GPZ900R 車検整備・・・その3

森山です。

GPZ900R国内A11のつづき・・・
ガンガン乗る為♪
・・・傷んだ部分を排除いたし超快調を目指します!

A殿忍者は、この車検後・・・
ものすごく乗っておられ、とんでもない走行距離です~~♪
「やっぱ、バイクは楽しい~♪」



GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00261598.jpg
クラッチマスターシリンダーAssyの交換でござりました♪
上:新品でござりまだ買える~♪
下:ヘタった旧でござる。













GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00263704.jpg
左:新品・・・今から10年頑張ってもらいましょう~!
右:旧・・・なんと当時物!
      新品Assyで入手できるのであれば、迷わず
      絶対に新品Assyが良い。
      オーバーホールの選択は無しですなっ。

なぜ、当時ものを使い続けてきたかと申しますと・・・
特に不具合を感じなかったからです。
GPZ900Rの純正マスターは、なかなか死なないのです♪
正確に言いますと既に死んでいるのですが気づきにくいのです。
・・・そもそもGPZ900Rはマスターとレリーズの容量比が小さく
操作は重いがストローク量は多い設計でござり・・・
これがベストな数値として作られおるのですが・・・
経年により・・・
マスター構成部品の劣化や摩耗や腐食等により圧送能力が低下しても
まだまだクラッチは切れる~~♪・・・
日々の事なのでヘタリに気づきにくく・・・
調子いいですよとなるわけでござる。
(こんな長寿マスターは出先や整備中での突然死が多いです。)

クラッチの繋がる位置と操作力・・・
新品時はシャキッとしていてクラッチレバー先端で切れ操作は重いです。     
ポンコツになるとややだらしなくクラッチレバー中盤できれて操作は
軽くなっている。(ストローク量が減っておりますのでクラッチスプリングの
圧縮量も少なくなるので軽いのです。)
ストローク不足が進行いたしますとミッション系&クラッチ系に
悪影響がござりますので、やはり定期交換が望ましいのです。
ですので、マスターやレリーズ変更で容量比を大きくして
軽い軽いと喜んでいると少しのヘタリでミッションを傷めてしまいます。
てな話でござるので・・・純正新品Assyに交換いたします♪









GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00252494.jpg
ノーマルクラッチマスターでベストな比率となるようにいたした
当店レリーズKIT装着でした♪
適度な操作力とストローク量をバランスさせたサイズでござるのです♪

・・・そんなレリーズにも寿命がござり・・・
図は、インナーピストンの経年劣化、腐食、発生~~。
   今回は交換といたします。














GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00254560.jpg
図は、腐食痕のあるレリーズシリンダー側・・・


旧車でAssy部品が無い場合・・・
腐食痕や傷を磨いて・・・
インナーのみ換えて復活っ♪・・・よくある話ですが、
新品と比較いたすと耐久性は落ちます。(程度超極上品なら問題無し)
一たび錆びたものは、再度の錆び発生まで早いのでござる。
磨き込み過ぎての内径公差もありますし・・・
結果、
耐久性とコストを考えますと新品Assyがあるのであれば
Assyの方が絶対に良いです。














GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00255961.jpg
レリーズAssy・・・新品装着♪
これで、末長く快調&抜群の操作性とコントロール性が得られます♪















GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00193215.jpg
・・・LLC交換いたし♪












GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00113434.jpg
エアーフィルターの掃除&給油いたし・・・
ずいぶんと年数が経っている感じですが~~~。
洗って再使用可能がうりのK&Nフィールターですが・・・
使用限度もござるのです~~~。
いつまでも使えそうな感じですが・・・限度越えはエライ事になります。
こうなると長く使える物は正直無いのです。
短命なRAM AIRであろうがK&Nであろうが純正であろうが
所詮、石油製品ですので寿命は知れており短命でござるのです♪
性能維持するには走行距離&経過年数を考慮し定期交換が必要なのです。
いいとこ3年~6年で、10年はやめたほうがいいですなぁ~。














GPZ900R 車検整備・・・その3_a0163159_00110969.jpg
ビロンビロンになったK&Nエアフィルターのパッキン・・・
ゴムスポンジ製でござり純正とは比較にならないレベルの硬度がござります。
・・・この潰れにくい硬度があだとなり・・・
・・・長期使用での石油製品があだとなり・・・

・・・つづく。


まぁ、いつもながら石油製品はクソでござり腹が立つ!
調子良いのは数年であっという間にブチ壊れ・・・大量のごみが生まれる。
何でも樹脂の時代もクソですなぁ~。
・・・なんでも金属にしときゃ間違いないのですっ♪



トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/240827374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 国内忍者A11 at 2021-02-06 23:49 x
こんばんは
22年経過した車両が、イグニッションキ-を回して
エンジンがスム-スに始動して楽しく乗れる喜びは
メンテがいかに重要かを感じずにはいれません。コストはそれなりにかかりますが、愛車との楽しいひと時が過ごせることそれこそがうれしい限りです。ホイール変更で、今が忍者を購入した時と同じくらい乗ってます。
次回はブレ-キオイルメンテナンスです。宜しくお願い致します。
Commented by moriyamaeg at 2021-02-07 01:45
国内忍者A11さん。
こんばんは。
まさにその通りだと思います♪
調子よくて乗りやすくなったバイクは乗りますよね~。

バイク世代のバイク好き・・・
大好きなマイ忍者で出かけられる喜びは最高ですね♪
人生一度きりでござる~。ガンガン乗りましょう!
事故に気を付けて安全運転厳守ですよ♪

フルード交換おまちしております。

byもりやま
by moriyamaeg | 2021-02-07 00:42 | 整備編 | Trackback | Comments(2)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg