GPZ900R(A16)・・・マグタン装着でござる。その8

森山です。

A16のつづき・・・
フェンダーレスKIT取付け&サイドスタンドでござります。









a0163159_21481639.jpg
当店、フェンダーレスKIT(ブラックアルマイト)の装着♪

強度・精度・機能を重視した設計で
17インチにも18インチにも装着できます。












a0163159_21483315.jpg
横板の本体に・・・縦板のブラケットを左右装着いたしますので
高強度となります♪

また、前後左右上下方向への微調整が出来ますので
シートレール(溶接組立でやや精度が悪い)への追従が良く
芯出し可能でござり・・・
無理な力がかからず&ベストな位置での装着ができます♪














a0163159_21485329.jpg
仮組みいたし・・・(スライドできるように・ボルト&ナットは緩めで)














a0163159_21500033.jpg
シートレールへ・・・装着開始でござる。
後方固定の左右ボルトを通しまして・・・







a0163159_21492630.jpg
前方固定の左右ボルトも通し・・・














a0163159_21494457.jpg
スプリングワッシャー&ナットを取り付け仮組み・・・













a0163159_21501754.jpg
後方固定の左右ボルトにナンバー台をセットいたし・・・
スプリングワッシャー&ナットを取り付け(仮止め)ます。













a0163159_21503415.jpg
全て仮止めのボルト&ナットですので・・・ベストに
芯出しいたし位置決めいたします。














a0163159_21505116.jpg
位置決めしましたら締める順番を考慮しながら、
数回に分けて締め付けていきます。













a0163159_21545120.jpg
最後にリフレクターの装着っ♪
裏側からM5のナット固定でござります。












a0163159_21533323.jpg

付属の小物入れケースでござり・・・
















a0163159_21541243.jpg
工具や書類入れとして使えます♪















a0163159_21554440.jpg

フェンダーレスKIT完成♪












a0163159_21454706.jpg
お次は、サイドスタンド・・・

17インチ化にともないリアの車高は標準値より上げます。
すると・・・サイドスタンド長不足となり
駐車時に車体が傾きすぎるので対策でござる。














a0163159_21443771.jpg


また、スタンド長だけでなくフレーム側とのガタや摩耗や変形も
傾きに大きく影響しますので修理&対策♪










a0163159_21453039.jpg
各トラブル防止の為、ボルトオンのサイドスタンドストッパーは外しまして・・・
確実なダイレクトTYPEのストッパーを製作&溶接♪












a0163159_21445536.jpg

見た目&機能は、純正サイドスタンドが一番なので・・・
純正オリジナルを改良♪
各作業は続き・・・









a0163159_21451371.jpg

無事、完成でござりました♪




・・・つづく。

トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/239388212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 飯川 達也 at 2019-08-02 09:34 x
僕は大容量タイプを購入させて頂きました。
本当に考えられた作りをしていると、つくづく思いますもん。
強度なんて最強じゃなかろうかと。
ちゃんとこのフェンダーにもワックス掛けているので、今でもピカピカですよ。
Commented at 2019-08-02 19:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by moriyamaeg at 2019-08-04 23:35
飯川さん
こんばんは。
ピカピカに光り輝く姿が目に浮かびますなぁ~♪
大切に使用いただきありがとうございます!
 byもりやま
by moriyamaeg | 2019-07-31 01:44 | 足廻り編 | Trackback | Comments(3)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg