

エンジン後方にある鉄管・・・
パイプ差し込み口の腐食が酷いので外します。















a0163159_20591680.jpg
鉄管は銀色に塗装されております。(純正は黒色)
















a0163159_20593493.jpg

鉄管外しましたら・・・案の定、
液体ガスケット盛り盛り攻撃でござりました♪

鉄管は錆びており・・・
新品部品に交換したいが生産終了ですし、製作いたすコストは
かけられずですので、今回は錆除去作業いたしての再使用でござるっ。















a0163159_21121608.jpg
サーモスタットケースにある
水温警告灯スイッチ(120℃)と・・・














a0163159_21115670.jpg
ファンスイッチ(115℃)・・・
どちらも生産終了でござる。

















a0163159_21131171.jpg
ラジエターキャップ(0.9kg)ですが・・・要交換でござる。
















a0163159_21123523.jpg
サーモスタットケースを分解いたしますと!
何と・・・サーモスタットが無い!(得意の未装着っ。)
合わせ部分のOリングもボロボロでござり・・・
サーモスタットを抜いたのはずいぶん昔でしょうなぁ~。

気温の低い冬場、雨天時、高速走行時等の事を考えますと・・・
オーバークールとなりエンジンにダメージを与えます。サーモスタットは、
冷えすぎないように最低温度をキープする重要部品なので外さないでくだされ。



















a0163159_21133093.jpg

発熱量の多いリッターバイク・・・
冷却容量がギリのバイク・・・
夏場の信号待ちや渋滞路では
外気温が高く走行風がほぼ無い状況ですので水温は高め・・・
規定値を超えないようにする為に電動ファンがござる。

水温が上昇しますと規定値で電動ファンが作動し・・・
水温を規定値まで下降させファンは止まります。(この作動を繰り返します。)
下降せず規定値を超えますと冷却水が噴き出しオーバーヒートとなる。
よほどの使用用途でないかぎり・・・
各構成部品が正常に機能いたしていればオーバーヒートはまず無いのです。
整備不良の場合は論外ですが。。。
「空冷エンジン同様・・・一番の薬は走行風をあてる事ですなっ♪」


・・・つづく





トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238655503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2018-07-17 21:31 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg