忍者キャブレターオーバーホールその3

その3でござる。
フロート高さの調整です。キヤブの命・・・油面高さの調整で、まずフロート高さを合わせます。
今回は、17mmに高さを油面ゲージで測定しながら合わせます。CVKは、キヤブを傾けて、
フロートバルブとシートが着座した瞬間のところで測定します。また、組み立後にガソリンを入れて
実面も測定します。4気筒全て同じ高さになるようにします。ややこしいですね。
忍者キャブレターオーバーホールその3_a0163159_431733.jpg


これは拙者が作ったFCRの実油面用アタッチメントと、測定用ノギスでござる。
忍者キャブレターオーバーホールその3_a0163159_4551448.jpg


これは四輪用の、ソレックス、ウェーバー用で、実油面ゲージです。これは、シンプルで使いやすい。
忍者キャブレターオーバーホールその3_a0163159_525696.jpg


オーバーホール完了!装着待ちです。全ての行程を見ていくと、いかに時間がかかるものなのか・・・
適当にやれば半日、まじめにやれば2日かかります。清掃よりも、部品の交換よりも、点検測定が
最も時間がかかるものなのです。キャブレターオーバーホール、イコール、キヤブの掃除ではない!!
忍者キャブレターオーバーホールその3_a0163159_5255017.jpg

トラックバックURL : https://moriyamaen.exblog.jp/tb/9936554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by moriyamaeg | 2010-02-12 05:26 | キャブ編 | Trackback | Comments(0)

モリヤマエンジニアリングの日常を投稿してます


by moriyamaeg