ZL900、SPチェック後の各部修理っ♪・・・その9

森山です。

冷却系修理が終わり・・・お次は燃料系修理でござる。
(実作業は、ほぼ同時進行でござりました。)





a0163159_20565749.jpg
キャブレターを外しましたが・・・
ゴム系部品がとんでもなく硬化いたしており・・・
キャブが簡単に外れませんでした。
必要以上の力を掛けますとキャブレター連結レール等の変形&破損の原因となるので
注意が必要です。













a0163159_20571026.jpg
ゴム製のダクトホースは柔らかいものですが、
樹脂製かと思うほどの硬化でござりました!
しかも・・・
上手に装着されておらず変形装着でして・・・33年もの年月・・・(いつの変形装着かは不明ですが)
変形装着した形のまま硬化(劣化)いたし2度と元へ戻らない状態。
・・・なのに、その後も、ご愛用・・・
エアーリーク(水も埃も侵入)発生いたし不調でござる。















a0163159_20572341.jpg

カチカチでござり引っ掻き傷だらけ・・・
何度も分解装着された形跡がござります。

長期放置を繰り返し、腐食したキャブレターを分解掃除
いたすだけのローコスト作業を繰り返してきた燃料系です。
・・・もちろん誰一人として何の部品も交換してきておらず。
その結果でござる。














a0163159_20573547.jpg
スロットルパイプでござる。
キャブレターを作動させるスロットルケーブル(アクセルワイヤー)が
装着されております。
スロットルケーブルには引き側と戻し側がござり・・・

















a0163159_20574808.jpg
戻し側ケーブルのタイコを掛ける部分が破損です。・・・「残念。」
(無理にワイヤーを外したり装着したりいたしますと割れます。)















a0163159_20580098.jpg
キャブレターAssyでござる。














a0163159_20581302.jpg
「わぁ~!」
No1キャブレター(エアー入り口)が欠損ですっ!
(叩く・こじる・落とす等での破損です。)
キャブレターレール等の変形が心配ですなぁ~。・・・「残念。」















a0163159_20582931.jpg
キャブホルダー(インシュレーター)でござる。














a0163159_20584251.jpg
もちろん、カチカチ硬化でござります。
エアーリークで不調となりますので迷わず新品交換なのですが・・・
時既に遅し・・・生産中止部品でござる。・・・「残念っ。」

分解内部点検いたしますと・・・
これらのトラブルは氷山の一角でござりました。
壊れた部品&腐食劣化した部品&摩耗損傷した部品だらけでござり・・・
全て新品部品へ交換いたしたいが・・・生産中止の高い壁に阻まれ・・・
部品探しの旅でござるっ。(膨大なコストと時間がかかります。)


・・・つづく。





トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/238689490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2018-08-05 23:38 | 整備編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg