KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10

森山です。
KZ1300のつづき・・・
今回依頼のKZ1300は1979年式A1でござり41歳~♪
搭載いたすZGエンジンは1985年式での35歳~♪


生産終了部品だらけの中、快調ロングライフめざして復活させるのは至難。
必要な新品部品がメーカーから入手出来れば楽勝なのですが・・・
生産終了の壁が高くそびえ立っておる。
現状は、僅かな純正新品部品と僅かな社外新品部品と
中古部品共食いでの延命でござりますからなぁ~。





KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02232435.jpg
良いベースエンジンである事が良い結果に直結し
ロングライフなエンジンとなります♪















KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02234445.jpg
オーナー殿と相談いたした当初の予定ではエンジン各部点検&テストいたし
結果が悪ければ捨てて新たなエンジンを探す!
結果が良ければエンジンのオーバーホールはせず悪い部分のみ
交換いたして載せ換える予定でござり・・・
(真の極上エンジンでなければ達成できない内容}

ガタガタのポンコツエンジンを
分解したところで必要な全ての新品部品が揃うわけではないし
中古部品で仕上げても結果も悪い・・・
ならば極上エンジン探しのほうが良い。
生産終了部品の多さが引き金になっておるのです。
基本、旧車は対処修理なのですなぁ~。





















KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02240395.jpg
インペラシャフト交換は腰上分解作業なので・・・
腰上各部の分解点検測定と各メンテを同時に遂行いたす事といたしました♪

ヘッドカバーを外しますと・・・内部は超綺麗でござり~♪













KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02250425.jpg
吸気側カムシャフト。















KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02252062.jpg
排気側カムシャフト。















KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02262574.jpg
走行700kmは正しかった。
内部はピカピカで超極上な部品達でござり♪

シリンダー内壁の錆び発生はエンジンテスト前点検で確認できており
浅い層でござり白煙も吹いておらずでしたので初期慣らし運転で消す予定でしたが、
分解いたしますので錆除去できまする~♪「ラッキー」














KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02255796.jpg
カムチェーンの背中も全く擦れておらず新品同様っ♪・・・
カムスプロケとチェーンの歯もまだ当りが付いておらず。
ゴム製のチェーンスライダーやガイドも摩耗無く、稼働時間が短いので
熱による害もなく硬化しておりませんでした♪
生産終了部品だらけで極上な中古部品も少ない中・・・このエンジンは
奇跡でござります♪
















KAWASAKI KZ1300・・・エンジンでござります♪その10_a0163159_02253779.jpg

・・・つづく。








トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/240417852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 国内忍者A11 at 2020-08-10 13:08 x
森山さん

今回も愛車の車検、有難うございました。
細かな部分の掃除、点検、交換、調整、パッドの慣らし等々。
クラッチの節度感も良くなり、安心して帰路につけました。
次回の車検もよろしくお願い致します。



 
Commented by moriyamaeg at 2020-09-27 23:30
国内忍者A11さん
こんばんは。
2年に1度の点検と整備は重要ですね。
ガンガン走り回ってください♪
ありがとうございました!
by moriyamaeg | 2020-06-30 23:54 | エンジン編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg